TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2012年08月22日 (水) | Edit |
 プッシャー率いる護衛団を壊滅させたガトー一行。
ジーンを連れてヒナタ村に降りて、村長の宝物庫から色々と引き出して装備を整えた。
伝説の道に突入したので、かなり強くなったはず。

 メーア…バーバリアンの伝説の道、ベア・ウォーリアに。激怒すると熊になり、フリーアクションで底力を使えるようになる。
 ガトー…アーデントの伝説の道?※何か分かりません(゚Д゚;)
 アドン…ゴライアスの伝説の道、ストーンブレシドに。近接攻撃の間合いが1マス増加した。ヨガー。
 ヴァーチャーキャプテン・オヴ・フォーチュンに。地味かと思いきや、遭遇毎パワー“レディラックスマイルズ”(1R振り直し可)が大活躍。



◆オープニング◆

 宝物庫から出てきたところ、ジーンの世話をしてくれていたオバチャンが
「もう良いかしら? 伝書鳩が届いたんだけど」と出てきた。
『竜を退治するための武器を私物化するな、アーベントレーテに戻って来い』
という内容。
 国王はヒナタ村の元村長に対するコンプレックスなどから、自分自身が手柄を立てたいと考えている。
だが、国王にメルクーリオを持たせても、使いこなせないだろう。
なので、竜退治に国王も連れて行き、(実際に戦うのはPCたちだが)帰った時に「国王の力で勝った」と宣伝すれば良いだろう…
何なら、王様拉致って行ってそうすればいいじゃん
という物騒な結論に落ち着いた。



◆ミドル◆

 一行は、レディにポーションとジーンを見てもらってから行こう、という事で、まずはヒヤケ村へ。
アドン:護衛兵? 皆殺しにしてやりましたよ
GM:ぎゃー殺人鬼だー! 逃げろー!
 また散り散りになる村人たち。
ヒヤケ村マジかわいそう。

 レディの塔に着くと、さっそく調べ物を開始。
竜から人間に変化するポーションと、人間から竜に変化するポーションは方向性が違う。
人間変化ポーションを飲んだ竜に、竜変化ポーションを飲ませても上手く働かない。逆も同じ。
つまり、ディスペル的なポーションが別にあるのではないか。
ジーンにそれを飲ませたら、竜に戻るだろう。
 あと、竜変化ポーションには魅了効果が付与されている。
ポーションを飲んだ人間は、何者かに操られている可能性がある。
 そういった事を聞き、ポーション・オヴ・クラリティ(振り直しポーション)を2本ずつ貰ってアーベントレーテへ向かった。

 もうすぐアーベントレーテという道の途中。
向こうからセガーレが「おーい!」と手を振った。セガーレはボロボロのコボルドを連れている。
メーア:無事だったかセガーレ。…そのコボルド、まさかフォースか!? 腕利き剣士の4番の?
GM:正解!
 フォースは透明なポーションを手に、「これを我らが神に飲ませてくれ…国王から掠め取って来た」と言い残して事切れる。
ジーンに飲ませると、むくむくと大きくなり、ヤング・シルバー・ドラゴンに変化した。
カルブンクルスが空を飛んで逃げようとした時には、ジーンに乗って追いかけることができるだろう。
PCたちはジーンを街の外に待たせて、国王の屋敷に忍び込むことにした。

 技能チャレンジで塀を乗り越えたり、人間梯子をしたりして国王の屋敷の裏手へとやって来た一行。
そこで見たのは、リシュリューが出て行く姿だった。
後に残された国王は、PCたちの姿を見つけると、
「ガトーめ、貴様のせいだ!」
などと言って急に襲い掛かってきた。
魅了や洗脳をされているのかも知れないので、とりあえず正気に戻すために戦闘不能に追い込む。
他の人の伝説の道のパワーを知ったり、自分がどんな事をできるのかを思い出したりしつつ戦闘終了。
 国王が言うには、リシュリューは未開拓地に港を作っていて、そこから船で逃げるつもりではないか、ということだ。
一行はすぐ彼を追った。
と言っても、馬で行っても1日以上はかかる未開地だが…。



◆クライマックス◆

 リシュリューらが荷物を船に運び込んでいる所にどうにか間に合い、急襲をかける。
リシュリューがレッド・ドラゴンに、副官がブルー・ドラゴンに変身し、最後に残った護衛兵四人も壁として立ちはだかった。
 戦闘が始まった。
戦場に向けてジーンが急降下し、メーアを背に乗せる。
護衛兵はトリッキーなナイフ使いで、移動を挟む2回攻撃を毎ラウンドやってくる。
副官のブルー・ドラゴンは砲撃役で、5マス上空からブレスを撃って来る。(赤竜より青竜の方が地上戦も三回攻撃できて強い…)
レッド・ドラゴンを盾役にし、それ以外の敵が攻撃をしてくるというパターンだ。

 今回はイニシアチブが奮い、メーア以外のPCとカルブンクルスがトップ。
その後、ナイフ使いを挟んでメーアという順番になった。
まずはガトーがアドンに「回復力と同じ量の一時hp」を付けて前線に送り出した。
hpが100を越えているアドン、25点以上の一時hp(肉襦袢である)を得て、移動・アイテム効果(ブーツ・オヴ・イーガーネス)・サンダーステップで一気に17マスほど移動。
敵の真っ只中に突っ込んだ。
キャプテンもタンブルを利用して接敵。
そしてカルブンクルスのドラゴン・ブレス。
だが散開できていたために、それほど大きな被害にならなかった。
メーアは移動しても届かないので、ジーンにブレスを撃たせるものの、ミスでちょびっとダメージ。
さすがにヤング・シルバー・ドラゴンではこのレベル帯は厳しい。
 ナイフ使いの攻撃は、キャプテンやメーアのようにACが高い人にはほとんど当たらないが、アドンにはびしびし当たる。
あっという間にアドンの一時hpが削れて行く…ような気がするが、肉襦袢が分厚すぎる。
それでも続けて攻撃を食らって、ブルー・ドラゴンの攻撃も受けている間に重傷になった。
ここで初めて、石の守護戦士の形態へフォームチェンジしたアドン。
パワー使用時に回復し、さらに再生5を得る。
赤竜のオーラで4点ずつhpが削れて行く中、一人だけ1点ずつ回復するという次第だ。
カルブンクルスを倒せば戦闘が終了するとは言え、ナイフ使いを放置するわけにもいかない。
集中砲火を食らったアドンに、50点近く回復する“アーデント・サージ”が2回も飛んだ。
 そして今回最大のピンチ、ドラゴンの“フライトフル・プレゼンス”!
食らったら朦朧するパワーで、1ラウンド敵の猛攻が続く…はずだったが、無双の意志を取っていたガトーが朦朧の回復に成功!
だが一人回復した所で厳しい戦いである事は変わらず。
更にダメージを受けてhpが0になったアドン。
だが、“ベアズ・エンデュアランス”が発動し復活。
その上で、まだ回復できる力をいくつか残している。
 ここで敵が方針を変え、ガトーを攻撃。
すでにアーデント・サージが切れたガトー、あと一撃で折れるところまで追い詰められた。
ガトー:折れる前に、一発入れて行くぜ! そして「逃げるんだよォー!
ヴァーチャー:ガトーさんに“インスパイリング・ワード”。これでガトーを回復できるパワーは打ち止めか?
ガトー:ヒーラーズ・サッシュが「使用者の味方」にしか使えないんだったのは誤算だった! 使用者は味方に含まれないんで。
更にダメージを食らったガトー、オーラ食らったら落ちる所まで追い詰められる。
 だがここでアドンが新しく取得した“シールド・オヴ・ストーン”を使用。
味方は瞬間移動しつつ、「全てに対する抵抗5」を得る。
つまりオーラダメージ4点を無効に!
これに力を得たガトー、“リウォーディング・ストライク”を使い、「こいつを殴ったら回復力1回使って良いよ!」と言いながら今度こそ後ろに下がって行った。
ガトー以外はこれでぐんぐん回復し、次のラウンドへ。
 いい加減時間がきつかったので、ヴァーチャーがイニシアチブをメーアと同じ順番に落として“ノックアウト”。
気絶・無防備状態のカルブンクルスに、メーアの“レイジ・ストライク”が決まり、カルブンクルスを叩き伏せた。
メーア:「これは、村長の敵討ちだーっ!」
ドラゴンはリシュリューに戻り、ブルー・ドラゴンは降参。

 リシュリューは2年ほどかけてこの島を我が物にしようとしていたが、ネザリルからせっつかれ、竜に変身し始めた。
途中からは暴走気味に、破壊が目的になってきたようだったが。
国王を動かして竜殺しの武具を接収しておこうとしたが、それも失敗。
ガトーらを殺せば、またやり直せるだろうと思ったが、その野望もここで潰えたのだった。



◆エンディング◆

 未だ災禍の爪痕の残るソール島。
だが、着実に復興は進む。
あの後、国王は引退し、ガトーが新国王に押し上げられた。
ガトーは「分相応にやろうじゃないか。この国は、村に戻ります!」と宣言し、村長になった。
 アドンは騎士団が警護団に戻ったので、警護団長となった。
「力仕事なら任せろー!」と、鍛え抜かれた筋肉で丸太を運んだりしている。
 ヴァーチャーは、リシュリューが残して行った船を貰って、船長に戻った。
ソール島専用の私掠船
ガトーとこっそり話をして、ソール島の目印の札を貼っている船は襲わないという事にした。
『ヴァーチャーに襲われたくなかったら、このお札を貼れば良い…ただし、代価はいただくがな』
ソール島は、お札とキャプテン・ヴァーチャーのお陰で潤った。
 そして、メーア。
復興がひと段落したところで、ヴァーチャーの船にメーアがやって来た。
あのネザリルとかいうやつらに、きっちり落とし前付けてもらおうと思ってさ! 船で大陸まで送っておくれよ」
やめろ、無茶だ!
っていうか、ネザリルって国だぞ、分かってんのかー。
などという声を背に、メーアはキャプテンに頼み込み、大海原へと出て行った。


 島の未開地には、1つの伝説が残った。
ある1頭のシルバー・ドラゴンが、昔からこの島を見守っているという。
その竜は、島に危機が訪れたとき、英雄に手を貸し、島を守るという。
竜の名は、ジーン。
“海”を意味するこの言葉は、友が付けた名だと――


D&Dキャンペーン“ドラゴンバスター”
関連記事


コメント
この記事へのコメント
今思い出した(笑)。
 D&Dに参加された皆様お疲れ様でした。
 今ダイジェストを読んで思い出したんだけど、リシュリューの目的はソール島をネザリルの拠点とする以外に「対竜装備を手に入れる」ってのがあるのを忘れてた(笑)。
 リシュリューは上手くソール島に潜り込んで自分の敗因の一つである対竜装備を探したんだけど、レディの塔は勿論、村長の隠し部屋も見つけられなかった。仕方なく、自分を囮にして対竜装備が出てくる様に仕向けた。
 ‥という事でした(笑)。
2012/08/22(水) 19:19:16 | URL | 陽 #CrH4daAY[ 編集]
No title
「馬鹿め、まんまと対竜装備を持ってくるとは…ギャー」
こうですね
2012/08/23(木) 15:21:28 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
 はい(笑)。
 もちろん、本当は国王陛下に装備していただいて、あっさりやっつけちゃうつもりでしたよ。
2012/08/24(金) 20:17:22 | URL | 陽 #CrH4daAY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック