TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2012年04月23日 (月) | Edit |
◆Middle13◆

GM:では、2日間かけてプロスペラール平原までやって来ました。そこで準備委員とか、皆さんが先発させた100人の兵士と合流して、1日最終調整と休憩の時間があり、その後演習です。1戦半日かかって、3チームで総当りなので、一日半かかります。
ミスティ:なるほど。試合順は決まってるんですか?
ゼスト:まぁそれは…いや、被害が出ると戦力に影響が出るから、順番は重要か。
GM:兵士に被害が出ても補充が貸し出されます。内容も決まってるけど、テンペストはPCがいないし。
ミハイル:PCがいるのは私たちのところだけですね。
GM:うん、だから勝つに決まってるんだけど。ドロールはデータがあるので、ライフェとはやるか。本当はなマイムがいたんで、結構良い勝負になる予定だったんだけど。このままではドロールに勝ち目はありませんな、はっはっは。
ミハイル:なマイムさんは、《インターフィアレンス》も《インタラプト》もあるぞ。(※高レベルスタートなので、引継ぎキャラがいないなマイムには、みにらがあらかじめキャラを作っておいたのである)
GM:キャラシーはある?
ミハイル:いえ、スキル選んだだけですね。種族は自分で選びたいだろうし。
GM:なるほど!
ミハイル:…ってやってたら、来ないと来たもんだ。キャラシーまで作っとけば良かった。
ミスティ:あの仏さん、なかなかやるな」って言う機会がなくなりました。


GM:で、騎士と魔法騎士の2種類のユニットから、2ユニット分一般兵士の代わりに配置して良いです。どっちも11レベルのモブね。
ミハイル:ふむふむ。
ミスティ:魔法騎士は魔法使えるんですね。
GM:うん、普通の魔法使いよりは堅いけど。防御力は騎士の方が固いよ。
ミハイル:魔法騎士を中衛に配置して、前線をミスティに維持してもらうかな。
ミスティ:それで良いよ。
GM:敵を倒して戦力を0にするか、FS判定に成功させるか、敵の大将を討ち取るか、したら勝ちです。
ミハイル:そうか…大将はミスティだよな。でもミスティに前線を任せない意味はない。
ミスティ:僕は前線しか居場所がなさそうです。後ろにいても仕方ない。
ミハイル:FS判定の内容にもよりますけど。
ミスティ:FS判定は、本陣にいないとできないんだったね。
GM:はい。でも今回は、戦力が余りにも少ないので、FS判定が一番時間がかかるんじゃないかな。内容は以下の通りです。
演習のFS判定

GM:で、2カウントごとにイベントという流れです。支援判定はどの能力値でも。難易度10。
ミハイル:はい。
GM:相手は雑魚4体とドロールです。
ミスティ:ドロさん強そうー。ソシアル・ナイトですね。
ミハイル:20レベルのナイトですもんね。《ラッシュ》しかしてこないけど、痛いと思う。そういえば、どんな馬乗ってるんで?
GM:そういえば決めてなかった。
ゼスト:錬金馬乗りましょうよ。
GM:桜朧公と一緒じゃん。桜朧公が嫌がるよ。15レベルで乗れる騎竜にしよう。
ミハイル:竜乗ってきたよ、この人!?
ミスティ:ドラゴン・ナイトだ! 見た目派手だから好きそうですね。
GM:確かにな。
ミハイル:では戦力値の計算とか?
GM:はい。100人の兵士は戦力10。
ミハイル:PCは、私が7でミスティが6ですね。合わせて23。
GM:敵は、ドロールが…20レベルだけど、戦力が上がるのは21レベルなんだよね。だから6なのは変わらず。え、16?
ミハイル:なら、雑魚の一人がなマイムさんとしたら?
GM:わかった、22にしよう。
ミスティ:戦闘中に入滅する可能性があります(笑)
ミハイル:入滅させてやろうではありませんか。
ミスティ:強制的に入滅(笑)
ミハイル:戦場スキルはどうしましょう? ギルド組んでませんが。
GM:1個持って行ってOKです。
ミハイル:何にしようかな。
GM:戦力は一緒だから、最初のマイナスはないし。FS判定しないなら進行値上げるのも意味がない。先に行っとくけど、兵士が11レベルなので、彼らを1体倒す毎に戦力は5ずつ減ります。だから、雑魚の4体を減らしたら2しか残らない。次のターンに再配置したヤツを1匹倒せば終わるっていうね。戦力が少ないからこそできる戦闘ですね。
ミハイル:そうか、FS判定しないなら私も魔法騎士と一緒に中衛に行こうかな。攻撃しようじゃないの。
ミスティ:《戦意上昇》とか。
ミハイル:《一騎当千》も良いですね。ミスティさんが命中に1D足せますよ。
ミスティ:それはありがたい。
GM:まぁ考えるだけ無駄だと思うよ(笑)
ミスティ:じゃ《一騎当千》にしましょう。
GM:こっちも決めないと。《暗殺》?
ミハイル:それはダメですよ! でも《暗殺》は取れないでしょ、そっち。
GM:何故《グランドマスター》持っていないと分かった!?
ミハイル:この人が軍師ってないでしょ(笑)
ミスティ:暗殺って怖いですね。
ミハイル:ええ、誰か一人をいきなり殺すっていうスキル。
GM:だからそれでミスティがパタっと死んだら、いきなりこっちの勝ち(笑)
ミスティ:なんていう。
ミハイル:で、相手はそれを持っていないだろうと踏んで、《暗殺》を打ち消すスキルを取りませんでした。
ミスティ:逆にこっちが使うっていうのは?
GM:いえ、[使用したキャラクターのCL]+2なんで。相手が持ってたらミスティは殺せたんですけどね。
ミハイル:残念ながら、こっちはドロールを殺せない。なマイムさんは殺せるんですけどね。
ゼスト:入滅したー。
GM:入滅しないの! じゃ、《人馬一体の陣》がそれらしいか…いや、《人海戦術》にしよう。
ミハイル:範囲攻撃してくるの? でも前線はミスティ一人しかいないよ。
GM:本当だ、何だこの布陣!
ミハイル:そっちだってそうじゃないの(笑)
GM:本当だ。
ミハイル:そうか…遠距離でも隣のエリアまでしか攻撃できないから、相手の中衛の雑魚を殺そうと思ったら私も前衛に出ないといけないな。
GM:ええ、雑魚を守らないとあっという間に終わってしまいます。
ミスティ:インペリアルガードになるのに、必須技能《カバーリング》とかないんですか?
GM:あぁ、それは。
ミスティ:なったら覚えさせられそう(笑)
GM:まぁ、戦闘が起きて直接その人をかばう、ってだけがインペリアルガードじゃないよ。もっと戦術的に行動する事もあるだろう。
ミハイル:えーと、魔法騎士は範囲攻撃できます?
GM:持ってるスキルを言おう。《アースウェポン》《アースブレッド》《コンセ》《マジブラ》《アースシェイカー》《オールウェポン》《レインボーカラー》です。ソーサラースキルも持っている、優秀な兵士です。
ミハイル:君たちも前に出たまえ。まずは《マジブラ》《レインボーカラー》を後ろの雑魚に撃って、その後《マジブラ》《アースブレッド》をかけてもらう。1ラウンドは前線で耐えてもらって、次は中衛に下げてドロールをボコってもらう。
GM:そう上手く行くかな?
ミハイル:分からないけど(笑)
GM:では、【行動値】の発表をしましょう。

ドロール…20
ミスティ・魔法騎士×2(自軍)…15
騎士×4(敵軍)…13
ミハイル…8


第1戦場ラウンド
GM:じゃ、セットアップからです。ドロールが《人海戦術》を使います。
ミハイル:《人馬一体の陣》じゃないんですね。
GM:はい。次は魔法騎士とミスティ。
ミスティ:《シャインストライク》! そういえば、相手は範囲攻撃してくるんですよね。《プロボック》は意味ないか。
ミハイル:ええ。《人海戦術》が範囲になりますからね。アレあるなら私は下がっとけば良かったと思うぐらい。
GM:下げといてもいいよ。後から戦場スキルを選んだのはちょっと汚かったしな。
ミハイル:じゃ下がらせてもらいます。私は戦力修正値7ですからね(笑)
ミスティ:確かに、倒されたら7も減ってしまう。
GM:で、騎士は《グランディア》。
ミハイル:私はなしです。

GM:じゃ次はイニシアチブから行動順です。ドロールがイニシアチブに《エンカレッジ》を使います。
ミハイル:はーい。
GM:まずは《ブライトステップ》。竜の上で華麗にステップして(笑)
ミスティ:すげぇ。
ミハイル:この人、マイナーアクションで騎乗してないけど大丈夫?
GM:何が? 乗ってるよ、騎乗状態でスタートしてるよもちろん。
ミハイル:あ、そうなの。
ミスティ:すごい、竜の上で踊った(笑)
GM:騎乗状態のまま竜の上で踊って、【行動値】を10点増やします。で、終了。改めてドロールのメインプロセス。マイナーアクションは…無い! しまった、《プロボック》を忘れてた。
ミスティ:やっぱり。
GM:で、メジャーで《ラッシュ》だけ! この一撃に全てを賭ける! 最初の一撃で倒してしまえば、防御など必要ない!
ミハイル:確かにねー。
GM:フェイト1点を命中に使って(ころころ)36。

 これは、ミスティ、魔法騎士の2人と、全員命中。

GM:ここで《ボルテクスアタック》を使用。残ったフェイト4点を全部突っ込んで(一同爆笑)
ミスティ:《ワイドプロテクション》を全員分張ります。
GM:ダイスで50点、移動力が75。武器が20で155点!
ミスティ:いたたた。僕は《プロテクション》込みで61点止めました。
ミハイル:魔法騎士が生き残るか、だなぁ。
GM:魔法騎士はHPが76で、防御力8。
ミハイル:それはダメですね。一人は《ガーディアン》使う?
GM:この演習が終わったら、フェイトとか、使用制限のあるスキルは全回復します
ミスティ:あ、そうなら《ダンシングヒーロー》使って回避すれば良かった。
GM:振り直して良いよ。36だし。
ミスティ:良いですか? それなら(ころころ)クリティカルで避けました
GM:避けたのか! 言わなきゃ良かった(笑)
ミスティ:でも、魔法騎士の結果は変わりません。
ミハイル:では《ガーディアン》かな。あとミスティが《カバーリング》してくれたら、二人とも生き残ります。
ミスティ:そうしようか。じゃ、「あぶない!」
GM:うぉ、誰も死ななかった。何ということだ。
ミスティ:自分のを避けつつかばいました。94点ダメージを食らいました。
GM:「私の一撃を食らって生きているとは!?」
ミスティ:「この程度では、倒れない…!」
GM:ドロールは終わりです。

ミハイル:では魔法騎士ですね。まずAが《マジブラ》《レインボーカラー》。(ころころ)命中…うわ、低い。3Dで7、11で18ですか!?
ミスティ:あ、この人たちも《一騎当千》に入りますか? 最前線。
ミハイル:あ…そ、そうかな…? じゃ1D足して(ころ)5。23です。
GM:どっちにしろ回避はクリティカルのみ。(ころころ)惜しい…! (ころころ)惜しい!!
ミハイル:5・6って!
GM:一人ぐらいは…(ころころ)ピンゾロ! 全員食らいました。
ミハイル:では《レインボーカラー》が決まりました。次は《アースブレッド》ですね。

 この攻撃も騎士は全員当たり、52点のダメージを与え[転倒]させる。

GM:次はミスティかな?
ミスティ:はい。せっかくだから《トリプルブロウ》を三回とも踊りながら殴ります。
GM:ドロールが「美しい…!」って言いながら「ぶほっ」って食らう(笑)
ミスティ:5Dで殴れる。(ころころ)あ、クリティカル。
GM:回避なー。1発目命中。先に命中だしちゃって。
ミスティ:2発目が34。3発目は28。
GM:全部命中です。ダメージどうぞ。
ミスティ:1発目はクリティカルしたので、4D+90点(ころころ)。1回目が103、次が98、最後が101です。
GM:これ死ぬんじゃ…あ、2発目で死んだわ。HP144しかないから。
ミハイル:あらー。
GM:「はぐっ、ぼふっ、ぶは!」と前線が崩壊して、騎士が前衛に来ます。
ミハイル:…っていうか、ドロールは代表じゃないの?
GM:はっ、本当だ!! 終わったぁー!!
ミスティ:本当だ(笑)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
色々間違いw
戦闘中に修正したところは置いといて、色々ツッコミ入れときます。

その1、NPCの扱い。
大規模戦闘ルールで、普通は自軍にはNPCを配置しません。
まぁ今回はそういうレギュレーション、という事で。

その2、《一騎当千》。
前線フィールドに配置されている自軍キャラが一人の時、という前提がありました。
なので、今回は効いてないのです!
ミハイルが「そうかな…?」と頼りなげな返事をしてるのは、自信がなかったからです。
フェイト使用なしで今回良さそうだったのは、《戦意上昇》(判定ダイス+1個)でしょうか。

その3、《カバーリング》とか。
ミスティは《カバーリング》持ってないんですよねw
気付いてませんでした。
なので、この時はミハイルが《キャスリング》して、ミスティに《カバーリング》をしてもらったと考えれば良いかしら。
一応《キャスリング》はダメージロールの直前、《ガーディアン》は直後なので、使用タイミングは被りません。

その4、フェイト。
《人海戦術》の使用にはフェイトを1点消費します。
特に言ってないので不明ですが、ドロールさんはフェイトが6点あったんでしょうねw

次回は、大規模戦闘用チャートを作成したので、もうちょっとスムーズにやれると思います!
2012/04/23(月) 21:37:31 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック