リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

11・Climax-R1-2: 棺桶とオラオラ 

GM:ではデミウルゴスですが…もうフルボッコにしてもらったら良いですかね(笑)。一応イニシアチブで《ワールウィンド》で移動で、接敵してあげます。範囲攻撃のシーン攻撃でハルカ巻き込む所だったんで。
かずら:《時の棺》を取得して消して良いですか?
GM:
京太郎:あーあ。
かずら:ああ、移動はして良いですよ。メジャーの攻撃を。
GM:それはもちろん良いよ。じゃ、言うだけ言いますんで。結構カッコイイ事を考えてたんですけどね、この子も。《コンセントレイト:ウロヴォロス》《暴食の神蛇》《ブレインハック》《増腕》《獣の王》《バリアクラッカー》って言いながら…あ、マイナー2個使うヤツを…いや、違う!
イタチ:違う?
GM:これ2ラウンド目にしよ!
京太郎:このラウンドで殺せっ!!(笑)
GM:違う、移動をイニシアチブで使ったからマイナー使える! マイナーで《巨身獣化》って20mのデカい存在になって(笑)
かずら:モノリスの中、ミッチミチですな。
明日香:デミウルゴスがウロヴォロスになったー。
イタチ:でっけー20mくらいはあるぞー(棒)。
GM:はい、でっかくなって、先ほどの組み合わせで巨大な獣みたいな感じで。
明日香:ウロヴォロス堕天みたいになった。
ウロヴォロス堕天。超巨大なアラガミ。 ハンニバル。人間的な動きをするアラガミ。ゴッドイーターバーストで追加。
GM:神々しい、ハンニバルみたいな感じにしといて下さい。が、雷をまとった必殺の一撃を繰り出そうとしたのを、《時の棺》で止められた。
明日香:もうもうと煙る、土煙。だがその中で傷ついた者は一人もいなかった!
GM:《時の棺》ですから、「フン、神に逆らうからだ」って言ったら、そこで…
かずら:棺桶が飛んできます(一同爆笑)
一同:えええー!?(爆笑)
時:そこまできて!?
京太郎:そういう演出じゃなかったような気がするなー。
明日香:「棺」の方!?
イタチ:何か「DIO」って書いてあるぞ?
かずら:あれ、棺じゃなかったっけ?
京太郎:「一瞬時間を止め、行動を阻害するエフェクト」。
明日香:どっちかというと演出は「時」の方を拾ってあげてー!
GM:棺でバンとしばかれて、「な、何ィ!? この神が!」
京太郎:まぁ、モノリスアタックのかずらさんにふさわしいというか(笑)
GM:じゃ、どこからともなく棺を出してきて投げつけて。
かずら:はい、「D10」って書いてある棺を投げました。
京太郎:D10、重要だよねー。
明日香:このゲーム的にも重要だよねー。
GM:では、どうぞ。
イタチ:…おかしいなぁ、ボスな感じだったのに。急に第一部になった(笑)。次誰?
明日香:【行動値】がある人間…4、明日香です。もう侵食率ここまで上がっちゃったけど、ガンガン上げちゃうか。
京太郎:こんだけEロイスがあるなら良いんじゃないですか?
明日香:うん。
イタチ:このままだと70切るよ。
京太郎:俺もだ。Eロイス分頑張って上げよう。
GM:そう思って、さっきガード不可・リアクション不可の攻撃をしようとしたら、《時の棺》でした(笑)
時:あぁ、連携を考えるなら《間違えた世界》使ってあげれば良かった
GM:えー、今の《時の棺》消してもらえたら…《ブレインハック》ってバッステ「憎悪」を与えるの、シーン1回しか使えないから終わってしまった…(一同爆笑) GMが指定する、だから「自分」を指定して、このラウンド自分を殴らせるっていう演出だったんですよ。
京太郎:ほー。
GM:消されたぁ~。
イタチ:じゃ、むっかー。とりあえず憎悪だけ演出してやろう。
明日香:《ハンドレッドガンズ》にさっき取った《光の衣》をマイナーで組み合わせつつ、《ペネトレイト》《マルチウェポン》《コンセ》で攻撃。
GM:《巨身獣化》してるのでドッジ不可なので当たります。
明日香:侵食率が140だから…9Dで。(じゃらじゃら)
GM:ラスト1個になったら言って下さい。
明日香:30で1個になりました。
GM:って、ドッジ不可だったら意味ないじゃん。
京太郎:達成値を下げてダメージを下げる事はできるよ。
GM:ああ。じゃ《支配の領域》。
明日香:1になった。
イタチ:じゃ《妖精の手》
GM:(ションボリ)
時:何その顔!(笑)
明日香:これは10になる、でい良いのかな? 相殺されるのかな?
時:1にした後10にするんじゃないですかねぇ?
京太郎:先に使ったモン負けですからね。
明日香:じゃこれを10にして(ころ)もう1回使う? 何回使える?
GM:まだ使えますけどー…。
イタチ:1つの判定には1回だ。
明日香:じゃ(ころ)45のー。
GM:神ですよ、神!
京太郎:ダメじゃん神
かずら:すごいぞ、神ぃー。かっこいいぞー
GM:くっそぉー!
時:めっちゃ悔しそうな顔ぉー!
GM:めっちゃ頑張って「これ組み合わせたら強すぎるからこっちにしとこー」とかやって…イィィィー!
時:ちなみに俺も《支配の領域》持ってたけど使う気なかった(一同笑)
京太郎:ひでぇー!
明日香:54で命中ね。ダメージは75の装甲無視ね。
GM:いただきますぅー! (裏返った声で)ムッフー! 神、神ぃー!
かずら:ムッフィー!
京太郎:カミカミ言うな。
明日香:そっちが神ならこっちは天使。
京太郎:それはさすがに神の方が強いんじゃないですかね?
イタチ:いや、神の方がチェーンソーでバラバラになる分弱い。
GM:良いです、ハイ。
時:まぁ古代種と言えど、所詮天才には及ばんか
イタチ:あっれぇ~!?(一同笑) 一人勝ちプレイに浸ってる人がいるよー。
かずら:アナタ、関係ないじゃん! さっき「18」とか言ってたくせに。
イタチ:ちょっとノサレだな、我々オサレポイント1点ずつもらおう。
時:ノサレでしょ!
GM:この子アレですよ、《キングダム》とか《天候操作》とか持ってて、城建てて気候も操れるんですよ!
イタチ:良いよ、して。
時:何を、終わった後のアフタープレイみたいな事言ってるんだ! 俺みたいにプレイ中にがんばりなさい!
明日香:じゃ、後は【行動値】0組だな。
真也:じゃ攻撃します。命中は48で、ダメージが68点。
かずら:私も素手殴りしに行こうかなー、ニヤニヤ。
京太郎:俺も攻撃した方が良いかな。支援するタイミングを逸してしまったし。
イタチ:21点装甲無視。
かずら:じゃ私もシバきに行くかな(笑)
GM:ハコ…じゃない、ハルカちゃん放ったらかしで良いの? その為にわざわざエンゲージ外れてあげたのに。
イタチ:どっちにしろ[離脱]しかできない。
かずら:マイナーで離脱できるエフェクトを取って離脱しようかな。あと15点残ってるんで。
イタチ:俺が《恐怖の一言》を取ってれば、アレ離脱可なんで移動させれたんだけど(笑)
明日香:「お前、アイツ守りに行けや!」「ぅぁぁ(下がる)」
かずら:まぁ、《命のカーテン》を使い尽くすまでは良いかなぁと思ってたんですが。
GM:ああ、それならその場から攻撃すれば良かった。こいつ、シーン攻撃ばっかり持ってるから、巻き込んで殺してしまったら嫌だなーと打算してたので(笑)
イタチ:じゃ、離脱だけしとけば?
かずら:ですね。離脱します。後は任せた!
京太郎:よし。じゃ経験点を消費して、《ライトスピード》を取ろう
GM:メジャー2回ですね。
京太郎:で、《マシラのごとく》を5レベルまで上げる(一同爆笑)
GM・イタチ:オラオラですか!?
京太郎:早いな、みんな!? 残り5点で《波紋の方陣》を7レベルまで上げよう。
イタチ:他にどうリアクションを取れと。
GM:今回オラオラされるのは時さんかと思ってましたけど、こっちですか!
京太郎:とりあえずマイナーアクションで《ライトスピード》を使って、メジャーを2回に増やす。わーC値が1上がっちゃった(棒)。
時:意味ないじゃん!
京太郎:で《疾風迅雷》《サイレンの魔女》《マシラの如く》をシーン(選択)なんで、時とデミに。まぁドッジ不可だけど、(ころ)達成値は5で(一同爆笑)
GM:スタープラチナ・ザ・ワールドですね!
時:ひどいわぁ。
京太郎:13+《マシラのごとく》が70点だから、83点。
GM:時さん、“アレ”を演出する時です!
イタチ:ぶべら!
GM:このEロイスですよ!
時:これか! なるほど。《拒絶の結界》で「その程度の攻撃がァ…」と避けようとしたら、「ぼぉーん!!
京太郎:何でよ!?
GM:システム的に言うと、30点までのダメージは無効にする、というEロイスです(一同爆笑)
時:「何ィ!?」
GM:30点を越えるとバリヤは無くなるんですよ。オーラバリヤー!
京太郎:そこまでネタにしなくても!
時:こだわりでしょ!? K林のこだわり!
かずら:しかも30点越えてから使うとかもうね。
京太郎:今がチャンスとか言うなよ!
イタチ:バリアパリーン! 秘儀・割れるバリヤー!(一同爆笑)
京太郎:で、2回目の行動ですけど。Sロイスのハコを切って、新たにハルカにロイスを取得する。
一同:おお!
京太郎:Sロイスを昇華した効果で《マシラのごとく》を復活させて攻撃(一同爆笑)
GM:オラオラですか!? って2ページ目まで行ったのに、もう1ページありましたよ!?(一同爆笑)
時:やばい!
GM:死のうかしら…!?
京太郎:こんな事で死んどくなよ!
GM:それフィニッシュ技じゃないですか!
京太郎:俺、攻撃役じゃないから。
イタチ:あっれぇ~!?
GM:もう死に時かと思いました!
京太郎:では「ハコ…。ガッカリするかも知れないが、残念ながら俺はお前の父親ではない」と言おう。
GM:はい。
京太郎:「だが、今の境遇を鑑みて、お前にはとりあえず保護者が必要だろう。ここから無事に帰れたら、うちの支部に来ると良い」そこでハルカにロイスを取って、「いや、もうハコではないな。ハルカ
GM:では「パパって、まだ言っても良いの…?」
京太郎:では帽子で顔を隠しながら「…良いぜ」(一同爆笑)
時:かっこいい!
GM:満面の笑みで「うん!」ってうなずく。
イタチ:ではデスクの上に置いてある「支部長」の上に「ぱぱ」って振り仮名を振ろう。
京太郎:ぱぱ支部長! というわけでさっきと同じ攻撃を。(ころ)達成値は5、ダメージは85点。いやーサイコロ振るのも計算も楽ちんだわぁ。
時:うぉぉ、ここは使う所か!?
京太郎:また何かネタがあるのか!
GM:いえ、まだロイスがあるので、ロイスを切ったら生き返ります。
時:あ、そっか。3つしかないロイスのうち、1個の京太郎さんを切って。
京太郎:ああ、切られてしまった。「時ぃー!」
時:復活。「俺はこんな所では終わらん! 終わるはずはないんだ!」
京太郎:「何!? 野郎、まだ生きてやがるのか」2ページにも渡ってオラオラしたのに(笑)
明日香:2ページやって、ページめくったら「支部長のオラオラは今始まった!」って次週に続いてる。
GM:打ち切りじゃないですか!
イタチ:見開き2回だから4ページですよ。
京太郎:確かに。
GM:では一応、「ふん、そんなものか」《インペリアルガード》で2D10減らし、「か、神の力を超えてくるだとぉ!?
京太郎:何でそんな負けロールプレイが好きなんだ!?
GM:ツワモノで作ったはずなんですけど…流れ的に、二人とも三下で(笑)
時:何でだよ! 俺が最初から三下だっつったろ!
GM:僕は三下のつもり無かったんですけど。
京太郎:あのオーラバリヤーが三下すぎた(笑)
GM:あのEロイス見つけた時に、「ヤッハー!」って。
時:かっこいいでしょ?
京太郎:かっこいい。
時:余裕を見せつつ「お前の拳などぼふぉ!?」
京太郎:おかしい。
GM:まさにアミバです。

category: DX プチキャンペ 3「Never Ending Story」

TB: 0    CM: 0   

12・Climax-R2: 神かわいそう 

第2ラウンド
GM:では次のラウンドのセットアップ、しもべ12体が《融合》。
時:セットアップで暴れとこうか(笑)。「くそぉ! 天才の俺様がこんな所で終わるはず無いんだァ!!」とか言って、近くの適当な建物がドォォーン!! って(一同爆笑)
京太郎:何やってんだ!
時:《フレイムディザスター》! ごーん!
GM:これは建物を一つ破壊するというエネミーエフェクトです。
かずら:モノリスが壊れてしまう!
GM:モノリスの中は神の世界だったので、《キングダム》で作った建物だったんですよ。その、デミウルゴスの居城を「ばぁーん!」って破壊した。
時:柱を何本か壊した。
かずら:あんたら、仲悪いなぁ…。
イタチ:ちなみにこの効果は、他のゲームでいう所の神技級です。天変地異っていう。
京太郎:あったな、そういうの。
GM:では改めてセットアップで、「あの子大丈夫かしら」って思いながら(笑)
イタチ:大丈夫じゃないのはお前だー!
GM:私もヤバいですけど。一応《融合》します。本人は、危ないから、本当はオーバーキルなんだけど《ヴァイタルアップ》って今更言いました(一同大爆笑)
京太郎:2ラウンド目に使うヤツ、初めて見た!
かずら:では《戦術》使っておきます。
時:コレって使える?
GM:ああ、それはイニシアチブに使えますよ。使っても行動済みにはならないです。
時:あ、そう?《極大消滅波》だけど(一同笑)
GM:はい、誰かが動く前に「俺ここで動けるもんねー」って言えます。
京太郎:《スピードフォース》で最初に動こうと思ってたのに。ついに速さで負けた。
時:まぁ3倍にしてるから(笑) そのかわりダメージはショボい!
GM:神…神ヤバイ、神ピーンチ! まさか1ラウンド目に300食らうとは思ってなかったですよ。言っときますけど、《ヴァイタルアップ》分しか残ってないですよ!(一同爆笑)


時:じゃ俺から。マイナーで移動、《縮地》使ってハコをがしっ。
京太郎:おお。
イタチ:うわ、三下っぽーい。
時:どーだこれで貴様ら攻撃できまーい!!
GM:有名なシーンですよ!
京太郎:何でそんなモン再現してるんだ!
時:だって空いてたんだもん!
イタチ:…ダメだ! この二人を密談できる状態で長時間放置したらダメだ!!(一同爆笑)
かずら:それが今回の敗因でした。
GM:ファミレスで2時間くらいゲラゲラ笑ってましたもん。
時:じゃもう1回行くよ! 「がしっ」の効果は、ルール上何もないでしょ?
GM:マイナーで移動してエンゲージして、ハルカを捕まえたという所までOKにします。一応避けましょうか?
京太郎:別に良いだろう。
時:ルール的にも、盾にならないでしょ(笑)。三下っぽい行動したかっただけです。
かずら:まぁ、ハルカを攻撃しても《命のカーテン》でかばえますもんね(笑)
時:《コンセ》《氷の戒め》《縛鎖の空間》《棘の戒め》を、《要の陣形》で…。
かずら:誰にしましょう?
時:一人は、さっきボロボロ言わされた京太郎さん(一同爆笑)
京太郎:根に持ってやがる!
時:あとはイタチさんとかずらさんか。
かずら:ハルカじゃないんだ。
時:うん、抱えて盾にしてるつもりだから(笑)。(ころころ)何で回らないんだー!
かずら:ダイスまでが俺を裏切るのかー。
京太郎:支援してやろうか(笑)
時:24!
GM:「フン…時といったな。神の力を授けてやろう」《創造主の技》、判定後に+4D10(一同笑)
時:(ころころ)21足すから、45!「オレ式・北●激震孔~~っ!
GM:やった神!
かずら:私はガード。
イタチ:俺は素通し。
京太郎:じゃ俺は時のロイスを切って…って、45は達成値か。まぁ回避できないよ。
時:ダメージは31点。
イタチ:侵食率が2も上がったよ!(《リザレクト》した)
GM:まだ100行ってなかったんですか!?
イタチ:うん。
GM:あーもう、100まで上がるヤツ使えばよかったー! 全員100近いから良いかなーと思ってたら!
かずら:京太郎さんをカバーリングしましょうか。
京太郎:ありがとう! 《波紋の方陣》~。
時:硬直・重圧・放心のバッステが付いて、ダイスペナルティが-2D。
かずら:硬直は動けない、重圧はオートが使えない?
明日香:うん。カバーリング系のエフェクトが使えないな。
かずら:放心は良いや、硬直と重圧を《セットバック》で回復。
京太郎:Lv2?
かずら:ええ、侵食率が100%超えたので。
時:「ははは、どうだこの天才の俺様の技はぁぁー!!」
GM:一応神が後付けしたから、そこを何となく。
時:いや、もう全部オレのおかげ
イタチ:良いや、俺は時をタイタスにして昇華してバッステ消すよ。「貴様の様なヤツの技は効かん!」(一同笑)
かずら:《八重垣》使って…ダメージは2点通りましたー。
時:あ、行動済みになったら《極大消滅波》使えないじゃん!
GM:使えますよ。イニシアチブに宣言だけで。
京太郎:じゃぁそのまま《極大消滅波》?
時:うん。
イタチ:D10振る気マンマンだぜ。
GM:範囲(選択)なので、どのエンゲージに撃つか選んで下さい。
時:そこ(デミウルゴス・京太郎・明日香・イタチ・真也がいるエンゲージ)。
GM:神も含めますか?
時:うん、もちろん
GM:ィーエェアー!! 何ィー!?
京太郎:か、神に《波紋の方陣》! これから悪さするんじゃねぇぞ(一同爆笑)
明日香:諭された(笑)
時:6D10のHPダメージ。
GM:言っときますけど、この神は何回も生き返ってくるなんていう無粋なマネはしたくなかったから、HPたくさんあるけど回復系は一切取ってませんから!
時:27点。
京太郎:惜しいー! 俺HP26なのに!
かずら:私の《斥力障壁》を使ったら、きっと誰か生き残ると思うんですが。
明日香:5点軽減で生き残る。
京太郎:俺は死んで、時を切るわ。時の切り時を逸してたから。
時:わ、切られたー。
イタチ:HPが2から2になりました(笑)
かずら:じゃ明日香に使いましょう。11点軽減です。
真也:俺も時を切って復活。
京太郎:では立ち上がった後に、「どうやら、行き着くところまで行っちまったようだな」
GM:ではそれを見て、「ならば…」自分も食らってるんですけどね!(一同笑)「ならば、その力に神も助成するとしようか」って言って、自分のイニシアチブプロセスに《裏切りの真名》を使って、範囲・至近にイニシアチブダメージを(笑)
明日香:範囲(選択)、至近?
GM:はい、選択です。
明日香:自分もか!? って思った(笑)
GM:ちょっと痛いですよー! 53点HPダメージ。
イタチ:(ころ)HP回復したよ!?(一同爆笑)
京太郎:まだ《リザレクト》できたのか!
イタチ:2だったHPが3になった(笑)。これで今100になった(一同爆笑)
京太郎:どうしよう、53点なら俺か明日香をかばってもらって、梶君か明日香に《波紋の方陣》かな?
かずら:じゃ、明日香をカバーリングしましょう。《八重垣》でガード。
京太郎:梶君に《波紋の方陣》。10D止めたら期待値で止まるな(笑)(ころころ)低い、43点止めました。
真也:53だったので…4点残りました。
かずら:私も3点残りました。155、もうちょっと。
京太郎:俺は明日香を昇華して「いでっ」って起き上がる。
時:次に俺様が攻撃すれば、全てが終わる!
京太郎:キミに次、行動回ってこないんじゃないの?(笑)
時:うん!(笑)
京太郎:迷いも無くウンって言ったよ!?
時:これ、ヘタレ。ノサレ。ふっふっふ、次で終わりのようだな。
GM:「終わらしてやろう…神の力を思い知るが良い!」と両手を広げます。《コンセントレイト:ウロヴォロス》《堕ちる絶望》《蝕む赤》《フラッシングプラズマ》《飢えし影》《プラズマカノン》《レネゲイドスマァァーイト》!! って言いながら、シーン全体にレネゲイドの力がワキワキする事によって。
かずら:ワキワキ(笑)
GM:えー、シーン攻撃、邪毒、衝動判定をさせる、RC攻撃です。
かずら:えーっとどうしようかな…Sロイスを切って《時の棺》を使います(一同爆笑)
明日香:回復したぁー!!
かずら:ど、どうしよう。通した方が良い…かな?
時:いやもう良いんじゃない!?
京太郎:俺も2個タイタス切ってるしな。
イタチ:ここはもう神はそのままヘタレで良いんじゃないかな。
かずら:じゃ切りまーす。
時:また棺がボーンと飛んできたぁー!
GM:神のぶべぁ!!」(一同爆笑)
京太郎:その《時の棺》の演出がショッパすぎ(笑)
GM:僕のイメージでは、「神の力」「しつこぉぉい!!(殴)」って神が前のめりに(笑)
かずら:何もできてないのに(笑)
京太郎:かわいそうすぎる!
時:このヘタレがぁ!
GM:神、神ぃー! めっちゃ考えたのに! もう1回シーンで衝動判定させる…って! くぅー!
時:残念だがお前は次のラウンドにはいない。

 今回は《灰色の庭》を使っていないので、デミウルゴスより明日香が先に行動のはず…だが、ここで間違えてデミウルゴスの行動が入っている。
 ついでに言うと《波紋の方陣》が1ラウンドに2回飛んでたりする。
 どちらも誰も気付かなかったのでスルーされているが、読む人も余り気にせずスルーしてやって欲しい。

京太郎:じゃ、ようやく《スピードフォース》で割り込んで。《風の渡し手》で全員に支援を飛ばしましょう。《エンジェルヴォイス》《声援》で、6D増えてC値-1です。4人なんでかずらさんも入れましょう。
GM:ホェァ!!(奇声)
イタチ:何か思い出したのか
かずら:突然奇声を発してルールブックをめくり始めましたが。
GM:あ、やっといて下さい。
京太郎:めっちゃ良い声で「頑張れ!」って言います。
かずら:がんばります!
イタチ:がんばりまーす。
明日香:ピョン。《戦術》含めて20Dかよ。
京太郎:死にますかねぇ。
イタチ:これで死ななかったら俺が。
GM:うぇぁ…。
かずら:GM、何でそんな泣きそうな顔してるんですか?
GM:《レネゲイドディゾルバー》って言ったら、オートアクション失敗にできたんやぁ…。棺なんか効くかぁって神演出が。
明日香:でもそういう系統って、[制限:-]のやつしか消せないんじゃないかな?
京太郎:エネミーエフェクトはそうじゃないかもしれないが。
明日香:《レネゲイドディゾルバー》はウロヴォロスなんだ。
GM:本当だ。[制限:-]以外は打ち消せない。やっぱり「ウベァー」
時:俺が《間違えた世界》使ってあげれば良かったね(一同爆笑)
かずら:でも俺、そんなん使う気なかったんだ♪
GM:そっちを敢えて取ってない僕が、かわいらしいと思いませんか(笑)
京太郎:何でそんなキャラの作り方してるんだ!?
明日香:(判定してた)すっげー0多い。52で止まりましたよー。
かずら:イタチさんもすごい回してますね。
イタチ:(判定してた)77。
かずら:神、死ぬかも。
GM:まさか何も出来ないなんて、神ビックリ(一同爆笑)
かずら:もう《時の棺》は打ち止めですから。
GM:言っとくけど、この攻撃耐える自信ナァイ!
かずら:神、いきなりカタコトになりましたよ?
明日香:ダメージが高くテー、85点の装甲無視。
イタチ:61点の装甲無視で、これ以降ダイス振る時-5D。
GM:ァィ…。惜しい! 神、耐えた!
真也:ええー! ウチ、そっち(ハルカ?)の方行こうと思ってたのに。
京太郎:かずらさんが殴れば神死ぬんじゃないの?
かずら:確かに当たるけどね。移動して殴ろうか?
真也:どっちでも良いよ。先に攻撃しようか?
かずら:じゃお願いします。
GM:では言おう…神はあと、27点だ。
イタチ:俺はあと27点で死ぬぞぉー!
GM:神があと27点で死ぬだとぉ!?
京太郎:だとぉ、じゃねーよ。
時:だっさー。
真也:じゃ攻撃します(ころころ)
GM:ドッジできないから絶対当たるよ!
イタチ:ちなみに《要の陣形》持ってるのに時を放置してる辺りが三下っぽいでしょ(笑)
かずら:そういえば持ってましたね。放置されてますよ、スルーされてるよ時。
時:う、おぅ、まぁ良い。俺はあとやりたい事は1個しかないんで。
イタチ:それを待っている。
京太郎:後は死ぬだけか。ありえない大活躍だったな。
時:素晴らしい三下プレイだった。
GM:それを上回る三下になりましたよ!?
時:なんでだよ!
GM:カッコイイはずが、棺で2回シバかれるなんて誰が想像するんですか!
イタチ:俺、想像してた(笑)
明日香:俺はしてたぜ
真也:ダメージは装甲無視の54点。
GM:「神が負けるとはぁぁ…!」
イタチ:ゴゴゴゴゴ…!
かずら:じゃ私の番なんで、移動して。「ハルカちゃん、家に帰ろうか」
イタチ:わースゴイ! 三下無視した!
かずら:クリスタルシールドを脇に抱えて、ハコちゃんを空いた手で抱えます。
時:何と! アッサリと!!
かずら:じゃ《パワーアーム》で時さんの手をどかして。
イタチ:ハイハイ、って。
GM:信じられない力で握られるんですよ!
イタチ:ミシミシミシ!? か、神の手がァ!? って。
かずら:じゃ、クリスタルシールドを地面に置いた時に「ドン」って音がします。
イタチ:ザスって刺さるから!
明日香:その衝撃で、天才ちょっと浮くから(一同爆笑)
時:じゃ演出で握られて、天才の手が変な方向に曲がって(笑)「俺、俺の腕がぁああ!?」
イタチ:俺様の奇跡の腕がぁー!

category: DX プチキャンペ 3「Never Ending Story」

TB: 0    CM: 0   

13・Climax-R3 & BackTrack: そして時は動き出す 

第3ラウンド
GM:つ、次のラウンドです(笑)
かずら:《戦術》一応使っときましょうか。171ぃ~!
京太郎:何でそんなに上がってるんだ!?
GM:帰ってこれるでしょ?
かずら:ええ、タイタスにしたのは2個だけです。
京太郎:ああ、そんなもんか。
GM:あの、お願いがあるんですけど。時さんの使ったEロイスは目をつぶってやって下さい(笑)。演出用ですんで。
イタチ:えー、Eロイスなんかもともと演出用じゃん!
時:まーね!
GM:じゃないとイタチさんが50%くらいまで下がっちゃうんで!
イタチ:いや、良いよ? 全然気にしてない。初期値まで戻る勢いで(笑)
時:あ、その《戦術》を、オートで私にかけます。《間違えた世界》で、違う対象にする。
かずら:ほうほう。対象を変更させられるんですね。ダイス+6個です。
GM:僕が考えてたのは、カバーリングを違う対象にさせる、っていうのでした。
時:それだと強いんで、どうでも良い所に使った(笑) これでだいたい打ち止めだ。はっはっは。
イタチ:んー、間違えたのかな~?(一同爆笑)
かずら:間違えたのかなー(笑)
時:みんなノリノリだな!
かずら:アナタに言われたくなーい!
イタチ:全くだ!
京太郎:一番ノリノリなのはキミだろう!
時:じゃ、これで…腕折られたけど、怖いけど、近くにいるから殴るしかないなぁ。
かずら:良いですよ。ロイスを切る準備して待ってます!
時:なるほど。じゃマイナーで《炎の加護》《絶対の空間》、メジャーで《炎の刃》《アームズリンク》《バリアクラッカー》《アタックプログラム》《雷の残滓》、で、《ハードワイヤード》で今の今まで隠してたビットを出して(一同爆笑)
かずら:何か出てきた(笑)
GM:内臓小型砲がヒュっと出てきます。
時:「切り札は最後まで取っておくんだァー!!」って雑魚っぽく(笑)
GM:神を越えて行けー!
時:ダメージ通るのかしら。
かずら:バリアクラッカーされてるからガードしても意味がないんですよね。
時:35です。何で俺、奥義より強いの!?
かずら:回避は14、当たりました。
時:やった! 24の装甲無視。
京太郎:スタープラズマ・ザ・ワールド! 46点止めました(一同爆笑)
GM:全部止めたぁー!!
京太郎:時を止めてかずらさんを後ろに引っ張って、「そして時は動き出す
時:スカッ!! 「何ィ!?(一同爆笑) ヤツはどこに行った!?」
かずら:「どうした、天才。まさかこの程度のことでうろたえてるの?」
イタチ:まさかこの動き…北●神拳!?(一同爆笑)
京太郎:すごい夢のコラボレーションが!
GM:もう…せめて、トドメってあげて下さい。
時:もうちょっと言わせて!「だがこの娘を抱えている限り、貴様らは攻撃できまい!!」
イタチ:持って行かれたんじゃなかったっけ?
明日香:この娘を抱えている限り…(キョロキョロ)どこ行った!?
時:じゃ、さっき時を止めて後ろに行かれた時に、一緒に持って行かれた事にしよう。「この娘が…アレ!?
イタチ:やっぱり《恐怖の一言》取っとくんだったなー。そしたらこの攻撃で床に穴が開いた事にして、「2m程前に進んでみんかな?」って(笑)
時:じゃぁ次、どうぞ!
京太郎:ラスボスも死んでいるというのに。
GM:あ、一応ここに行くまでの間に、現実世界に戻るために、先ほどの連続スタープラチナ・ザ・ワールドで、モノリスにヒビがパリパリっと入って(一同笑)、外の世界の光が漏れ始めています。
かずら:何だ、さっき時さんが建物壊したのより、スタープラチナの方が強かったのか(一同爆笑)
GM:そりゃそうです! シーン攻撃2回よ?
時:うわー、俺のヘタレ度が上がったわー(一同爆笑)
かずら:ノサレというより、ヘサレ?
時:ヘタレなオサレー♪
京太郎:でも確かにちょっとだけオサレ。
イタチ:ヘタレすぎて一周してオサレ。
GM:神の力が無くなり、この世界も崩れかけているから、外の光が見え始めている状態です。
時:さぁ、ダメージを出して下さい。俺は最後の切り札を切りますんで。
明日香:まだ切り札があるのか
時:ある。
イタチ:最後の切り札、何枚持ってるんだよ!?
明日香:どこで最後になるんだよ!?
時:だってエフェクト的にそうだもん。
GM:これは取っときましょうかー、っていうヤツです。
イタチ:ラストアクションで喋って死ぬ。
京太郎:自分の秘孔を突いて間違えて死ぬ(一同爆笑)
明日香:今回《戦術》は無い、《エンジェルヴォイス》も無いね。
京太郎:ああ、《スピードフォース》で割り込んで同じ支援を飛ばしましょう。
明日香:はーい。6DとC-1だね。
GM:時さん、今使うのは美しくないです。
時:オートだろ? コレ。
京太郎:絶対自爆だ。
時:あ、使わなくて良い?
GM:これで倒されて、エンディングシーンの最初で…。
時:OK、OK。
明日香:命中52と言ってウロヴォロスキャノンみたいなビーム出しますんで。
一同:ビー!
かずら:後ろからぶっといビームが。ハルカを抱えて2段ジャンプで避けます。
時:お、回った…20、21。ダメだ。
明日香:82点の装甲無視で。
時:よし、ここで使うぞ! オートアクションで《ショックアブソーブ》(一同爆笑)
明日香:ショックアブソーブだとぉ!?
時:まだだぁあああー!!」って言って、66点を軽減して、(手を前に出しバリヤーを作り)「うははははは!」ってやったら16点抜けて、ドォーン! …12点しかないんで(一同爆笑)
かずら:よし、ここだ! じゃなーい!
明日香:それがちょうどみぞおちあたりにドーンと。
時:「ぅお、何ィ!? 馬鹿なぁー!!」
京太郎:美味しいー!
時:敢えて吹き飛んで、オートアクションで…
イタチ:まだあるのか!
時:自爆装置が作動します(一同爆笑)
かずら:何と、私たちを巻き込まないように、わざわざ吹き飛んでくれたのか!
時:そんなつもりはないー!
かずら:ツンデレッ子め(笑)
時:そして上からガラガラっと建物が崩れてくる。
GM:作り出した《キングダム》を潰しておいたので、そこに破片が降ってきます。
京太郎:瓦礫に埋もれて。
かずら:ありゃー無理だわー。
イタチ:無いわぁー(一同爆笑)
京太郎:美味しいわぁー。
時:K林、ありがとう!
京太郎:一体何キャラ分のエフェクトを詰め込んだのかと。
イタチ:(K林)「こんだけネタを詰め込むには、普通のPCじゃ無理ですねぇ」(六条)「敵で良いよ!」って言ったんだろう(笑)
GM:いえ、「敵ですから」って言われたので、「ああ、分かりましたー」って。では…
明日香:はい。明日香がトドメをさしちゃったので、ポロっと一言。「……かわいそうな人」(一同笑)
かずら:ですよねー。
イタチ:勝ちセリフだ。
明日香:「二千年の歴史の中で最も華麗な空中技を持つ絶滅危惧種の…危惧種の…」
イタチ:アレ?
明日香:…アレ?」(一同爆笑)
かずら:もう、時さんにロイス取れば良かった。同情/憐憫くらいで。
GM:では戦闘終了です。
京太郎:御疲れ様。
時:満足した。



◆Back Track◆

GM:ではバックトラック判定をして下さい。Eロイスが4つでしたので、まず4D減らして下さい。
かずら:よーし、帰って来るぞー。
京太郎:今回はエライ目に遭ったなぁ。
明日香:これ1倍で帰って来るかも。
GM:今回どうですか?
京太郎:おもしろい。ていうか、おかしい(一同爆笑)
GM:良かったでしょ!?
京太郎:こんなん反則だ!(一同爆笑)
GM:作り方のバランスが絶妙でしょう!
京太郎:ええ、まぁはい。
GM:アミバで行くって聞いてネタすり合わせた後に、バンさんに「普通の悪役だったらかすむぞ!?」って。
真也:その時点でもう無理って分かってますもん! でも予想以上でした(笑)
GM:アミバきりましたね。
時:アミバきったよ! ポイントはダメージ増加のエフェクトを取ってない事で。皆現実世界に戻って、モノリスの世界はどうなるの?
GM:要するに、このデミウルゴスっていう存在は、ウロヴォロスのRBだったんですよ。自分の手下として各種12体の亜純血(デミブリード)を持ったヤツが融合して力を与えることによって、あとGM力で管理者に力を与える事によって分け与えたという事で。その大本がなくなったので、世界が崩壊していく。スタープラチナで割れてたから、「あそこから出れば現実世界に戻れるぞ」で全員がぶわっという所で、エンディングが始まります。
時:なるほど。じゃ一番最初に俺のエンディングからやらせてくれ。
かずら:待って下さい、バックトラックは全員終わったんですか?
イタチ:バックトラック振る前に、すでに93なんだけど(笑)
かずら:タイタスにしまくるしかないのでは。
イタチ:いや、別に良いよ。(ころころ)67になった。30切りそうなら倍振りして3点に固定するという荒業もあったんだが(笑)
京太郎:なるほど。俺は1倍振りだ。
かずら:2倍振りです。

category: DX プチキャンペ 3「Never Ending Story」

TB: 0    CM: 0   

14・Ending: 自由な空へ 

◆Ending◆

GM:ではエンディング・1番! ――滅び行く世界。
時:瓦礫の下からガッっと出てきて、「お、俺様は天才だ、こんな所で終わるはずがないっ…! これは何かの間違いだ!」(一同爆笑)
GM:で、ふっと見上げると、上から崩れ落ちてくる、城の塊
時:「ぎゃぁああー!? ば、馬鹿な! やめてくれ、助けてくれぇえええー! ぎゃあああー!!」
イタチ:それ以上俺に近付くなー!
GM:べしゃ。
時:べしゃ。はい、終わり!(一同爆笑)
京太郎:エンディングっていうか、本当に終わってるじゃないですか。
GM:ハイ。高い所なら、そこから落ちて死ぬとか色んなパターンがあったんですけど、《キングダム》を用意しておいたので。
時:ちゃんと伏線も張っといたしな! 柱を破壊して(笑)
京太郎:それで! なるほどなー。



GM:僕が考えていたエンディングは、ハコ改めハルカちゃんのからみ、真也君は別個の、イタチさんはすいません、今回ローザを出せなかったので好きに絡んでもらったら。まぁ二つは用意してますが、他に希望があれば。
明日香:まぁ、順番にやってもらったら。
GM:では、真也君から。どうするか、から行きましょう。
真也:じゃ、出てきて?
GM:そうですね。全員であそこからばーっと出てきたらモノリスがさっと崩れて、そこには何も無かったかのようになる。周りを見渡すと、普段の世界に戻っている。帰ってこれたのか、と。
明日香:普段の世界のどこに戻ってきたんだ?
GM:ああ、東雲病院です。
イタチ:みんなニコニコしてる。
GM:してないです。
京太郎:一太、颯二、時…終わったよ(一同大爆笑)
終わったよ
GM:ああ、一太と颯二も、一緒に出て来れました!
京太郎:そうか、出てきたっぽくなかったもんで(笑)
時:さすが、ちゃんと伏線回収しますねー。
京太郎:どんな伏線だ!?
真也:そんで…。
GM:で、もう普通の女の子な感じです。人間になってると思ってもらえたら。元々は自分の中からレネゲイドウィルスを排除する、と。与えられた力で外部的にその力に干渉する力を貰っていただけ。はい。
真也:オーヴァードじゃなくなった?
GM:はい、創造者が亡くなったから、その力も無くなってる、普通の女の子。
イタチ:世界で稀有な、キャリア(感染者)ですらない。
GM:そうです。
真也:「…ってことは、俺の本当の任務は失敗か」
かずら:「ん? どんな任務を受けてたんです?」
真也:…。
GM:後で明かすと、っていう事にしましょう。本人さんは今言わない方がカッコイイと思うんで。
真也:「まぁ、またアンタらとどっかで会うこともあるだろう」
かずら:「それはヤだな~」
京太郎:やだって言われたよ。
真也:「特に…アンタとはな」
イタチ:「まぁ、腐れ縁な気がするよ」
時:俺ともまたいずれどこかで(一同爆笑)
イタチ:何だと!?
GM:そのような言葉を残し、陽炎のように姿が消えていく。
真也:はい。
GM:で外に出て、「やれやれだ、任務は失敗か」とやると、端末から連絡があります。
真也:千明さん?
GM:そうです。「任務、ご苦労様でした。私の予想通り、静謐なる世界に一歩近付いたようですね」
真也:「あれで成功なのか?」
GM:「ありがとうございます」
真也:「失敗だと思ってたが」
GM:「いえ、お父様がどう考えておられるか分かりませんが、私の考え的にはあの結末が一番だと思っています。願わくば、オーヴァードを受け付けなくなった…」もう知ってるテイです!「オーヴァードを受け付けなくなった、あの少女の身柄を確保する、という所までがベストでしたが。貴方の優しさに、ここは貸しにしておきます。…またお願いしますよ」ブチっと。
真也:…優しさじゃなくて、保身のためだったんだけどなー(一同爆笑) こ、殺されるぅ! 無理、これ無理!
時:三下の世界へようこそ!
イタチ:俺の《要の陣形》は三人までOKだ。
GM:1(自分)2(時)サーァァン(真也)!!



GM:では…ローザさんとか出し切れなかったんですが、どうしましょう。
イタチ:そうだな。「依頼は達成できなかったが、依頼人があんな事になってしまったしな…」(笑)
真也:依頼失敗組ですね。
イタチ:そうそう。失敗組は早々に消えるよ。
明日香:山師イタチはクールに去るぜ(一同爆笑)
イタチ:クールじゃねぇよ!!
GM:あの、シナリオの裏で動いていたという所で、やれやれだって出て行こうとすると、病院の入り口のところにローザさんが。
イタチ:(アッパーの構え)
GM:いや、あの、マローザです。
イタチ:ああ。
かずら:マ? 魔ローザ?
イタチ:いやいや、真ローザ。
GM:「ご迷惑をおかけしましたね、ネゴシエーター」
イタチ:「全くだ。君に振り回されるのはこれっきりにして欲しいものだな」
GM:「どうやら、そのようだったみたいね。ヘルメスから報告を受けています。これは私じゃありません」と言って、(パチ、パチと拍手して)「…違和感がありますね
イタチ:練習せんで良い!!(笑)
GM:「ネゴシエーター、貴方には期待しています。これからも私のために、日本支部のために働いてくださいね」
イタチ:「まぁ、依頼があればこなすだけさ」
GM:「迷惑料として、いつもの口座に振り込んでおきます」と言ってそのまま去って行きます。
イタチ:良かった、俺のライジングアッパーが火を吹く前に(一同爆笑)
GM:本当は偽ローザをアッパーする予定だったんですけど(笑)



GM:では…明日香さん。
明日香:そうねぇ。何も考えてないんだ。
GM:では時間を戻しますけど。崩壊する世界の中で、コードウェル博士は一応エキストラで一緒にいたんですけど。
一同:いたんだ!
GM:はい。この世界が崩壊し始め、みんなが逃げようとするんですけど…
イタチ:私はモノリスと運命を共にする。
GM:コードウェル博士はその場から動こうとしない。明日香は、そのことに唯一気が付いた。
明日香:ああ。
GM:飛ぼうとした時に動かないので、振り返った。というくらいにして下さい。
明日香:じゃ、手を差し伸べて「……」何も言えない。
GM:その手をやんわりと包んであげて、「君は、行きなさい。私は彼と共に、ここで朽ちる身だ」
イタチ:ハリウッド版のストリートファイターの博士みたい。
時:がしっ(足首掴んでる!?)一人では逝かんぞぉ…!
京太郎:どこまで三下っぽいんだ。
時:究極の三下!
GM:「ただ、貴方の世界のコードウェルが何を考えているか分からないが、真の意味で私が消える事によって、存在が中和される事を祈っている」
イタチ:むしろ、君が帰った方が中和されるんじゃないのか。
GM:まぁそうなんですけど。同じ世界に二人いると何が起きるか分からないので、そのまま消える方が良いと。
イタチ:そのまま対消滅してくれ(笑)
GM:「だから、君は…行きなさい」
明日香:じゃ、まだ連れて行きたいという気持ちは強いけど、外へ向かうベクトルの力が強くて、だんだん浮いて行ってしまう。そのまま、するっと手が抜けてしまって、離れていくコードウェル博士に一言、ぽつりと「ありがとう……」
GM:「健やかに、生きてください…」そのまま、すっと。
一同:
GM:いや、真コードウェルじゃないですか! で、そのままパっと行くと、皆と一緒に戻ってると。
明日香:では手を開くと、手の中にモノリスのかけらがちょっとだけ残っている。
京太郎:何だ、コードウェルの片眼鏡かと(笑)
明日香:いやいや!?
イタチ:いつのまに!?
GM:持って行きなさい…ってそれはちょっと恥ずかしいんで! では、本来消えるはずのモノリスの欠片が残った、と。…結構キレイに終わりましたね。
イタチ:ロッカーの携帯の隣に並べられる(一同爆笑)
明日香:これは大事。
京太郎:そんな設定あったなぁ。
明日香:外に出たら、「…この子も、もう自由に飛び立って行って良いよね」と言って、モルフェウスのエフェクトで鳥にして、空に飛ばしてしまう。
GM:そこまで行きますか。では生を受けたモノリスは鳥になり、大きく広がる自由な空へと飛び立っていった、と。OKです!



GM:では…お二人、合同でも良いですか?
京太郎:良いよ。何事も無かったように支部に帰る。
GM:では、左手でかずらさんの手を持っているのを、右手が手持ち無沙汰で…
イタチ:ワキワキワキ…
GM:おずおずと京太郎さんの方に手を差し伸べる。
京太郎:もう、分かったよ! 握ってやる。
かずら:ぷいってしながら(笑)
明日香:そして連行される宇宙人(一同爆笑)
イタチ:全く。
GM:では遠慮がちに「…パパ」って言います。
京太郎:普通に「何だ」
GM:「えーっと…楽しいね! 笑うって良いよね」
京太郎:「まぁ、そうだな」
GM:「笑って笑って帰って来るのがやっぱり良いね!」
京太郎:うん。…あの世界はいただけなかったよね(一同爆笑)
かずら:だよねー。
GM:あれは腹の底から「笑える」じゃないですか(笑)
明日香:嘲笑・冷笑・失笑。
イタチ:そして輪唱。
GM:嬉しそうに両手でブランブランしているハルカちゃん。ちょっとおちゃらけ演出をしたら、颯二が三人を見て「支部長、かずらさん…あ、そういう事になったんですか
京太郎:「お前はまたそういう役かぁー!(殴)」
GM:「あ、ち、違うんで、ええー!?」
かずら:それは一太の役目じゃないのか(笑)
GM:一太はちゃんとあるんで! で颯二君があわわと逃げ出して行く(笑)
明日香:馬鹿者、速さで支部長に勝てるか!



GM:で、万一次に一太が出る話をするかも知れない時のために、出会いだけを演出したいんですよ。全部一人芝居でやります。
明日香:プァー…(汽笛)
GM:話が終わって、ある日。南都下市支部に、一人の女性が訪ねてくる。京太郎さんだけ出て下さいますか?
京太郎:良いよ。
GM:女性が訪ねてきて、「こちらに、石川一太、っていう方が、お世話になっているって聞いたんですけど」
京太郎:…一太がまた何か」(一同爆笑)
明日香:また!?
GM:「じゃ、いるんですね!?」
イタチ:いません。
京太郎:「…用件を先に聞こう」
GM:「私、筧(かけい)あゆみと言います。一太君は…」って言った時に、ガチャ「遅れましたぁー」って言う所で終わっときます(一同爆笑)。ここから彼がどう演出するか、ですね。
イタチ:本人がいない所で演出が。

※筧 あゆみ
「霧の中の島」で、一太PLのなマイムさんがやったPC。
一太が殺したと思い込んでいる幼馴染、実は生きていて記憶喪失だった。

GM:…という所で、御疲れ様でしたぁー。
一同:御疲れ様でしたー。
時:じゃ最後に、瓦礫の中から左手が「ガッ!」
GM:まだ生きてるぅぅー!(一同爆笑)
イタチ:ってそこどこだよ!?
時:思いついたんで適当に言ってみた!

-- 続きを読む --

category: DX プチキャンペ 3「Never Ending Story」

TB: 0    CM: 2   

「Never Ending Story」 目次 

1・PrePlay: 二千年の(略)アレ

2・Opening: 有給休暇って

3・Middle01: きれいなコードウェル
4・Middle02: なんとかシステム説明
5・Middle03: 楽園の島
6・Middle04-1: 加虐の世界
7・Middle04-2: デミウルゴス登場
8・Middle05-1: 笑顔の世界
9・Middle05-2: もう一人の敵

10・Climax-R1-1: 天才の技を見よ! ※2行追加しました。
11・Climax-R1-2: 棺桶とオラオラ
12・Climax-R2: 神かわいそう
13・Climax-R3 & BackTrack: そして時は動き出す

14・Ending: 自由な空へ


第1話 第2話
他のリプレイはこちら

category: DX プチキャンペ 3「Never Ending Story」

TB: 0    CM: 0   

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール