リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Opening02:強い料理のつくりかた 

GM:じゃぁフランから。登場できるのはフランのみ。
フラン:はい、おはようございます?
GM:状況は、目の前に女の子がいます。ローズ=ラプチャーですね。「あたし、クロームさんにアタックしようと思うの♪」
フラン:「あ、アタックですって!? それはダメですよ
クロームぶっ
GM/ローズ:「《スマッシュ》《バッシュ》とかじゃないよ?
フラン:「いや、兄さんは結構ヒヨワだから、《スマッシュ》《バッシュ》までしなくても死にますよ!
GM/ローズ:「いや、そういう問題じゃなくて」
フラン:「そんなことしたらダメですよ!!」
GM/ローズ:「告るって言ってんの!」
フラン:「…こ、黒龍? もう出てるんですか?」(一同爆笑)
クローム:黒龍来たー(笑)


黒龍
 モンスターハンターシリーズに出てくるドラゴンのこと。
黒龍(ミラボレアス)

 MHP2&2Gでは、訓練所(装備とアイテムが制限されているモード)をひたすらやらないと出現しない。
 素材は非常に有用なので、倒したいがそれまでの過程がダルい相手。


GM/ローズ:「いや、出てても良いけど…じゃなくて」
ルシオンダメだ、混乱してる。
GM/ローズ:「まだ寝ぼけてる?」
フラン:「いや、寝ぼけてな、う、@#$%*…まぁ落ち着こうよ
GMお前だ!!
クロームお前だーっ!!
ルシオンダメだ、早くなんとかしないと(一同爆笑)
GM/ローズ:「もちろん協力してくれるわよね、友達として♪」
フラン:「は?
GM/ローズ:「ねっ!」
フラン:「何の話? だから、何だって!?」
GM/ローズ:「いや、だから…クロームさんに、愛の告白を」
フラン:「誰が?」
GM/ローズ:「私が」
フラン:「な、何で?」
GM/ローズ:「そりゃー、もう、何て言うか…そんなことまで言わせないでよっ」(一同爆笑)
フラン:「…わからぬものだ…」(一同爆笑)


わからぬものだ
 キングオブファイターズ97で、ラスボスのオロチさんが死んだ後に言うセリフ。
 何だかわからない時に言うとGood!
オロチ


フラン:えー、フランは話の内容がよく分かっていないようだ。
GM:「もう一度聞きますか? はい・いいえ」
フラン:「はい」
GM/ローズ:「…私クロームさんにアタックしようと思うの」(一同爆笑)
クローム:やばい、そのまま繰り返しだーっ!!
ルシオン:ローラ姫現象ですよ。


ローラ姫現象
 ドラゴンクエストIで猛威を振るった無限ループ。
 ローラ姫とは竜王にさらわれたお姫様で、彼女のある願いに「いいえ」と応えると、「そんなひどい…」と言われ、またお願いに戻る。
そんなひどい

 「はい」と応えるまで何回でも「そんなひどい…」と言い続け、ゲームを進めるには「はい」と言わなくてはならない。
 そこから、我々の間では「何度でも同じ事を言う」ような場合にこの言葉が使われているらしい。


フラン:えーっと、「それは無理だ、あきらめろ」
GM/ローズ:「えー!? だ、だってもー」
フラン:「だってもーじゃないですよー」
GM/ローズ:「いーじゃん、友達なんだしぃ」
ルシオン:ペリーみたいなこと言いますね、「いいじゃん減るもんじゃなーしー」(一同爆笑)
フラン:「何でお兄ちゃんがそんなに好きなの?」
GM/ローズ:「え? だって、カッコイイじゃない」
フラン:「でも、結構ダメ…だ、よ?
GM/ローズ:「何がぁ!?
クローム:ダメだって言われたルー。
GM/ローズ:「どーしても、協力してくれないの?」
フラン:「うん、してくれないのー」
GM/ローズ:「そういう事だったら…勝負よ!」ビシィ!(指を突きつける)
フラン:「勝負? え、何で?
GM/ローズ…無視!(一同笑)「明日のクッキングバトルで、あたしが勝ったら協力してもらうわよ!」
フラン:「じゃ、…協力はする、かもしれない」
GM/ローズ:「あたしが負けたらあきらめるわ」
フラン:「でもクッキングバトルでしょー? それは勝ち目ないなー…」
GM/ローズ:「大丈夫! あたしもそんなに得意じゃないから」
クローム:いやいやいやいや!! それってどうなんよ!?
フラン:「そりゃ良かった」
ルシオン:そこは、勝利条件をちゃんと聞いておかないといけませんよ。不味かった方が勝ちかもしれないでしょ、この場合(一同爆笑)
クロームそ・れ・か!!
GM/ローズ:「そりゃークッキングバトルって言ったら、判定があるわけだから」
クローム相手に自分の作った料理を食わせて、最後まで立ってた方が勝ちだ(一同爆笑)
ルシオン:一口ずつダメージが入るんですね。
GM:毒じゃないんだから!!
ルシオンそれならこっちが圧倒的に有利です
クローム:ほんとだー!!
GM:ノエルなら楽勝かも知れないけどー。


ノエルなら…
 リプレイ「ルージュ」の番外編、「ノエルと白馬の王子」で、料理(毒)を食べ続けるという場面があったのである。
 普段からダイス目の悪いノエルは、ここでも驚異的に低いダイス目で毒料理を最後まで食べきった。
 …この判定、GMアルトさんがやったらヒドイ目にあうだろうなぁ。


フラン:えーっと…どっちの方が強い料理を作れるか
GM強いって何よ!!(一同爆笑)
クロームダメージがでかいという意味ですよ。
フラン:相手をノックダウンさせる力が強い。
GM/ローズ:「まぁ、食べるのは審査員の人だし」
フラン:「そういえば、審査員って誰なの?」
GM/ローズ:「さぁ? まだ決まってないんじゃない? 去年は、生徒会の面々と、先生が何人か」
ルシオン:…僕も、生徒会の面々じゃないですか。
クローム明らかにお前の担当だよな、この審査員。
ルシオン:僕は去年で耐性できましたよ。僕が何で《インデュア》取ったか知ってますか?(一同爆笑)…そういう事なんです。
一同:なるほどねー。

フラン:ではローズに「(棒読み)でも私が協力しても、お兄ちゃんがアナタのこと好きになるかどうか分からないわよー」
GM/ローズ:「そんな事はないわ!」
フラン:「えらい自信ねー」
GM/ローズ:「このクスリを飲ませれば、ふっふっふっふっふ」ごぼっごぼごぼっ。
フラン:うあああ…。
クローム:やばい。
フラン:(奪い取って)ぱりーん。
GM:割れません!


GM:そんなこんなで…クッキングバトルに関しては、予告張り紙とかが出てるから、ある程度の事は知ってます。食材ダンジョンに入って、食材を手に入れます。
フラン:…誰がこんな、アホな事企画したんでしょう。
クローム生徒会なんじゃないの?(一同沈黙)
GM:…まぁそれはともかく、賞品も出るわけだから頑張りましょう。
フラン:はーい。

GM:では、今後のフランの行動は?
フラン:お兄ちゃんの所に行きましょう。
GM:この時間だと、ちょうど今日の最後の授業が終わった所です。うたた寝してまして、「あ、もう授業が終わったのか」って起きて、今から学生会館に行こうかというところでした。
クローム:何ー、寝てたのか!
GM:こんな時間だから、おそらくクロームは図書館にいるだろうと。妹としてそれくらいは分かる。
クロームしかし俺は常に[隠密]しているぞ(笑)。果たして、俺を見つけることができるかな?
GM:もちろんできますとも(笑) ではクロームのシーンに移ります。
関連記事

category: AR CP1 4「俺たちは!料理勝負で!テキパキ作る!!」

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/94-a102dcd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール