TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2008年05月28日 (水) | Edit |
今回、ルシオンが仕事の都合が付かなくって休みという連絡が入った。
もう1卓も、M上さんが休みだそうで、では合同でやるかーという事に。
更にまた1名欠席が出たため、今回のメンバーは以下の5人。



登場人物(敬称略)


K林
 「ムカつくNPCが出てきたらキレたら良い」とか陽さんに教えた張本人(AR第三話参照)
 普段は魔法使い系を担当する事が多いが、それより迷惑キャラクターを好んでやっている印象が…(笑)
 最近「道とん堀」という、店員が「オーダーいただきました、ぽんぽこぽーん」とか言うお好み焼き屋を贔屓にしているらしい。
 「人間の精霊使い」をやる事に。


○井
 「○ちゃん」とか呼ばれるけど、私にしたら先輩で他の人にしたら後輩。
 普段は仕事が忙しく、なかなかセッションに参加できないレアキャラ。
 不思議と主人公を押し付けられたり、イメージカラーは赤だったり、友人に「メイドロボやれよ」と言われたりする不憫な人…かもしれない。



 クロームの中の人。
 最近馬鹿キャラばかりやっているので、まともなキャラをやろうと思っているらしい。
 「ジョジョの奇妙な冒険」を最近読んだので、オラオラっぽい「ナイトメアの魔拳士」をやる事に。


みに
 フランの中の人。つまり私である。
 今回は初めてのルールなので、魔法使いはめんどくさいから前衛になろうと思ってたのに何故か「エルフの神官」になった。
 K林らに「道とん堀」を紹介したのは私でございます、すいません。


アルト
 言わずと知れたダイスの魔術師。GMをやってくれます。
 今回、SW2.0のルールブックを買ったのがルシオン、M上さんとアルトさんの3人だった。
 残り2名が欠席のため、唯一ルールブックを持って来た人に。
 何故かルールブックを開く方向が、普通の本と逆…という罠の最初の被害者(?)




キャラクター作成

○井先輩から、少々遅れてくるという連絡が入った。
今回はサンプルキャラを使うという事で、「何かキャラをあてがっておいてください」。
そんなわけで、ルーンフォルクかタビットだろうというのが満員一致の意見。
ルーンフォルクのメイドロボか、タビット(ウサギ)か…。

ところでタビットって全長1mくらいだそうで、オトモアイルー的でかわいいですね。


:じゃ境遇を…(ころころ×3)
GM:両親に愛されて育った・本に影響を受けた事がある・故郷を知らない。
:まぁ承太郎さんは刑務所でオカルトの本読んでたけど。つまんねー…。両親の本に愛されて故郷を知らない、と(キャラシーに書いている)
GM:本に愛されたのはちょっと違うような(一同笑)
みに:じゃ次は私が(ころころ×3)うわ、3・4・3とか普通の人になりそう(笑)
GM忘れられない恐怖を体験した事がある。
K林:好きやなーそういうの(笑)
必ず「恐怖症」持って出てくるよな、お前のキャラ
みに:多分、昔DIOに会った事があるんですよ。
GM:次は、特定の異種族を好んでいる(いた)。魔物に襲われた事がある。…これが恐怖体験なのか(一同笑)
おいしいな。
K林:おいしいッスね(笑)
:ここは一歩進んで、襲われた魔物を返り討ちにして食ったら旨かったので、魔物=特定の異種族を好んで食うという性格に(笑)
K林:では次は…(ころころ×3)
GM:過去に仕えた主がいた・体のどこかに刺青がある・大失恋したことがある(一同爆笑)
K林:じゃぁ、女性の主に仕えていて恋心を抱いていて、LOVEってタトゥーを彫って告白したところ、「召使の分際で何!?」と追い出されたという事ですね。
:さむっ!!
K林:だから、タトゥーには自分で消した跡があるんですよ(一同笑)
みに:主人の名前も彫ってるんでしょうねぇ。
:てことは、シナリオ中にその主人に出てきてもらうしかないな。
K林:出てこないんじゃないですかねー(笑)
:いやいや、アルトさんなら何とかしてくれるに違いない
GM出すのか…?(一同爆笑)
K林:じゃぁ主人の名前決めとかないと。

みに:では、○井先輩のキャラのを、皆で1個ずつ決めようじゃないですか。
K林:良いですね。経歴決められるの(笑)
:じゃ、いきますよー。2・3・3と。
GM:何だこりゃ。奇妙な予言をされたことがある。
K林:では先に振ります…5・5・6。良い目が出たよぉ?
GM:絶対に知られたくない秘密がある(一同笑)
みに:では最後は私が…4・5・2と。
GM:魔物を倒した事がある。
みに:あ、結構普通ですね。


K林:○ちゃんのキャラ、メイドとウサギと、どっちがいいですかねー。
:どっちの方が能力バランス的に良いんかな?
GM:このメンバーだと魔法攻撃が弱いから、ウサギがいればバランス良いかな?
:じゃぁウサギくらいで勘弁してやるか。いきなりメイドさせるのもな(笑)
GM:それに、マギテック(ロボさんたちの使う銃)はルールが特殊だから、使うの難しいかも。
みに:(○井のキャラシーに書きこみつつ)種族:うさぎ。性別…。
GM:メイド。
みに:女?(一同笑)年齢は…ウサギって、何歳くらいだったら萌えますかね。
:意味がわからん。まずウサギに萌えねぇよ。ってか、女じゃなくてメスじゃないのか。
K林:って、さすがにそこは男の子でも良いんじゃないのか(笑) さすがにかわいそうになってきた(一同笑)
GM誰がそんなひどい事を
性別メイドとか言うからですよ
みに:じゃここは消しときましょう。(とか良いながら、タビットの能力値を書き写している)タビットはコンジャラー持ってるんですね。
K林はんにゃらーほんにゃらー
:俺もコンジャラー持ってるよ。何の事かサッパリわからんけど。
K林:スタンドですね。
:そうそう、MP使ったら何か出る…ってそのネタはもう良いわ(笑)
K林:恋心を抱いてた主人の名前は、マチルダさんにしました
:マチルダさん良いな。「マァチルダさぁーーん!!」って死んでるやん!? 何か、K林のキャラは自棄になって冒険者になったとしか思えない。
K林:こうなったら冒険者になってやるー。
:自棄になって、いつ死んでもいい職業に就いた。
K林:では、小さい頃に拾われて、小間使いをやってた、という事で…15歳。こんなタトゥー持ちの失恋キャラは主人公になるはずないですね(笑)
:やっべぇ(笑)
K林の携帯フタエノキワミ・アッー!!(一同笑)


K林の携帯は、○井からメールが来たらフタエノキワミを出すらしい。


:アッー!!(笑)
K林:○ちゃんからメールですよ…あと30分くらいで来るそうです。
:はっはっは、君のキャラクターは勝手に作らせてもらったよ。

K林経歴だけ見ると、主人公はこのウサギですよね
:うん。
GM:確かに。
K林:陽さんのキャラは、両親に愛された読書家でしょ?
:逆だよな、ナイトメアってツマハジキ者じゃねぇ? 知力も低いし。
K林:で、何かに襲われたのを怯えてる人でしょ? で、その襲ってきた魔物を倒したのがこのウサギでしょ?
みに:ですね(笑)
GMやはり主人公
みに:で、おと…こ?
GMではヒロインで(一同爆笑)
みに:という事は、この「特定の異種族」ってのはウサギですね(笑)
:ウサギうまーい(笑)
GM:という事で、女の子主人公って事で。
みに:超かわいいウサギなんですよ。
GM:ノンタンみたいなの。って、ノンタンは男の子だよ!!
みに:しかも、ノンタンってウサギじゃなくて、猫…。
GM:ホントだーっ。
K林:○ちゃんはバニーガールやらされると思ってたそうです(一同爆笑)
みに:当たってますね。でも、もろウサギな方がマシなんじゃないかな?
:まぁな。痛度(イタド)は減るな。
みに○井先輩のウサギなら、赤いんですかね…。
GM:赤いウサギ。
:バイオレンス・イナバーっ!!
GM赤いウサギと緑のタヌキ?
みに:では私が緑のタヌキで。
:タヌキかよ。

(そしてしばし、キャラの名前を考える一同)

みに:…え、エメラルドスプラッシュ…。
:何だいきなり(笑) 何でスタンド名なんだ。
みに:いやー緑のタヌキっぽい名前を考えてまして。
GM:何言ってるんだ、緑のタヌキといえば昔から「グリーン・ポンポコ」に決まってるんだ!!(一同爆笑)
みに:キャラ名グリーン=ポンポコ?
:来たー(笑) あれは人名では無かったですが。
GM:宇宙船名だったはずですが。
みに:じゃ、キャラクター名は「ドートン」にします。…道とん堀でぽんぽこぽーん(一同笑)。ドートン=ポンポコって事で。
GMドートン=ボリ=ポンポコ3世
:その「3世」はどこから来たんだ(笑)
GM:いや何となく。「53世」でも良いですよ。
:だからその「53世」はどこから来たのかと。
GM:いやまぁ、ゴロで。
:某怪盗から来たんじゃないのか(笑)
K林:山田ルイ53世とかいますよねー。


みに:あ、魔法写しとこう。使いそうなやつだけ。
K林:魔法を書く欄が無いんですね。個人でルールブックを持てって事ですかね(笑)
みに:これは、「錬技・呪歌」って欄に書けば良いんですよ。
GM:今回(ver1.0で)ルール化されてないからねぇ。
みに:アウェイクン…気絶からの回復、と。あとはサンライトですね…って、ここは録音切っとこう。
K林:え、もう録ってた!? 俺の、「マチルダさぁーん!」ってのも…。
みに:うん、録ってたー♪


そんなこんなでキャラを決めて、さぁSW2.0に出発!!
関連記事


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/28(水) 13:22:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック