TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2017年06月14日 (水) | Edit |
◆Middle01◆ 旧セル

務月:これはどういう順番で登場するの?
GM:まずは、この<障害>の判定をしたい人が登場します。
ソーン:【肉体】8ですね。
務月:じゃぁ俺が登場しよう。1!
GM:では1ターン目務月の行動。
ソーン:支援したい人も?
GM:登場してください。
務月:まぁ成功すると思うけどな。10D振れるし。
ソーン:あ、ダイスを振る前にイタチ(ムジナ)さん!(一同笑) 登場しておかないと、もし失敗した時に≪妖精の手≫が使えません!
イタチ:てーい(登場)
GM:ま、そのまま調査もできるので。
務月:じゃぁ開けるよー。(ころころ)出た、14で成功。
GM:はい、では旧セルの扉を開けて中に入りました。
静馬:ぎぃ~。
GM:判定不要で出てくるもの。水希さんの日記
ソーン:あ、ママの日記だ。
GM:あ、旧セルのカードを出して、裏をオープンしてください。
務月:悪人部屋の場所…。
GM:旧セルにも悪人部屋がありましたので。
務月:そりゃそうだな。最初に出てきたのは旧セルの悪人部屋だった。水希さんがぼーっとしながら犬を撫でてる部屋だな。
GM:はい。新セルにもちゃんと作りましたよ(笑)
務月:へー。そこは作らなくても良かったような(笑)。とりあえず、水希さんの日記はソーンに渡そう。「後で内容を教えてもらえると嬉しいな」
ソーン:「ママの日記か…。あとでママに返しておこう」ってしまおうとしますよ(笑)
務月:読めー!(一同爆笑)
ソーン:それを読まないと、どっちが本当のママなのかわからない。って説得されたことにします(笑)
務月:何でお前、知識あるのにそんな頭が悪いんだよ!?
ソーン:知識は詰め込まれてるので、ちゃんと知ってるんです(笑)
務月:まぁ「何か手がかりがあったら教えてくれ」
ソーン:音読しますよ。登場します!
務月:音読かよ?

GM:はい、では水希の日記。息子を作りたい、と思ったあたりからの日記ですね。
ソーン:なるほど。
務月:はい。
GM:「あの女には立派な息子がいるのに」という考え方から、息子を作ろうと思ったようです。ただ、最初から自分の考えだったようではありません。誰かに「あなたには息子がいないなんてかわいそう」みたいな感じに言われたようです。何か思い込みみたい。
イタチ:何か変な感じ…。
GM:出来た当時、第1話の頃。「ママって呼んでもらった。嬉しい」とか書いているのですが、リビルド、もう1回のリビルドとできていくに従って、「出来損ない」「失敗作」という単語が並び始めます。
ソーン:音読しながらだんだん元気がなくなっていきます(一同爆笑)
務月:だから音読はやめろって言ったのにー(笑)
GM:「とうとうウロボロスもなくなってしまった。私にはできないのだろうか」。
静馬:はじめはわんぱくでかわいい、ってだけだったのに。
GM:「とうとうピュアブリードでもなくなった。どうしよう」「どうしてガード役になってしまったのだろう」(一同爆笑)
務月:はっはっは!
GM:「経験点の間違いがあった。どういうこと」(一同爆笑)
ソーン:そうですね、ありました(笑)。できそこないだわ!
GM:さんざん「出来損ない」だの「失敗作」だの書いた挙句に、今は日記をつける事もやめてしまったようで、旧セルの部屋に放置されていました。
ソーン:最後まで頑張って音読しますよ。「役立たず…」
務月:もういい、読まなくていい! お前よくやったよ!
静馬:静馬も登場して、出る前にいがみあっていたソーンの肩をぽんと叩いて、「お前も苦労してるんだな…
務月:親に苦労している連帯感が(笑)
静馬:ソーンにロイスを取ります。
ソーン:最初は「僕のことだ!」って読んでたんですが、最後は「役立たず…出来損ない…」

GM:はい、音読してガッカリしてる所申し訳ないのですが、まだ旧セルでも探索できるところがあります。旧セルの悪人部屋ですね。
務月:ああ、あるな。
GM:<知識:機械工学>10か、《デジャヴュ》を使うとパスワードを入手、中に入る事ができます。
ソーン:知識…行きましょうか…(笑)
務月:大丈夫か(笑)
ソーン:≪オリジン:レジェンド≫で達成値を+2にして、6D振って8以上。
務月:微妙ー!
静馬:バディムーブが後付けで+3できるので、大丈夫だと思います。
務月:あ、後付けか。なら。
ソーン:それで行こう。
務月:失敗したら後がなくなるぞー(笑)
GM:あ、これは障害判定なので大丈夫。
イタチ:情報判定だけなんだな。
務月:良かった良かった。
ソーン:(ころころ)9が出てるので成功です。
イタチ:よし!
GM:悪人部屋の中は据付のコンピュータがあったんだけど、物理的に破壊されています。
務月:ありゃー。まぁ出ていくときに壊すか。
GM:<知識:機械工学>か<知覚>8に成功すると、無事なメモリーを発見できます。動くコンピュータに繋げば中身を見る事ができるんだけどねー。
務月:そうやなー(笑)
ソーン:あと行動してないのは二人か。
静馬:【感覚】で7Dは振れるんですけどねー。+がないんですよ。
ソーン:イタチさんに支援してもらいましょうか。
務月:7Dで8か。うーん…≪妖精の手≫もあるから、イタチさんの手番を置いておくか。
イタチ:俺の手番を置いておけば、15年前の研究を一応調べられるな。
静馬:にゃー!(ころ)8!
一同:(拍手)
GM:はい、無事なメモリーを発見できました。別のシーンで、電気の通っているパソコンにメモリーを挿せば、中身を見ることができるでしょう。
静馬:はーい。
GM:以上で、旧セルで普通に出てくる情報は終わり。あとは判定で出てくる情報ですね。
ソーン:なるほど。

イタチ:15年前の研究…ぐらいしか調べる事がないかな。
GM:断片情報しか手に入らないですよ。
務月:そうか。じゃ、神城に戻るか(笑)
GM:イタチさんせっかく登場したんですけど、何かします?
イタチ:調達しようか。パソコンでも(一同爆笑)
ソーン:ではそうしている間に、あまりにも日記の内容が衝撃的だったので「僕はちょっと外に出てるよ…」って退場します(笑)
GM:一人になりたい…(笑)
イタチ:ノートパソコンを調達。(ころころ)成功。
GM:はい、ノーパソゲット。
イタチ:データを確認しようか。
GM:データ確認すると別シーンになりますよ?
イタチ:何だって! それならビジネススーツにすればよかった…(笑)
務月:ほんまやな。まぁ神城に戻るか。
GM:じゃソーンを回収して。
ソーン:外でしょんぼりしてます(笑)

2017年06月09日 (金) | Edit |
◆Middle00◆ 仕様説明

GM:ではまずプリントを配りまーす。
務月:今回の仕様か?
GM:そうそう。


ターン制
 全員が1行動行う事をターンという。1シーンに全員登場して判定を行ったら1ターン経過するし、1シーンに1人ずつ、4シーンで1ターンとしても良い。
1ターン=半日程度を想定している。
ターン数の制限は無いが、ターン数がかさむと不利な事が起こる。

Dロイス「工作員」が切れる条件…
1・水希・ムジナなどの所に姿を現す
2・情報判定などに2回失敗する
3・バレやすい行動をする(下記。ターンの最後に失敗ポイントが1付く)2回
以上のどれかを満たすとクライマックスフェイズに突入する。他にも「どう考えてもバレる」という行動を取ると当然「工作員」は切れる。


務月:…これはまずいな。情報判定に2回失敗すれば、工作員が切れる(笑)
ソーン:まぁ、2回っていうのは優しい…かな? あ、ムジナさんに直接会うのもダメなんですね。
GM:そうですね。ムジナさんは水希さんの近くにいるので。
務月:ムジナさん一人に会う、っていうのがそもそも難しいな。
ソーン:バレやすい行動…(笑)
務月:どう考えてもバレる行動(笑)
ソーン:危ないですね、僕うっかり水希ママに会いにいくところでしたよ
務月:ああ…俺も前回(学園祭・コラボシナリオ)こういう項目を作っとけばよかったな。即クライマックス行けばよかった(笑)
ソーン:イエローカードどころかレッドカードでしたからね!
静馬:ピピー! って言われました。
務月:なぁなぁで流したけど、リプレイ読んだら「ダメじゃんこれ!?」(一同笑)
ソーン:僕のもペナルティすれすれでしたね(笑)
務月:ああ、まぁ面白かったから通したんだよな。TRPGの恐ろしいところ。
静馬:アレはねぇ…なんであんなことしたんだか(一同爆笑)
務月:知らんがな!


 今までより詳しい情報を調べる上に、見付からないように調査するので、何を調べるにも難易度は高い。なので、今回は戦闘以外の判定に「支援判定」を行っても良い。

支援判定…
誰かが判定を行う前に、任意の【能力値】・難易度7の判定を行う。成功すると1人につき+3のボーナスを与える事ができる。行動済みとなる。登場していないと行えない。


どの調査も、<障害><情報判定>の二つで成り立つ。
例:コンピュータをハッキングする(障害)と、研究データが出てくる(情報判定)
障害と情報判定は、同一ターンに行う必要はないが、連続したターンに行う必要はある。
一つの障害をクリアして出てくる情報が一つとは限らない。
情報判定の難易度は最大で10である。(全て<情報>技能とは限らない)


調査できそうな項目…
・ 水希の情報全般(ジャームかどうか、どのような能力か、など)
・ ソーン2号を作っているのか?(何のためか?)
・ 犬って何? 何で水希たちには見えてないの?
・ ムジナはどうなっているのか?
・ 知事は何を考えてるのか?
・ 他(応相談)

バレやすい行動
 研究員を脅して話を聞く。
 メインコンピュータをハッキングする。(達成値次第)
バレにくいかもしれない行動
 旧セルに行って、水希たちしか入れない部屋(通称悪人部屋)に入る為のヒントを探ったり、残されたデータがないか調べる。
など。他も応相談。人がいる所に行くとバレやすい。

《デジャヴュ》などについて
行動を使わずに行える。<情報判定>に必ず成功する。一部の<障害>にも有効。使いどころが多いので慎重に。


GM:はい、だいたい読めました? では情報項目のカードも出しますね。こちらで想定しているのはこれぐらいです。

旧セルの調査(6ターン後に撤去)
新セルのコンピュータのハッキング(外から行う)
研究員を脅す


務月:脅すって…そればれにくくないの? 大丈夫?(笑)
GM:えー、カードには「障害」という項目があります。「研究員を脅す」カードの障害は、<知覚>6の後、<交渉><白兵>10(失敗ポイントが付く)とあります。
務月:なるほど!
GM:そして「情報」という項目もあります。ここは「知事、ムジナについて」(判定不要)とあるので、知事とムジナの話は脅しに成功すればそれ以上の判定を要求されることなく、べらべらしゃべってくれます。あと、「悪人部屋の位置」(判定不要)も喋ります。
務月:悪人部屋来たー!!(笑)
GM:「悪人部屋※」というカードもあります。これは、パスワードと位置を入手していないと開かれません。
ソーン:居所と秘密を入手しないといけません(笑)
GM:というわけで、これらのカードの裏を抜くために頑張って下さい。
ソーン:はい。では務月に「自分の本当のお母さんか知りたい」と言われたので、説得されたことにします。「わかった、協力しよう」
務月:「俺たち、本当に兄弟かも知れないな」
ソーン:びく! ってします(笑)
務月:俺の知らない間に、こんなに立派な弟が(笑)
GM:はい、では他の情報項目も読んでおきますね。

悪人部屋※
15年前の研究について
水希について
ソーン2号について
犬について
ムジナについて
知事について


ソーン:多いっすねぇ…
務月:多いな…
GM:ま、研究員を脅したら開かれる項目が2つもありますんで。
ソーン:でも、失敗ポイントが1つくんでしょ?
GM:はい。
ソーン:2溜まるとアウトでしょ?
GM:はい(笑)
務月:もう1回も失敗できなくなる(笑)
ソーン:これ結構ヤバいですね。ひりつきますねー!
イタチ:研究員を脅して出てくる情報は後回しにしよう。
ソーン:研究員を脅したら何をしゃべるか、≪デジャヴ≫でわかりませんか?
GM:ええ、研究員を脅すのは障害で手段ですからねぇ。情報じゃないです。
務月:しかし、研究員を脅すと悪人部屋の位置が手に入るのがいいな。
ソーン:まずはこっちを全部やってから、脅しましょうか…
務月:あ、「場所:悪人部屋」ってあるぞ。「犬について」は悪人部屋に行かないと調べられないのか?
GM:はい。
ソーン:最悪、犬は放置ですね。
務月:そうだな…くそー、上手くできてるなぁ(笑)
イタチ:6ターン後に撤去とか書いてあるから、とっとと旧セルに行きましょう。新セルは達成値が低いと失敗ポイントが付きますよ(笑)
務月:<知識:機械工学>で対決?(笑)
ソーン:僕ですねぇ。
務月:旧セルは【肉体】8なら俺が行こう。
イタチ:旧セルにみんなで行って、そこで調査ができるものは全部しよう。
GM:場所の項目に(旧セル)って書いてあるものは、旧セルで調査した後1クッション置いて調査ができるものです。
イタチ:いずれにせよ、旧セルからスタートするのが良さそうだな。
務月:ああ。俺が旧セルに行って、ソーンが新セルだ。いきなりソーンと分かれるけど(笑)
ソーン:新セルは僕が行くのが一番怪しくないでしょう。
イタチ:いや、外部からのハッキングだから新セルには行かなくてもいい。旧セルに行って、そこからハッキングすれば…
GM:あ、旧セルは電気通ってないです。
イタチ:おぅふっ!
務月:はっはっは!!
GM:電気通ってたら、自動ドアとかセキュリティがあるじゃないですか。そこを無理やりこじ開けるので、【肉体】なんです。
務月:なるほど!
ソーン:今の携帯端末は優秀ですから、スマホで行きましょう(笑)
務月:これ本当によく出来てるよ。俺が最初に考えていたのは、「デザイア(公式リプレイ)」みたいに2回失敗したらクライマックスですって、情報判定しまくるってだけだったから。
GM:ありがとうございます。基本的に、それだけでミドルは終わりますから。
務月:なるほど。これで出てきた情報にどんなリアクションを取るか、でシナリオが進んでいく。
ソーン:いいと思います。全員で旧セルに行きましょうか。道中見つからないように、≪ディメンションゲート≫を開きましょうか?
GM:どっちでもいいです。旧セルにはほとんど人がいないので、見つかる可能性は低いです。
務月:侵食率大事に。
ソーン:演出≪ゲート≫!
務月:全部ゲートで行けるなら、【肉体】判定いらないんじゃないか(笑)
GM:いえいえ、中が全部自動ドアですからね。全部こじ開けないと行けないんです。
務月:全部ゲートで(笑)
ソーン:疲れますぅー。
GM:まぁ中を探索したりしましょうよ。では、ミドルのそんな感じのシーンスタートです。


↓情報項目カード

[READ MORE...]
2017年06月06日 (火) | Edit |
◆Opening02◆

GM:はい、では神城の研究所、前回の続きのシーンです。全員登場してね。
務月:(ころ)ぎゃー10! まぁいいや、俺が侵食率が高くてもソーンが何とかしてくれる。
ソーン:僕なんですかぁ? まぁ(笑)
務月:ガード役だから。
GM:はい、では神城研究所の会議室みたいなところです。
務月:ああ、これからの事を相談して、チーム分けしてるところにイタチさんが来るのね。
GM:です。
ソーン:変装してくるんですか?
イタチ:変装すると、細かい情報を共有してないから困るんだって。
GM:では、エリーゼと夜羽香さん、美月さんが前回の情報をまとめて説明します。今は八剣さんというエリーゼの知り合いが、“工作員”というDロイスを使ってくれています。この工作で、「神城務月を拉致した。戦闘でエージェントは全員死んだ。追っ手がかかっているのでエリーゼと家久はUGNを引き付けて逃亡している。ソーンは務月を連れてセルに戻るが、暫くは潜伏して追っ手を撒かないといけない
ソーン:おおー!
GM:という事にしています。なので工作員が見破られるか、セルの人に見付かるまではセルに戻らなくてもいい猶予期間があります。
務月:はい。
GM:その猶予期間の間に、美月さんや水希さんについて調べるなり、今後の事を考えるなりしたらいいと思います。
務月:一皮むけて心の成長をするなり。
ソーン:キャラ的には言っておきましょうか、「≪ディメンジョンゲート≫開いて連れて行こうか?」(一同笑) 横から「今言ったでしょ」って怒られて「そうか」ってなってる。
イタチ:…この状況なら、ムジナの変装をして出てきた方がいいかな。以前の話は知ってるし。変装して合流しよう。
GM:はい、ではエリーゼがその辺を理解して「ムジナさんがこちらに合流してくれました」
ソーン:では“ガチャ”(ボイスレコーダー)「役に立ちました」(一同爆笑)
イタチ:「そ、そうか。それはよかった」
務月:内心「なんやねんそれ」って思ってる(笑)
ソーン:今はエフェクトの効果が切れていて、“ガチャ”「闇に滅せよ」(一同爆笑)
務月:忍者っぽーい!?
イタチ:「…そ、そうか」(笑)
ソーン:ニコニコしてます(笑)
GM:はい、エリーゼと家久は、レネビィ・夜羽香と共にシベリアへ行く事になります。
務月:イタチさんは“プロジェクト・サード・シンドローム”の研究所がシベリアにあった事を知ってるから、あれを潰しに行くのね、ってわかる。
GM:ですね。で、美月が静馬に「静馬君。ちょっと務月君が心配だから、一緒に行ってくれないかな?」
静馬:「ええ、それはもちろん」…基本的に務月さん以外と接点がないので。若干おろおろしています。
ソーン:二枚絵でおろおろしてたんですよね。ダメージ0にした。有能です。
GM:「FHに一人で行かせるのとか心配だし」
ソーン:連れてかなきゃいけないの? って顔です。
GM:連れてってあげてください。ムジナさん(偽)と4人で行ってください。
ソーン:はい。
GM:でエリーゼが「そういえば野田静馬さんと夜羽香さん。野田知事にはいつもお世話になっています。いつもありがとうございます」(一同爆笑)
務月:直接お礼来たー! え、知り合い?
静馬:「どういうこと?」
GM:夜羽香さんもガーンってなってる。それに気づいたエリーゼが「あ、さすがにUGNに入っている息子と娘には、自分がFHに資金提供しているって話はしないですねー」
イタチ:べーらべらべらー!
務月:はっはっはっは。
静馬:「一体親父は何をしているんだ…」
GM:「どういう意図かは知りませんが、個人で献金を頂いていますよ。以前、セル同士の抗争に巻き込みそうになった事もあります。ね、ソーン君」
ソーン:それを聞いて思い出して、「ちゃんと守ってやったぞ」ニコニコしてます。
イタチ:はっはっは、愉快愉快。
務月:1話の話がこんなところで。
GM:「知事本人には言ってませんけどね」
静馬:「…まぁあのくそ親父が、どこでどうなろうと知ったこっちゃないですけどね」とN:無関心を表にします。
務月:1話で知事について回るってやってたら、「これ、知事の写真」とか言えたんだけど(笑)
ソーン:言えましたね!
務月:残念だったね。
GM:夜羽香さんが「もう少し詳しく教えてもらえませんか」って言うんだけど、エリーゼは「さぁ? 水希さんか、助手の一条和樹さんなら、もうちょっと詳しい事を知ってるかな? あとは帳簿とかを見れば。あたしたちは、そんなに知事にタッチしてないんで」
務月:そっかー。
GM:夜羽香さんが静馬に「そっちに行ったら、帳簿とか探して見てくれる?」
静馬:「うーん…わかったけど、あんまり関わりたくないなぁ」
GM:(夜羽香)「お父さんがよく知らずにFHに献金しているなら、危ない組織だって説明してやめてもらわないといけないでしょう?」
務月:常識人だ。桜翔のキャラはいつも常識人で安心できます(笑)
GM:「本当に献金をしているかどうか、それもはっきりはしてないんだし」
静馬:「どうせあの親父の事だから、ろくな事してないよ」
GM:「静馬、自分の親に対してそういう言い方はどうかと思うわ。それに、ろくな事をやってないにしても、やめさせないとね」
イタチ:ハコモノを作って頓挫しているのは、FHの基地を作っているからだ(笑)
務月:ハコモノ行政をしてひそかにFHが基地を作りやすくするという支援を行っている(笑)
静馬:「まぁ、親父の悪事の証拠をつかむのはやぶさかじゃないよ」
GM:エリーゼの話は以上です。美月さんが務月のところにいって、「静馬君に一緒に行ってもらうけど、やっぱり心配だわ…無理はしないでね」
務月:わかった、静馬は俺が守る」(一同爆笑)
静馬:「いつも務月さんは頼りになるなぁ」
務月:「だろ?」
ソーン:話が進んでいくのをぽかーんと見てます。
務月:PCだけで話させてもらえる?
GM:いいよ、じゃぁNPCはいったん退場ね。何かあったら呼んで。
務月:向こうでシベリア行の話でもしててよ。
GM:はーい。

務月:ソーンに、「向こうに行く前に、お前の母さん、水希さんだっけか。彼女について調べさせてくれ」
ソーン:ぽかーん。「…あ、ああ。そうか。なるほど」
務月:務月的には、自分のお母さんのそっくりさんが現れて、自分のお母さんを殺しなさい♪って言われてるわけじゃないですか。どっちが本物なんだ…ってなってる。
ソーン:年齢的には、一条水希の方が自分のお母さんに近いんでしたっけ?
務月:逆。どっちも若すぎるんだけど。
GM:水希ママが15~6、美月は30歳ぐらい。
務月:どっちも怪しい。だから、「水希ママが実はジャーム化した自分の本当のお母さんなら、ソーン、お前に協力するよ」
ソーン:ぽかーんとしながら、「あ、ああ、ありがとう」
務月:「だから調べるのをみんなにも手伝ってもらいたい」
ソーン:「ムジナさんがいるから安心だ」。キラキラした目で見ます(笑)
務月:「あ、そうなんだ」キラキラした目で見るよ(笑)
イタチ:(笑)
GM:【社会】高いし。
務月:【感覚】と【社会】が俺たちの弱点なんだ。
ソーン:そんなことないでしょう。今回は全員割り振れてますよ。
務月:本当だ! 行ける! 今日はやれる。そんなこんなで、「よろしくお願いします」。いや、いきなり「ゲート開いてよ、ソーンがいるから大丈夫だろう」って入って「ぎゃー」ってのも考えたんだけど(笑)
ソーン:はい。
務月:それだと今回のシナリオが全バレするんで。いきなり水希さんに“工作員”がもろバレするんでやめときました(笑)
GM:ですね。
務月:今回はひたすら情報収集なんかな?
GM:はい。
務月:静馬の事とか、ムジナさんの事とかも教えてくれるなら、一緒に調べてもいいと思うんだが。
GM:でもムジナさんに変装して来てますもんねぇ。
イタチ:うーん…予想以上にラボの連中がいなかったんで、変装の意味が少なかったなぁ(一同爆笑)
ソーン:一人、キラキラした目で見てる子が残ってるだけですからね!
イタチ:しかもこいつはどんな状況で現れても、簡単に言いくるめられるのに(一同爆笑) 意味なかった。
務月:ハンドアウトの時点でわかってましたよね!?
イタチ:PLかぶってるからさー(笑)
務月:言い訳すんなよぉー。で、どうする? 静馬は親父がFHに関わってて…ってのを話してくれるんかな?
静馬:ええ、「親父が悪っぽい」って事をべらべらっと喋りますよ。
務月:悪っぽーい(笑)
静馬:「あいつは昔からろくな事しなかった」
務月:「きっと何か事情があるんだよ」
ソーン:自分の親を悪く言っているのを見て、ふつふつとしてますよ。「君は自分のお父さんという人を、そういう風に言ってはいけないと思うぞ? そもそもFHはともかく、うちのセルはこういう事をしているから、悪いことはしていないんだ」という事を理論めいて言いますよ。
務月:FH自体が悪いことしてますよね(笑)
ソーン:「FHは悪いが、うちのセルは僕をきちんとした人間にしてくれようとしている、立派なセルなんだ。君のお父さんは悪いことをしていない」
静馬:そういう事をさらっと聞いたうえで、「お前にうちの親父の何がわかる」
ソーン:「何もわからない」
GM:ぶっ(笑)
務月:その通りだ(笑)
ソーン:「だが、自分のお父さんを悪く言うやつを、僕は許せない」
静馬:「それはうちの親父の事を何も知らないから言えるんだよ」…まぁ静馬も思い込みで言ってるので、浅い理解なんですけどね
務月:割って入って「まぁまぁ二人とも。調べればわかる事じゃないか」
ソーン:そうですね(笑)
GM:うーん、イタチさんはムジナさんとして出てきてるから「ムジナが変なことになってる」って言いずらいよねぇ。
務月:引っ込みつかない感じ。
イタチ:うん。
静馬:あ、PC間ロイスのイタチさんは、「イタチさん(ムジナさん)」にしています(笑)
GM:ではPCどうしの相談はそんなもんでいいかな。ここからミドルフェイズに入りますよ。
一同:はーい。

2017年06月02日 (金) | Edit |
GM:オープニング始めますよー。
ソーン:PC間ロイスは?
務月:はーっ!
GM:忘れてました。ソーン→務月→静馬→イタチさん→ソーン。
ソーン:固定ロイスで持ってます。
務月:同情/憐憫で(笑)
GM:静馬からイタチさんは、まだ知らない人なので会った時に決めてもらってもいいですよ。イタチさんからソーンも。
ソーン:弟が面倒見てるホムンクルスですよ(笑)
務月:これはこれで面白い。一方的に知ってる
イタチ:これがソレか。
務月:ソレって、物だー! ひどい(笑)
ソーン:物です。
静馬:イタチさんにはP:にこやか/N:うさんくさい。
務月:信頼/不信感だ(笑)。合ってる。


◆Opening01◆ ――山師イタチ

GM:では改めてイタチさんのオープニングです。ムジナさんと連絡が取れなくなったところですね。
イタチ:はいはい。
GM:いつもアパートの前の小枝を折って合図したり(一同爆笑)
イタチ:とうとう折る小枝がなくなってしまった(笑)
務月:木が丸裸に(笑)。どんだけ連絡取ってるんだ!
イタチ:新聞受けに溜まっている広告の入れ方で暗号が決まっている(一同爆笑)
務月:マジか! それはすごい。
GM:新聞も溜まりっぱなしです。そういう合図にも答えないし、マゴマゴカフェにも出てこないし。
イタチ:えらいこっちゃ。新聞は抜いておかないと。
GM:で、新しくできた研究所の場所はムジナさんに聞いていました。
イタチ:じゃぁ行ってこよう。わーい。
GM:そこから出てこないし。ニンジャ・アイで遠目から見ても(一同爆笑)
一同:ニンジャ・アイ!
ソーン:なんでもできそうですね。
イタチ:久しく関わっていない間に、すっかり忍者キャラになってしまった
務月:何ででしょうねぇ。なんか、秋野君が喜びそうな演出を考えたらそうなった
イタチ:【肉体】1なのに!
務月:オーヴァードだからね。肉体派ばかりが忍者じゃないよ。
GM:知能派忍者なんですね。というわけで、外から伺ってみると、ムジナさんは一条水希から離れず、護衛のようにふるまっています。
イタチ:どこぞの犬のように。
GM:犬の話も聞いていますね。で、そういえばそろそろ神城美月を襲撃する計画が実行されているはずなんです。
イタチ:もうそんな時期なんだ(笑)
GM:詳しい情報は、ムジナさんからも入ってません。美月を襲撃するよーって言ってたけど、詳しい話が来る前に音信不通になっちゃったんですね。
イタチ:なるほど。本人に確認に行った方がいいだろう。ちゃららら~・ちゃっ♪

GM:では野山市です。野山市のUGN支部には、杏おばちゃんが留守番しています。
イタチ:パンの焼ける香ばしい匂いがする。
GM:杏おばちゃんは、「どうしましたか?」って聞きます。
務月:本部の人ですか?
イタチ:うーん…まぁ、本部の人なぁ。
GM:「支部長に御用ですか? 今はいらっしゃらないんですよー」
務月:杏おばちゃんは、たぶん「本部の人? 応援? もうせっかく文化祭を楽しんでると思ったらねぇ、神城美月さんを襲うだとか言ってねぇ。もうあの子たちねぇ」って喋ってくれるんじゃないかな(笑)
イタチ:情報収集をひとしきり済ませよう(笑)
GM:はい、では美月さん襲撃はすでに終わって、支部長の夜羽香さんたちは襲撃犯たちと一緒にいるということがわかりました。
イタチ:そっちの方に移動しようかなー。
務月:ちゃーちゃらっちゃー・ちゃららら~。

GM:はい、神城の研究所です。
イタチ:次々に場所が変わる(笑)
ソーン:忍者ですから!
務月:全部1シーンなところが優しいよね(笑)
GM:はい、夜羽香さんはNPCで出させてもらいます。
イタチ:「これはこれは。大変だったね」
GM:夜羽香さんはイタチさんの事を知ってるでしょうから、「色々誤解があったようですが、襲撃というかおかしな状況になっています」
務月:茶番がありました(笑)
ソーン:うちの改造人間殺してください(一同爆笑)
務月:ビックリだったなぁ。
イタチ:標的の美月は無事だったんだな。
GM:はい。美月さんは「あらイタチさん、私はみんなが守ってくれたから、無事だったわよ♪」
イタチ:「それは何よりだった。向こうの方を任せていた弟と連絡が取れなくなってね
GM:「へぇー。そんなことしてる弟さんがいたの?」
務月:そこはエリーゼが反応しとけよ!
GM:そうですね。エリーゼは「どういう事? そしてこのムジナさんに似た人は一体…」
務月:弟って言ってるんだからムジナさんの兄に決まってるだろ!(笑)
GM:やはりムジナさんはスパイだったのか…。シュピオンだし
ソーン:ばれた。
務月:ばらしてなかった?
GM:ばれてないはずです(笑)。つつつっと寄って行って、「その話、詳しく」
イタチ:「なるほど、この話に反応するということは、君はある程度の事はわかっているようだね」
GM:「ムジナさんは実はUGNの…」
イタチ:「まぁ少し席をはずそうか」
務月:二人で別室へ(笑)
GM:はい。「ムジナさんは今回の作戦には参加してないですよ。元UGNだから、って外されたようです。別の任務があるとかは聞いてないですけど…」
イタチ:まぁねぇ。
GM:ボイスレコーダーに声だけ吹き込んでもらった。
務月:そんな予定は全然なかったんだけどねぇ。
ソーン:NPCでいる予定だったんですね。
務月:そう。こうなったから「あ、いないのか」って事になったんだよねー。TRPGの恐ろしいところ。
イタチ:まぁ情報交換しよう。
GM:護衛してるって聞いて、「あー、前回も家久が洗脳されたし、私もされかけたし。洗脳されてるんじゃないですかねー、弟さん
務月:はははこやつめ(笑)
ソーン:洗脳慣れも怖いもんですね!(笑)
務月:いやー、シナリオ作ってると便利なんよねー。
イタチ:生半可な洗脳にかからないように訓練していたのに。
務月:Eロイスはしょうがないよ、生半可な洗脳じゃないよ。≪竹馬の友≫なら大丈夫だろうけど(笑)
GM:「前回の家久は、洗脳の効果が発動した後に戦闘不能にしないと治らなかったので、それぐらいのショックが必要なんじゃないですか?」
イタチ:うーん、どうしようかなぁ。「あいつはうちの兄弟の上の中では一番の暴れ者だから…」
GM:「確かにムジナさん強いですねぇ」
イタチ:「骨が折れそうだ。少し手伝ってくれないか」
GM:「私は今から出かけますが、ソーン君たちがセルに戻るので…。ムジナさんはスパイだって分かっても、仲間なんで心配ですから、ソーン君に協力して一緒に行ってください。余計なことはしないでいただけると助かりますが」
イタチ:「目的さえ果たせるなら構わないよ」
GM:「ではムジナさんをお願いします」
イタチ:FHをどうこうしよう、っていうのは弟に任せている。
務月:まぁ立場的にはエリーゼも似たようなもんだし。
GM:最近、ここにいて大丈夫かなぁ? って思ってる。
イタチ:何ならムジナの変装をしてきて「やぁやぁ」って来ようか。
務月:二人いるー!?
イタチ:そいつは偽物だー!」(一同爆笑)
ソーン:めっちゃ信じますよ!
務月:それは面白い。
イタチ:日常会話がかみ合わなくなるからやめとこう(笑)
GM:そうこうやっていると京太郎さんから電話があります。「様子はどうだ」
イタチ:「ややこしいことになっているようだ」
務月:やれやれだぜ。
GM:そっちはそっちに任せるわー。って言われる(一同笑)。横から「電話かわってください」って声がして、ハルカが電話に出ます。「そちらのソーンさんにはご縁があるので、何かあったら連絡してくださいね」と心配そうに言います。
イタチ:「わかった」
ソーン:ロイス取っとけばよかった。
務月:後で取ればいいじゃん。
GM:えー、こんなもんかな。次のシーンで合流までしときますか?
イタチ:そうだな。
GM:ではエリーゼが「ソーン君に会わせますんで」と言って、このシーンは終わりです。
イタチ:はーい。

2017年05月31日 (水) | Edit |
みにら→GM:では行きますよー。
陽→務月:TRPG久しぶりな気がする。1か月開いたなぁ。

トレーラー

神城美月。
一条水希。
二つに分かれた、光と影。

務月:俺の中ではゲルマン忍者なんだけど(笑)

水希は、美月の全てが嫉ましかった。
それは美月になりたいと願っていたからか。
妄執の果てに産み出した「息子」への、異常な執着と赤裸々な思いが、今明らかになる。(予定)

一同:予定(笑)

ダブルクロス the 3rd Edition “L” 第5話
「Mischte das Material」(ミシュッテ ダス マテリアル。素材を混ぜる)Version “L”
――交わった道の先にある、真実という名の刃。

務月:何でそんな不吉な事ばっかり言うのアナタ(笑)
GM:不吉な事言うの好きなので(笑)。ではハンドアウトです。まずはソーン!
K林→ソーン:はい。

ロイス:一条水希  推奨感情:執着/不安とか
 任務には失敗したものの、神城務月を同行できる事になったあなた。だが、水希は「神城美月を殺せ、ムリなら息子を連れて来い」というような事を言っていた。そのまま連れて行ったら、務月は人質にされるか殺されるか、その両方か。

務月:ぎゃー。
ソーン:前回、それでオーヴァードを連れていく方がいいだろうって言ってましたもんね(笑)
務月:オーヴァードだから殺されても≪リザレクト≫でいいやと思ってるだろう(笑)
ソーン:はい。そうです、思ってます(笑)

もはや水希には説得は通じまい。あなたは、水希に従うか逆らうか、決めなくてはならない。

ソーン:うん、マジ従う~♪
務月:ダメだー!
ソーン:成長は、120%エフェクトの≪リヴァイブセル≫、戦闘不能から回復するのと、≪黒の鉄槌≫メジャーの攻撃魔法を新規取得。
務月:攻撃魔法(笑)。ちょっと面白かった。
ソーン:攻撃エフェクトですね。あとは≪グラヴィティガード≫を1レベルアップして3レベルに、<意思>を1レベルアップして7点残りです。


神城務月
ロイス:一条水希  推奨感情:任意/猜疑心とか
 美月は一条水希の事を、「自分から出てしまった分身。水希本人がジャームじゃなくなりたいと思うなら、自分と同化して一人のオーヴァードになるという方法が取れるだろう」と話した。だが、その美月本人にも色々と秘密があった事が分かり、言葉どおり受け取れない。いずれにせよ、調査の必要があるだろう。


務月:そやな。えー、今回はお母さんの長年の疑惑が晴れたらいいな。と思っています。晴れたら、神城エージェントとしてやっていくぜ、って思いを込めて、ワークスを「企業エージェントA」にリビルドして、【肉体】を10まで上げた。で、神城エージェント用のエンブレム、「優良兵器」と「スペシャルエージェント」を取った。優良兵器で両手剣の命中+2のダメージ+2。スペシャルエージェントは1シナリオに3回、達成値を出した後に1Dあげられる。
GM:強い。
務月:ギリ何とか…って時には使おう。25点余り。以上です。

野田静馬
ロイス:野田平一郎  推奨感情:任意/任意

秋野→イタチ:ヘーイチロウ…(※エンジェル・ショウダウンに出てきた護衛さん(故人))
静馬:ヘーイチロウ…

 FHのマスターレイス、エリーゼが「野田知事にはお世話になっています」とあなたに言った(オープニングでやります)。父がFHと一体何の関係があるのか。どこまで知って関わっているのか。折りよく務月に協力してヴァイスハイトセルに向かう事になったあなた。もしかしたら、父についても何か分かるかもしれない。

静馬:どうせ親父のことだからろくな事やってないよ。
務月:意外とオマケじゃなかった、静馬。
静馬:裏で親父が悪いことやってるからとっちめる、ぐらいの。
GM:はい。
静馬:紆余曲折ありまして。(リビルドしていた)
務月:本当にね!
静馬:≪原初の黄≫は≪ファンアウト≫ぐらいしか役に立ちそうにないだろうということでそれにして。
務月:≪原初の黄≫消せばいいじゃん(笑)
静馬:まぁ。で、≪喰らわれし贄≫をレベル3で取り。≪原初の黒:マスヴィジョン≫をレベル3で取り。残り経験値が2点です。
務月:がっつり攻撃力が上がったな。1回攻撃あてた後は、3~40点?
静馬:ですねぇ。

山師イタチ

務月:知らない人だー!
ソーン:知らない人ですよ(笑)

ロイス:沢士ムジナ  推奨感情:任意/任意
 美月襲撃の報を伝えた後、ムジナと連絡が取れなくなった。あなたの出す合図にも答えず、新しく出来た研究所(セル)から出てこない。外から窺ったところ、一条水希の護衛をしているようだ。

務月:そんなところまでわかってるのがすげーよ。
ソーン:護衛してるじゃーん?
イタチ:忍者ですから(笑)

 野山市支部の神城務月と野田静馬がヴァイスハイトセルに潜入すると聞き、あなたは同行を申し出た(とかそんな感じで一緒に行動して下さい)。

イタチ:とかそんな感じ(一同爆笑)
GM:ちゃんとシナリオに書いてますよ!
イタチ:書いてあるけど(笑)
務月:書いてあるのは誇る所じゃないから(笑)
ソーン:書いてあったらしゃーないですよ。
イタチ:あんなに狼煙を上げているのに反応がないな(一同爆笑)
務月:狼煙!! とりあえず、どんな人かを言うといいんじゃないですかね。
GM:<交渉>でどうにかする人ですね。
務月:怪しい人ですね。
ソーン:顔はそっくりなんですか?
イタチ:ムジナは、イタチ一族の中では一番ワイルドな感じよ。だからムジナよりもうちょっと大人しそう。
ソーン:カツーン、カツーンって歩いてこないんでしょ(笑)
GM:それはするかもしれない。
静馬:にこやかな感じですよね。
イタチ:外見が愛染で、顔だけ市丸ギンなんだ。ソフトオールバック。
GM:スーツの怪しい男。
務月:顔は線が三本。
イタチ:超にこやか。
務月:俺の中では内海課長です。にこやかだけど信用できなさそう。