TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2012年08月18日 (土) | Edit |


◆バックトラック◆



GM:ではバックトラックです。檜垣が“堕落の誘い”、“虚実崩壊”。これで動物にしていました。動物の魂が持っていたのが、“怨念の一打、“衝動侵蝕”。“衝動侵蝕”で光の壁を作り、触れた人に衝動判定をさせていました。
一同:あー。
GM:チデヂカが“ありえざる存在”を使って、変異種のエフェクトを取っていました。そしてエニグマが5個、全部で11D減らせます。
流星号:チデヂカが“ありえざる存在”って…何て説得力のある
ラスカル:それ言うと俺も
アル:ぶっちゃけー…俺、この時点で70切ってるんですけど(笑)
GM:平和な日常に戻れば良いじゃない。ちょっとやりすぎたね。
めぐみ:116まで下がった。ロイスが3つ残ってるから、3Dで17か…微妙なラインなんで2倍振りしよう。
アル:さすがに30は切らなかった(笑)
ラスカル:63まで下がった。
めぐみ:2倍で91。やっぱり《現実改変》使うたびにロイスが減るのがつらい。
流星号:46まで帰ってきました。
めぐみ:もうすっかりただの犬だね(一同爆笑)
アル:ボスが思った以上にかっこよくなってしまった。
一同:いいじゃん!
GM:ボスかっこよかったよ。
ラスカル:良いネズミだった。
アル:おかしい。「お前は都市の掟ってモノを分かってない」と飼い犬に微妙な説教をする予定だったのに。
めぐみ:そういうシーンはちょっと欲しかったね。
アル:で、最後に檜垣に「お前は都市の掟ってモノを分かってない」と微妙に良いこと言いそうになった? ぐらいで収めようと思ってた(笑)
めぐみ:今回はシナリオがちょっと難しかったな。
GM:そうですね。作ってる途中に二転三転したので。
めぐみ:調査を進めて、もうちょっと分かれば良かったんだけど。何か分からないままにボスが出てきた、みたいな。



◆エンディングフェイズ◆



GM:ではエンディングフェイズです。
めぐみ:周りの壁がなくなったら、電波が通じるようになるから、UGNに連絡を取って、至急救助班や情報隠蔽班に来てもらおう。
GM:「事後処理班が至急そちらに向かいます」
めぐみ:バステトにも、「アナログマがやってくれましたよ…見事にね」(一同爆笑)
GM:「ほう、あのアナログマも、ただ飯食いという事ではなかったようですね」
めぐみ:「ただ飯食い言うな!」ぶちっ。ふぅー。…後何かあるかな?
GM:個別エンディングは、やりたいようにやって頂ければと思っています。
めぐみ:指針とか、やっとかなきゃいけない事は?
GM:やっとかなきゃいけない事は、先ほどやってもらった事後処理ですね。
アル:動物達はどうしてる?
GM:「あれ、光の壁なくなった」「雨が止んだよ」「人間来たぞ、どうしよう」とキョロキョロしています。「ボス、どうしましょう」
アル:「とりあえずねぐらに帰るぞ」
めぐみ:ボスにはちゃんとお礼を言おう。「この度は人間の事で迷惑をかけてすみませんでした」
アル:「何、良いってことよ。行く行くは俺の配下になる動物たちだからな」
めぐみ:「つまらないものですがこれを」とヒマワリの種を渡して、「後日、動物の慰霊をしてお供えを持ってきます」
GM:人間の慰霊碑も地上に上げて。
めぐみ:うん、人間の慰霊碑を地上に上げて修復するというプランに、こっそり動物の慰霊碑も隣に立てるというプランを盛り込ませる。《現実改変》で(笑)
ラスカル:昔からあったような気がする。
GM:この街の人たちも、何だか動物に親近感が湧いたようで。
めぐみ:檜垣さんのやったことも、全く無駄ではなかったようだ。
アル:草食動物になった人は、肉食動物に対して緊張感を持つ(笑)
GM:うっかりウサギさんになった人は、ネコを見るたび「う、ネコ」と思うようになったり。
めぐみ:お、大事な事を忘れていた。流星号はこれからどうするんだ?
流星号:慰霊碑を地上に戻すじゃないですか。ご主人はいなくなってしまったので、慰霊碑の周りをぐるぐる回りながら新しいご主人を待っている。
めぐみ:なるほど。じゃ、慰霊碑を直して、お供えに来た所で会おうか。となったら、結構時間経っちゃうか?
GM:まぁ早いでしょう。こんなの、放置しとくわけにいかないし。
めぐみ:では次の日
一同:早いー!!
アル:カブズの本気!
GM:1ヵ月後にしましょう。この話は良い話になりそうなので、最後に回しましょうか。
めぐみ:それはどうかな?


GM:では、良い話しにならなさそうなアナログマ。
流星号:その括りはどうなんだ。
GM:アナログマで良い話が出来るって言うのかー。
流星号:そこはアナログマの本気に賭けてみるしか。
GM:じゃ、アナログマがトリで?
めぐみ:トリはないだろう。
ラスカル:じゃ、UGNに帰って、「何だ、俺でも仕事できるじゃないか」と。
めぐみ:ちょ、本人!?
ラスカル:この経験値を使って、《シェイプチェンジ》を…
GM:バステトが大きい目を更に見開いて、「やる気になったんですね!? あなたにも、やる気があったのですね」
ラスカル:…その言葉を聞いて、なくなった」(一同爆笑)
GM:「まぁそう言わずに《シェイプチェンジ:ヒューマン》を取りなさいよ。人間の時は頭のアンテナしまうんですよ?」
ラスカル:アナログマを擬人化したのが、スク水でねぇ。
アル:地デ○カのせいか。レオタードだから。
ラスカル:…それは取りたくないなーと思っていたんだ。
めぐみ:服は自由に着たら良いよ。
流星号:スク水は下着だから大丈夫。
GM:意味わかんないこと言うな(笑)。まぁ、《シェイプチェンジ:アニマル》で、そこら辺にいる動物になるってのもできるよ。
ラスカル:あぁ、普通のクマになる(一同爆笑)
めぐみ:アウトー!!
アル:やっぱり任務に出れねーじゃん!
めぐみ:キュポ(アンテナを外す)ごそごそ(しまう)って?
ラスカル:見た目が普通の山から降りてきたクマになりました。
めぐみ:ターン!
GM:なんてダメな話。
めぐみ:やはり良い話しにならなかったところで。
ラスカル:ま、こんな所で(笑)
GM:では、アナログマが護衛任務とかにつく事はなく、また自宅警備員に戻ったという事で。山とか海に行くときには、出動要請があるかもね。
めぐみ:極地用カブズ隊員。


GM:次はどうしましょう。
めぐみ:ボス?
GM:では、「わーいボスー!」とおみこしのようにわっしょいわっしょい担がれていったボスです。
アル:野郎ども!
GM:「チュー!」
アル:壁はなくなった。俺たちのナワバリ拡大はこれからだ!!
GM:「チュー!!」
めぐみ:何その最終回(笑)
GM:「それはそれとして、ヒマワリの種食いますか?」
アル:「あぁ、コリコリコリ。ヒマワリの種は旨いな」
GM:「旨いッスね!」
流星号:今日もお江戸は日本晴れ
アル:ヒマワリの種を食べつつ、平和のありがたみを噛み締めるボスであった――(一同爆笑)
めぐみ:日本橋の上をボスが歩いてる!
流星号:北○三○の歌に合わせて、ボスがわっしょいわっしょいされて。「山崎かつら」!
GM:かつら使ってないよ!
ラスカル:途中モヒカンのネズミがいたよ?(一同爆笑)
アル:細かい仕事するな、山崎かつら。
めぐみ:あと、チデヂカにやられてアフロになった時も。
アル:細かいな。


GM:では…ラスト。
めぐみ:慰霊碑の周りをぐるぐる回ってる流星号のところに、お供えを山ほど抱えてめぐみが来ます。
流星号:「あぁ、ご主人…によく似た人」
めぐみ:「流星号、まだここでくるくる回ってるんだ」
アル:(笑)いつから回ってるんだよ!
GM:一ヶ月前だよ。
アル:僕が今日から君のご主人だよ。
めぐみ:っていうことを言いに来た。「よかったら、UGNに来ないかい? その前に、君のご主人を倒してごめんね」
流星号:「ご主人は俺の心の中に生きている」――慰霊碑を見上げて、「ご主人。彗星号兄ちゃん…」
GM:何だ?
めぐみ:いるのかよ!!(一同爆笑)
GM:「あーごめんごめん、俺成仏してたわ」
めぐみ:霊だー!
流星号:「さては、お供えもののにおいに誘われて出てきたな?」
GM:「そ、そんなことないぞ。お前がまだここでぐるぐる回ってるのが心配で見に来たんだ」
めぐみ:がさがさ…
GM:ハッハッハッ。
アル:待て。
めぐみ:…よし!
GM:むしゃむしゃむしゃー。
流星号:むしゃむしゃー。
めぐみ:お供えだー!
GM:流星号と彗星号が、仲良く1つのお皿でペットフードを食べてます。
めぐみ:それ以外にも、なまもの以外はいっぱい持って来た。
GM:では、そこら辺から動物たちが集ってきます。「旨そうなにおいだニャ」
めぐみ:「お供えだから食べちゃダメ。お下がりあげるから」
流星号:待て。
GM:慰霊碑の周りは動物が「待て」をして取り囲んでいます(笑)
アル:お下がり! ガツガツ(笑)
めぐみ:ペット用の供養の人がお経を読んだりして、供養が終わった後に食べてもらおう。
アル:その辺の統制は私が取りますんで。「待て」
GM:では、ペット供養の人が来て、式をします。
流星号:動物を飼ってた人も、ペットの事を思い出してくるんじゃないかな。
GM:そうですね。人も集っています。
アル:こんな統制の取れた野生動物は初めてだ。…でも、ネコどもは俺のいう事をあまり聞かないんですよ。
GM:ニャーニャー。美味しそうだニャー。
アル:待て!
めぐみ:待ての意味が違う(笑)
GM:では、色んな事が終わった後ですね。
めぐみ:あぁ、終わった後に流星号に話しかけた。
流星号:じゃ、慰霊碑を見上げて、「新しいすみかに行っても、ふたりの事は忘れないよ。…今日から、お世話になります」
めぐみ:うん。
流星号:で、ついて行きながら振り返りながら、を繰り返して去って行きます。
めぐみ:やはり僕たちは、動物と人間の新しいありかたを探し求めなければいけないんだ。と心に強く誓っためぐみであった…。完。
流星号:めぐみであった。って(笑)
めぐみ:ちょっと引きずってた(笑)。そんな感じでした。
GM:お疲れ様でした。ありがとうございましたー!
一同:御疲れ様ー。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック