TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2008年06月04日 (水) | Edit |
ギルバルト:せんせーっ!!(ころころ)
GM:あ、ダメかも…。
ギルバルト:(無言でダイスをひっくり返す)
GM運命キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(一同爆笑) しかもこっそり。
ギルバルト何か? 14ですけど!?(一同爆笑)
GM:ああ、負けました(笑) 攻撃どうぞ。
ギルバルトかはーんてぃーん!!
ダナンティンとか言うな
ギルバルト:何でですかー(ころころ)11。
GM:はい、抵抗無理っ。
ギルバルト:足に8点!
GM:ああ、その攻撃で足が壊れた。ぶすぶす、プスン。
ダナン:では、我々は全力で離脱。
ドートン:離脱ーっ。
ギルバルト:あ、主動作の後に補助動作って出来るんでしたっけ?
GM:モノにもよるけど、大抵できる。
ギルバルト:マッスィンガンの射程が10mだと分かっているので、ファイヤーボルト撃った後に3m下がりたいんですけど。
GM:移動は…主動作の前にしか出来ないらしい。
ギルバルト:じゃ、皆が移動した後に一人10m以内にいて、「あっつ、あっつ」って食らう可能性が。
ダナン:分かった。俺が、ギルバルトがいる後ろの11mのところまで来て、「投げ攻撃」(一同大爆笑)
GM:ええええええっ!!
ダナン:後ろに投げて万事解決(笑)
GM:ちょっと待て、投げはふっとばしじゃなくて、その場に転倒だから!
ダナン:えーっ。ダメかー。
GM:ポイ、とか放らない!!
ギルバルト:めちゃめちゃ良い案だったのに。
ダナン:ざんねーん!
GM:それは違うにしても、それに似た事が出来るのか?
ドートンパワチャ!
GMワンインチ!
ダナンどぐぉ!!
ギルバルトがふっ(一同爆笑)
ドートン:まぁそんなでもなくても、後ろから襟首掴んで「うりゃ」ってやれば。
ダナン:ルール的にそれが出来るのか、と思って「投げ攻撃」だったわけですよ。
ギルバルト:あ、失敗しましたねー。この「剣の加護」(ダイスをひっくり返すアレ)を使う時、何かカッコイイ事言えば良かったですね。
GM:言わなきゃいけないってルールにしとくか。
ドートン:今からでも何か言えば良いんじゃないですか?
ギルバルト:いや無理。
GM:「こうなる事は分かっていたさ」とか?
ギルバルト:「今がその時だ!」とか言える熱血キャラでも無いですからねぇ。「きゃっはー、ねぇさん、やっちまっておくんなさい!!
ダナン:やっべ、三下のチンピラ来たよコレ。
GM:んー、ルール的にふっとばしは…5レベルで、魔導技術で、ワイヤーアンカーってのがあるなー(一同爆笑)
ダナン:ワイヤーアンカーって!!
GM:さすがロボ。200kgまでの重さ、10mまで引き寄せる。
ダナン:すごいーっ。
ドートン:むちゃくちゃですね。
GM:全くだ。200kgを10秒で10m動かすんだよ。人間の体なんて、どこまで飛んでいくのかと。
ドートン:普通に死にます。
ダナンギルバルト、射出!!
ギルバルトおっぱぁあ!?
GM:まぁ、そんなこんなで、何事も無く…ギルバルトは射出されました(一同爆笑)
ギルバルトおっぱぁあ!!
ドートン:というわけで、食らったらキュア・ウーンズかけてやるから、そこで頑張れ♪
GM:一撃は耐えろ、と。
ドートン大丈夫、アウェイクンもある。死んでもOK♪
アイコラ:じゃ次はウチ。エネルギーボルトを…10で。
GM:抵抗は無理。
アイコラ:ダメージ10。
GM:痛ぇ。でも上の方がHPは高い。ではこっちの攻撃。10mで狙えるのは…。
ギルバルト:バラタタタタ。
GM:命中は下がってるんだぞー。8。
ギルバルト:よいしょーっ! 出目でかわしましたーっ。
GM:バラタタタ・ガガガガガっ。

GM:じゃ次のターンの先制。
ギルバルト:(ころころ)
ドートン:50点~っ!!
アイコラ:うらやましー。
ダナン:いいなー。
ギルバルト:でも命中下がってるもんねー。
GM:その油断が命取りだ! とは喋らないけど(笑)命中は10!
ギルバルト:ばぁーっ。避けたーっ。
GM:ではそちらの行動どうぞ。
ギルバルト:わたわた逃げます。
GM:逃げられたーっ! 攻撃とかしても良いんじゃないの?
ギルバルト:だって、10mしか届かないんですもん。
ダナン:攻撃したら逃げられなくなるな。
アイコラ:…ってことは、ウチだけ? 攻撃するの。
一同うん。
アイコラ:ぃいいーっ!?
ドートン:ねぇさん、ガンバ!!
ギルバルト:仕方ないなー、10mの所から攻撃「あーたー」(謎の叫び)
GM:死ぬ気マンマンの人がいるーっ!
ギルバルト:13でふぁいやぼるとー!
GM:ふんぬ! 抵抗できません!
ギルバルト:7点~。
ダナン:我々は微力ながら、その辺の石でも拾って投げつけますか(一同爆笑)
ギルバルト:頭を投げましょうよ。
GM:って投擲ルールは…って、真面目に探すな俺(笑)
アイコラ:じゃエネルギーボルトで。(ころころ)あ。9…。
GM:それは抵抗できるかも? ふりゃー、頑張れ俺!(ころころ)無理!!(一同笑)
ドートン:問題はここからだっ。
アイコラ:5の…残念、9点。
GM:もうちょいだ。
ダナン:ロープの先に「頭」をくくりつけて、「とう!(投げる)ああー(引き寄せる)」(一同爆笑)
GM:無限投擲だ。
アイコラ:ロープも12mありますしね。
GMだから、コンジャラー試さないの?
ギルバルト:では、イニシアティブ?
GM:お二人が何もしないなら。
ドートン:応援。だって、誰も食らって無いし。
ダナン:応援。さっきの投擲が認められるなら、やってみますが。
GM例えば、スパークってのは射程30mあるんですが
ダナンなんすか、ソレ(一同爆笑)
GMコンジャラー!!
ドートンはんにゃらー!!
ギルバルトほんにゃらー!! スパァァァァク!!
GM:まぁ、威力はレート0だけど。こっちの抵抗は下がってるんだからさ。
ダナン:じゃやってみましょう。2D+魔力の3で(ころころ)13。
GM:絶対当たるって、そんなん…(ころころ、出目は10)あ。
ダナン:12でしょ?
GM:ですね(笑)
ドートン:なんて目を出すんだ、この人は。
ダナン:でも威力は0レーティングなんで、…5てん。
GM:5てんでも今は痛い。あ、消費MPは6デス
ダナン6ぅ!?(一同爆笑)
ギルバルト:スパァァァク!!
GM:でももうHP一桁デス。

ギルバルト:イニシアティブですか。(ころころ)お、13!
ドートン:おおー。
ギルバルト:トドメを!
GM:ここで抵抗したら笑えるなー。
アイコラ:これが最後のエネルギーボルト!!(ころころ)えー…10。
GM:低い…けど無理!
アイコラ:回らず…11点。
GM:さすがにそれで落ちた。
ダナン:いえーい。
ドートン:さすがねぇさん!!(拍手)
アイコラ:あとMP3しか無かった~(笑)
ドートン:そう言えば、トランスファーって無くなったんですね。
GM:無かったね。MP回復するの早いから、余るだろうって計算なのかな?


GM:そんなわけで、倒されました。
ドートン:では、奥のヤツを調べてみます?
ダナン:ドロップ品を漁る?
GM:あるんだよ、戦利品。
ダナン:おお。そんなところまでアリアンロッドのパクリなんですか。
GMパク…参考にしたんですよ(一同笑) これに「12~」とか書いてあるけど、上げる要素があるんかな?
一同:さー?
GM:って、俺しかルールブック持ってないんだから分かるワケないよな。俺も聞くなって感じだが(笑)
ダナン:読んでもないですからね。コンジャラーってハンニャシンギョウの一種だと思ってたくらいです(一同爆笑)
ギルバルト:ハンジャラーホンジャラー!!
GM:今のところ12が最高なのかな。
ドートン:ここは主人公が振るべきでしょう。
アイコラ:出目低いですよ?
ギルバルト残骸を漁ってるウサギでしょ? かーわーいーーー!!
ダナン:そ、そうかぁ?
アイコラ:マジですか(笑)
ギルバルト:(何かを手に取って、小首をかしげてポイって捨てる)
ドートン:ああ、それは萌えるかも!
ギルバルト:バリかわいいと思いますよ。
ダナン:マジで?
アイコラ:とぅ!(ころころ)
一同:おおー! クリティカル!!
GM:希少な魔導部品を手に入れました。売ったら900Gで、あと自動的に20Gの鉄が手に入ります。
ドートン:では、コボルトのドロップは私が…。
GM:自動的に粗末な武器を一つ手に入れました。で、ドロップ品は何もなし。


ダナン:この、名誉ポイントってのは何ですか?
GM:ギルドみたいなもんじゃないかなー? それを使って屋敷を買ったりできるそうだから。
ダナン:もろギルドですね(笑)
GM:いい感じに参考にしてます。では、そんな感じで探索を終了して、冒険者の店に戻ります。
ダナン:ああ、その後は何も無かったんですか? アイツの奥に道があって、宝箱が置いてあるとか(笑)
GM:じゃぁ、ゲームマスターシーンで…奥の所で、「ヴン」と赤い光が灯りました。
ギルバルト:TWOじゃないですか(笑)
GMTO BE CONTINUED!(一同爆笑) そんな感じで終了でしたー。
一同:お疲れ様でしたーっ。


ダナンこれならアリアンロッドの方がいいな(一同爆笑)
GM:まぁな。
ドートン:アリアンロッドから、スキルの煩雑さをなくしたような。でも、魔法とか戦闘特技を考えると、同じくらいか。
GM:確かに。技能で出来ることが多いから、汎用っていうか。
ドートン:前のソードの方が、魔法の拡大とかは特技で必要なかったので楽でしたね。
ダナン:だな、前のソードの方が遊べたような気がする。
ドートン:魔法使い強すぎとかあったんでしょうか。
ダナン:精霊使い強すぎ。


GM:一応経験値は、1000点+ファンブルの分+倒した敵のレベル×10…ここはコボルト10点と、機械50点。
ダナンボス倒すのと、ファンブル1回振るのが一緒…(一同爆笑)
アイコラ納得いかーん!!
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック