TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2012年04月09日 (月) | Edit |
第4ターン
メーア:次は腕利き剣士の4ですね。
ヴァーチャー:まだ生きてたのか(笑)
DM:まだとか言うなよ! 4番の腕利き剣士、俺の中ではトップエリートよ? エースと言っても良い(笑)
アドン:ここまでやるとは思わなかった。
DM:マイナーでシフトして、アドンを挟撃。さすが腕利きだぜ!(ころ)23のAC。
アドン:腕利きのくせに生意気だぞ。普通に食らいます。
DM:6点ダメージ。
アドン:地味に削られていく。
ガトー:HPどれぐらい?
アドン:43/63…20点食らってますね。
DM:何だよ全然まだまだじゃん。次は魔法使いか。マイナーでシフト。標準はワイルド・サージ…魔力の奔流。メーアにしよう。19の反応。
メーア:はーい。反応は15、当たったよ。
DM:5点ダメージで、目標を2マス横滑りさせる。「われらが神に近付くな!」
メーア:あぁ。現在9点食らってます。
DM:魔法使いは終了。次はキャプテンかな?
メーア:はい、減速状態のキャプテンです。
DM:そこ(イニシアチブ管理表)に書かれるとちょっと寂しいモンがあるな(笑)
ヴァーチャー:減速があると挟撃位置にいけないのがちょっとアレだなぁ。
DM:むふふふ。
ヴァーチャー:死にそうな2番に攻撃するか。
アドン:そこに行くとアシッド・ブレスの効果範囲に入るのでは?
ヴァーチャー:バラバラと入るように分かれたいので。そっちに行こうかなと。
メーア:今だと全員まとめて入るものね。じゃ、二歩移動して?
DM:チッ。キャプテンと団長が済んだら竜の番なのに。
ヴァーチャー:(笑)ピアシング・ストライクで良いか。2番に…(ころ)20。反応だから当たるね。14点。
DM:重傷じゃないか。で、即応・対応でダメージを受けた時に瞬間移動ができる…というのを今まで忘れていた。1D6マス移動できるのか。
アドン:大雑把(笑)
DM:(ころ)1! 1マス。
ガトー:一瞬消えた
ヴァーチャー:すぐ落ちてきた
DM:落ちる言うな(笑)。次は団長だな。みんなHPどれぐらい減ってる?
メーア:9点♪
ヴァーチャー:俺は21点。
アドン:自分20点です。
メーア:団長は全然余裕だったね。
DM:まぁコボルドはよくやったよ。
ガトー:では、挟まれている防衛役を回復させよう。アーデント・サージ。回復力を1消費して、回復力値+1D6回復。俺の次のターンの終了時まで、攻撃ロール+1。
アドン:わーい。
DM:チマチマとやらしい効果を付けおって(笑)
アドン:全・快!
DM:何だってー! 結構頑張って殴ったつもりだったのに。
アドン:言うても22点回復しますんで。
DM:HP高いから回復力も高いんだな。
メーア:…アレ、キャプテンは減速状態のセーヴィング・スローしたっけ?
ヴァーチャー:…!
DM:今からして良いよ。
ヴァーチャー:(ころ)…(笑)いやー治らんもんですな!
DM:ちなみに剣が刺さってた台座は移動困難地形です。侵入はできるよ。
ガトー:うーん…固まるとドラゴンブレスの範囲に入るけど、余り離れると今度は自分の効果が届かない(笑)。ブレスって3*3でしたっけ?
DM:3*3です。
ヴァーチャー:相手よりはちょっと広い(5マス)けど(笑)
ガトー:(色々数えてみて)どうやっても2人は巻き込まれるな。仕方ない。4歩移動。
DM:そうか、団長はもう普通に歩けるのか
ヴァーチャー:あれ? 俺の膝はまだ痛いのに(一同爆笑)。団長は軽快な動き。
DM:村長かお前は!
アドン:キャプテンは古傷があるから。
ヴァーチャー:おかしいな、俺の膝には古傷あったっけ。
アドン:海賊時代の古傷が(笑)
ヴァーチャー:実は片足が義足。
ガトー:で、サイオニック・シールド増幅。魔法使いに(ころ)低い! ACに15。
DM:さすがに当たらない。次は竜だな! どう考えても最初はブレスだろう。
ヴァーチャー:魔法使いを巻き込みながらブレス撃っても良いよ。敵の残虐性の演出として(笑)
アドン:酋長を巻き込みながら自分に撃って来ても良いですよ。
DM:何でそんな事せなあかんねん! あ、大変だ。ブレスは5*5の噴射って書いてあるぞ。
一同:なんだってー!
ヴァーチャー:広いな。レッド・ドラゴンは5*5だから、それよりは狭いんだと思ったが。
DM:まぁ、こいつは不完全だから3*3にしよう。さっき言っちゃったし。
ガトー:(マップを確認しつつ)こう…か、こう噴射か?
DM:…えー、何でみんなそんな位置取りしてんの? イッラー! 一歩動いて、キャプテンと…そこのピンピンしてる女!
メーア:はーい。
DM:何か俺にヤバそうな武器を持っているそこの女。
メーア:にやにや。
ヴァーチャー:ニヨニヨ。
アドン:今宵の小鉄は…
メーア:にやにやしている!
DM:(ころ)うわ。15の反応。
メーア:ピッタリで当たりました。
DM:いや、さっきのはキャプテンです。
ヴァーチャー:外れ。半減だっけ?
DM:メーアは(ころ)15か?
メーア:当たりです。
DM:わーい。1D12+3(ころ)13点! 継続的[酸]ダメージ5、AC-4のペナルティ。どっちも一括でセーヴ・終了。
メーア:一時HPが8あるので、5点食らいます。
DM:何だこの硬い女。で…ミスは何もないから、半減ダメージもない! マジで。弱いなコイツ。竜は終了。
メーア:次は酋長ですね。
DM:酋長、挟撃中じゃん。「いいぞ竜、もっとやれー!」とノリノリでアドンを攻撃。
メーア:ナメクジチャージ?
DM:おお、ソレだ。(ころ)2、チャージされませんでした。膝砕きにするか。(ころ)18AC。
アドン:20、カチーン。「ワシの筋肉はこんなモンで砕けはせんわー!
メーア:ぬおおお。
DM:酋長終わりです。
メーア:じゃ私。まずは継続ダメージを5点食らいます。で…、で、でででっでっでー♪
一同:でででっでっで~♪ でででっでっで~♪
アドン:何故そんなレベルアップ音?
メーア:いやそんな事はどうでも良くてですね
アドン:君が言ったんだ!(笑)
DM:この空気を返せ(笑)
メーア:まぁ竜を攻撃します。移動して…レイジ・ストライク!
DM:うぉ! イキナリ!
メーア:残しておいたシルヴァー・フェニックス・レイジを使って5レベルのレイジ・ストライクを使おうじゃないか。
DM:良いのかね、戦術的優位もないが
ヴァーチャー:せめてアクションポイントを使った時に!
メーア:本当だ! そうだそういえばそうだ。
アドン:何だったら自分が終わるまで待機します?
メーア:そうですね、先に動いてもらいましょう。
アドン:自分が4を潰せば。1と4をマークしつつ…ストレングス・オヴ・ストーン。くらえー(ころ)31でAC。出目が19でした。
メーア:惜しかったねぇ。
アドン:ダメージが20点。
DM:腕利き剣士が20点、重傷になりました。死にはしませんでした。
メーア:ではシフトで4に接敵。ハウリング・ストライク…(ころ)低い! 16AC。
DM:お、外れた! ふふ~ん♪
メーア:うぅ…ヒロイック・エフォートをここで使うか…いや…
ヴァーチャー:無しだな(笑)
DM:4番はキーンと弾いて、「まだその剣に慣れていないようだな」(一同爆笑)
ヴァーチャー:何でそんなかっこいいのー!? 竜語だからしっかり分かってしまった。
メーア:何、貴様この剣を知っているのかー。
DM:今目の前でそこから抜いたじゃん!!
メーア:本当だ! あったまいいー。
DM:この腕利き剣士、俺の中で今ヒーローだ。
メーア:あとマイナーが残っているので、8点の一時HPを得ておきます。プライマル・ヴァイタリティ。というわけで[酸]のセーヴは(ころ)14なので回復しました。
ガトー:うーん…どうするかなぁ。
DM:退却? 退却。
ガトー:よし、では退却する(笑)
メーア:あれ、団長はまだ行動してなかったでしたっけ?
DM:いや、悩んでるだけだ(笑)。じゃ次のラウンドだな。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック