TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2011年07月22日 (金) | Edit |


▼第3サイクル▼




GM:サイクル開始時に、茂さん。
砦:はい。
村雨:何か来た(笑)
GM:<意志>判定を
水原:【精神】は2か。
村雨:侵蝕率で1D増えてるから、3Dですね。
フォートレス:なら目があるな。
GM:<意志>のレベルを上げても良いよ。難易度は8。
フォートレス:ちゃんと<意志>って言ってあげるんだ。キャラシーのぞきこんで「2D振ってくれんかな? 達成値だけ教えて」(笑)
GM:かわいそうなんで。
八剣:これはひどい!
GM:こういう事も起き得るだろうなと。
村雨:<意志>のレベルは0ですか。いくらか上げた方が安心ではあるけど…。
水原:1レベル上げるのに2点必要。最初にもらった5点で、2レベルは上げられる。
砦:まぁ、2レベル上げましょう。自分、残り経験点10点あったので。3D+2で何とかなるでしょう。よっ(ころころ)
GM:うわ
水原:なってな…
村雨:4・4・3。
砦:6で。
GM:なってない。えー、本文は読まないけど、ほぼ公開だな。誰かの声がする。心の奥底から沸き起こる衝動…身を委ねるべきか。そう、心まで機械となって。解除できない暴走状態になって下さい。
砦:あー。
村雨:暴走したー(笑)
フォートレス:もう遅い。
村雨:衝動は?
砦:「憎悪」。
赤澤:憎たらしいー、皆はなたらしいー
村雨:はなたらしい!?
GM:(八剣に)この状態で、使ってあげても良いですよ。
八剣:使ったらどうなる?
GM:人に秘密を知られた、という情報がなくなります。GMが30出さないと、さっきの意志判定がなくなります。
八剣:なるほど。まぁ面白そうだから、このサイクルは通そう。余りにも大惨事になるようなら考える。
GM:なので、笛が吹かれている状態です。
砦:はいはい。
GM:オートアクションが使えません。カバーリングもドッジもできません。
八剣:でも、暴走だけ?
GM:はい。今の所。
八剣:まぁ優しいな。
フォートレス:クライマックスでは…ですよ。
八剣:ああ、そっか。最悪、クライマックス戦闘で××ってやったら△△ってなるな。
GM:クライマックス戦闘に入った時点で、終わってます。
八剣:ああ、じゃ「次がクライマックスで」って言われた瞬間「××!」ってやれば良いな。
フォートレス:何というか、俺がこれ食らってたら俺の昨日の睡眠時間返せって感じだ。
八剣:本当だな(笑)
GM:では改めて、3サイクル目スタートです。
フォートレス:普通に始まっちゃいましたよ
八剣:あと1日は大丈夫だ!
GM:いえ、1サイクル1日じゃないです(笑)。まだ何時間しか分かってない。
フォートレス:分かってる、何故か3サイクル終わったら夏休みなんだ。
八剣:研究所内を3日間さまようのは無いわ(笑)
村雨:はらへったぁー…。
フォートレス:ということは、翌日が第4クォーターなんで、腹減りますよ。(※迷宮キングダムのシステム)
八剣:本当だ。



◆Middle16◆  ――水原透

水原:誰も先にしないかな。なら俺から行きます。
フォートレス:そろそろ何もやる事が無い人が出てきそうなので、俺の【秘密2】の目標値を5にします。6に届かなくても、【秘密2】だけ教えてあげるよ(一同爆笑)
八剣:微妙に優しい。
GM:そういうのもアリですね。
水原:登場(ころ)3、侵蝕率が60に届かない。
GM:後で《ジェネシフト》って言えば。
水原:ここは…余りロイスを結んでないけど。1回進みます。ドッジで。
八剣:うーん…。
GM:【秘密】が分からないから困るんですよね(笑)。
水原:《見えざる僕》を使って<RC>で判定します。(ころころ)27だから3歩。
GM:誰を進めてあげますか? この辺から結構重要ですね。あ、先に言いますね。単独してます。他の人との絡みは正直ないので。
水原:だよね。
GM:(水原の【秘密2】の紙片を指し)これで完結します。
フォートレス:そういえば、NPCの【秘密】もあったな。
GM:“バインドスワロー”は、一人だけ見てますね。
八剣:俺たちは高須を見たぞ。投げ捨てた。あれは見る必要ありません
フォートレス:そうか。
赤澤:いや、高須さんめっちゃカッコイイですよ。
水原:全員進めちゃおう。皆通過させよう、碧さん以外。
GM:切ねぇー。
水原:NPC進めても、余り問題なさそうだけどね。
GM:進めてあげると、最後に一人トップを取って「おいしいー」って言う可能性はありますから、置いといた方が良いですよ。
水原:じゃ、2回目の行動だけど…。
八剣:レンジ2だな。<白兵><射撃><交渉>、-2D。研究員から資料を奪い取れ!
水原:【精神】がない。…研究員がいるんだな。
村雨:私が判定して一緒に進めるので、ここは私の延命方法を調べて下さい(一同笑)。…あ、言っちゃったよ!
水原:それがあったな。すっかり忘れてた。
村雨:お願いします。
フォートレス:余命1年。
GM:余命1年はオープン設定でしたね。
水原:<知識:レネゲイド>だったな。ここは-2D来るの?
GM:いえ、来ないです。
水原:じゃ(ころころ)クリティカルしてるんでOKです。
GM:えー…ロイスの力を込めたものを賢者の石に注入できれば。要するに、さっきの【感覚】系のものを知識的に説明してますけど。
村雨:ロイスの力を込めたもの?
GM:ヒントとして言っておくと、タイタスを昇華して攻撃するというのは、タイタスの力ですよね。
村雨:うん。
GM:ロイスの力を使ったものを、賢者の石に注入できれば。
赤澤:なるほどね。そっか、わかった。
村雨:私わかんない(汗)。
赤澤:後で話す機会があれば、僕の考えを述べよう。これで三つ出ましたね。…それをするのに道具とか何かが必要なのか。
砦:それが自分の中にある賢者の石なのでは。
フォートレス:【社会】で最後振ったら、「金の力で何とかすれば良いんじゃない」(一同爆笑)
八剣:それはひどい!
GM:一応、さっき書き加えた茂専用のもあったんですよ。「人体改造」とか(笑)。まぁ、クライマックス前に情報を整理して考える時間をあげますんで。
村雨:あ、はい。…と言っても、書いたのは「体の神秘に期待」「賢者の石を活性化」「ロイスの力を込めたものを賢者の石に注入」。
GM:ルールブックをざーっと読んでいったら、方法が分かるっていう。
村雨:まぁプレイ中にルールブックを読み込むのもどうかと思うんで、やめときます。
赤澤:PLとしては分かったけど、PCは分からないだろうなーっていう状態(笑)



◆Middle17◆  ――砦茂

八剣:次は我らが茂だな。
GM:茂、ちょっとハイになってます。
砦:衝動が「憎悪」で、社会を憎悪しています。世の中の全てが憎くてたまらないので。
村雨:茂、置いていけば良かったな。
砦:どうして俺だけがこんなに置いてけぼりなんだ!(一同爆笑)
村雨:今は置いてけぼりじゃないですよ!
赤澤:被害妄想まで発症した。
水原:分かった分かった、じゃ置いてきた事にするよ(笑)
砦:…で、この状況でどうしよう。
村雨:どんどん進めりゃ良いんじゃないですかね。
赤澤:どうして俺だけバイクに乗ってるんだ! このバイクが憎い!
八剣:そこは別に良いじゃん。
赤澤:一番理屈にかなうのは、「どうして俺だけこんな服装なんだ」
水原:違う、「どうして皆着ないんだ!」
赤澤:そっちですね(笑)
村雨:あ、今更だけど自分の【秘密2】調べれば?
砦:ああ…GM、コレ(【秘密1】のアイテム)呼ぶのもオートアクションですよね?
GM:ああ、オートアクションです。
砦:呼べねぇ!
八剣:それはひどい。
GM:ちなみに、ロイスを1つタイタスにして昇華すれば、不利なバッドステータスを解除できるから、しても良いよ。
水原:マイナーアクションで解除。
村雨:できないらしいですね。
GM:いやらしいでしょ。こんな【秘密】、彼にしか渡せないでしょ(笑)
砦:自分のことながら、段々気になってきたじゃないですか。
フォートレス:自分のことだから気にしようよ。
村雨:調べようよ。もう手遅れかもしれないけど。
赤澤:今は皆が憎たらしくて、それどころじゃないんじゃない?
村雨:最後に回ります?
砦:いや。「どうして、どうして俺だけがこんな目に遭うんだ! 俺に何か、特別な秘密があるのか」って調べます。
赤澤:なるほど。
村雨:明らかにあるよね(笑)
赤澤:こんなこと言うのも何だけど、今頃気付いたのか(一同爆笑)
フォートレス:うっかり目標値を下げずにやって失敗する(笑)
GM:いえ、自分の【秘密2】は目標値6です(笑)
砦:OKOK。【社会】2と、侵蝕率、<情報:FH>が2レベルなので。(ころころ)成功。
GM:馬鹿め、手遅れだ!(渡す)
砦:ああ、知ってたさ!
GM:一番最初に自分で調べて、人に知られないように「難易度∞」って言い続ければ良かったんです。
赤澤:あ、僕と一緒の系統かな。
砦:(読んで)…なるほど。はい、わかりました。
GM:なので、そこで<意志>判定があったわけです。
砦:そりゃね、これは<意志>判定いるよ。
八剣:無しの方がひどい(笑)
水原:何だこの声は、俺にこのTシャツを脱げっていうのか!
砦:ビリビリビリーって破いたら、下に七つの傷がある。
GM:Sの字が!(一同爆笑)
村雨:S字型に七つの傷があるんですね(笑)
砦:やっぱりSか!
GM:もう1行動は?
砦:今更誰かの【秘密】を調べてもなぁー。高須先生はもう良いか。
村雨:あれはいらんよ。
赤澤:あれは良いよ!
村雨:いや、あれを調べたら衝動判定をさせられるかも知れない。
赤澤:暴走ー。憎くて仕方ない。いや、あれを【秘密】にしたって所がすごい。
村雨:かっこいいね。【秘密】にはたまにはそういうのがないとね。
八剣:今回良いバランスだな。ちょうど良い所でハズレが出てくる(笑)
村雨:まぁ、NPCはハズレって聞いてましたけど。
GM:いや、NPCね。今の状況になったら、碧ちゃんはハズレじゃないよ。
村雨:あ、そうなんだ。
八剣:ふーん。
村雨:同じ流れなら、碧さんのも投げるかと思った。
GM:同じ流れじゃないよ。
フォートレス:違う流れだけど、投げる。
GM:でも、ただ…まだ碧ちゃんのロールプレイをしてないんですよ。演出してないから。誰かがシーンに出してくれたら、その流れでやろうかなって思ってたら、結構スルーされてる。自分、進むの必死で追いつけない! って状況でした。
村雨:どうしようか悩みますね。
八剣:最終的に、敵味方を判断するのが難しい。説得して味方になるようにした方が良いのかな?
赤澤:裏切れよ、オイ(チンピラ)。
村雨:ここを出るまでは共闘って形でしたね。ん…まぁ次の私のシーンで出します。
GM:はい。
フォートレス:馬鹿め、お前の侵蝕率を上げただけだ(一同爆笑)
GM:ニヤ!
村雨:碧さんの侵蝕率は管理してるんですか?
GM:いや、しようかと思ったんだけど、ジャーム化したらゲンナリするからやめてって言われたんで、今の所一律になってます。ここまで来たらここまで上げる、って。最終的に攻撃を受けたらロイスを切りますんで、残った分でバックトラックをします。3倍振りまでできるんで、よほどの事がないかぎり帰って来るでしょう。

砦:じゃ、もう一つの行動で《コンセ》《アームズリンク》で<白兵>で進めます。33。
GM:4歩行ったから、クリアー。さ、誰を連れて行くんだ? 最後のステージだ。
砦:自分の【秘密】のアレもあるので、PC全員連れて行きます。
GM:これは損だよ?
村雨:(レンジ1オープン)最後は<意志>。修正0、襲い来る衝動に打ち勝て!
水原:意思? 衝動?
村雨:意思かー。
GM:これは、皆打算的になってきますね。誰が行くんだよ、って。
八剣:つまり、この間にこれからの身の振り方を相談しろ、という。
村雨:そうですね。ここは進むのやめて、調べようかな。
赤澤:進むなら皆で進んだ方が良いですね。
GM:いや、最後だけはみんなでドーンはできないです
村雨:そうなのか。
GM:クリアーに行けるのは一人だけです。
赤澤:でも、ここはチームだから誰か一人が到達できれば…って考え。でもみんな【秘密】があるからな。
水原:君の【秘密】を知った以上、それは良いのかな? になっちゃうからな。その先は知らないけど。俺の想定しているのは八剣さんなんだけど。
八剣:それはどうかな?
水原:俺は自分の【秘密】も開いてないし、まだやる事は一つだけはある。
八剣:とりあえず、全部【秘密】は開いた方が良いかな。
水原:それを俺ここでやる。
八剣:まぁ、次は村雨か?
村雨:ですね。
GM:しかし…全員到達させやがった(笑)。これは読めないですね。
八剣:まぁ、分からんって。
GM:全員一気は悔しいですね。



◆Middle18◆  ――村雨和秀

村雨:では、最初は碧さんに登場してもらって、【秘密】を調べます。(ころ)侵蝕率は2、62。
GM:どうぞ。
村雨:<情報>…FHじゃダメか(笑)
GM:良いよ。
八剣:<情報:UGN>で。ねーよねーよねーよ(笑)
GM:これがね、一番簡単だったんですけどね。
村雨:(ころころ)8、成功です。
GM:これ…違う、これ高須だ!
フォートレス:見たよ! 知ってるよ!
村雨:投げますよ!
赤澤:高須さんと同じ事が碧さんに書いてあったらビックリしますよ。
八剣:そりゃな!
村雨:(読む)…一人・一人・一人、って書いてあるのは、3つってこと?
水原:そこが俺も分からんかった。
GM:違う違う。一つ持ってる。誰にするか。対象を決めなくて良いって書いてある。
村雨:いや、三つ書いてあるから、三つ取れるってこと?
GM:いや、三つ取れない。
村雨:? どういうこと?
GM:(ルールブックを見て)ここに、「その対象はセッション中に決定して良い」って書いてあるんですよ。候補が、僕のスタート時点で三人いたので三人って書いてるんですよ。でも、シナリオ始まった時点で候補が二人になったんで、一番下は消しといてくれたら良い。
村雨:ああ。
砦:何か見られた気がする。
村雨:あ、これはつまり一人なんですね? いっぱい書いてあるけど。
GM:うん、気になる人が三人いる内の、一人が消えたから、二人。
村雨:そういう事を聞きたかったんじゃなくて、こういう書き方してるけど、最終的には一人を決める、って事なんですね。
GM:そうそう。
村雨:では(秘密を返す)
八剣:それは流してくれないんだ(笑)
村雨:あ、そうか。別にどっちでも良かった。流そうか。
八剣:俺らの手番が1個減る。
赤澤:じゃ僕も。
GM:八剣さんが見たら「何だこのヤロー」って思うでしょうけど。
八剣:いやいやいや。はいはいはい。…これって何だっけ?
村雨:私もそう思った(笑)
水原:で、これをこの子が持ってて、果たして「…ん?」になるわけで。
GM:はい、このページ(ルールブックを村雨に渡す)
村雨:あ、ありがとうございます。ン~ン~ン~↑♪
八剣:俺も…あ、インフィニティコードか。あったなぁ、英語で読み仮名が当たるヤツ。
水原:バレバレだ。
村雨:(読んで)ふーん…? はぁ。
GM:ここだけね、一応DXっぽくしてるんです。
村雨:絆と裏切りの。
八剣:確かに、これは俺がオシャカにすることはできるな(笑)。いや、しないですよ。
GM:…っていうのが分かった。という状況で、一人遅れてる碧さん。
村雨:はい。
GM:すでに到達しているのを見て、諦めたかのように。
フォートレス:もうだめだー。
GM:「さすがのチームワークね。ただ、気をつけてね。あなた方が手に入れようとしている物は、とても強大な力を持つ物。力に飲まれないように、意識をしっかり持って」と言われます。
フォートレス:最悪「ギャルのパンティーをくれ」って言う準備をしとかないと(一同笑)
八剣:それも考えておかないとな(笑)
GM:言うなれば、すごく近くにいるんだけど、そっちに行けないという状況だと思って下さい。
八剣:ああ。壁を挟んでたり。
GM:圧倒的な差で、自分がそこに到達できないだろうって感じなので。せめて話が分かる人が来てくれているから、っていうので。
村雨:じゃ開かないドアとか、格子がある所で見かけて声をかけた、という感じかな。
GM:そうですね、良い感じ。
村雨:「神舞先輩!」と。
GM:さっきと同じような事を。「もうそこまで行ってるなんてさすがね」
村雨:「いや、つれてってもらった」…バイクに乗って!
GM:目を見て。ジャームじゃないな、って感じて。「あなたはまだ、自分の心を持っている。だから、しっかり持って。決して流されないで」
村雨:「それは、あなたも一緒だよ。先輩」
GM:「私は大丈夫。私には、負けない心があるから」
八剣:お前は負けるかもしれないから気をつけろ(一同爆笑)。
村雨:「そうだな…でも、俺にも負けられない理由がある」
GM:その真摯な顔を見て。「そういう時はやっぱり、年下でも男の子だね(笑)」と。照れ隠しのように「じゃ、お姉さんも頑張って、追いつこうかしら」って走って行きます。
村雨:「ちょ、茶化さないで下さいよ!?」と最後に声をかけて終わるね。
赤澤:その距離ではデコピンはできまい(悪笑)。

村雨:うーん…どうしようかな。分かったような、分からないような…。それにあとロイス枠が1個余ってるか。
赤澤:侵蝕率はどう?
村雨:結構余裕ですよ。
赤澤:じゃ、僕のシーンに出てもらおうかな。僕は結構侵蝕率が良いぐらいになってきて、開始で80ジャストぐらいになりそう。
八剣:何でそんな上がってるの? 俺43しかないよ!
赤澤:さっき衝動判定で18出ました(笑)
村雨:フォートレスさんとお話してみようかしら? 侵蝕率どうです?
フォートレス:50!
八剣:軽い。さすが、寝て休んでただけの事はある(笑)
村雨:よし、呼ぼう。出てきてくださいよー。
フォートレス:うむ。(ころ)2。
村雨:フォートレスさんにロイスを取りつつ話そう。FHの先輩だし。
フォートレス:先輩って言っても、FH以外の事を知らないっていう、ちょっとかわいそうな人だ。
GM:でも、FH暦2年です。
村雨:先輩じゃなかったよ!?(一同爆笑)
八剣:今ここにきて分かる、驚愕の事実。
フォートレス:年上だけど先輩じゃなかった。
水原:そして記憶をなくしているから、人生の先輩ですらなかった。
村雨:ど、どうしよう。何でロイス取ろう(笑)
GM:俺にはこれしかできないから。って人ですね。
フォートレス:そうそう。
村雨:他愛も無い会話から入ろう。「すっげー鎧ですね」
フォートレス:「ああ…支給品だ」
八剣:さみしー!
村雨:さみしい(笑)「フォートレスさんには本名ないんスか?」
フォートレス:「ああ、俺にはこの名前しかない」
村雨:「また何で?」
フォートレス:「俺が目を覚ました時、そこはFHの研究室だった」
村雨:「それ…FHに拉致られてきたんじゃないですか?」
フォートレス:「話によると、事故に巻き込まれた俺はオーヴァードとして覚醒し、あのままでは危険だったらしい」
村雨:「そっか…」純真な俺はすっかり騙されました!
八剣:純真な俺とか言うなよ(笑)
村雨:「FHも結構良いトコあるんだな」と。
八剣:騙されたー。
フォートレス:「俺がこのまま組織に貢献すれば、新しい戸籍を用意してくれるそうだ」
赤澤:住民票が。
村雨:「そんな事しないと、住民票も作ってもらえないんですね」
赤澤:我々は今の所、学生証ぐらいしか作ってもらってない(一同爆笑)
村雨:私は普通の生活送ってるんで、戸籍ありますよ!
八剣:あとは保険証…もないかな(笑)
赤澤:内部の施設で治療してもらってるなら要らないですね。
村雨:フォートレスさんに「同情」と…憐憫じゃないな、「隔意」ぐらいにしとこう。そんな軽い会話をさせていただきました。
フォートレス:軽い…結構、人生的には重い(笑)
八剣:【秘密】を調べたりしないのか? 行動使ってないぞ(笑)
村雨:あ、そうだった。【秘密】を調べようと思って出てきてもらったんだった!
八剣:何会話してロイス結んで満足してるんだ、お前は(笑)
村雨:忘れてた。(ころころ)7、出ました。
フォートレス:ほい。
村雨:交換しましょ。
八剣:見たくないのにバラされたー。
GM:【社会】が高いと聞いて(笑)
八剣:俺が《インスピレーション》って言ってやれば良いんじゃないのか?
GM:それでも良いですね。
赤澤:回数制限は?
八剣:三回使える。
水原:戦闘中は使う意味が余りないもんな。
八剣:まぁ、100%にならないと三回使えないが、侵蝕率がまだ43だ(笑)。今は二回しか使えない。

フォートレス
【秘密】

あなたはイージーエフェクト《天使の外套》を持った配下を持つ。また、サポートスタッフを常備化ポイントなしで取得する。
【秘密2】
プライズ「リンク・オブ・ドグマ」をPCの誰かが手に入れた際、「リンク・オブ・ドグマ」についての情報項目を得る。(<知識:レネゲイド>難易度8)
何かに知られた際、回想シーンを割り込ませても良い。

 アレはどこかで…知っている? いや、感じた事がある。
 オレはあの力を…
 混濁する記憶の中から、一つの真理を導き出す

村雨:ありがとうございます(渡す)。「そっか、記憶喪失って大変ですね。つまり、ソレが出てくるまで記憶を取り戻せないのかー」
フォートレス:「ああ」
GM:僕の中ではR1はサクサクっと進むと思ってたんですよ。もうちょっとクライマックスまで時間が欲しい場合は、サイクルだけ進ませますって言おうかと。意外に進まないなぁ。
村雨:最後は<意志>ですから、進めてもそんなに進まないですね。あ、他の人にフォートレスさんの【秘密】流す?
フォートレス:俺はどっちでも。
GM:関係ない。他の人が必要とする情報は、成功してもらわないと出てこない。
村雨:本当にねぇ。
フォートレス:俺は自分の手番で、<意思>じゃなしに<知識>を上げる予定。
村雨:私の番はこんなモンですが…あ、フォートレスさんからロイスとか良いですか?
フォートレス:ああ、結んどくか。
八剣:ロイス枠埋めとくと良いよ。
村雨:余りコレといった話にならなかったですが。
フォートレス:というか…人間らしい会話をしたの久し振り(一同爆笑)
八剣:さみしー!
村雨:帰って来る話がさみしくて、どうしようって。
フォートレス:いや、結構かわいそうな設定の人になってしまった。
八剣:かわいそすぎるよ!
フォートレス:思いついた時には、「FHのおかげで助かったと思ってエージェントやってるけど、こんな目に遭ってるのは実は全部FHのせい(笑)」ってレベルの話だったんだけど。
八剣:カッコ笑いで済むレベルの話じゃねーぞ
フォートレス:何かその設定で進めていくと、どうやっても暗い話になって。どうしてだろう、不思議だなー。
八剣:暗いよ!
GM:GMも、ちょっと腫れ物に触るように「どうしたら良いんですか?」って(一同爆笑)。【秘密】も「突っ込んだらマズイですよね。こんなモンでどうですか」って。
八剣:微妙だ(笑)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
村雨:私が判定して一緒に進めるので、ここは私の延命方法を調べて下さい(一同笑)。…あ、言っちゃったよ!

その後私、進行判定してねぇー!!
何という詐欺(゚Д゚;) 水原君、マジすんませんでした。
「<意思>? 2回進めてもクリアできないしー」と思ったのと、

GM:いや、最後だけはみんなでドーンはできないです。

というのを勘違いしてて、「最後のレンジは一緒に進むのができない」だと思ってたので、進行判定を諦めちゃったんですね。
どっちにしろ、この後の赤澤君のターンでアガリなので、一緒に進めても大して効果は無かったんですが。
先に判定して、結果的には不利になったかなー。
2011/07/22(金) 14:49:56 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
俺も一緒に進むのが駄目だと思ってた。

しかし、後が使えてるのと、今回のシステムの影響で展開が早いのとで更新ペースがはやいね。
2011/07/23(土) 09:15:49 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック