TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2011年05月11日 (水) | Edit |
◆Opening01◆捜索 ――Master Scene

GM:オープニングの最初はマスターシーンです。シュウスイの捜索を行っているシーンです。瓦礫をどかしたり。
シュウスイ:私はここよー!
GM:いや、もう流れてるから(笑)
シュウスイ:じゃぁ「私を捕まえてごらんなさーい」
ヒカリ:掘ってー掘ってーまた埋めてー。
シュウスイ:何だその無意味な労働(笑)
GM:場所は前回のラストのシーン、旧市街地の教会周辺ですね。周辺のジャーム討伐が終了したのは、シュウスイが行方不明になった翌日でした。これはシュウスイしか知らないけど、誘引剤が置いてありましたね。
ヒカリ:ああ、あった。
シュウスイ:そうだっけ?
GM:ありました。その誘引剤の効果が切れたらしく、ジャームもそれ以上集まって来ませんでした。
ヒカリ:シュウスイと一緒に流れたんじゃない?
GM:それ、シュウスイがヒドイ目に遭ってるじゃないですか。
ヒカリ:だから、再会したときには「ガウガウ、俺ガウ」って言って。
シュウスイ:それ懐かしいな!
ヒカリ:虎に育てられたオーヴァードとして、記憶をなくして再登場
シュウスイ:なるほど、それも美味しいな。
ヒカリ:キュマイラは確定。
GM:とりあえず瓦礫の撤去をするぞ、ということで。サライが「侵食率100%超えました、モーフィングロボ出します!」(一同爆笑)
シュウスイ:いやいやいや!?
GM:サライがロボによる瓦礫の撤去を始めます。
ヒカリ:よーし、みんな休憩~。
GM:崩れた天井や柱が取り除けられるが、シュウスイの姿はない。そこには白いジャームの死体が残るだけです。
シュウスイ:ええ、キレイに切り分けられて、レアも並べられた(一同爆笑)
GM:スゴイですね(笑)「サンダータイガー…ではないか。第1部隊の報告にあった、新種でしょうか。床に穴が開いています」…シュウスイが開けた穴らしいですが(笑)
シュウスイ:ゲフンゲフン。
GM:「もしかしたら、ここから落ちたのかも…」そこから第1部隊、第3・第4部隊による捜索が始まります。
ナツキ:とぅ、とぅ、とぅ(落下)
シュウスイ:じゃぽーんじゃぽーんじゃぽーん。(地下水路に入ってる)
GM:第2部隊は、元々の外部居住区の防衛があるので捜索には加わりません。第3・第4は、他部隊のフォローと偵察が任務なので、一緒に捜索しています。
ヒカリ:うむ。


GM:そして3日目の夜、支部長室。フィッシャーと刈谷ミユキがいる。(フィッシャー)「ああ刈谷君。シュウスイ君のタイムリミットは過ぎてしまったねぇ」
シュウスイ:3日で捜索打ち切りなの!?
GM:ええ、3日も3倍濃度の外に放り出されていたら、ジャーム化するんじゃね? という。
シュウスイ:なるほどねぇ。
GM:(ミユキ)「…ですが、彼は優秀な人材ですし、強くもあります。まだ、もう1日ぐらいは…」(フィッシャー)「そうか。だが、第1部隊をこれ以上捜索任務に当たらせるワケにはいかないねぇ。シュウスイ君が倒した白いサンダータイガー…そうだなァ、テンペストタイガーと名づけよう。あれの様な強力なジャームが更に発生する可能性もあるだろう」
シュウスイ:前回から名前がついてた事には、敢えて突っ込まないが(笑)
ヒカリ:“後のテンペストタイガーである”じゃなかったっけ。
GM:そうでしたね。(フィッシャー)「今後は、私の直属に捜索させる」
ヒカリ:(笑)
GM:(ミユキ)「しかし、第8部隊は支部長の補佐をする必要があるでしょう」(フィッシャー)「ああ、明日から私は欧州に行ってくるからね。補佐は必要ないのだよ。八幡博士に、あちらに私の研究に適した素体がいるという話を聞いたのでね。ちょっと行ってくるよ」
ヒカリ:見付かったんだってぇ~?
シュウスイ:馬鹿め、ニヤリ。
GM:(フィッシャー)「後はよろしく頼んだよ?」という所でシーンは終了します。



◆Opening02◆ ――影宮ヒカリ

GM:ヒカリさんのシーンですが、全員登場して下さい。
シュウスイ:はぁい!(元気に挙手)
GM:シュウスイ捜索の打ち切りを通達されるシーンなので、シュウスイさんは出てきません。
シュウスイ:全員って言ったのにぃ~。
レイジ:もう見付かったのかと思った(笑)
シュウスイ:いや~悪ぃ悪ぃ、ちょっと道に迷ってさぁ。
ナツキ:8上がり。今日も初っ端から高いな。49。
ヒカリ:1上がり。36。

GM:ではシュウスイがいなくなってから、4日目の朝。ミユキの執務室に全員が呼び出される。行くと、ミユキと浦賀がいるんですが…浦賀は若い男で良いのかな? アルト浦賀。
ヒカリ:うん。
GM:じゃ、若い男がいる。
ヒカリ:っていうか俺何歳…24歳か、知らなかった。
シュウスイ:知らなかったって言うな(笑)
GM:(ミユキ)「第1部隊、全員揃ったな」
レイジ:「はい、揃いました」
GM:「…シュウスイがMIA(戦闘中行方不明)となってから3日経った。UGN内部規定により、シュウスイの捜索を終了とする。これ以上は、人間として発見される可能性がほぼ0だ。捜索は第8部隊が引き継ぐが、ジャームを捜索するという形になるだろう」
ヒカリ:ほう。
レイジ:ちょっと、もう1日くらいは!」とか言ってみましょうか。
シュウスイ:いやぁそれほどでも(笑)
ヒカリ:それほどでも!?(笑)
GM:「上層部の決定だ、これ以上は覆らない」
ヒカリ:非番の日に個人で探す分には、止められる権限はないはずだ。
GM:うん。ミユキの横に立っていた男が、仏頂面で挨拶をする。(浦賀)「第8部隊、隊長のアルト浦賀だ」
ヒカリ:ホロリ。
シュウスイ:あれ~?
GM:ホロリって(笑)「オレたちが捜索任務を引き継ぐ」
レイジ:「捜索って言っても、見つけたら殺すんでしょ!?」
GM:「ジャームであったらな」
レイジ:「う…では、そうじゃなかったら大丈夫って事ですかね」
GM:「人間ならな」
ヒカリ:多分、拘束すると思うよ。見た目だけ大丈夫って事もあるだろうから。
レイジ:じゃぁちょっと納得できなさそうな顔をしつつも、「隊長をお願いします」
ヒカリ:人間の姿なら即拘束して、厳重に解剖して
GM:解剖!?
シュウスイ:あぁ、まだジャーム化してなかったか~(爽)
GM:てへ、死んじゃったーって?
レイジ:魔女裁判的な理不尽さを感じますね(笑)、海に放り込んで沈んだら人間、浮いてきたら魔女みたいな。
ヒカリ:浮いてきたら魔女として死刑に。
シュウスイ:やめろー、やめろショッカー。
ナツキ:とりあえず元に戻しとくか。
ヒカリ:信じられないだろ? これでジャーム化してないんだぜ。
GM:はい、シーンに戻ります。(ミユキ)「第1部隊はこれ以降、通常任務に戻ることとする。この3日間の間に非番を挟んだ者は代休を取っても良い。…誰かいるか?」
シュウスイ:代休欲しい人か。
ヒカリ:わーい代休。
GM:まぁこれは特に意味はないんだけど。
シュウスイ:ないのかよ!
ナツキ:じゃぁスルーで。
ヒカリ:有給溜まってるから消化。
GM:「通常任務に戻るに当たり、隊長を任命する。影宮ヒカリ、副隊長から隊長への昇格を任ずる」
シュウスイ:おめでとー!
ヒカリ:「とりあえず、隊長代理という事で」
GM:「まぁ良いだろう」
シュウスイ:副隊長代理は?
ヒカリ:副隊長は俺。隊長代理を兼任。
レイジ:副隊長兼隊長なんですね(笑)
GM:しばらくはソレで。シュウスイが見付かったら、その後どうするかって事になりますが。
シュウスイ:どうしようかな俺。
GM:というわけで、ミユキさんはもう帰って良いって言うよ。
レイジ:この機に、虎の力を取り込んだ新人類になって帰って来ましょう。
シュウスイ:良いねぇ。
ナツキ:虎だ、虎になるんだー!
シュウスイ:がおー。
ヒカリ:シュウスイに擬態できるようになった虎が登場する。
シュウスイ:ソレだ。
レイジ:前回自分の行動で確信した事があるんですよ。「トラだー!」って言ってたと思います、出てたら(一同爆笑)
シュウスイ:いやいやいや、そこを確信されても(笑)
レイジ:「アリだー!」みたいな感じで。じゃぁ、次の任務が来るまで待機しときましょう。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
今更ながら
ヒカリ:信じられないだろ? これでジャーム化してないんだぜ。

…参加してたら、ノッかってるのに(笑)

良い言い回しネタですね(≧∇≦)
2011/07/17(日) 14:50:43 | URL | K林 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック