TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2012年08月17日 (金) | Edit |
【行動値】

17…ちぎれしっぽ
14…檜垣、動物の魂
7…アル
6…ラスカル
5…チデヂカ、流星号
4…めぐみ

第1ラウンド

めぐみ:まずは敵のセットアップだな。何と支援が最後(笑)
GM:敵は、檜垣のみ行動します。《支配の因子》でPCのダメージが、このラウンド中-15されます。
アル:でかいよ!
GM:1シナリオ1回です。
アル:じゃこのラウンドは攻撃しない(笑)、《言葉の刃》だけでいいかなー。
GM:PCのセットアップはありますか? 流星号、移動はよろしいですか。
流星号:今回は説得モードなので。

GM:では、ちぎれしっぽから。走って行って殴ります。にゃー。「ボス!」《アームズリンク》! 27。おいしくいただきまーす!
アル:えーい!(ころころ)4! 「来い!」
めぐみ:男らしい(笑)
GM:18!
アル:お前の本気はこんなものか…!
GM:「まだまだだ!」
アル:ネズミとネコがプロレスを始めた。
めぐみ:プロレスかよ!
GM:次は檜垣。《雨粒の矢》を中心に…
めぐみ:雨粒の、雨ー!(byK林)
アル:それただの雨!
GM:《アニマルテイマー》《大地の加護》《完全なる世界》《マインドエンハンス》です。シーン攻撃ですが、《コンセ》がかまないので《マインドエンハンス》でC値を1下げています。あとはダイスを増やして攻撃力を上げています。25D+7で。
アル:ガードだ。前歯で受ける!
GM:命中は35です。
めぐみ:クマのHPが5か。タイタスで復活したらHP増えちゃってもったいないから、俺がカバーしようか。《領域の盾》を俺に使って、「かばえ、俺」「ありがとう俺」(一同笑)
アル:《領域の盾》なら、俺がかばっても良いですよ。
流星号:自分は暴走中なのでカバーも回避も無理です。
めぐみ:じゃ、《領域の盾》をボスに使う。
GM:ではダメージを出します。49点。
アル:がきっと止めて「こんな怪しげな動物でも俺の配下。手を出させるわけにはいかないな
一同:マジでー!?
アル:「このナワバリにいる以上、全ての動物は俺の配下だ!」そして《リザレクト》。
GM:「素晴らしい。うちの楽園に来ませんか?」
アル:「お断りする」
めぐみ:俺は無関心だった山根良次をタイタスにして復活。
流星号:この流れで言うと、アナログマかな。アナログマのロイスで。
GM:では次、動物達の魂。説得される前に一発殴るぜ! 《ハンティングスタイル》《完全獣化》《破壊の爪》で接敵。やっぱり人間かな?
アル:ニンゲンめぇー。
GM:《コンセ》《獣の力》でめぐみに攻撃。
めぐみ:ボス、まだ《リザレクト》できるなら助けてー。《領域の盾》は1レベル、100%超えてるからシーンに三回使えるんで。
アル:あぁ、いいですよ。
GM:命中は41。
めぐみ:回避失敗。《領域の盾》を使います。
アル:じゃカバー。
GM:44点、邪毒が3。《生体特徴:毒性所持》3レベルを所持しているのです。
アル:邪毒が痛いー! 《リザレクト》…4! 4点から4点に。「効かんな! 俺のHPは1点たりとも減ってはおらぬ!」(一同爆笑)
めぐみ:いっぺん0になってるー!
GM:マムシの毒は後から効くよ。次はボスです。
アル:俺に何しろって言うんだ。
めぐみ:行動放棄?
ラスカル:チデヂカが範囲攻撃持ってるから、待機しといて、後で行動放棄してカバーリング?
アル:あー…範囲攻撃か。といっても、俺がエンゲージを切っても意味がない。
めぐみ:むしろ俺が分かれた方が良い。で、そこを狙われてギャー(笑)
GM:いえいえ、チデヂカはアナログマ周辺を狙いますよ。
アル:周辺って言った?
GM:ええ、クマを狙うんですが、その余波が周りにもね。
アル:なんてはた迷惑な生物だ。やっぱり君、死んでくれないか
GM:さっき「俺の配下だ」って言ったのに(笑)。あ、プライズを使っても良いですよ?
アル:使ってどうするんだ。
GM:自分をかばってくれる従者を出すとか。
アル:チデヂカのダメージをかばってもらって、邪毒は《リザレクト》するか。でもあんだけ言ってたのに、配下にかばってもらうのもなー。
流星号:それは、配下がボスの男気に感化されたり。
GM:そうそう、配下の自主的な行動ですよ。あとはボスが「そこのクマを守れ!」って言っても良いんですし。
アル:なるほど。とりあえず、盾要員として一体呼ぼう。
GM:「ボスぅー! お呼びですか、ボスー!」
アル:対外的には呼んでない(笑)
ラスカル:ボスー、ヒマワリの種、旨いッスー。
めぐみ:まだ食ってたのか。
GM:ではアル終わり。クマ。
ラスカル:接敵されてるから、チデヂカを殴りに行けないんだな。
アル:魂を説得してもらって、ちぎれしっぽは倒すか。
流星号:あ、チデヂカが死ぬ前にロイスを取りました。同情/無関心です。「こんな姿になって…」と同情。で、電波争いには我々無関係なので。巻き込まないで
ラスカル:まぁそう言うなよ(笑)
アル:同じ動物じゃねーか。って動物じゃねーよ。それはともかく、メタい事を言うと、離脱しても良い。チデヂカにタイマンを挑むという大義名分で。
ラスカル:俺が離れれば、ヤツの範囲攻撃から皆を遠ざける事にもなるな。

 色々相談した挙句…

ラスカル:ちぎれしっぽを倒してしまう。「おまえ邪魔クマー」《コンセ》《アームズリンク》《雷鳴の申し子》かな。
GM:侵蝕率も上がってるし、Lvもダイスも増えてるね。ワキワキするね。
ラスカル:う、20…。
めぐみ:そこは《妖精の手》だな。これで30だ。
ラスカル:40…41、44。
めぐみ:もうすぐ150超えるから、《妖精の手》は三回使えるな。一人1回ずつねー(笑)
GM:《勝利の女神》を使っても届かない。命中しました。
ラスカル:ダメージが…91点
めぐみ:消し炭ニャー!
GM:死ぬわ!
アル:あぁ、床にちぎれしっぽだった染みが…。
ラスカル:で、上司のバステトのロイスを切って復活。
アル:あんなの上司でも何でもねぇー!
めぐみ:最悪だな、カブズ日本支部。
GM:だってどう見ても厄介者じゃないですか。
アル:厄介者と不穏分子。
めぐみ:不穏分子って言うなー!
アル:だって今回のボスと同じ思想ですよ。
めぐみ:微妙に違うよ!
アル:バステトには区別付かないですよ(笑)
GM:次は、犬とチデヂカ。どっちが先でも良いですよ。
流星号:えーと、じゃぁ「今のちぎれしっぽの死にざまを見ただろう。こんなことをしても、誰も幸せになったりしないぞ」
GM:すると困ったように、「でもクマがネコ狩るのって、普通のことじゃね?」と動物の魂は言った(一同爆笑)
アル:ええ、割と。
流星号:「いや、こんな事件が起きなければあの二人が出会うこともなかったから、殺しあうこともなかったよ」
GM:「なるほどねー。じゃ、悪いのはあのクマじゃないですか
流星号:「いや、それを彼に言っても仕方ない。彼を生み出したのは、彼の責任ではないよ」
アル:彼を生み出したのは愚かな人間たちだ。
めぐみ:そう、2chの愚かな人間たちだ(笑)
GM:「じゃ、次に復讐すべきは“にちゃんの愚かな人間”か」
流星号:「だからそういう負の連鎖がいけないって言ってるんだー! 元の優しいご主人に戻せー。彗星号の兄ちゃんも思わないか。思い出せよ、ご主人と一緒に何も考えずに散歩したり走り回ってた頃を。楽しかっただろう」
GM:「あの頃は馬鹿で良かったなぁ。ご主人が時々怖くなってたのって、こいつら…っていうか、俺らのせいだったんだな。いやーびっくりびっくり」
めぐみ:とりあえず判定しようよ。成功したら納得してくれる。
流星号:(ころころ)9ばっかり。
GM:難易度は8ですから成功ですよ。
流星号:は! さっきの説得の前に、マイナーで暴走を解除します。暴走中に見た恐怖から、そういう事を思ったということで…思いついてたのに、言うのを忘れていた。
GM:良いですよ。では彗星号が「そういえばそうだな、あの頃は楽しかった」「でも俺たち、もう死んでるし…これからどうしたらいいんだろ」みたいな感じで、戸惑っています。
流星号:これからは俺たちを見守っていてよ
めぐみ:うん、ちゃんと供養するから! 君たちの事は忘れない!」ロイス枠いっぱいだから取れないけど!
GM:「おぉ、良い人間もいるのだな」
アル:このナワバリの動物は全て俺の配下だ。お前たちの事は、俺が忘れない
一同:かっこいいー!
GM:ではそのような言葉に満足したように、「お願いします」と言って消えて行きます。
めぐみ:頭悪そうになった!
アル:なんで俺が説得したら、頭悪くなるんだろう(笑)
流星号:動物は元来そういうモンです。犬だし。
GM:美味しいものをお供えしてね。
めぐみ:リクエストあったら教えてよ。
アル:それをすると、(手で三角形を作って)下の方はいいですよ。でも、上の方のリクエストを聞くと、供養されてる動物の死骸をお供えすることに
GM:あぁ、なるほど。「俺ウサギがいい」「ネズミが食べたいニャ」
めぐみ:もっと平和的な方向でお願いします!
GM:「じゃ、マグロ缶で良いニャ」という感じで、とにかく動物達の魂は説得されました。チデヂカは「何、ヤツらを説得するとは…貴様、何者だ」
アル:ただの飼い犬です。
流星号:「ご主人の飼い犬だ。ご主人を悪の道に引きずり込んで、許さないぞ!」
GM:「君のご主人は、初めからこんな人間だったよ。ハハハ」
流星号:「お前の電波が毒電波になって、ご主人を惑わしたに違いないよ。ご主人はもっと優しい人だ」
めぐみ:と、犬の浅知恵で思った(笑)
GM:「なるほど。先ほどご主人の攻撃を食らっていたが?」
流星号:プチ喧嘩にはよくあることだよ(一同笑)。ご主人が正気に戻ったら、プチ喧嘩もなくなる」
GM:「まぁ何にせよ、アナログマに荷担しているお前も敵だな」
流星号:だからお前たちの争いに巻き込まないでくれ!
GM:それはともかくとして範囲攻撃で巻き込みますけど。
流星号:お断りします。
GM:お断りをお断りします。《雷神の槌》《降魔の雷》などで攻撃しますよ。(ころころ)32、ドッジは-2D。
アル:振れなくなったじゃないか。
ラスカル:9止まりだ。
流星号:こちらも0は出なかった。
GM:ではダメージを出すので、カバーリングの宣言をお願いします。
流星号:自分は侵蝕率が100です。
めぐみ:じゃ、俺とアナログマをかばってもらうか。《領域の盾》がこれで今は打ち止め。
アル:チュー。
GM:ダメージは51点です。
アル:《リザレクト》ぉー! (ころ、8)ギャー!
GM:終わったー!
アル:終わってねぇー! 99だ!
GM:「ボス、すごいッス! 自分はこれでオサラバッス。チュー!」
めぐみ:じゃ《導きの華》《要の陣形》《狂戦士》で支援します。達成値+10、ダイス+10D、C値-1
アル:すげー。
めぐみ:「やはり檜垣さん、あなたは間違っている! 流星号や彗星号のように、人間社会に溶け込んでペットとしての生活を満喫している動物もいるんだ。その子たちの意志を無視してこんな事をしてしまっては、せっかく順応してくれたこの子たちに申し訳が立たないだろう。今ここで苦しんでいる、流星号の立場を君はわかっているのか?
GM:わかんない
めぐみ:「ほら、やっぱりわかんないだろう!」
流星号:ごしゅじーん!!
めぐみ:「こんなにご主人ご主人言ってるのに、君の目は虚ろだ。もっと動物を見るんだ。動物達の気持ちになって考えるんだ!」
GM:「…美味しいものを食べたいって思ってる?」
めぐみ:「まぁそうだけど」
流星号:「ご主人と遊びたいって思ってるよ。美味しいえさはたまにで良いよ」
GM:「じゃ、流星号は私に協力してくれるの?」
めぐみ:あれ? 話がおかしい。俺が言ったこと、分かってる?
GM:「流星号は、私と一緒にいたいから、私に協力してくれるんじゃないの?」
めぐみ:「ちげーよ!」
流星号:「流星号は、ご主人と一緒に家に帰って遊びたい」
GM:「もう家はないよ」
めぐみ:「なくしたのはお前だ! お前のせいだ。もっと反省しなさい」
GM:「ここまで来ちゃったんだから、もう後戻りはできないでしょう?」
めぐみ:ダメだ、無理だ。説得できない。「このわからずやー」って殴れば良いと思うよ。
流星号:うーん、でもご主人に手を上げられない。この【秘密】もあるし。
めぐみ:これはまぁ、置いといて。ご主人は今、取り付かれてた影響で頭フラフラしてるから、殴って正気に戻せば良いよ。
流星号:そうか。ご主人を正気に戻すぞー!
GM:ま、ご主人に一番危害を加えているのは、ご主人本人ですからね。
めぐみ:そういう事にしとけ。無理矢理自分を納得させるんだ。
GM:では次のラウンドです。
アル:俺は邪毒の《リザレクト》で100超えるよ。(ころ)1、ちょうど100。


第2ラウンド

GM:檜垣は《力場の形成》を使います。チデヂカの攻撃力が上がります。
流星号:自分はご主人と接敵。
GM:チデヂカはトループを出してきます。
アル:めんどくさい!
めぐみ:しまった、範囲攻撃できるのは流星号なのに!
GM:あぁ、流星号とチデヂカは同時行動か。セットアップの行動宣言を変えても良いですよ。
めぐみ:今までの事は置いといて、「やはりご主人は殴りづらいだろう」(一同爆笑)
流星号:そうだ、コイツさえいなければー!(チデヂカに接敵)
GM:他、セットアップに行動ある人ー?
一同:ないよー!

GM:では檜垣の行動ですね。
アル:来い! いや、来るな!
一同:どっちだー!?
GM:では行きます。雨粒の何とか、さっきと一緒の攻撃をします。24…《妖精の手》、42を全員に。
めぐみ:クマを俺がかばうか。俺も侵蝕率はきついけど、このラウンドで倒れちゃってもやる事はやったから。
ラスカル:一応振ったけどまぁ無理。
アル:俺はエフェクト使って本気で避けよう。45! 危なかった。
流星号:自分は19で失敗。
アル:「お前は動物を傷つけているが、それは本意なのか!?」
GM:「でも私の邪魔をするから仕方ないよ」(ころころ)ダメージの出目が良い。69点。
めぐみ:初期ロイスのライバルを忘れて立ち上がる。
流星号:さっきのボスの回避っぷりに感動してタイタスに
めぐみ:何故!?
GM:檜垣終わり。次はアル。
アル:チデヂカのエンゲージは流星号に任せて、俺は檜垣を狙うぜ。27DでC値6!
GM:いつまで経っても終わらなさそうなヨカーン!
アル:87、+10あるから97。避けないよね。
GM:絶対無理!
アル:49点防護点無視!
GM:49点頂きました。
アル:「動物には動物の世界があるんだー!」
GM:「私も混ぜて欲しいなぁ」
アル:「お前は自分の能力で動物になれば良い。そうしたら俺の配下に加えてやる。何なら右腕にしてやっても良い(笑)」
GM:「そ、それは『私はあなたの右腕だったはず』とか言っても良いってこと!?」
めぐみ:変な食いつき方した(笑)
流星号:こんなのご主人じゃないよ。知らない間にご主人に何が。
めぐみ:次はクマだな。
ラスカル:これは…しかし困ったな。
めぐみ:効率的には檜垣に行って欲しいけど、どう考えてもチデヂカを殴りたいよな。
アル:ここは、行動を遅らせるんですよ。チデヂカが残ってなければ、仕方ないから檜垣を殴る。
GM:力をためる振りして待機ですね。次は流星号。
流星号:「やはりチデヂカ、貴様のせいだー!」
GM:「わけの分からない事を言うな」
アル:落とし所として、お前に恨みがないが死んでもらう(笑)
めぐみ:クマには悪いが、ここでチデヂカを落とした方が良いだろう。
GM:ちちち。トループがいることをお忘れなく。
めぐみ:あ、かばうのか!
流星号:《貪欲なる拳》《爪剣》《ジャイアントグロウス》《コンセ》に《オンリーユー》を使います。
アル:カバーリング不可来た! よし、最適手!
めぐみ:すごい。お前らキャラ入れ替えて作れよ(一同爆笑)
アル:最後はアナログマが、アナログ放送を捨てた人間に私怨を晴らしてEND。っていう(笑)
ラスカル:私怨だ!
流星号:う、20…
めぐみ:《妖精の手》!
流星号:30、40…42、+10、+5で55、命中-1なので54。
GM:一応回避しますけどー。トループは《イベイジョン》で固定なので無理です。本体も無理です。
めぐみ:《力の法則》を使う。ここで落としてしまえ。
流星号:(ころころ)65+…
GM:あ、死んだ。65で良い。
アル:残念、チデヂカはいなくなった。
ラスカル:チーデーヂーカー!!
GM:「ぜ、全世界にチデヂを…ぐはっ」
めぐみ:《力の法則》で、チデヂの衛星が落ちてチデヂが映らなくなって、アナログマ復活という妄想を見せた。
GM:すごい妄想だ!「こ、こんな未来など私は認めんー!!」と電子の藻屑になって消えます。
めぐみ:そして、アナログマの肩を叩いて、「君の力を復讐なんかに使ってる場合じゃないんだ」と無理矢理良い話しに。
ラスカル:…復讐者の俺にどうしろと(笑)
GM:Dロイス取り直せば良いんじゃないかな。って言われるんじゃないの?
めぐみ:俺は待機かな。
GM:じゃ、次はめぐみ君だよ。
めぐみ:そっか、このゲームはそうだったな。ま、行動放棄で良いかな? 後はクマが檜垣さんを殴って終わりでしょ。「やめよう檜垣さん! あなた一人じゃないか」とか言って終わり。
GM:はい(笑)。「私一人でも止まるわけにはいかないから」
めぐみ:くそ、このジャームめ。
アル:このヒマワリの種をやるから。
GM:それは美味しくないから要らない
アル・めぐみ:何だとー!
アル:「ヒマワリの種の美味しさが分からないやつは敵だ!」
めぐみ:まったくだ。
GM:ちなみにGMはヒマワリの種大好きなんですけどね。じゃ、次のラウンド…
めぐみ:違うよ! 待機してたアナログマだよ!
ラスカル:アナログだからってハブられたんじゃないのか!?
めぐみ:違う! この時計を見ろ、アナログ時計。アナログは良いものだ。
流星号:これはいいものだー。
めぐみ:クマに「チデヂカはいなくなって、復讐は終わり、君はカブズのアナログマとして新しい人生を歩むんだ。これが新しい君の、最初の仕事だ」と言って、檜垣さんを攻撃させる(笑)
アル:で、帰ってバステトに厄介者扱いされる。
GM:「あーあ、帰って来た」みたいな顔される。
アル:まぁ事件解決したから、損はしてないか。
めぐみ:見てろバステト。
ラスカル:マイナーで接敵。
アル:全力を見せてやれ!
めぐみ:行けクマ、やれクマ!
アル:行けクマ、やれクマ! とりあえず10D貸してやるクマ。
ラスカル:《アームズリンク》《コンセントレイト》《雷鳴の申し子》《バリアクラッカー》。
GM:来たわー。
めぐみ:で、《透過》って言われる。
GM:いえ、この人はオルクスのピュアなので。
ラスカル:26D。(ころころ)30…
アル:帰っておいで、我がダイスたち(笑)
めぐみ:ここは《妖精の手》を使おう。使い切った。
ラスカル:92。で、105。
めぐみ:《現実改変》を使って+20だ。俺はパタっと倒れる(笑)。侵蝕率が150超えたから、《妖精の手》がもう1回使えるよ。
GM:125か。
めぐみ:あ、そういえば檜垣さんのロイスを取るのを忘れていた。秘密の公開でタイタス効果を得て、復活しよう。
GM:回想シーンをしましょうか。
めぐみ:昔会った事があるんだよね。今とは全く違った、普通のかわいいお姉さんで出てくる(笑)。動物と話せるという噂を聞いて、確かめに来た。
GM:檜垣は優しそうな顔で動物達に話しかけ、実際に動物たちが答えているというのが、あなたには分かった。
めぐみ:他の人から見ると、「動物好きはこうなんだー」で終わるんだけど(笑)
GM:非常に的確に受け答えしていたんですね。
めぐみ:僕の研究がもうちょっと進んでいれば…。という感じで。
GM:はい。あ、回避? 回避ねぇ。【肉体】が1で、侵蝕率が100%。(ころころ)当たった。
めぐみ:そこに《妖精の手》(笑)ウソウソ。
GM:自分でも使えるんですけどね?
ラスカル:13D。復讐者を使って157点。「お前にはうらみはないが…」
めぐみ:新しい俺の第一歩のために死んでもらう。
アル:俺の恨みのはけ口になってもらう。
GM:《蘇生復活》!
めぐみ:あー蘇生された! やはり決めるのは犬しかない。
流星号:しょうがないなー。
めぐみ:何て頑張り屋さんなんだ。
ラスカル:俺はタイタスを切って復活。
アル:あ、タイタスを切って邪毒を回復。
GM:秘密公開でも良いですよ。最後にロイスにならないので。
ラスカル:じゃ、そうするか。
GM:では軽く演出しましょう。バステトに「彼が裏切ったら、あなたが処理しなさいよ」と言われているシーンです。
ラスカル:うん、UGNに敵対してない、よしOK。仕事終了
めぐみ:ちょ(笑)
アル:俺は入れなかった区画に入れて、「ここをナワバリにして君臨するまで、落ちるわけにはいかないんだ!」(一同爆笑)
めぐみ:そんな理由!?
アル:割と真っ当な理由です。成仏した魂にも、覚えているって宣言したし。


第3ラウンド

GM:ではセットアップ! 《力場の形成》を自分に。
流星号:《スタートダッシュ》でご主人に接敵、《ヒュドラの怒り》…使おうか。暴走するんだけど、タイタス効果じゃないと解除できない。
GM:良いじゃん、すれば。
アル:どうせ回避できないだけだ。
流星号:よし、暴走した事によって、初めてご主人を殴れることにしよう。
めぐみ:それだ!
アル:プッツーン!!
一同:ご主人の、わからずやー!!

GM:じゃ、まずは檜垣です。
アル:どうぞ。都市中心部を巻き込んだ、プチ喧嘩の決着を着けてください。
GM:と言っても、やる事は変わらない。
アル:変わらないのかよ! 巻き込むなよ!
GM:巻き込むよ!
アル:プチ喧嘩はプチ喧嘩で終わらせろよー!
めぐみ:そろそろヤバいな。ま、帰ってこれなかったら俺は「動物サイコー」って言うジャームになってここで生き続けるよ。
ラスカル:あれ、結果が変わってないような?
アル:カブズに帰るか帰らないか、ってだけだ。
GM:えー、《妖精の手》。44です。
めぐみ:《現実改変》を使う。パタって倒れて、「アナログマはもう一人前だから大丈夫だろう」とアナログマのロイスを切る(笑)。
GM:では24です。
アル:俺はエフェクト使って避ける。(ころころ)・・・(ころころ)・・・98!!
めぐみ:超避けた!
GM:すっげー体が小さいだけはある。ボタボタと降る雨の中を、ネズミが機敏に動き回る(笑)。では、ダメージを出しますがカバーリングとかどうしますか?
めぐみ:みんな、ロイスはいくつ残ってる? 俺は3つ(笑)
一同:少なっ!
ラスカル:拙者5つ。でも遠いからかばえない。
アル:じゃ俺がかばいましょう。
流星号:自分は3つですが、秘密も使っていないので。
アル:…というか、かばうなら避けなくても良かった(笑)。機敏に雨粒を避けて「危ない!」って当たりに行く(笑)

 相談の結果…

ラスカル:俺が犬をかばって倒れる。
アル:落とし損ねた時のために俺は立っときたいので、《領域の盾》をもらってめぐみをかばう。
めぐみ:最後の《領域の盾》を使う。《妖精の手》も両方ピッタリだったな。
GM:ではダメージです。52点!
アル:ベータを忘れた。
ラスカル:クマは倒れっぱなし。
流星号:「あれだけ散々悪態をついたのに、俺をかばって倒れるなんて」
GM:ではアル。
アル:あ、俺の方が先か。待機。
GM:では流星号。
めぐみ:さっきあんなこと言っといて何だが、決めるのは君しかいない!」って(笑)
ラスカル:目を開けたまま倒れてるクマが「お膳立てはしたクマ」
GM:それ、白目だよね?
流星号:《コンセ》《爪剣》《貪欲なる拳》かな…
めぐみ:それ《妖精の手》を使おう。
流星号:…55です。
めぐみ:《現実改変》を使って75にする。で、俺はやり遂げた漢の顔でバタっと倒れる。165!
GM:《リフレックス》《幸運の守護》でいってみましょうか。
めぐみ:達成値上げといて良かったー。これで避けられたら仕方ないが…向こうも《現実改変》と《妖精の手》は持ってるだろうしな。
GM:《現実改変》は持ってないですよ。強すぎです。30…《妖精の手》、36、終わりました。
流星号:56点。
GM:ダメですね、HP1点なので。
流星号:「ご主人の馬鹿ー!」と爪剣だから、犬パンチで。
GM:では爪剣に貫かれた檜垣は、おなかに穴をあけてバタっと後ろに倒れます。「あぁ、私にはもう進めないのか。流星号…ごめんね…」
流星号:「ご主人ー! 誰か、誰かご主人を助けて!」
めぐみ:「私が医者だ」
一同:動物の医者だ!
めぐみ:君のご主人は肉が少なかったから、こんなものにしかできなかったよ。とネコを(笑)
GM:ちょ、る○る○はヤバい!


GM:檜垣は倒されました。領域が消え、山川市を覆う光の壁が消失します。
めぐみ:動物がどんどん人間になって。
GM:ええ、倒れている人間がいますね。果てしなく広いと感じた地下実験室も、街の一区画より狭いなぁと思うぐらいのサイズになりました。
アル:俺の配下が減ったぁ…
めぐみ:めっちゃ残念そうに言われた(笑)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック