TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2011年07月21日 (木) | Edit |


▼第1サイクル▼



◆Middle02◆  ――水原透

GM:じゃ、第1サイクル始めましょう。何も無ければ水原君から。
水原:じゃ…
村雨:あ、すいません。で結局、神舞さんはどうするって事にするのか、だけなんですが。
GM:えーと、じゃぁさっきの続きにしましょうか。「お前たちは先に行け」と八剣さんに言われた三人は、そこを去る…残っても良いですけど。
村雨:私は残りますよ。
GM:じゃ、二人は最後にしましょうか。
八剣:じゃそれで。
GM:それか先にするかって形で。気を利かせて先に行くかって言ってもいいですし。
赤澤:僕はその辺ドライなんで、先に行きます。
八剣:ドライなんだ(笑)
GM:面識が余り無いエージェント組も、先に行けば良いかと。
フォートレス:しゃしゃり出るのもどうなんだ。
GM:チャチャを入れたいなら、先に行って下さいって言って残ってても良いけど。
赤澤:行った~と見せかけて戻ってきても良いけど(笑)
GM:では水原君。
水原:2回できるんだな。1回目で、碧さんの【秘密】を探ります。
GM:あ、あぁ。どうぞ。<情報:FH>で6です。
水原:(ころ)出目は10、成功。
GM:どうぞ、投げつけて下さい(【秘密】を渡す)。

神舞 碧 【秘密】
Dロイス「想い人」を持っている。今回のセッションで対象を決めたいと思っている。
 1人は、自分が心の支えになる人
 1人は、助けてあげたい人
 1人は、放っておけない人

水原:…。
村雨:固まっちゃいましたよ?
砦:再起動中です。
GM:なんだよ、このシナリオに関係あんのか? っていう。
水原:…効果をよく覚えてないな。
GM:ああ、見ても良いですよ。(インフィニティコードを渡す)
八剣:ほほう、インフィニティコードのこの辺か(笑)
水原:…え、それだけ?
GM:はい、それだけですよ。
水原:最後の、この3つの文章が意味が分からない。何故3つ?
GM:すいません、オープニングを失敗して、一番下の子は接点がなくなってしまいました(一同笑)。この後の展開次第で、三人になるかも知れない。
水原:はい。残る1行動で、一応進めますか。もう1回<情報:FH>かな。(ころ)3。レベルが4だから、7。
GM:ということは、1進めます。誰と一緒に進みますか?
水原:誰と一緒に進むか。
GM:あ、すいません。先に言うのを忘れてました。このTRFSでレンジ1のクリアーに行くと、プライズ:リンク・オブ・ドグマが手に入ります。
八剣:ここ…じゃなくて、一番最後か。はいはい。
GM:一応、眉唾モノですが、願いが叶う、と。“プランナー”も「お前らの願いを全てそこに置いてきた」って、影響された感じで言ってますんで。
水原:あれくらいの年頃の子は影響されやすいからなー。
GM:どーん、っていってたんで。まぁ、そこに行けば叶うかも。
水原:とりあえず、自分だけ一歩進みました。で、演出としては、そこら辺にあった端末から、ルートを洗い出そうとしている。カタカタやっている最中。
GM:はい。
水原:その間、チラチラと碧さんの方を見てる(笑)
GM:気になってる。
水原:碧さんの感情を、Nの執着に変えておく。



◆Middle03◆  ――砦茂

GM:じゃ茂。
砦:特に使えそうなモノはないなぁ…。
GM:レンジ5は【肉体】系のモノなしだからね。
八剣:何か代用判定は?
GM:んー、これは全員で行けるっていうのを加味してるので、それぞれ1個ずつ無いんですよ。
八剣:なるほど。
砦:とりあえず<知覚>で振ります。(ころころ)10…3、13です。
GM:2歩進めます。誰か一緒に進めますか? 前に進んでる人を2歩進めても良い。同じマスにいなくても良い。
砦:んー…
水原:ん? 俺を進めてもらったら、俺は3マス目に行くって事?
GM:そうそう。
赤澤:2歩進める権利をあげるんですね。
砦:今の所、唯一接点のある八剣さんと一緒に。
GM:八剣さん、形としては進んでますけど、現状同じサイクルなので、話が終わってから進む形になります。
八剣:うん。
赤澤:スパークさんが八剣さんを「ぃよっと」(俵担ぎ)
砦:「モタモタしてるんなら置いてくぜ」と。…これ、もう1回進んでも良いんですかね?
GM:良いよ。
砦:じゃ、もう1回進めよう。
GM:やる気だ!
砦:いよっと。(ころ)9、残念1歩。今回は自分しか進まないぜー。
GM:出た、裏切った! あ、忘れてた。その【秘密】のアイテム…ロマン兵器を使うって言ったら、直線状シーン攻撃だから。
フォートレス:意味わからない(笑)
砦:意味は分かる。
GM:このシーン(全員1レンジにいる)だと気持ち良い。
水原:隣のレンジになったら一直線じゃなくなる。



◆Middle04◆  ――赤澤直久

村雨:私は飛ばしで。
赤澤:どうしよう。進むのもアレだしなー。
フォートレス:【秘密】を調べる。
赤澤:自分の【秘密】は6だっけ?
GM:はい。自分の【秘密2】は6。他の人の【秘密】も6、【秘密2】は難易度を設定された値です。
八剣:自分の【秘密2】を先に調べた方が良いかも知れないな。
赤澤:僕もそう思います。
八剣:後で自分の行動方針が全部間違ってたって言われるのが怖い。
赤澤:敢えて進まないで、【秘密】を調べようかな。1回目は、自分の【秘密2】。技能は何だっけ?
GM:<情報:FH>。自信がなければ、別の能力値でも良いよ。
赤澤:いや、<情報:FH>なら1Dしか振れないけど、技能があるから。普通に振ります(ころ)7が出たから、10で成功。

(渡された【秘密】をじっくり読む)

赤澤:これに対して、僕は難易度設定したら良いんだね。
GM:そうそう。
村雨:そうか…手番足りなさそう(笑)
GM:全部調べなくても大丈夫です。進むのがバラけたら、ちょっとかかるかな。
八剣:これ、2サイクルとか決まってたっけ?
GM:いえ。2サイクルぐらいで行くかと思ったんですけど、結構バラっと行ったじゃないですか(笑)。ちょっと時間がかかるかな。
村雨:ある程度【秘密】が分からないと、どこまで協力できるか分からないしね。
赤澤:(読み終わって)…これはおもしろい。進むか、もう1個【秘密】を調べるか悩む所…進もう。(ころころ)7、だから1個か。
村雨:誰か連れて行きます?
赤澤:じゃ、“死神”さん。村雨君は残るって言ってたから、敢えて進めない。
村雨:はい。
赤澤:あ、侵蝕率上げてなかった。(ころ)10!
水原:あと、碧さんの行動順は?
GM:最後で良いです。



◆Middle05◆  ――フォートレス

フォートレス:じゃ俺か。登場は(ころ)4。それはそれとして、自分の【秘密】は自分で握っとかないと。
GM:それはそうですね。
赤澤:(自分の【秘密2】を熟読しつつ)見れば見るほど面白い。
村雨:面白い、っていうのが怖いね。
フォートレス:<情報:FH>で。俺はFH幹部とコネがー(ころころ)成功。
GM:どうぞ。
フォートレス:(はぁー)
八剣:何で見る前に溜息!?
GM:今回、システム的な説明を書いた後に、キャラ口調でフレーバーテキストを書いてます。キャラも分からないのに!
村雨:キャラ口調なんだ(笑)
フォートレス:(GMに)…誰が?
GM:(見て)自分です。
フォートレス:それはそれとして進めるか。10だと2歩だな。後続組みを連れて行こう。
赤澤:わーい。
水原:碧さんだけ置いていかれた。
フォートレス:こいつは自力で何とかするだろう。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック