TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2012年09月21日 (金) | Edit |
★★ルールブック記載のシナリオ「Red Dead Night」をプレイしています。未プレイの方はネタバレに注意!★★

◆プリプレイ◆


 池袋で夜ごと繰り広げられる惨劇。
 魔物の力を持った残虐無比のカラーギャング“レッドデッド”は、人のルールも魔物の掟も無視し、殺戮を繰り返す無法の集団だ。
 池袋の夜に血が滴り、波紋を広げる。
 そして半魔たちもまた、否応なく、それに巻き込まれていく……。

 ビーストバインド トリニティ
 「Red Dead Night」
 心焦がすは魔の渇望(エゴ)、心つなぐは人の絆。



PC1:深川 辰巳(ふかがわ たつみ) ――なマイム
 絆:水野七海 関係:慈愛
 キミは高校生として日常を送りながら、人々を魔物たちから守るために戦う半魔だ。
ある日、クラスメイトの水野七海がギャングに襲われている場面に出くわしたキミは、彼女を助けるために魔物としての姿を晒してしまう。
それでも七海はキミを恐れることはなかった。
 だが、それはまだ、事件の始まりに過ぎなかったのだ。

人の名/魔の名:深川 辰巳/増殖装甲サンダーライガー
スタイル:アタッカー  ブラッド:エトランゼ(増殖体)/エトランゼ(増殖体)
性別:男 カヴァー:高校生
備考:~怒りの雷鳴~

性能的にはサンプルキャラの「増殖装甲」そのままである。
遠隔範囲攻撃を持っているし、相手は回避を【技術】でしなくてはならないので避けられにくいっぽい。


キャラ絵 深夜PC2:深夜 二千代(しんや ふたちよ) ――みにら
絆:黒澤 関係:友情
 キミは池袋に長く生きる半魔だ。
友人である探偵の黒澤は、人間でありながらもキミと友情を育んできた、気のよい男だった。
 しかし、その黒澤は無謀にも魔物のギャングに挑んで命を落とした。
最期の頼みは、殺された娘の仇討ち。
運び屋の仕事としては変則だが、友の頼みだ。連中に“真の死”を運んでやらなければならないだろう。

人の名/魔の名:深夜 二千代/深夜特急便
スタイル:ディフェンダー  ブラッド:レジェンド(都市伝説)/デーモン(魔神)
年齢:20~30代? 性別:女 
外見的特徴:肩に排気口のある女。 種族:概念
カヴァー:自営業者
備考:「お前も魔界に運んでやろうか」

サンプルキャラの「幻想の乗り手」から、【行動値】を上げる特技を削って《彼の出番だ》という他の人を未行動に戻す特技を取得。
それ以外は、単体攻撃も一応できる防御キャラ。

PC3:黒瀬さん(くろせ-さん) ――陽
絆:ギャングメンバー 関係:家族
 キミは池袋でひとつのカラーギャングを率いているリーダーだ。
 キミの家族ともいえるギャングのメンバーが、カラーギャング“レッドデッド”に襲われた。
“レッドデッド”は魔物……それも、人のルールも魔物の掟も無視した外道の集団だ。
 KINGとして、この落とし前はつけねばなるまい。

人の名/魔の名:黒瀬/黒の王
スタイル:アタッカー  ブラッド:イレギュラー(魔剣使い)/レジェンド(英雄伝説)
年齢:20~30代 性別:男 
種族:人間 カヴァー:ギャングスター
備考:ブタの輪切り

パッシヴで魔剣“黒の剣”のダメージを上げて攻撃をするキャラクター。
おかげで初期人間性が他の人より15近く低い。



◆オープニング◆


 池袋の夜。
深夜が人間の友人である黒澤から連絡を受け、そこにたどり着いた時、黒澤は虫の息だった。
彼をそんな目にあわせたのは、赤いシンボルを身につけたギャングの一団らしい。
彼の娘…別れた元妻に引き取られていた…がそいつらに殺され、それを追っている内に返り討ちにあったのだとか。
ヤツらは人間じゃない。
黒澤は今わの際に、自分と娘の敵討ちを深夜に頼んだ。

深夜:「分かった、引き受けよう。――言い残すことはないか? なら、依頼料はお前の命で払ってもらうぜ
GM:ギャートドメ刺される! …ってダメ! ここで「黒澤の仇をとる」ってスピリチュアル・アンカーあげるから、君がトドメを刺しちゃダメ!
深夜:そうか。じゃ、トドメを刺してやろうとしたら、先に死なれた。「赤いシンボルのギャング…調べてみるか」と言って車に乗り込み、“ごうんごうん”とエンジン音を響かせながら走り去る。

ちなみに、深夜の魔としての姿は、つや消しブラック、ガルウイングのバブルカー。
丸っこい三輪の車体で、エンジン音は速さがサッパリ伝わらない“ごうんごうん”という音だ。
色んな都市伝説が交じり合って、このような意味不明な生物になった模様。
深夜 魔の姿
↑こんなの。ちなみにフォルムの元になったのはイセッタ↓。大きさや乗り方などは随分違うけど。
イセッタさん

*  *  *

 池袋の夜。
 黒瀬率いるカラーギャング“ブラックブレイド”――通称BB団の仲間が、魔物に襲撃された。
「ヒャッハー、新しい血袋だぜー!」
黒瀬が現場に駆けつけると、魔物たちはその力量の差を感じたのか去っていく。

深夜:さすがボス、ひと睨みでアイツらを追い払うなんてー!
辰巳:ボスかっこいー!
GM:ちなみに、“血袋”とは吸血鬼が獲物に対して言う蔑称ですね。
黒瀬:あいつらは吸血鬼関係者なんだ、って事は分かるんだな。
GM:ボス、アイツら“レッドデッド”ってチームだピョン!
黒瀬:ピョン!?
深夜:ボスー、アイツらボッコボコにしちゃってくださいッチュー!
一同:ボース、ボース!
黒瀬:あぁ、俺の部下達があっという間に動物に(笑)。
GM:レッドデッドは一般人も見境なく襲っていて、死人も出ている。BB団にも被害が出ている。
黒瀬:それはいかん、潰そう
深夜:早っ! さっすがボスっすー!!
GM:かっけーッス! というわけで、スピリチュアルアンカー「レッドデッドを壊滅する」
黒瀬:うむ。ヤツらには相応の報いをせねばなるまい。よし、ブタの輪切りを送りつけてやれ(一同爆笑)。そういえば、オープニングでも登場したら人間性って下がる?
GM:あ、下がりますね。1D6下げて下さい。
黒瀬:やっぱりかー。(ころ)ほれ見ろ、変異が発生したじゃねーか。古風な立ち居振る舞いになった。
GM:わかんないよ!

*  *  *

 池袋の夜。
路地裏から聞こえた悲鳴、そこに駆けつけた辰巳の目に入ったのは、地面に倒れた少女。
周囲にいる赤いキャップやバンダナのギャングは、赤い瞳と牙を持つ魔物だ。

GM:こいつらは「ワッツァップ!」とか言うんだな。「プチュヘンザして帰れや!!
深夜:これはヒドイ! チェケラすんぞチェケラー!
黒瀬:何語だ!?
GM:Put your hand upなので、両手上げて帰れと(笑)。まぁ「ワッツァップ」も「プチュヘンザ」もちょっと使い方おかしいんですね。
深夜:ちょっと英語使いたい気分なんですね。
GM:「邪魔すんならオメーの血も吸っちまうぞ!」と襲い掛かってきます。
辰巳:殴りながら蹴飛ばしながら。
深夜:ギャーこいつ強ぇゾー。相手は増殖装甲ザマス! ふんがー!
黒瀬:細かくバレてる!
辰巳:「お前たちみたいなバケモノが増えたから!」と言いながら殴ったり蹴ったり。
深夜:お前だっておんなじバケモンじゃねーか!
辰巳:「あぁその通りだ!」
GM:開き直りやがった。「げ、げぇっ、こいつ半魔だ! 強ぇ、逃げろー!」と言って逃げます。
辰巳:チンピラどもが去って行ったのを確認してから、女の子を抱きかかえつつ「大丈夫か」と。
GM:助け起こす前に、向こうが起き上がる。「深川君? 深川君なの?」
辰巳:はっ、見られた!
黒瀬:わざとらしー(笑)
GM:「その姿は、一体…」
黒瀬:その、特殊装甲カッコイイ姿は一体(笑)
GM:その特撮めいた格好は一体。
辰巳:「水野、水野じゃないか」
GM:「やっぱり深川君なのね。どうしたの、その姿」
深夜:いや、ちょっと、その、バイトでスーツアクターを(一同爆笑)
辰巳:「見ないでくれ!」と走り去ります。
GM:じゃ、その背に後ろから「深川君、ありがとう! 助けてくれてありがとうー!」
黒瀬:おたっしゃでー!
深夜:…一人の少女の命を救った辰巳であった。
辰巳:今日もお江戸は日本晴れ(一同爆笑)
GM:で~♪でれれれれ~ん♪今からサブちゃんが熱唱します。
深夜:しなくていいです(笑)
GM:とにかくスピリチュアルアンカー「七海を守る」をあげよう。

*  *  *

 その路地から少し離れた雑居ビル。
一人の男が「おもしれぇ女じゃねーか、あんなワックヤローにはもったいねぇな」と笑っている。
そのビルの中はすでに、血で染まっていた。
男はいつの間にか、そこから消えていた。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック