TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2011年04月26日 (火) | Edit |
◆Climax◆

GM:では、これでクライマックスで良いかな?
ヒカリ:良いんじゃないかな。
GM:では、まずはヒカリさんが登場です。レイジと一緒に、旧市街地でデモンドッグの討伐を行っています。普通の、通常任務ですね。
ヒカリ:右だー、左だー
GM:ずきゅーんずきゅーん。「倒しましたよ、これで終わりですヒカリさん!」
ヒカリ:「うん、その調子だ」
GM:慣れたもので任務は簡単に終わったが、街の中央の教会の方で何かが動いた気配がした。
シュウスイ:教会が?
ヒカリ:む、教会が…(笑)
シュウスイ:ガキーンガキーンガキーンガキーンガキーン!(変形!)
ナツキ:ぽぽぽぽーん!
GM:AC~♪
ヒカリ:「まだ残りがいるかも知れない」
GM:「行ってみましょう」
ヒカリ:「うん」
GM:二人がそちらに移動していく所で、カメラが切り替わります。シュウスイとナツキ、二人にも「旧市街地でブルーベア討伐」という任務が下っています。
シュウスイ:なるほど。
GM:というわけで、登場して下さい。
ナツキ:はーい。4、99!
シュウスイ:95。
ヒカリ:そろそろヤツはハチミツを食べるタイミングだ(※モンハンのアオアシラさんは疲れるとハチミツを食べるのである)。
GM:ですが、市街地に行ってもブルーベアの姿はなく。
シュウスイ:何だと。
GM:探しているうちに教会までやって来た。そこでヒカリさん発見。
シュウスイ:「あれ? ヒカリじゃないか。何でこんな所にいるんだ」
ヒカリ:「いやいや、それはこっちのセリフだ(笑)」
シュウスイ:「あれ~?」
GM:同じ場所で2つの任務が発注される事は滅多になく、受付のミスかも知れないですね。
ヒカリ:「こっちは犬を退治したよ」
シュウスイ:「マジで? あ、どうしよう、こっちはまだ退治してない(笑)」
ヒカリ:「ということは、そっちがデマだったか」
シュウスイ:お、俺たちだってちゃんと熊倒したもんねー(一同爆笑)」
ナツキ:そんなキャラ!?
シュウスイ:いや、違います(笑)「カクカクシカジカこういうわけで、任務に来たんだが、肝心のターゲットは見付からず。ハチミツも見付からず」
ヒカリ:「デマを流されましたね」
シュウスイ:「そんな感じだな」
GM:(レイジ)「教会の方で動いたの、もしかしたら熊かも知れないですよ」
ヒカリ:「熊じゃないような気がするけど、とりあえず意図的に集められた気がしますねぇ」
シュウスイ:「だよねぇ」
ヒカリ:「更に用心しつつ、教会の方に行ってみましょう」
シュウスイ:ここでヤツらの裏をかくために、散・開!(一同笑)
ナツキ:よしみんな、時計を合わせるんだ。
シュウスイ:まぁそれはそれとして、やっぱり教会の方に行きましょう。どんな建物なの?
ナツキ:とりあえず分断戦闘になるので、ヒカリさんはここで見張りをお願いします(一同大爆笑)」
シュウスイ:バレバレだー!
ナツキ:え、違うの?
GM:(教会の見取り図をカキカキ)
ナツキ:これは用意してないんだ。
GM:描くの忘れてました。20mくらいの長さ。
ナツキ:結構狭い。
シュウスイ:モロそんな感じの作りだな(笑)
GM:ええ、そんな感じ。ステンドグラスがあったり。
ナツキ:獣道が。
GM:そうそう、天井付近に穴が開いてます。という感じの所ですね。
シュウスイ:動いた気配は中に?
GM:ええ、中に入って行ったような気がする、とレイジ君は言う。
シュウスイ:ははは、こやつめ(笑)
ヒカリ:その証言すら罠の気配がする。
シュウスイ:まぁ「狭い場所なんで、近接二人で中を見に行くから」と。
GM:(レイジ)「じゃぁ俺たち、外を見張ってれば良いんですね」
シュウスイ:中が危なかったら、中も援護してくれよ?」(一同笑)
GM:「了解しました!」
ヒカリ:「というか俺の手となり足となり、攻撃手段になるのだ」
GM:「じゃぁヒカリさんのそばから離れません!」これで《雲散霧消》を使ってもらえると思います。
シュウスイ:とりあえず自分の身を守ろうと(笑)
GM:「ナツキ、気をつけろよ?」
ナツキ:「だ、大丈夫だよ。隊長も一緒なんだから」
GM:では…おもむろにレイジ君のコマを置きます。
シュウスイ:出入り口の外らへんかな。
GM:そのあたりで外を見張ります。
シュウスイ:じゃ、ちょろろーっと中を覗いてみる。

教会内部
(!マークの位置にジャームがいる)

GM:何かいるような気配がしますね。
ナツキ:むっしゃむっしゃ。
GM:確かにそんな音かも。
シュウスイ:なんだってー、すぐさま止めないとスタミナを回復されてしまうじゃないか。後姿とか見えない?
GM:見えますね。どう見てもブルーベアじゃないです。
シュウスイ:えー。そこは余り分かって欲しくなかったなー。(一同笑)
GM:じゃぁ分からなかったです!
ナツキ:ジャームのようなもの。
シュウスイ:不確定名、ジャームのようなもの?
GM:四足歩行。ジャーム。そこまで分かる。
シュウスイ:<知識:ジャーム>とかで振ってみても良い?
GM:良いですよ。難易度8で。
シュウスイ:(ころころ)6でした。
GM:そっか。熊じゃないってことは分かった。
シュウスイ:「どうやら熊じゃないようだな。…かといって、放っておくわけにもいかないし、殴りかかるか」
ヒカリ:とりあえずペイントボールを当てるか(笑)
GM:飯を食ってるようで、そちらに気が付いた様子はありません。ではシュウスイが先頭に立ち、教会の中を改めると。
シュウスイ:はい。
GM:その後ろにいるナツキに、グリムの押し殺したような声が聞こえた。(グリム)「アイツが、ナツキを殺そうとしているのか…タダじゃすまさねぇ」
ヒカリ:なんだって(笑)
シュウスイ:何ーあのジャームがかー。
ナツキ:サツガイするー。殺…殺…殺殺殺殺殺ササササッ!!(一同爆笑)
シュウスイ:イヤーん。
ヒカリ:グリムが壊れたー。
GM:ナツキにしか聞こえないくらいの声で言ってるよ。
ナツキ:「グリム、何か言った?」
GM:(グリム)「殺、殺、殺…殺害してやるー」(一同笑)
シュウスイ:ええー(笑)殺害かー。
GM:殺してやるー。
ナツキ:「グリム…グリム、どうしたの?」
シュウスイ:「おい、ナツキ。どうした、何があった?」
GM:おお、ちゃんとシュウスイさんが振り向いてくれましたよ。
シュウスイ:うん。
GM:シュウスイに向かって、グリムが襲い掛かります
シュウスイ:なんだってー!(笑)え、もう?
GM:ええ。
シュウスイ:えー。ガード値0だけどガードしてみます(笑)
ナツキ:突然の事で反応できませんでした。
GM:グリムって何でしたっけ、糸? 影? ゲル状?
ナツキ:うーん、まぁ影と言った方が良いのかな。
ヒカリ:ゼリー状瞬間?
シュウスイ:ゼリー状瞬間○○!?
ナツキ:イメージ的にはウロボロスの攻撃に近いけど。
GM:じゃぁ黒い影ですね。
ヒカリ:実体のある影だと!?
GM:ナツキの方から、実体のある影が襲い掛かってきますよ!
シュウスイ:実体のある影だと!?
GM:(ナツキに)止める?
ナツキ:えーっと、とりあえず最初は反応できなかったということで、やっちゃって下さい(一同爆笑)
シュウスイ:やっちゃってって言われたー!?
GM:ではナツキさん、命中判定をどうぞ。
ナツキ:え、俺が振るの!?
GM:侵食率は上げなくて結構です。
ヒカリ:じゃぁ…コミコミで。
シュウスイ:じゃぁって何だよじゃぁって(笑)
ナツキ:侵食率は上げずに、色々コミコミでして良いって事なの?
GM:はい。シナリオ1回とかの回数制限がある物は組み込まなくて良いけど。えーと、《ジャイアントグロウス》は使われる。
ナツキ:え、使われるの? まだ99%だよ?(一同爆笑)
GM:100%として考えて下さい。
シュウスイ:何だってー。
ヒカリ:グリムが衝動判定に失敗してるんですよ。
GM:はい、失敗しているという扱いです。
ヒカリ:というわけで、グリムは今防御できない!
シュウスイ:よーし、反撃だ(笑)
ナツキ:支援もないし、5Dしか振れない。
GM:別にシュウスイさんに当たらなくて良いんですよ。
ナツキ:そうだよね(ころころ)…モロ当たったくさいな。16ってか。
シュウスイ:平目で回避しますよ。(ころころ)お、10出た。13、惜しい!
GM:ダメージを。
ナツキ:《ジャイアントグロウス》入ってるから…+2Dで範囲(選択)になるんだな。30点越えた。
シュウスイ:で何故かシュウスイが選択されずに周りだけが(笑)
GM:確かに、ウッカリ外れてても良いと思うよ。
ナツキ:ああ。
ヒカリ:どかーん!
GM:そう、どかーんって言わせてくれたらOKです。
シュウスイ:いや、別に良いですよ。《リザレクト》ぉ~。100超えた…が、まだ八幡さんからもらった薬が2粒あるぜ。1粒飲もう。7減った。
GM:ではどかーん! といって。
ナツキ:な…何だと!?
GM:二つの部屋の間辺りの壁が崩れましたよ。
ナツキ:そこが崩れるんだ?
GM:はい、二人の間にあった柱が崩れ、天井が落ちてくる。柱の中からはRVフィルターを形成する気体が流出し、付近一帯では瞬間移動系エフェクトが使えなくなる。
シュウスイ:ええー(笑) それは何の効果で?
GM:レネゲイドフィルター。
ヒカリ:とりあえず、そっちの部屋には行けなくなった。
GM:はい。
シュウスイ:穴の辺りから、「おーい大丈夫かー」
GM:余裕だ(笑)
ヒカリ:石鹸投げてくれよー
シュウスイ:銭湯か(笑)
ヒカリ:今から戦闘じゃないですか。
ナツキ:確かに(笑)。誰が上手い事言えと。
GM:そんで、それと同時に、外にいたレイジが叫びますよ。(レイジ)「サンダータイガーが出てきました! 何匹もいます!」
シュウスイ:何だってー。
ヒカリ:わー。
GM:教会を取り囲むように、サンダータイガーが見える範囲だけで3頭。教会内にいたのは、1頭のサンダータイガー亜種。後に“テンペストタイガー”と名付けられる。
シュウスイ:一応、“T”は揃えてるんだ。
GM:揃えてます。
ナツキ:堕天種?
シュウスイ:マータでしょ。
GM:マータです。白っぽい感じのトラです。
ヒカリ:ワンワンデシ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック