TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2012年04月16日 (月) | Edit |
アリア戦記、外伝がスタート。
GMは陽、PLは秋野、桜翔、みにら。それに、なマイムも入る予定だった。
第二話は入るはず。
(PL紹介は→こちらを参照)
アリア戦記…といっても、そういうには語弊があるだろう。
何と言っても、アリアはNPCのチョイ役だ。
前回のアリア戦記(アルトさんGMのアレである)とは、別のステージの話だと思っていただきたい。
世界設定もかなり違っている。



陽→GM:じゃざっと世界設定と地理を説明します。1000年の歴史は管理できないので、300年にしました(笑)

300年ほど前、ある冒険者一行が他の大きな大陸で暴れていた魔族の王を、小さな大陸に追い込んで封印しました。
それがスマルグ王国の初代女王陛下でございます。
封印した山は、霊峰シール。
その山の麓に、封印を監視するために町をお造りになられました。
それが今のスマルガントとなりました。
元々この大陸に住んでいた住民たちのうち、魔王の封印を認めた者はスマルグの住民となり、封印に反対した者は北へ逃げ、現在の帝国となる国を建国しました。



桜翔→ミスティ:ですよね、普通反対しますよね。何でウチで封印せなあかんの?
GM:そうそう、どっか他所でやってよ。
秋野→ゼスト:何でウチでガレキ埋め立てなあかんの?(一同笑)

初代女王は四人パーティーだったので、彼らを貴族と申しますか、国の代表にして、領土を4つに分けて分割統治しました。
 中央は天領(直轄領)。国の首都と兼ねた都が、スマルガント。
 東にテンペスト領。戦士であった人の領土。都はストルム。
 南がリードランド領。神官だった人の領土。都はルリジオン。
 西はライフェ領。魔法使いであった人の領土。都はクストース。
今でもスマルグの国民は、元々魔王と戦って封印するのに協力した人の末裔ですので、正義感が強い国民性を持っております。


大陸地図

GM:テンペスト領は、ゼストのご先祖さんが代表ですね。
ゼスト:ああ、はいはい。

しかし、100年ほど前のこと。
封印が弱まったのか、北東の山から魔族が沸き始めたのです。
再び魔族と人との戦争が始まりました。
結果、山を塞ぐ事はできませんでしたが、そこに魔族・妖魔を押さえ込む事はできました。
警戒を強化するため、そこにはユガミネイ公国という国が作られました。



GM:それまで魔族は、魔族の王様が封印されてるし元々少ないしで、ほとんどいなかったんだけど。それが魔族の湧きポイントができちゃって(一同笑)。
みにら→ミハイル:湧きポイント(笑)
GM:で、ユガミネイ公国…首都はユルガンという事になっているけれど、俺のイメージではほとんど国じゃなくて、お城が1つと砦が2つあるだけっていう。
ミスティ:余り人は住めなさそうですね。
GM:そうそう、住めないでしょ。常識的に考えて。
ミハイル:魔族が湧く場所じゃねぇ。
GM:で、ここだけ戦争状態になっています。
ミスティ:そこにいる人は、妖魔と戦おうっていう勇気ある人たちばかりですね。
GM:そうそう。ここまでが、ザッパな説明。で、スマルグ王国としては、ユガミネイ公国の支援が第一目標なのね。ユガミネイ公国だけで戦争させるわけにはいかないから、4つの国が、毎年交代で支援物資を送っています
ゼスト:なるほど。
GM:地図の赤い道が一番大きい街道で、そこは支援物資を送るために整備された、石畳の、広いしっかりした道です。軍隊もすごい勢いで通れる。ここを通って、各領地は4年に1度支援物資を送ってる。テンペスト領と直轄領は、だいたい兵士を送っています。で、リードランド領はだいたい物資を送っています。ライフェ領は、帝国との小競り合いが常に起きていて、言ってみれば半分戦争状態なので、余裕のある時しか送らない…とうか。
ミスティ:なるほど。
GM:主に人を送るんだけど、指揮官とか少数精鋭を送っています。
ミスティ:街道が一番大きい道っていうだけで、小さい道はたくさんあるんでしょう。
GM:うん、それはもちろんたくさんある。これしか道がなかったらヤバい(笑)
ミハイル:つまり、この街道はニューロードみたいに別マップで管理される程大きい道なんですね。ジュエルビーストも通れるぐらいの。
GM:そうそう。
ミスティ:ニューロード(笑)
GM:まぁ、この道を通るのがブッチギリで早いのは皆分かってるんで、だいたい各国の都に物を集めて移動する、って事になります。ユガミネイに直接は行けないんで、中間地点のアクエルドという町があります。ここが一番人と物が集る場所かな。
ミスティ:なるほどね。
GM:今年は、4年に1度のリードランド領の担当です。
ミスティ:あぁ、皆一気に行くわけじゃないんですね。
GM:そうそう。
ゼスト:だから4年に1回はライフェ領になって、「今年は支援物資が少ないから苦労して、妖魔がこっちに流れてくるかも知れないわ。ビクビク」
GM:そんな事はないけど(笑)。今の大公、ジーメッサはすごい有能な人なので、この人が大公になってから50年ほど、他の領地で魔族が出た事はありません
ゼスト:へぇー。
ミハイル:すごいですね。
GM:まぁこれから出るけど(一同爆笑)
ミハイル:言っちゃいましたね!?
GM:なので、出た時に「今まで出た事がなかったのに!」と言ってもらうための設定です。
ゼスト:今まで出たことなかったのにー
ミハイル:今まで出たことなかったのにー
GM:これからは毎日出るぞー
ゼスト:もうだめだ。
ミスティ:僕は「アリだー!!」って言いたい…(一同爆笑)アリだー!!
GM:せめて「魔族だー!!」にしてよ。
ミハイル:3文字だと収まりが悪いですね。
ミスティ:オニだー!!
GM:オニ(笑)
ミハイル:まぁ、「まぞだー」とか言われなかっただけマシですね。
ミスティ:マゾなら恐れる事はない。
GM:本当にね。死ね、死んでしまえ。


GM:で、これからが本番なんだけど。ミスティが目指しているインペリアルガードのことです。
ミスティ:はい。
GM:各国の領主と、王族を守るために各地にばら撒かれて、都合2~30人ぐらいの超エリートです。
ミスティ:騎士の中の一部の人しかなれないっていうイメージなんですけど。
GM:それで合ってる。騎士というよりは、この国全土から超強い戦士系を集めた中で。騎士っていう概念が余りないので。
ミスティ:なるほど。何にせよ、戦える系じゃないとダメですね。
GM:そうだな。まぁ、超めっちゃすごい《プロテクション》使いならプリーストもアリかな(笑)。まぁないけど。
ミハイル:まぁやっぱり《カバーリング》できる人の方がいいよね。
GM:で、その中で一人、今年の3月で任期満了して隠遁生活に入るっていう人がいて、1人空きができた。
ミスティ:はい。
GM:各領地から一人ずつ。王都は別として3人の候補が選ばれて、リードランド領が支援物資を送る際に一度スマルガントに来て、そこで各国の人を拾って行くから、その時ついでに選抜会をやろうと。
ミスティ:じゃ、ライフェ領の人がテンペスト領の要人のインペリアルガードになることもあるんですね。
GM:そうそう。王都で一括してインペリアルガードの叙勲式とかがあって、そこから改めて配属が決まるので。
ミスティ:なるほど。
GM:まぁだいたいは、希望があるだろうし、その領土の出身の人を守るのが士気も高いんで。でも選抜の結果、リードランドの人ばっかりじゃんってなったら仕方ないから別の土地に回ってもらうし。その辺はわからない。
ミスティ:了解です。
GM:インペリアルガードはそんなに政治的な発言力はないけれど、「インペリアルガードがみんなリードランド家の人だ」ってなったら、当然「リードランドすげぇ」ってなるんで、領主様は皆必死になって優秀な人材を探してプッシュしています(笑)
ミスティ:だから、「君、うちの家の子にならないか」とかやるんですね。
GM:そうそう。領土の境目に超優秀な人が生まれたら、「君、うちの家に来ないか」「いや当然君はうちの領土出身だよね」っていう話になる(笑)。まぁ、そういう政治的ないざこざよりは、魔族を封印する事が一番じゃないか、って感じの正義感がまだ勝ってる。
ミスティ:OKです。じゃ、候補に選ばれただけでも大したもんですね。
GM:うん。だからミスティは、実際相当優秀だという設定ですね。
ミスティ:やったぁ♪
ミハイル:この若さで15レベルですよ。
GM:有り得ん(笑)。1年1レベル上がっても、3歳の時から鍛錬していないといけない。
ミスティ:本当ですね。何されたんだろう(笑)
GM:そういえば、歳はみんな21歳とか28歳とか言っていたけど、“あの時”から三年前っていう設定なので。
ゼスト:じゃ俺は25か。
GM:まぁ年齢を新しく設定し直せばいいだけの話なんだけど(笑)
ミスティ:じゃ、僕はこの時点で21歳にしておきます。
GM:アリアは元の設定なので11歳です。10~15歳の次の国王候補を桜朧公が教育して、その5年が過ぎたら桜朧公はどこかに旅立っていくっていう(一同笑)。で、アリアは11歳なのでちょうど桜朧公が来ています。
ミスティ:教育期間中なんですね。
GM:はい。その桜朧公が一番政治に影響力が強いです。その5年間だけすごい強くて次の代替わりまで20年も30年もずっといなくて、また来たら5年だけ輝いていくっていう人なので(一同笑)。
ミスティ:5年後には「桜朧公が野に下りました」(一同爆笑)
GM:そうそう。まさにそれ。霊峰シールの中に住んでいる、とは言われているけれど、実際に棲み家に行った人はいない。どうやって外の状況を知るのかわからないけれど、子供が生まれて、その子が5歳ぐらいの頃フラっと王都に現れて、「次の後継者はこの子」って勝手に決めて(一同爆笑)、10歳になった頃にまた来て、そこからは王都に住み込みで5年間教えて、5年経ったら野に下る。
ミハイル:山に登ってるというか。
GM:まぁ、国じゅうあちこち回ってるという感じらしい。ユガミネイにはよく出没している。
ミハイル:神出鬼没ですね。
ミスティ:水戸黄門みたいです。
GM:水戸黄門というか、魔族を完全に封印するなり滅ぼすなりする方法を研究していて、その研究の成果を試しにユガミネイに行って、「魔族にはコレだ。…イマイチ効かないな。じゃ」(一同爆笑)っていう実験というか研究をしている。
ミスティ:なるほど。各国回って情報収集したり研究したり。
GM:そうだね、古代兵器みたいなのが埋もれてないか探したりとか。
ミスティ:桜朧公は長命な方でしたっけ。
GM:うん。嘘か本当か分からないけど、建国時代から生きてるっていう話。PCの時はヒューリンとエクスマキナのハーフブラッドで、不死身の改造人間っていう設定だったんだけど(一同笑)
ミハイル:今はNPCなので分かりません! 謎の多い人ですね。
GM:そう、分かりません! NPCになったので、エネミースキルも使い放題だぜ。《スキルマスター:ナイト》を取ったら何を取るか悩まなくても良い!(笑) 後は、アリアンロッド・サガ無印のリプレイに、ベルフトっていう超強いNPCがいて、そいつがすごいスキル持ってるのよ。それで良いじゃんって。
ミハイル:セットアップに、同じエリアにいる人は全員死ぬ。
ミスティ:ええー! 何と言う。
GM:他には《大陸最強》ってスキル、何をしてもこの人の振るダイスを減らせない。《武芸百般》は全ての武器を格闘として使えるとか。
ミハイル:大剣で《トリプルブロウ》とかできるんですよ。これぐらいやれるなら、桜朧公もこれぐらいやって良いよね。
GM:まぁ実際出てくる事はないだろけどな。キャラも造ってないし。
ミスティ:逆にキャラシーを書かなくて良いキャラでもありますね。思いついた事をやれる。
GM:そうそう(笑)。まぁそれぐらいかな。


GM:秋野君、ゼストはいつ出奔した事にする?
ゼスト:じゃぁ…国に仕え出す前ですが。
GM:領主の息子だから、国に仕えるっていうのも。
ゼスト:何か八百屋の息子みたいだ(笑)。店の手伝いする前ぐらい。
GM:結構小さいよ!?
ミハイル:8歳とか(笑)
ゼスト:正式に仕官しだす前かな。
GM:領主のテンペスト伯…ゼストのお父さんね、この人は政治的に煩く言う人で、君が14歳の時にアリアが生まれたんだが、「王女が生まれた? お、うちに息子がいるじゃん。ちょっと良いんじゃないの?」とか思ってた。
ゼスト:その話が出た頃に、俺が「ヤッフゥ~!(出奔)」
GM:そうそう、リードランドのところには子供がいないし、「これはうちの一人勝ちじゃのぅ」とか思ってたら君が出奔して父ちゃんガッカリっていうシナリオを考えてるんだけど。良い?
ゼスト:良いですよ。じゃ11年出奔してます。14の頃に出奔しました。
ミハイル:出奔するには良い年齢ですね。
ミスティ:出奔するのに良いも悪いもあるの?
GM:11年あれば、魔導銃を弾飛ばさずに使いこなす事も不可能ではない
ゼスト:出奔した時に俺が4レベルだったんで、1年1レベル上がった(笑)
ミハイル:14歳で4レベルっていうのも、結構高いですね。
ゼスト:サラブレッドですから。
ミハイル:そりゃ親父も期待をかけてるわ。それが気が付いたらこんな事に(笑)
ゼスト:おかしーなー、俺の職歴だと最初すごい役に立たなかったはず。
ミハイル:まぁ良いじゃん、《ボルテクスアタック》は使えるようになったんだから。っていう。
GM:で、ミスティがリードランド司教に呼ばれて、「インペリアルガードがんばれよ」って言われるところから始まる。
ミスティ:OKです。
GM:…さて、困ったな。なマイムが来ないぞ。
ミスティ:なマイムさんはどんな位置づけだったんですか?
GM:彼はライフェ領のインペリアルガード候補生の、お付きの人。だからまぁ…いなくても良いと言えばいなくても良いかな。
ミスティ:そうなんですね。
GM:ミスティのお付きの人が、みにらのPC。
ミハイル:わたくし。ミハイルでございます。
ミスティ:ミスティのお母さんは、おしとやかな神官になって欲しかったんです。
GM:何を間違ったかこんな事に
ミハイル:アコライトなところは間違ってないんですけど。
GM:そうそう、アコライトになった所まではお母さんの予定通りだった。
ミスティ:「お父さんの修行に付いて行かせた事が間違いだったわ」ってずっと言ってる。
ミハイル:お父さんはナイトなんでしょうか。
GM:パラディンっていう設定かな。というのも、リードランド大司教が、司教と言いつつパラで、実はモンクっていう。
ミスティ:僕もパラだと思ってました。
GM:で、ミスティのお父さん…名前決まってないけど。名字何にする?
ミスティ:原作(聖剣の刀鍛冶)にちなんで、キャンベルにしましょう。セシリー・キャンベル
GM:ま、名前が違うから名字が一緒でもいいだろう。そのキャンベル家は元々聖騎士として名家だったんだけど、ここ何代か有名な聖騎士が現れていなかった。ミスティのお父さんが久し振りに頭角を現した人で、その師匠がリードランド司教だった。今から10~20年ぐらい前に今回と同じような事が起きて、リードランド司教はミスティの親父をインペリアルガードに推薦して、見事インペリアルガードになって、各地に配置されてたんだけど。病死だっけ?
ミスティ:いえ、亡くなったとしか設定決めてません。任務中に命を落とした、というのがそれらしいですね。
GM:まぁ、ユガミネイに行って戦死した…とか。その後、ミスティのやる気を見たリードランド司教は、父と同じようにミスティを鍛えて。立派なモンクとして。
ミハイル:お母さん…(ほろり)
GM:お母さん涙目。で、今回のインペリアルガード選抜に際して、自分の家の養子という事で、名前を貸して王都に送る…みたいな。
ミスティ:了解です。


↓キャラシー


◆プレイヤー名 桜翔
◆キャラクター名  ミスティ=リードランド

種族:ヒューリン  年齢:21   性別:女   髪の色:ブラウン / 瞳の色:濃緑 / 肌の色:白
身長:163cm

■最終クラス パラディン/ダンサー(15Lv)

■出自 始祖の紋章(ヘイスト取得)
■境遇 遺言
■運命 忠誠

■ステータス

筋力 6 器用 9 敏捷 8 知力 4 感知 3 精神 16 幸運 3

最大HP 86(インテンション解放で+50) 最大MP 98(ファミリア解放で+100)
フェイト 5
物理防御36  魔法防御47  行動値15  移動力:20m

■スキル
ヒューリン
 オールラウンド
一般
 トレーニング(精神):1
アコライト
 ヒール:1 プロテクション:5 ブリンク:1
モンク
 インテンション:1 アイアンフィスト:1 コンフロントマスタリー:1 ペネトレイトブロウ:1 トリプルブロウ:3 ソウルバスター:1 インデュア:1 マインドアデプト:1
シーフ
 ファインドトラップ:1 バタフライダンス:1 インタラプト:1
ウォーリア
 ボルテクスアタック:1 プロヴォック:1
サモナー
 ファミリアー:1
ダンサー
 ダンシングヒーロー:1 アヴォイドダンス:1
メイジ
 マジックフォージ:1 マジックブラスト:1
パラディン
 レギリアス:1 エクソシズム:5 ヴァニシュパワー:1 ワイドプロテクション:1 グレイスフォース:1 シャインストライク:1 フラッシュブリンク:1

■装備
デュエルナックル、ファインバックラー、守護の輪、ガードローブ、豊穣の花冠、竜鱗の首飾り

■所持品
冒険者セット、コンビネーションリング、ハイHPポーション×3、ハイMPポーション×3、守護の呪符、袋類

残金 143,100G
残り経験点 0点(消費1100点)




◆プレイヤー名 秋野
◆キャラクター名 ゼスト=テンペスト

種族:ヒューリン  年齢:25   性別:男

■最終クラス ウォーロード/サムライ(15Lv)

■出自 隠れた才能(フェイント取得)
■境遇 遺言
■運命 闘争

■ステータス

筋力 16 器用 11 敏捷 5 知力 3 感知 3 精神 7 幸運 3

最大HP 115(インテンション解放で+50) 最大MP 65(ファミリア解放で+100)
フェイト 5
物理防御26  魔法防御15  行動値7  移動力:12m

■スキル
出自
 フェイント
ヒューリン
 コンバットマスタリー
ウォーリア
 ボルテクスアタック:1 バーサーク:5 クールランニング:1 スマッシュ:1 カバーリング:1 カバームーヴ:1
ガンスリンガー
 キャリバー:1 ガンパード:5 キャリバーマスタリー:1 ラストリゾート:1 ファニング:1
サムライ
 トルネードブラスト:1 ストライクバック:1 リフレクション:1 ディフレクション:2
モンク
 インテンション:1
ダンサー
 ダンシングヒーロー:1
サモナー
 ファミリア:1
ウォーロード
 アームズロジック(魔導銃):1 オーヴァードライブ:1 ハイパーゲイン:1 バトルコンプリート:1 グレートバースト:1 バーストスラッシュ:1 フルスイング:2 ストラグルラッシュ:1 ファストセット:1

■装備
キャリバー、バトルバックラー、不沈の冠、カオスアーマー、巨人の手袋、女神のネックレス、袋類

■所持品
冒険者セット、ハイHPポーション2、ハイMPポーション2、生命の呪符

残り経験点 0点(消費1100点)




ミハイル◆プレイヤー名 みにら
◆キャラクター名 ミハイル=エリオット

種族:エルダナーン  年齢:50~60歳   性別:男   髪の色:茶 / 瞳の色:灰青 / 肌の色:白
身長:165cm

■最終クラス ソーサラー/メンター(15Lv)

■出自 英才教育(フェイス:ダグデモア取得)
■境遇 喪失
■運命 忠誠

■ステータス

筋力 3 器用 4 敏捷 3 知力 13 感知 4 精神 11 幸運 5

最大HP 59 最大MP 122(+ファミリア解放で+100)
フェイト 6
物理防御14  魔法防御31  行動値8  移動力:13m

■スキル
出自
 フェイス:ダグデモア:1
エルダナーン
 マジックセンス
メイジ
 マジックフォージ エンチャントウェポン:風 フライト:1 フォースブリンガー:3 マジックブラスト コンセントレイション
アコライト
 ヒール ホーリーウェポン5
サモナー
 ファミリア サモン:リヴァイアサン:3 アニマルパクト マジックサークル ガーディアン
フォーキャスター
 スタンドバイ グランドマスター アンパッサン キャスリング
ソーサラー
 リミットブレイク:1 クラッシュバリア ダブルキャスト:2 ファストドロウ:2 デモンズウェブ ランニングセット ニゲイト

■装備
 ミスティックロッド、マジックシールド、ラックハット、ガードローブ、マジックマント、豊穣の花冠

■所持品
 冒険者セット、折り畳み梯子、万能薬、ハイMPポーション×5、生命の呪符、蘇生薬、転送石(リードランド領行き)、筆記用具、マジカルキー、アニマルメッセンジャー、チョーク、袋類

残り経験点 0点(消費1100点)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
レギュレーションとか
すっかり忘れていましたが、レギュレーションとか書いときます。

レギュレーション
アリアンロッド 旧版を使用。(※2Eではありません)
経験点 1100点。15Lvと50点です。
お金は30万Gまで。
10万Gを超すアイテムは購入できません。


PCとNPC
旧アリア戦記より引継ぎキャラが多数出てきますが、設定は新しくなっている事があります。

PC
ミスティ=リードランド
 元は聖騎士の家柄の出身。リードランド領主の養女となった。父と同じインペリアルガード(要人警護兵)を目指している。

ゼスト=テンペスト
 テンペスト領主の嫡男。実家を出奔して各地を放浪している。魔導銃で殴るという、意表を突く戦法の持ち主。

ミハイル=エリオット
 初出。20年ほど前からリードランド領で文官を勤めている。


NPC
桜朧公(おうろうこう)
 本名、レンガ=クラウド=ダイカンザクラ。国家の重鎮。王太子の教育係。

アリア
 本名、アリアフルマージュ=ヴァルスマルグ。王女。


ちなみに、インペリアルガードとはロマサガ2のイメージです。
インペリアルとは帝国という意味なので、多分新しい名前が考えられる事になると思いますw
2012/04/24(火) 21:20:58 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック