TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2008年06月02日 (月) | Edit |
ダナン:では地下に下りましょう。
GM:では地下へ行きますと…。
ダナン:レバーがあって、レバーを倒すとクレバスが「がちゃ」って閉じる(一同爆笑)。これで通れるぜ。
GM:そんな人工的なクレバスだったんだ(笑)
ダナン:ええ、まぁ。
GM:ありません(笑)。で、下りた場所は正方形の部屋で、その部屋に地底湖がせり出していて、部屋を半分埋めています。
ギルバルト:水うまーい♪
GM:地底湖になっている方は、そこそこ広いかな?
ドートン:ランタンで照らしてみますと?
GM:向こう側の壁は見えないくらいの広さです。
ダナンシューターを持ってきて、対岸に向かってとぅ!と…。
GM動かせません(一同爆笑)
ギルバルトまさかチュートリアルシナリオで、この水に潜れって事は無いですよねー。潜ります。
アイコラ:やったー(笑)
ドートン:そこは、エルフの私に任せていただこう。
ギルバルト:すっげー、1時間も水の中にいられるんだー(笑)
ドートン:というわけで、ランタンを置いてぶくぶくぶくぶく…。
GM:では、冒険者レベルで水泳が出来ますので…。
ドートン:いや、水の底を歩いていけば…(一同笑)
GM:底を歩くのか。浮いちゃわないのかなー、エルフって。
ドートン:それで浮いちゃうなら浮いちゃうで、泳げるって事で。
GM:では進んでいくと、ここはタダの地底湖で…30分くらい歩いても
ドートンマジですか!? 30分歩いた時点で帰ります(一同笑)
ダナン:で、帰りに道に迷って、「出てこれねぇー、陸はどっちだー」
GM:何か、ぷかーって(笑)
ドートン:いや、15分も歩いた時点で帰ります。
GM:どうしようかなー、何か魚的な敵がいないかなー(笑)
アイコラ:じゃ潜っていく前に、腰にヒモ付けてあげましょう。
ドートン:よーし、ねぇさんのために頑張るぞー。
ダナンロープ3mしかないのに(一同爆笑)
ドートン:3m歩いた時点で「ぴーん」とロープが張って…。
ギルバルト:「あ」って手を放す(一同爆笑) えーっと全員の分を合わせて、12mまで行きますよねー。
GM:そういえば、水中のペナルティって調べてなかったなー。
ギルバルト:単独戦闘だ。戦えるの?
ドートン:いや…無いですよ、何も。
ダナン:戦闘技能無し来たー(笑)
ギルバルト:戦闘技能無いの!?
ドートン:無いみたいですよ、ダメージ与える魔法も無かったし。アンデッドには効くとか書いてあったような…?
ダナン:大丈夫、アンデッド出てくるから。
ギルバルトアンデッド的な魚が出てくるんですね(笑)
GM:アンデッド的な魚…。
ダナンシードラゴンゾンビとか(一同爆笑)
GM:(ルールブックで敵を調べて)アンデッド、アンデッド…いた。ゾンビ、グール…デュラハン…。
ドートン:わざわざ探さなくていいですよーって、デュラハン!?
ダナン:エルフゾンビとかいたら、水の中にもいそうだけどな。
ドートン:マーマンゾンビー。
GM:まぁいいや、何も出てこなかったということで。ここは本当に、水没した空間というだけです。
ドートン:了解、では手を放されてしまったロープを回収しながら帰っていきます。
アイコラ:なんでバレたんやろー(笑)
GM:そのロープに魚が群がってくるんだ。
ギルバルト:あ、魚はいるんですね。
GM:はい、目が退化したような魚がいます。
ダナン:で、この部屋はこれだけ?
ギルバルト:ドートンが行ってる間に、周りの壁を調べて見ます。
GM:何も無いですね。
ドートン:では、水から上がって。着ぐるみの尻尾のところが水で重くなってるだろうから、ぎゅーっと絞って。
ギルバルト:着ぐるみ着てるんだ(笑)
GM:本当に着てたんだ。
ドートン:見た目は、ぽんぽこぽんで店員が着てたような、着ぐるみスーツみたいなのです。
ダナンじゃ、うまいこと12mのロープが出来たので、これでクレバスの向こう側に行けるでしょう(一同笑)
ギルバルト:あったまいい~!
ドートン:さすがです!!
遺跡地下



ギルバルト:じゃ、クレバス飛び越えるしかないんですかねー。
ドートン:あるいは、1Fの扉を開けて水が「にゃーっ」って出てくるか。
ダナン:分かった、その扉を開けたら、地底湖から水が引いて、クレバスに溜まって、通れるようになる、と(一同爆笑)
ギルバルト:なるほどねー!! クレバスが水で溢れるから泳ぎなさいよ、的な。
ダナン:おぅ、それだ!
ギルバルト:いってきまーす!
ダナン:まぁ待て、12mのロープがあるじゃないか。ロープをドアノブにくくりつけて、遠くから引いたら水が出てきても大丈夫。
ドートン:あたまいいー!!
ギルバルト:では一人で行って来ます。皆で行くと、それぞれが判定しないといけないんで…。では調べます。
GM:解除値は14と言っておこう。
ドートン:では、我々は階段を上がった場所くらいに居ますかね
GM1F全部水没するのかよ!!(一同爆笑)
ダナン:どんな罠なんだ。…ごめん、今気が付いた。水の中平気なヤツがいるんだから、そいつにさせれば(一同大爆笑)
ドートン:いや、水かどうか分からないですよ
ギルバルト:そして、解除値14ってことは解除できるという事ですよ。ダイス目で11以上出さないといけませんが。
ドートン:大丈夫、1ゾロとかでも運命変えられるから(笑)
ギルバルト:(ころころ)あ、ダメだった。ガチャガチャ、ガチャガチャ。
GM:では、もう大丈夫と思ってドアを開けたら、ドッバァ~っと生暖かいお湯が(一同爆笑)
ドートン:温泉!!
GM:お湯はこの廊下を埋めて流れてきますが、まだまだ出てきます。ですが、部屋には溢れていきません。どこかから流れて行ってるんだろうと思われます。冒険者レベルで水泳やって、流れを確かめることが出来ます。
ギルバルト:8!
GM:では、底の方から水が抜けて行ってるようです。その辺に排水溝みたいなのがあるのかも知れない。
ギルバルト:じゃ皆の所に戻って、「ここ、お風呂でした
ドートン:では私もそのお風呂に浸かりに行って、ぶくぶく沈んで穴を探してみようと思います。
GM:扉を開けたのに連動したんだろうと思われますが、廊下の下り坂の一番下の部分の壁に、穴が出来ています。残念ながら人が通れるほどのパイプでは無いので、先はワカリマセンが。
ギルバルト:そういえば、扉を開けた先はどうなってたんでしょう。
GM:そこは地底河みたいになっていて、大きく河が流れています。その水が一部、ここに流れてきたんだろう。
ドートン:しかも温泉ですよ。
GM:しかし、この辺りに火山があるとは聞かない。この河も、半人工的に岩盤を削って出来たようです。
ギルバルトその地底の河を下って行けと言うのは、チュートリアルシナリオでは無さそうなので(一同笑)
ダナン:さすがにね。
ギルバルト:じゃ水が引いたらクレバスに行ってみますか。
遺跡1F追加MAP



GM:では、クレバスの部屋まで戻ってきました。そうすると、大方の予想通り、クレバスが川になっています。
アイコラ:おー。
GM:水が張られているので、これなら何とか泳いでいけるかな。
ドートン:では今度は頑張って泳ぎましょう。底が深かったので、歩いていくのは無理そうですし。
GM:飛び越えるより水泳の方が難易度は低いです。
ドートン:まぁ、飛び越えるのに失敗しても、ジャボンって怪我しませんから。
GM:誰かが一人泳ぎ切れれば、後はロープで引き上げれるでしょう。
ダナン:ここで金属鎧の人は大変ですよ。
ギルバルト:クロースアーマー。
ダナン:ソフトレザー。
アイコラ:ソフトレザー。
ダナン俺は服ですよ、防護点0の(一同爆笑)
GM:金属鎧無しかよ(笑)
ドートン:では、ここが一番のお色気シーンですね(一同爆笑)
ギルバルト:お色気シーンですね、サービスカット満載の。
ドートン:では、落ちても大丈夫な私が一番に行きます。えーっと、飛び越える…9。
GM:落ちました。ドボン!!
ダナン:結構難しいですね、飛び越えるの。
GM:飛び越えるのは、難易度10です。泳ぐなら7です。
ドートン:じゃ泳ぎます…(ころころ)
GM:おい!? 泳げてないよ!!
ドートン沈みました!!
ギルバルト:じゃ飛び越え(ころころ)あーっ!?(一同爆笑)
ダナン:ここで全員失敗したら、ミッション失敗ですな。
アイコラ:では…飛び越えようとして失敗。泳げました。ざぶざぶ。
ダナン:俺は楽勝飛び越えた。
ドートン:では、そこからロープを垂らしてもらって、そこらで足を付いてる私がそれを受け取って、ギルバルトに結びつける?
ダナン:向こう岸までジャンプしたら、ロープの先に「頭」をくくりつけて、(ブンブン回して)「ふんっ!」(一同爆笑)狙って投げます。そして、「あーっ」「どぐぉ」(「頭」がギルバルトに直撃)(一同大爆笑)
GM:あ、赤い帯がぁ!?
ドートン:ギルバルト、ギルバルトぉ!?
GM新しい頭どころか、新しい人生が
ドートン:とにかく、そんな感じで引き上げてもらいます。
GM:では溺れたギルバルト君は、エルフと違うので、HPに1点くらいダメージを受けといてください。
ギルバルト:死ぬかと思った(笑)
ドートン:「どごぉ」っていった石のダメージは無いんですか(笑)
ダナン大丈夫、峰打ちだ
ギルバルト:じゃ大丈夫ですね(笑)
GM:どこが峰か分からん!!
ダナン:後頭部あたりかなー。
ギルバルト:でも、さっきの泳ぐのは「運命を変え」たら、すごい良い目になるんですけどね。
GM:まぁ、ここは美味しいからあえてこのままで(笑)
ダナン:それに丸一日寝なきゃいけなくなるからな。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック