TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年06月26日 (火) | Edit |

フォーゴトン・レルムの闇は深い。闇に輝く星々ですら呑み込む程に。
これは、その闇を払った冒険者たちの、伝説の一節である。

今回の物語は、コアミアから大谷に向かう途中の船の上。
落星海に、それこそ星の数ほどいるという海賊に、船は襲われた。

D&Dキャンペーン フォーゴトン・レルム英雄譚
第3話 「星の落ちる海」


――船の名は“クローバー号”。




◆オープニング◆

 前回の事件の後、一行は船に乗って大谷方面へと向かった。
この定期貨物船はインピルターのニュー・サーシェルに行く事になっている。
順調に行けば15日もかからない程度の航海になる。
リリアは客、アーケンラーヴは積荷、イニエスタ、スチュアート、ケイティは護衛として乗っている。
 最初は初めて見る海鳥や潮風に歓声をあげていたリリアだったが、あっという間に船酔いして青い顔。
途中で寄航したセンビアのアームラスピアで船酔いに効く薬や柑橘類などを買い込み、航海は続く。



◆ミドル◆

 しばらく進み、小島が点在する海域での夕暮れ。
マストに登っている船員が、「小型の海賊船、2隻接近!」
速力ではかなわないので、有利な状況で戦闘に持ち込もうと技能チャレンジ。
「この船には大砲が積んでありましてね。護衛の皆さんもよろしく」と船長に頼まれ、四人は(リリアを船室にやって)ものすごい勢いで成功させていく。
アーケンラーヴのサーチライトが夕闇を裂いて敵の船を照らし、イニエスタは潮を読み、スチュアートは相手の船の動きを読み、ケイティが風を読んで砲台の角度を調整。
重い大砲の弾をアーケンラーヴは軽々と運び、遠距離攻撃の名手のイニエスタが発射。
見事1隻の海賊船を撃沈し、もう1隻に対しても鼻面を取るという有利な態勢に持ち込んで白兵戦を開始した。
 ギスヤンキの海賊船長は、仲間を沈められた上に貨物船に引きずりまわされるという不面目に激怒。
マストの上から、人間・オーガ・ノールの部下たちに命じて、降りてきた冒険者たちの迎撃をしようとした。
…が、船長のイニシアチブロールが1。
船長は「他人を5マス飛行させる」というパワーを持っていて、これを使ってオーガを貨物船に乗り込ませる目論見だったのだ。
が、行動順が余りにも遅かったためにそんな機会もなく、オーガと人間の部下たちに続いて、遠距離職のノールと船長も倒された。



◆クライマックス◆

 更に、人間の水兵数名を起こし、彼らに囮を命じる。
囮は「獲物発見」の狼煙を上げ、海賊船らを引き連れて他所に行かせ、出足の遅い母船をこちらから襲うという作戦だ。
作戦は成功し、上手く母船が1隻の状態でクローバー号が接近。
横付けし、冒険者4名を海賊船に降ろしてクローバー号はすぐに離脱した。
着地に失敗したケイティがコケたが。
この船の中央には、怪しげな装置(猫の石像)が置いてある。
これは集中を乱す装置で、敵(PC)の攻撃ロールに-3するという罠。
 海賊団の団長はクオトアというトカゲ人間みたいなやつだ。
クオトアのイニシアチブロールが何と20、最初の行動は範囲攻撃+横滑り。
踏ん張りに失敗したイニエスタが船から落下するが、ウェイブストライダー・ブーツのおかげで水泳の必要はなし。
まずは装置を解除しようと、技能チャレンジに挑むスチュアート。
〈盗賊〉の判定にクリティカルして2回分成功を稼ぎ、更にアクション・ポイントで成功。
2ラウンド目には装置が解除された。
ギスヤンキのパワーで更に攻撃ロールに-2されていたが、これもセーヴで段々と治っていき、ようやく全力で戦えるようになった一同。
途中でノールの水兵2人が救命ボートを取りに逃げ出したが、これは放置してクオトアを撃破。
盲目や横滑りといったいやらしいパワーを持つ敵だったが、ハサミ杖でロボを挟めなかったのが敗因か。

 戦闘終了を見て取ったクローバー号が帰ってきて、海賊船の船倉を漁る。
その中から、不穏な手紙を発見した船長がスチュアートにそれを見せた。
それを読むと、この海賊団がネザリルの資金提供を受けており、船に置いてあった装置の石像もネザリルの物だということが判明。
装置を梱包し、事情を説明する手紙を添付(海賊の手紙はスチュアートが所持)し、クローバー号が帰った時に、マーセンバーのクリストフ経由でゼロに届けてもらうことにした。


 次はニュー・サーシェルでのセッション。
インピルターを過ぎた後は貨幣経済が発達していないので、自由に物を買えるのはインピルターにいる間まで。
その後は出土品や発掘品でいいものがあればいいなぁ、という状況になる。
お楽しみに。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。