TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2011年08月03日 (水) | Edit |
タイトル


Prologue


ユガミネイ大公国、その首都ユルガン。
森と小川に囲まれた美しい都である。

レンガ:森ー。小川ー。(マップに描き加えている)
GM:描かなくて良いよー。

だが今その都に、暗雲が立ち込めていた。
ユルガン城の一室、大公の執務室で男たちが会話している。

ゼスト:このユルガンの湯も、なかなかのものだな(一同爆笑)
ギリュウ:お湯ー!
アリア:かっぽーん。
レンガ:ヤバイ、執務室の一角が風呂になった(笑)
アリア:大公、温泉卵ができております。
GM:温泉、ないから!
ゼスト:無いんだ。こんなに湯気が立っているのに。
レンガ:湯気じゃないぞ、小川だぞー!(縦向きに書いた小川が温泉マークに見えたのである)

その一人、長い銀髪を隆々とした背中になびかせたユガミネイ大公が、銀色の髭をしごきながら口を開く。

レンガ:爺さんですよね? 銀髪なんだ。
GM:爺さんです。
ミスティ:(無言でヒゲを横に向けて引っ張る)
GM:そっちに引っ張らないで下さい! 縦です。
ミスティ:こうですね。(下から上に向けて引っ張る)
GM:あごひげ。どういう湾曲の仕方してるんですか(笑)
ギリュウ:ラーメンじゃなしに、老師だ。

「スマルグ王国のアリアが、わが国へ向かっているそうです」
その声はどこか嬉しそうであったが、声をかけられた相手はそれに気付かない。
「クックック、飛んで火に入る夏の虫。あのアリアとかいう小娘を捕らえれば、この私が大陸の覇者になるのも夢ではない。その為には存分に働いてもらうぞ、ユガミネイ」
二人の近衛騎士をつれたその男は嫌らしく口元を歪ませた。
ユガミネイ大公が冷ややかな視線でそれに答える。
「…小物よのう」
内心思っても、口には出さない。
今すぐにでもひねり潰してやりたいが、それが出来ない理由がユガミネイにはあった。
ユガミネイ大公の沈黙に腹を立てたのか、男は怒りをあらわにする。
「何だその態度は。貴様の孫娘がどうなっても良いのか!」
その言葉に、今度はユガミネイ大公の方が激しく反応する。
男にいきなり詰め寄り、その額に自分の額を押し付けるかのようにして睨みつける。

レンガ:ガッ(頭突き)
ミスティ:ぬるぽ

両脇にいた近衛騎士たちが槍を突きつけるが、かまわず声を荒げる。
「貴様がワシをどう使うかは構わん。だが、ラータに傷一つ付けてみろ、貴様の首はその胴体と一生オサラバだ!」
そう言って腰の剣に手をかけた。
「あ、あの娘は丁重に扱えと厳命している、貴様が大人しくしている限り手出しはせん。…だが、それも私の気分次第だということを忘れるな」
そこまで言って、男はユガミネイからすぐに離れる。
「貴様が指定した砦で幽閉してやっているんだ、それだけでも感謝するんだな」

ゼスト:多分、ここかここですね…スタートと反対側の(笑)
レンガ:普通に考えたらそうだよねぇ(笑)

離れた事で少し落ち着いたのか、男の態度はまた横柄になった。
「さあ、ご自慢の軍隊であのスマルグの小娘を捕らえて来い!」

アリア:…ああ、ご自慢か。五十万って聞こえた(笑)
レンガ:五十万!
ゼスト:砦が7つでしょ。均等に割るとして…
GM:いや、五十万じゃないです! キッパリ否定しますが五十万じゃないです。大事なことなのでもう1回言いますが五十万じゃないです(一同笑)
レンガ:良かった良かった。

男の嫌らしい笑みを背に、ユガミネイ大公は退室する。
残された男は相変わらず下卑た笑いを浮かべ、グラスにワインを注ぐ。
窓の外には、はるか地平の彼方まで森が広がっていた。

アリア:えっへっへっへ。
ミスティ:あっはっは。
ゼスト:ゲスゲスゲスゲス。
ギリュウ:下卑た笑いなら得意ですよ。ィーヘッヘッヘ。
GM:方向性はちょっと違うんだけど。
ギリュウ:シリアスシリアス。
ゼスト:さっき、風呂の中に入ってるのに何で腰に剣差してるんだろうって素で思った(一同爆笑)
GM:温泉を引っ張らないで下さい! 温泉ないですから!
ゼスト:いやいや、素で思っちゃったんで(笑)
GM:あと1行で終わりますから!

男はその森を見ながら言う。
「ヴァーダント・フォースのお手並み拝見といこうか」

GM:と、まぁこういうプロローグです。ではこの次に、ハンドアウトを読んでおこうかな。
レンガ:ハンドアウトの後に成長報告といきますか。
GM:うん…そうする?
レンガ:成長報告いらないなら、それで良いですけど。
GM:トレーラーの方が先が良いかなー?
レンガ:普通はトレーラーが先ですね。まぁ、さっきのでだいたい今回のシナリオの中身は分かったんで。
ギリュウ:そうですね。
レンガ:ラータちゃんを助け出して、アリアの格好をさせて、「捕まえました」ってやって、「ははは、ユガミネイ大公、これを見ろ」ってカツラを取る。「しまった、ワシの孫娘を捕まえてしまったー」(一同笑)まぁそれはそれで問題解決だから良いか。
アリア:でも、ラータの方が5歳ぐらい上って話でしたからね。お姉さんです。
GM:年齢は書いてなかったかな。少し上です。
アリア:少しか。
GM:好きな年齢差で。
アリア:じゃ5歳上で。19歳。
ミスティ:(マップを見せて)リプレイ書く時に良いかと思って、地図上に便宜上アルファベットを振りました。
アリア:おお、ステキ。今までなかったのが不思議なぐらい。
レンガ:(見て)全部通して番号の方が良かったけどな(笑)。まぁこれはこれで良いだろう。何もない中継ポイントが1~3。
ミスティ:そうした方が良かったかな。何もないのは3個しかなかったですね。□が砦です。町も3つです。
レンガ:砦が7つ、町が3つか。あとスタート地点。
アリア:砦が無駄に多いな。
GM:まぁ、本来ならもっと小さな村とかがあるにはあるんだけど、今回のシナリオのポイントになる所はそれだけ、という便宜的なモノです。
レンガ:だな。
GM:では一応、今回予告を読み上げておきます。



今回予告

 ふかぁ~いふかぁ~い森の中。
 大公国を頼ってやって来たアリアたち。
 でもぉ、そこに立ちはだかったのは、
 ぁぜか帝国に味方する、大公国の軍隊だった~。

 なぜ? どうして? 困惑するアリアたち。
 そんなアリアたちの前に、
 すて~きな踊り子の人形を抱えた、
 すて~きな吟遊詩人が現れて、
 すて~きな物語をつむぎ始める…。


アリア:コイツは倒して良いんじゃないかな(笑)
レンガ:それはまだちょっと(笑)
ゼスト:コイツ倒したら身代わり人形ドロップしないですかね。
レンガ:なるほどねぇ。

 どぉ~んな物語なのか、楽しみだねぇ~。
 アハ、アハハ、アハハハハ。


ミスティ:こ、これは…。
アリア:やっぱり倒して良い様な気が。

 それでは「アリア戦記」第二話

   「アリア、美しき森の国を解放せんとする」

         はじまりはじまり~。


レンガ:はい。…いや、俺ね、絶対大公国に行って「協力してよ」って言ったら、「妖魔と戦ってるんで無理ですよ」って言われて、「じゃ妖魔倒すの手伝うから、協力してよ」って妖魔を倒すシナリオだと、勝手に思ってた(笑)。全然予想と違った!
GM:ごめんなさい、超裏切ってた。
レンガ:いやいや、こっちが勝手にそう思ってただけなんで。
ミスティ:腐海から蟲が出てくる。
GM:ふか~い森です! じゃ、ハンドアウトを一応読んでおきます。



ハンドアウト

アリア用ハンドアウト
 コネ:ラータ  関係:幼なじみ

ユガミネイ大公国に入るのは、8年ぶりぐらいだろうか。
ユガミネイ大公の孫娘のラータとはよく一緒に遊んだものだった。
ラータの方が少し年上で、はきはきとした頼れるお姉ちゃん、といった感じだった。
今は、どうしているのだろうか?

レンガ:片道3ヶ月ぐらいかけて(笑)
アリア:うん…やっぱり19歳はやめましょう、ちょっと嫁き遅れです。17にします。
GM:嫁き遅れ(笑)。はい。

桜朧公用ハンドアウト
 コネ:ジーメッサ=ユガミネイ大公  関係:旧友

キミはかつて、大公になる前のユガミネイとともに、妖魔退治の戦いに参加したことがあった。
そのときの彼は勇猛で、荒々しく、だが、愛国心に満ちた男だった。
それがなぜ、帝国に味方し、我々に立ちはだかるのか?
何か裏がありそうだ。

レンガ:愛国心…あやしいな。
GM:国の為に妖魔退治を頑張ってた、って感じです。
レンガ:はい。最初に表を見せられたけど、実はそっちが裏だった(笑)

その他の方々用ハンドアウト
 コネ:ヴァーダント・フォース  関係:うわさの常勝軍

ヴァーダント・フォースの名はこの大陸に知れ渡っている。
かつて、妖魔の長を倒した大陸最強の軍隊だ。
今も、その妖魔の長の残党と戦い続けていると聞いていたが…。
剣技にも魔法にも長けているあのヴァーダント・フォースが、なぜ帝国軍に屈したのか?
いずれにしても、これは厳しい戦いになりそうだ…。

GM:今回もまとめちゃいました。
レンガ:かわいそう。
ギリュウ:大丈夫です。
アリア:関係:うわさの常勝軍って…聞いたことがあるだけだ(笑)
レンガ:知っているのか、ゼスト?
ゼスト:ああ、聞いた事がある。
ミスティ:民明書房に載っていそうです。
アリア:そういえばGM、すごく昔の話を聞くんですけど…コメント欄に歴史を書いた時に、「妖魔の王」と「妖魔の長」っていうのがいたんですが、アレは別物?
GM:ごめんなさい、一緒です。脳内変換してください。
アリア:ですよね。二人いるー? とか思ってしまった。
レンガ:それだと大変な事になりますぞ。
ゼスト:ふっふっふ、妖魔の王を倒したところで良い気になっているようだが、私が妖魔の長だ!(一同爆笑)
レンガ:王より長の方が上かよ!
ゼスト:社長より会長の方が上みたいな感じ。
アリア:オーサ! オーサ! っていう。
レンガ:石仮面が出てくるからやめなさい。



GM:ではレベルアップ報告を。
アリア:アリアです。CLは9になりました。フェイト、装備変わらず。セージにちょろっとなって、《エンサイクロペディア》だけ取ってきました。フォーキャスターになって《キャスリング》《グランドマスター》を取りました。《アンパッサン》は取りませんでした。
ゼスト:うむ。
アリア:バードになって《ジョイフルジョイフル》、あとはアコから《フェイス:ダグデモア》を2レベルに。以上。
レンガ:2D振り直せるんだな。三回だっけ?
アリア:はい。
ゼスト:SL個まで、三回。
アリア:あと、生命の呪符を全員分買いました。
GM:了解です。

レンガ:レンガです。サポートクラスをドラグーンにして、取ったスキルが《イモータルブラッド》、そして《アラウンドカバー》。
GM:死ねるぜーってなったんですね。
レンガ:うん。まぁ《ラストアクション》を持ってても、その後死にっぱなしじゃぁアレなんで。
GM:確かに。
レンガ:装備は変わらず。生命の呪符を買って終了。
GM:了解です。
レンガ:前回、《アラウンドカバー》があったら結構良かったなーと思ったので。
GM:今回は結構活躍するのではないかと思います。
レンガ:本当は《フォートレス》を順調に上げたかったんですけどね。

ミスティ:じゃ僕が行きますね。ミスティです。ん? (ネックレスが)…切れた。
アリア:不吉な!?
レンガ:死んだな。死亡フラグを立てるんだ(笑)
ミスティ:(笑)レベルが15から16になりました。スキルは《ブルヒット》。前回マイナーでやる事が何もなかったので、ダメージの底上げ。あと折角ダンサーなので、《エンカレッジ》を取りました。以上です。

ギリュウ:ギリュウです。クラスは変わらず。Lvが1上がりました、フェイトが1上がりました。《スナイピング》のレベルが3になったのと、《フェイドアウェイ》を取りました。以上です。
GM:これで「接敵されたぁ~」って泣かずに済むワケね。
ギリュウ:うん。

ゼスト:えー、ゼストです。《レイジ》追悼記念(※)で1レベル取ったのと、《フルスイング》が2から3になりました。
レンガ:順調に強くなったね。
GM:これで三回振りかぶれるようになったね。
ゼスト:です。
レンガ:振りかぶってぇー…はぁー(力を抜く)っていう(笑)

※《レイジ》追悼記念
 ちょうどこのセッションの前日ぐらいに、アリアンロッド2Eが発売された。
スキルがかなり変わっており、《レイジ》は刀専用、ダメージ最大+30点、更に使ったら刀が折れるという、現在とは比べ物にならない性能になってしまった…。
最後の輝きを、今。



GM:さて、ギルドスキルはさっき言ってたので良いですか?
レンガ:結局、ギルドレベルは上がらず9レベルのままなので…でも俺が17レベルになったので、17レベル分持って行ける。
GM:はい。
レンガ:《再行動》5、《修練:器用》5、《GH:クローゼット》3、《蘇生》《祝福》《限界突破》《陣形》と。これで17レベルです。
GM:《耐性:重圧》は、今回はなし?
レンガ:なし。重圧が来たら「皆頑張ってー♪」。あと《目利き》もないので、ドロップ品も2Dで。
GM:ファイナルアンサー?
レンガ:…やめますか、やっぱり(笑)
アリア:でも3レベル置いて行かないと、《耐性》取れませんからねぇ。
レンガ:重圧はともかく、《目利き》は欲しいじゃん(笑)。重圧は俺らがかばって《インデュア》って言えば済む話だ。
GM:《インデュア》持ってる人っていなかったっけ?
レンガ:俺が持ってます。
ミスティ:(挙手)
GM:まぁ《インデュア》持ってる人がいれば、最悪大丈夫か。
レンガ:《カバームーヴ》もあるし、カバーは完璧でしょう。範囲攻撃なら俺が《アラウンドカバー》ですし。
GM:《アラウンドカバー》って、SL回?
レンガ:いや、1シーンにSL+1回。1レベル持っとけばまぁまぁ、って事になりましたが、その代わりに弱くなりました。《カバーリング》と同じで、全員分の1発と、自分の分の1発で合計2発食らう事に。前(スキルガイド発売前)は1発で済んでたんですけどね。だから微妙に使えないスキルに(笑)
アリア:それでも十分強いよ。
レンガ:まぁ1レベル持っとけば十分だろう、こんなスキル。
GM:じゃ、たいがい喋ったけどオープニング(笑)


アリア キャラ絵(陽)◆プレイヤー名 みにら
◆キャラクター名  アリアフルマージュ=ヴァルスマルグ(通称アリア)

年齢:14   性別:女   髪の色:薄い金 / 瞳の色:青 / 肌の色:白
身長:144cm 体重:36kg

■最終クラス アコライト/バード(9Lv)

アリア キャラ絵(みにら)■出自 始祖の紋章(ヘイスト取得)
■境遇 大きな夢
■運命 試練の連続

■ステータス
筋力 3 器用 4 敏捷 2 知力 8 感知 5 精神 4 幸運 6

最大HP 60 最大MP 61(+90)
フェイト 7
物理防御15  魔法防御21  行動値8  移動力:13m

■スキル
ヒューリン
 ハーフブラッド(ドラゴニックシンボル)
アコライト
 ヒール:1 プロテクション:5 ヘイスト:1 フェイス:ダグデモア:2
ダンサー
 ダンシングヒーロー:1 ダンスマカブル:5 エントリーマカブル:1 パフォーマンス:1
サモナー
 ファミリア:1 クウェリィ:1 ガーディアン:1
セージ
 エンサイクロペディア:1
フォーキャスター
 スタンドバイ:1 キャスリング:1 グランドマスター:1
バード
 ディスコード:1 ジョイフルジョイフル:1


■装備
セレスチャルシールド、オリハルコンの髪飾り、ガードローブ、トラベラーズマント、幸運のペンダント

■所持品
小道具入れ(筆記用具、折り畳み梯子 余3)、バックパック(冒険者セット)、ベルトポーチ(毒消し×2)、古代竜の牙、楽器、ハイMPポーション3、アニマルメッセンジャー2、耐毒符、生命の呪符

残金 9235G




レンガ キャラ絵◆プレイヤー名 陽
◆キャラクター名  レンガ=クラウド=ダイカンザクラ

年齢:見た目20前後   性別:男   髪の色:黒 / 瞳の色: 黒 / 肌の色: 黄色人種
身長:高い  体重:激重い

■最終クラス ナイト/ドラグーン(17Lv)

■出自 特別な血統(インタラプト取得)
■境遇 遂行
■運命 勝利

■ステータス
筋力 10 器用 9+2 敏捷 4 知力 3 感知 3 精神 11+4 幸運 3

最大HP 119(+50) 最大MP 85
フェイト 5
物理防御50(+12)  魔法防御52(+12)  行動値9  移動力:14m

■スキル
出自
 インタラプト:1
ヒューリン
 ハーフブラッド(ランパート)
ウォーリア
 ボルテクスアタック:1 アイアンクラッド:1 オートガード:1 ソードマスタリー:1 シールドスラム:1 カバームーブ:2 プロボック:1
モンク
 インテンション:1 トリプルブロウ:1 ペネトレイトブロウ:1 マインドアデプト:1 アイアンフィスト:1 インデュア:1 コンフロントマスタリー:1 ソウルバスター:1
グラディエーター
 サヴァイブ:1 クラン=ベル・スタイル:5 アンブレイカブルボディ:1
ガンスリンガー
 キャリバー:1 カリキュレイト:1 フェイドアウェイ:1 ラストアクション:1
ハイランダー
 アブストラクター:1 アブストラクターマスタリー:1 ツインギミック:1 ハイスピード:1 インテリジェンス:1
ナイト
 ファイナルガード:1 インヴァルネラブル:1 ファイナルガード:1 フォートレス:3 アラウンドカバー:1
ドラグーン
 イモータルブラッド:1


■装備
カットラス、クマーラの盾、豊穣の花冠、太陽の腕輪

■所持品
毒消し、万能薬、冒険者セット、生命の呪符

残金 2845G




◆プレイヤー名 秋野
◆キャラクター名 ゼスト=テンペスト

年齢:28   性別:男

■最終クラス ウォーロード/サムライ(16Lv)

■出自 隠れた才能(フェイント取得)
■境遇 遺言
■運命 闘争

■ステータス

筋力 11 器用 11 敏捷 5 知力 3 感知 3 精神 7 幸運 3

最大HP 171(+50) 最大MP 69(+100)
フェイト 5
物理防御30  魔法防御15  行動値5  移動力:10m

■スキル
出自
 フェイント
ヒューリン
 コンバットマスタリー
ウォーリア
 ボルテクスアタック:1 バーサーク:5 クールランニング:1 スマッシュ:1 カバーリング:1 カバームーヴ:1
ガンスリンガー
 キャリバー:1 ガンパード:5 キャリバーマスタリー:1 ラストリゾート:1 ファニング:1
サムライ
 トルネードブラスト:1 ストライクバック:1 ショットバック:1 ディフレクション:2 レイジ:1
モンク
 インテンション:1
ダンサー
 ダンシングヒーロー:1
サモナー
 ファミリア:1
ウォーロード
 アームズロジック(魔導銃):1 オーヴァードライブ:1 ハイパーゲイン:1 バトルコンプリート:1 グレートバースト:1 バーストスラッシュ:1 フルスイング:3 ストラグルラッシュ:1 ファストセット:1

■装備
キャリバー、バトルバックラー、不沈の冠、カオスアーマー、ファインポイントアーマー、女神のネックレス

■所持品
冒険者セット、ハイHPポーション2、ハイMPポーション2、生命の呪符

残り経験点 0点(消費1100点)
残金 825G




◆プレイヤー名 桜翔
◆キャラクター名  ミスティ=リードランド

年齢:21   性別:女   髪の色:ブラウン / 瞳の色:濃緑 / 肌の色:白
身長:163cm

■最終クラス パラディン/ダンサー(16Lv)

■出自 始祖の紋章(ヘイスト取得)
■境遇 遺言
■運命 忠誠

■ステータス

筋力 6 器用 9 敏捷 8 知力 4 感知 3 精神 16 幸運 3

最大HP 90(+50) 最大MP 105(+100)
フェイト 5
物理防御33  魔法防御42  行動値15  移動力:20m

■スキル
ヒューリン
 オールラウンド
一般
 トレーニング(精神):1
アコライト
 ヒール:1 プロテクション:5 ホーリーウェポン:1 ホーリーアーマー:1
モンク
 インテンション:1 アイアンフィスト:1 コンフロントマスタリー:1 ペネトレイトブロウ:1 トリプルブロウ:3 ソウルバスター:1 インデュア:1 マインドアデプト:1
シーフ
 ファインドトラップ:1 バタフライダンス:1 インタラプト:1
ウォーリア
 ボルテクスアタック:1 プロヴォック:1
サモナー
 ファミリアー:1
ダンサー
 ダンシングヒーロー:1 アヴォイドダンス:1 エンカレッジ:1
メイジ
 マジックフォージ:1 マジックブラスト:1
パラディン
 レギリアス:1 エクソシズム:5 ヴァニシュパワー:1 ワイドプロテクション:1 グレイスフォース:1 シャインストライク:1 ブルヒット:1

■装備
デュエルナックル、ファインバックラー、サークレット、ガードローブ、豊穣の花冠、竜鱗の首飾り

■所持品
冒険者セット、コンビネーションリング、ハイHPポーション3、ハイMPポーション3、生命の呪符

残り経験点 0点(消費1100点)
残金 3400G




◆プレイヤー名 K林
◆キャラクター名 ギリュウ

年齢:42   性別:男  髪の色:灰 / 瞳の色:黒
身長:179cm

■最終クラス スカウト/ガンスリンガー(17Lv)

■出自 滅んだ民族の血(ホーミングヒット取得)
■境遇 死神
■運命 渇望

■ステータス
筋力 3 器用 12 敏捷 8 知力 3 感知 11 精神 4 幸運 4

最大HP 101 最大MP 89(+100)
フェイト 
物理防御11  魔法防御4  行動値25  移動力:30m

■スキル
出自
 ホーミングヒット
ヒューリン
 コンバットマスタリー
シーフ
 ファインドトラップ:1 インタラプト:1 バタフライダンス:1 フェイント:1
サムライ
 トルネードブラスト:1 アーマーブレイク:5 トゥルーブレイク:1 コンバットセンス:1 ファーストストライク:1
レンジャー
 ブルズアイ:1 ボウマスタリー:1 スピードショット:1 アローシャワー:1 ダブルショット:1 ダイレクトヒット:2 クイックアクション:2 ディスアピア:1 シュアショット:1
ダンサー
 ダンシングヒーロー:1 エンカレッジ:1
シャーマン
 ディビレテイト:1
ガンスリンガー
 キャリバー:1 カリキュレイト:1 スナイピング:3 フェイドアウェイ:1 
スカウト
 インターフィアレンス:1 ストレイトショット:1 アキュレイト:1 スピリットブレイク:1 ハードラック:2

■装備
雷鳴の弓、蝶の帽子、千眼の衣、クイックバンド

■所持品
リンメルの矢5、飛翔符、理力符、生命の呪符

残金 2335G
関連記事

コメント
この記事へのコメント
キャラシーアップしました
すっかり忘れてたわ(゚Д゚;)
2011/08/22(月) 14:56:41 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック