TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2012年12月03日 (月) | Edit |
◆Opening03◆ The New Year's Day

GM:オープニング3! お正月!
陽介:オープニング長い!
GM:まぁここは初詣ぐらいかな。
結人:そうか、初詣も行ったことないと思うな。
GM:うん。雛子はまだ出られないので、「雛子の代わりにおみくじ引いてきて」って言われるよ。
結人:なるほど、「《ディメンジョンゲート》で行けばすぐだが?」(一同笑)
GM:さすがにどうかなー(笑)
完次:反則初詣。
結人:ダメか。神社の裏にこっそり出れば。
陽介:繋げるだけ繋げて、「よし、あそこを狙ってお賽銭を投げるんだ」(一同爆笑)
完次:おみくじ…(筒を持って、それをゲートに突っ込んで雛子に引かせる)
結人:どんだけゲート小さいんだ! おみくじの先がスっと見えなくなって、スっと出てくる(笑)
GM:まぁ、サイズくらいは自分で調整できるでしょうけど。
陽介:そこまでするなら、連れて行こう。
完次:車椅子で連れて行けばいいでしょう。
結人:そうだな。
完次:今年も、いつもの和服で初詣に行こうとしたらみんなに止められました
GM:その黒い服はやめときなさい(笑)
陽介:(ひそひそ)ヤクザだ。
GM:でも今回は、車椅子の雛子を連れて行くなら、その黒い和服が近くにいれば人が寄ってこなくて快適かもしれません(笑)
完次:「あの車椅子の女の子、何者だろ?」とか言われます。
智也:それはそれでちょっと。
結人:車椅子で初詣って危ないかな? 階段とかありそうだが。
陽介:スロープとかあるんじゃないですか?
完次:なんなら持ちます。
結人:そうだな、【肉体】10以上が二人もいるんだから楽勝か。もうキーパー小指でキャッチだ。
GM:二人が小指で両側から持つんですね(笑)
完次:やった、今年はお気に入りの和服を着る事を許してもらえた。
GM:お気に入りだったんだ。
智也:直己は普通の服ですか?
GM:直己は誘われないと多分来ないですよ。
陽介:さすがにジャスティ力で振袖を用意してやることはできない(笑)。やはり《ブラックマーケット》を取っておくべきだったか…!
結人:それ、ジャスティがブラックマーケットっぽいよ?
陽介:ジャスティの在庫置き場からちょっと借りてくる事を、《ブラックマーケット》と呼ぶのです(笑)。「倉庫に転がってたんだ」「こんなものまで…!」
完次:初詣に行ったら直己に会えるかも、ってちょっと思ってる。
智也:完次の浮ついた雰囲気を感じつつ、モヤモヤしながら付いて行く。いやね、直己が初めから来るっていうなら、ちゃんとした袴で行くか、いっそのこと振袖を…
陽介:やべぇ!
結人:そういう流れ?
GM:じゃ千里が、「直己君も呼ぶ?」って聞いてくるよ。
完次:「え、マジっすか?」
GM:「呼んだら来るんじゃないかな」
完次:で、で、ですよね。よ、よ、呼びましょ」(一同爆笑)
智也:うわー、完次浮ついてるぅー。
陽介:多分、色気のない格好で来るよ。
GM:じゃ千里が電話して、「場所知らないって言うから、ジャスティで待ち合わせね」
陽介:作為的なものを感じるな。
結人:そうするぐらいなら、天海屋で着物を借りれば?
陽介:そうだね! 天海屋で着物をレンタルすればいいんだ。
完次:去年か一昨年ぐらいに、智也が振袖を着ようとしてうちの母親に止められたとか(笑)
智也:過去はやってないです。直己が来て、初めてそういうのが刺激されたので。

GM:では天海屋で集合しました。直己は超普通の格好です。
完次:僕も普通の格好ですよ。自分にとっては(笑)
GM:黒い和服ね!
陽介:「…というか、華々しさのないコートはやめろ」
GM:シーン外から言われてもなー(笑)
陽介:ふざけんなっ! いくらジャスティでも一日は休みなんだ!! はははは! 初売りは二日からだ!(一同爆笑)
GM:よかったですね。
結人:よかったなー。俺もてっきり、一日から営業してるもんだと思ってた。
完次:じゃ結局、うちの旅館に集ったんですね。
結人:俺たちはどうだろう? どれぐらい外出許可降りるのかな?
GM:まぁ、体が悪いわけじゃないから「ムリしないでね」って言われる程度です。
結人:何で入院してるんだ(笑)
GM:リハビリに通うのが大変だからでしょう。
完次:ま、ここまで集ったら「センパイたちも呼びましょう」ってことになりますよ。
GM:りさちーも話を聞きつけてやってきます。
完次:「えー先輩と二人きりで行こうと思ってたのにー」とか言われそうです。
結人:当たり前のように、雛子の車椅子を押しながら現れる(笑)
完次:「お、雛子ちゃん外に出て大丈夫なんスか」
GM:「うん」
智也:「たまには外の空気を吸わないとね」
GM:雛子は車椅子なんで着物着るの大変だから、皆が着るの見てる。
陽介:着付けは結構重労働だからな(笑)
GM:で、完次は黒い和服。直己は「いえ、僕はこのままで」って言う。
陽介:「折角だし、自分で選んでいいから着な?」
GM:何か諭されてしまった。
智也:なんだったら、りさちーに選ばせても良いんだよ。
陽介:そうそう、「何ならりさちーにハデハデなのを選ばせても良いんだぞ」
GM:「えー、何ですかその二択。着ないっていう選択肢はないんですか!?」
陽介:ないな」(一同爆笑)
結人:日常的な事ができるうちにやっといた方がいいぞ
陽介:「高校の正月は三回しかないんだ」
完次:木刀型のお守りを持っていこうかな。破魔矢みたいな木刀ありますよね。
結人:あぁ、そういうのあるな。
GM:じゃ仕方ないので覚悟を決めて、何か選びに行きますよ(笑)
結人:そういう俺は普段着なんだけどね。
GM:「こうなったら、先輩も何か着たら?」
結人:「いや、雛子も着ないんだしな」
GM:「えー、…お兄ちゃんの袴姿…」
完次:「センパイ、俺と一緒のん着ますか?」
結人:「ま、そこまで言うなら」
完次:「和服風に簡単に付けれる帯とかもあるから、雛ちゃんも大丈夫ッスよ」
GM:他の皆さんは?
陽介:俺は着て来てるから。
完次:なんかジャスティのロゴが入ってますよ(笑)
結人:どんな晴れ着だ!
GM:羽織を脱いだら背中にジャスティ♪
陽介:いやいや、それなら羽織の紋のところがジャスティ。
智也:智也は普通の格好ですよ。普段着。
GM:理沙はかわいい振袖を選びました。
完次:じゃ、振袖、かわいい、怖い、怖い、車椅子、ジャージ、普通。
陽介:ジャージがいたぞ! 「お前も女の子なんだからこういう時ぐらい振袖着ろよ。ほら、緑のもあるぞ」
GM:「振袖ねぇー」
完次:ブルース柄もあるぞ
GM:「ブルース柄!? だったら着るよ!」というわけで、下の方に炎が入ってたりラインが入ってたりする振袖を(一同爆笑)
智也:ファイアパターン! …まぁ姉ちゃんが気に入ったならいいか。
結人:本当にあるのか!
完次:変わった集団ですね、コレ。
GM:本当に。あと、直己も振袖着せられてますよ。水色系の着物です。
完次:うわ、ドッキドキするわぁ~(一同爆笑)
智也:浮ついてるわぁ~(一同爆笑)
陽介:俺は…オレンジ(陽介のキャラ色)の初売りっぽいのを(一同爆笑)。「明日も着るんだぜ」
GM:ジャスティ、初売りは二日から!
陽介:って書いたら使いまわしできないじゃないか。
結人:そういうタスキをかけるんだよ。
GM:出る時に親父さんが「これを持っていくんだ」ってタスキを渡した。
完次:ちゃんと、商売繁盛をお願いしてくるんだぞ。
陽介:言うても島だから、豊漁とか海上安全じゃないのか?
GM:いえいえ、島に神社がほとんどないから何でも来いですよ。


GM:では神社です。最近、霧が濃くなって来たなーと感じます。神社に集ってる人たちは不安そうにしてます。
智也:モヤモヤしてる。
GM:だからか、神社は結構盛況ですね。健康祈願のお守りを買っていく人が多いようです。
結人:ほぉー。
完次:お守りを買おうとしてる列の前の方の人に「これ並んでるんスか?」って聞いたら、「ど、どうぞどうぞ」って前に入れてもらえます(一同爆笑)
GM:ヤクザだ!
結人:普通にダメだ!
完次:完次君は普通に「並んでるんですか」って聞いただけなんですけど、何故か「どうぞどうぞ」って言われるんです(笑)
GM:「(上ずった声で)車椅子の子を連れてるんじゃ、大変ですね! ま、前へ行ってください!」
完次:俺、早く行ける方法知ってるんスよ
結人:確信犯だ!
陽介:悪用すんな!!
完次:いえいえ、今年はちゃんと並びます。それやったら雛ちゃんが「並ばなきゃダメだよ」って言ってくれる。
GM:そうですね、雛子はマジメな子ですから。
完次:「すんませんっした!」というわけで、今年はちゃんと並びましょう。
GM:はい。まぁ、皆さんの周りは人が避けてますけどね。
完次:今年は木刀持ってないから普通なはずなんだけどなー。
GM:黒い和服にサングラスの、ガタイの良い兄ちゃんでしょ? しかも二人でしょ。
陽介:怖い怖い、かわいい、地味、派手、変。っていう。
完次:黒いの二人、振袖の普通の女の子二人、ブルース柄一人、普通の洋服、ジャスティ(笑)。この黒い和服、所々に銀の流し模様が入ってるんですよ。
結人:ハイカラだな(笑)

GM:何でしたら、おみくじ引いとく? D6だけど。
陽介:D6かよ!(ころ)6!
GM:大吉。
完次:僕もだ。
GM:大吉。
結人:俺も
GM:大吉!
智也:
GM:中吉。皆いいですね。ちゃんと凶も入れてるんですけど。
完次:あ、ネコダさんは来てないの?
GM:そういえば忘れてましたね。
陽介:どっちがいい? 宣伝用の羽織と、中の人になるなら振袖があるけど。
GM:宣伝用のハッピでいいんじゃないでしょうか。陽介とおそろいの。
陽介:ハッピ言うな! 羽織!
結人:着ぐるみの上に無理矢理着せてる感じのね。
陽介:そうそう。
GM:えー、では「ネコも引くネコ!」(ころ)1!(一同爆笑)凶!!
結人:ナイスすぎる!
完次:これどういう意味ネコ?
GM:「えーとね、バツが書いてあるネコ!」
陽介:「うん、書いてあるな」
GM:りさちー(ころ)5、大吉。
結人:ああ、5から大吉なんだ。
GM:ええ、お正月なんで大吉多いんです。雛子(ころ)大吉。
結人:おー。
GM:千里(ころ)2、吉。
陽介:ダイスはよく分かってるな。ネタ担当が低い(笑)
結人:だな。
GM:「何か最近調子よくないからなぁー」
陽介:こんな所で伏線が!
結人:「お前でも調子が悪くなる事があるのか」
GM:「たまにはあるよ。風邪だって引いたことあるよ?
一同:え?
結人:「何だ、知恵熱のことか? 知恵熱と風邪は違うぞ」
陽介:「それ、風邪は風邪でもおたふく風邪なんじゃないのか」
GM:「ど、どうかな。確かにあの時智也も寝込んでたけどさ」
結人:「まぁ…夏風邪はバカでも引くっていうが」(一同爆笑)
智也:それだ!
GM:では初詣はお終いです。


GM:1/3、雛子が退院しました。
結人:よかったよかった。
GM:雛子はまだ車椅子ですが、何日かすれば普通に歩けるようになるでしょう。
智也:退院おめでとうパーティーをしましょう。
GM:しました、って事で。
結人:おせち料理でパーティーした。
GM:すごい、重箱とかあるんだ。
結人:ジャスティに行ったらあった。
陽介:何ならおせちもあるぜ。
完次:ジャスティ、今年はおせちがよく売れたんです。ライバル会社の通販おせちの内容がひどかったので(一同爆笑)
智也:微妙に時事ネタが!
完次:ちょっと古いですけどね。
結人:じゃ初売りしてる所に行って、「何か、おせち料理に使うお重ってのがあるだろう? それの一番でかいのをくれ」って言ったら5段ぐらいのを買った。
完次:一番でかいの(笑)
結人:で、調子に乗って作ってたら全部埋まった。
GM:「こんなに食べられないよ、お兄ちゃん」
結人:「何、おせち料理は保存食だから1週間ぐらい大丈夫だ」
GM:「学校に行くまではこれで大丈夫だね(笑)」
結人:ダメになりそうになったら、おすそ分けに回ろう。
智也:最終処分場にネコが。
完次:うちの旅館もおせちを作っています。量は少ないですが。
GM:高級そうなおせちですね。
陽介:天海屋で和のおせちを作ってるから、うちは洋のおせちを多めに仕入れている。
智也:天海屋とジャスティが提携すれば。
陽介:いやいや、親父の個人的な会社ならいいけど、チェーン店なんで(笑)
智也:そういえばそうでした。すっかりジャスティ力を過信していました。
GM:ジャスティ力、そんなに大したことないんやで。
結人:大したことないとか言ってやるなよ(笑)
陽介:いやいや、《ブラックマーケット》とか言っても、あれはレネゲイド力でどうにかしてるんで。
GM:とにかくオープニングはようやく終了だよ!
結人:あぁ、オープニングが終わってしまった。
完次:楽しいオープニングでした。
結人:オープニングだけで1時間以上かかったな。すっかりオープニングで日常パートをやって、ミドルでそれ以降ってのが定着したな。
陽介:楽しい時間は終わってしまった。
完次:ここから押していくんです。不穏な空気が漂い始めます。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック