TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2011年04月14日 (木) | Edit |
第2ラウンド
GM:ではセットアップからどうぞ。《戦術》とか使うなら。
ヒカリ:おお、《戦術》はシーン(選択)じゃないか。
ナツキ:《ファンアウト》とかあったら、第4部隊を移動させられるんだけどな。
ヒカリ:無いですねぇ。
シュウスイ:ここで第4部隊に《戦術》で「がんばれー」ってやって、第4部隊が「わー!」パキュンパキュン!
ナツキ:「ニ゙ャ!?」
シュウスイ:ぎゃー」「ああ、やはりダメだったか」(笑)
ヒカリ:まぁシーン(選択)だし、やっておきましょうか。
シュウスイ:GM的に、どうなりそう?
GM:犬に対して2回攻撃は変わらなさそうですね。
シュウスイ:ちなみに虎は?
GM:正直に言うと、虎は第4部隊が戦う用には作っていません。厳しい。
シュウスイ:じゃぁダメだ。普通に「にゃーにゃー」って倒れる(笑)
GM:まぁ2回攻撃されたら死ぬだろうなー。
シュウスイ:1回耐えただけでもよし、くらいか。
ヒカリ:どうするかねぇ…。
GM:PCにかけるかどうか、ってだけですね。あ、虎は「サンダータイガー」です。戦ったことがあるでしょうから、データを言っときます。
ヒカリ:サンダータイガーっていうか…どっちかっていうと、犬?
シュウスイ:それ、ジンオウガ(笑)
GM:これはゴッドイーターのヴァジュラです(笑)

サンダータイガー(RB:アニマル+α) キュマイラ/ブラックドッグ
【肉体】9<白兵>4、【感覚】1、【精神】1<RC>4、【社会】1
HP59  装甲値0  行動値5  侵食率100%  回避12D(完全獣化後16D)
常時:巨人の生命4(HP+20)
マイナー:完全獣化2(肉体+4D)、破壊の爪2(ガ1)、オリジン:アニマル3(攻+6)、ハンティングスタイル2
メジャー:獣の殺意2(ドッジ-2D)、雷の牙(同)、コンセ2、飛礫3
オート:軍神の守り(カバー)
 単体・至近・白兵 16D+4(C8) 攻16  /  単体・20m・白兵 同 攻4(シーン3回)

シュウスイ:《飛礫》ぃ~!
ヒカリ:《飛礫》ヤメテ。で、どうしましょうね。
シュウスイ:一応かけてもらおうかな? 侵食率が大丈夫そうなら。
ヒカリ:まぁ1回くらいなら。というわけでかけました。
シュウスイ:わーい。
GM:サライもわーい。
ヒカリ:お前も説得しろ(笑)
GM:説得するより移動して引きずり込んだ方が早そう(笑)
ナツキ:問題は、第4部隊を回収するかどうか。
GM:うん。第4部隊は「逃げろ」って言ったら自分で逃げますよ。
シュウスイ:もう「逃げろ」で良いよね。
GM:ではセットアップ終わりですね。サライの行動ですよ。
シュウスイ:この場で待機させて、第4部隊の連中が来たら乗せて走ってもらえば良いかな。
GM:瓦礫に埋もれてた作業員はどうしましょう。
シュウスイ:そいつらは自力で動けない?
GM:はい。戦闘不能です。
シュウスイ:じゃぁマイナーでそこまで移動して、メジャーで一人「オラぁ」と引きずりこんでもらおう。
GM:はい。7を回収しました。
ナツキ:未だ5・6はパニック状態?
GM:はい。次はヒカリさん。
ヒカリ:どうしよう。とりあえず攻撃してみるか、戦闘不能のヤツを車に放り込むか。
シュウスイ:後者かな。何に攻撃するんだ、そこの戦闘不能のヤツか(笑)
GM:とどめ!
ヒカリ:熊はもう落ちてるんでしたか。車に攻撃してみる(笑)
シュウスイ:隔壁壊すのに夢中の車に「えーい。お前の敵はこっちだぞ~♪」っていう。
ヒカリ:うーん…そうですね、じゃぁサライが次に移動しやすいように、8を車に入れよう。引きずり込むのだ。
シュウスイ:何だこのお相撲さんみたいなヤツはー。無理だー。
ヒカリ:いえいえ、俺は今【肉体】1ですけど6D振れますからね(笑)
GM:《戦術》、自分にも効きましたっけ?
ヒカリ:あ、ダメだった(笑)。
GM:では次は車ですが、隔壁を破壊してますよ。がっつーんがっつーん。
シュウスイ:ガンバレー。
ナツキ:隔壁、反撃だ!
GM:では第4部隊の行動です。どう逃がしましょう。戦闘移動で2歩移動します。
シュウスイ:3と4は車に乗り込ませる。1と2が一歩届かないから、熊跡地まで来させよう。
ナツキ:乗り込むのって、マイナーかメジャーいる?
GM:一応、[同乗状態]になるにはマイナーアクションが必要ですねぇ。
ヒカリ:じゃぁ車の所まで来て待機。
ナツキ:「開けてくれぇ~!」ガリガリガリ(ドアに爪を立ててる)
GM:まぁ彼らは、車に乗せなくても普通に逃げれますよ。
シュウスイ:なんだってー。まぁ確かにそうだけど。
ナツキ:まぁイメージが大事だし。
GM:そうだね。「もうボロボロだったんでマジ助かったッス!」と泣きそうになってます。
シュウスイ:でも車って6人乗りだよね? 今、3人乗ってる?
GM:サライ合わせて4人。
シュウスイ:ヤバイ、3と4を乗せると、1と2は乗せられない(笑)
ナツキ:サライが降りれば乗れるよ(一同爆笑)
シュウスイ:アレでしょ、ヴィークルが消える(笑)
ナツキ:サライが侵食率を160%まで上げて、ロボを作ってくれれば(一同笑)
シュウスイ:なるほど(笑)。まぁ負傷者の1・2を車に乗せて、3・4はもう一人残ってる作業員を回収して走って逃げてもらおう。
GM:はい。ではそんな感じですね。次は【行動値】7です。
シュウスイ:犬はこの後どうする感じ?
GM:追いかけて来ますかね。
ヒカリ:ワンワン。
シュウスイ:ワンデシ。
ナツキ:犬は我々が攻撃したら、1回で屠れるの?
GM:そんなもんですかね。デモンドッグのHPは20点。装甲0。回避18。
シュウスイ:回避、高っ!
GM:《イベイジョン》があるので。
シュウスイ:でも我々、今《戦術》でダイスが増えてるので。
ナツキ:相手は固定値が増えてるぞ
シュウスイ:もうダメだー!(一同笑)
ヒカリ:固定値が良ければ、メジャー使えば固定値も上げれますが。
シュウスイ:犬は3マス歩けるんだよな。毛針は何m届くの?
GM:《紅の刃》ですが…まぁ10mで良いですよ。
シュウスイ:10mなら、移動して攻撃されても第4部隊には当たらないな。犬に先移動してもらおう。
GM:はい。では犬CとDは移動、全力移動。
シュウスイ:あー、1・2がDにエンゲージされた。
GM:犬の行動終わり。熊は死んだから、皆さんの番。
シュウスイ:とりあえず犬を殺しましょう。マイナーでDの所に移動して殴ってみます。
ナツキ:俺はCにエンゲージしてDを殴るって事ができる。《伸縮腕》だから。
シュウスイ:そっか。じゃぁ俺がダメならそうしてもらいましょう。俺がDを倒せたら《伸縮腕》使わなくて済みますよ。…といっても、侵食率の関係で《コンセ》《音速攻撃》くらいしかできない。他は80%や100%(笑)
ナツキ:いや、俺だって《コンセ》を使うために《伸縮腕》を使わないといけないんだ(笑)
シュウスイ:マジですか。
ナツキ:《貫きの腕》もあるけど、回数制限があるからね。こんな所で使うのもなー。
シュウスイ:では攻撃。俺も60%越えました。
GM:当たりましたよ。
シュウスイ:5Dで…32点。
GM:犬D死亡。きゃうん。
ナツキ:ではCに、無闇に《伸縮腕》。
GM:あおーん。オッオッオッオッ。
シュウスイ:また犬がMHになってる(笑)(※MHの狗竜どもがそんな鳴き声を出すのである)
ナツキ:(ころころ)伸びてこないっ…15。
GM:18ですね、回避。
ナツキ:なんだってぇー!
GM:言ったじゃん。
ナツキ:その《イベイジョン》をぶち壊す!
GM:誰、イベイジョンって(笑)
ヒカリ:イベイジョンブレイカー!
GM:では虎です。これも移動・移動。皆さんまであと2歩の距離に来ました。
シュウスイ:次のラウンドか。


第3ラウンド
シュウスイ:そろそろ輸送車が戦闘に巻き込まれそうだな。
GM:そうですね。
シュウスイ:ここに第4部隊の残りがいるから…全力移動したら、もう逃げれるんだよな。「全力で逃げろ」で良いかな。
ナツキ:ここは?(まだ残っている作業員)
シュウスイ:ソイツはまだ混乱しているんで、輸送車に拾ってもらうか。残りは全力で逃げろ、って。
ナツキ:サライがまさかの《ブリッツクリーク》でもう1回行動できたりしない?(一同爆笑)
シュウスイ:それはまさかすぎる!!
GM:《ブリッツクリーク》って、確か侵食率…
ナツキ:120%です(笑)
GM:持ってたとしても使えません!
ナツキ:しかもノイマン。
シュウスイ:ノイマン/モルフェウスで(笑)
GM:ではサライは移動して、コイツを回収。
シュウスイ:この聞き分けのない困ったちゃんを。さっさと乗れよ。
ナツキ:イヤだぁー死ぬんだぁー!!(一同爆笑)
シュウスイ:イヤイヤイヤ!?
GM:で、第4部隊は走って逃げました。車は破壊中。では、犬と皆さんが同時ですかね。
ナツキ:イベイジョンイベイジョン…。《イベイジョン》を貫くには…。
シュウスイ:俺が犬を殴って、ナツキが虎に行きますか?
ナツキ:虎も回避高そうじゃない?
GM:虎は《イベイジョン》持ってません。【肉体】9ですが。
シュウスイ:サイコロ振るのか。じゃぁ当たりますよ(一同笑)
GM:まぁそうですけど! C値10ですけど!
ナツキ:じゃぁ《コンセ》《伸縮腕》で虎に攻撃。エンゲージは崩さず。行きます! いっぺん地面に潜らせて…
シュウスイ:何でそんな飛賊(KOF)みたいな攻撃(笑)
ナツキ:そんな人いたねぇ。で、18です。
GM:10ぅ~…3、当たりましたよ。
シュウスイ:危なかったぜ。
ナツキ:ダメージが12点。を猫に。
GM:にゃー。ではシュウスイさんと犬です。
シュウスイ:ナツキと犬の所にエンゲージして、犬を殴る。
GM:…そういえば、ヒカリさんの行動順を飛ばした気が。
シュウスイ:あー。
ヒカリ:…いやー、どうしよう。特にする事も(笑)
GM:じゃぁ待機って事で?
シュウスイ:確かに、このラウンドはナツキを支援してくれるのが一番だったから、ナツキが行動しちゃった今となっては…。
ナツキ:直接攻撃能力が、無いワケではないけど無いよな。
ヒカリ:無いといっても過言ではない。一応攻撃エフェクトあるんですよ? 消してないヤツが…あ、消してる(一同爆笑)
一同:無いじゃん!
ナツキ:ふくちょー!?
ヒカリ:私、事務方なのに何故かいつも前線に送られる。
ナツキ:そうでしたか。
シュウスイ:不思議不思議。
GM:じゃヒカリさんは待機?
ヒカリ:そうですね、待機。
シュウスイ:じゃ犬殴ります。35です。
GM:当たりましたよ。HP20点。
シュウスイ:22点。
GM:お、死にました。これで犬が全滅ですね。
ヒカリ:あと虎と車か。
シュウスイ:そろそろ隔壁が危なそうだから、車を攻撃してこっち向かせるか。
ナツキ:サライさんが《ヒール》持ってるなら、隔壁に《ヒール》。
GM:できません(笑)
ナツキ:メキメキメキッ(隔壁が盛り上がる)!
シュウスイ:車が石の中にいるー。
GM:では虎ですね。虎はマイナーアクションで《完全獣化》《破壊の爪》《オリジン:アニマル》《ハンティングスタイル》。
シュウスイ:《完全獣化》してなかったー!
GM:今まで「普通の虎ですよ」って顔してましたが、バリバリ電気をまといました。
シュウスイ:めっちゃ虎になった。
ナツキ:今まで手乗りタイガーだったのが、普通のタイガーになった。
ヒカリ:ツンデレになったんですね。
GM:2歩しか動けないので、シュウスイさんにしかエンゲージできませんね。
シュウスイ:いや、俺は今ナツキと同じエンゲージだよ。
GM:あ。…じゃ一歩前まで来て、仕方ないから《飛礫》かな。
シュウスイ:《飛礫》来たー。
GM:《獣の殺意》《雷の牙》《コンセ》で《飛礫》かな。
シュウスイ:飛礫に牙生えたー。
ナツキ:虎の顔みたいなのが飛んでくるー!
シュウスイ:イヤだなぁ。
ヒカリ:タイガーバズーカ。
シュウスイ:懐かしいですね。
GM:ではどちらに攻撃しても良いので、さっき攻撃してきたナツキに。16Dですね。(ころころ)…うぁ。
シュウスイ:1・1・2・3…!
GM:ああ、読み上げないで! 21です。
ナツキ:回避は19。…19。
ヒカリ:《妖精の手》って言っときます? シナリオ回数制限あるけど。
ナツキ:いらないです! 言ってみただけです(笑)
GM:ダメージは(ころころ)ちょっと大きい。29点。
ナツキ:服って装甲あったっけ?
シュウスイ:無いです。
GM:あ、ごめんなさいドッジ-4Dでした。
シュウスイ:遅ぇよ!
ナツキ:【肉体】4なんで避けれません。で、HPが29です(一同笑)
シュウスイ:ヤバい、こんな所で無駄に《リザレクト》!
GM:すいません、ドッジ-4Dの時点で、ガードって言うんじゃないかな?
ナツキ:言うかもしれない。
GM:言っても良いですよ。
ナツキ:ガードするなら《骨の剣》のガード値が6点なので、6点残る(笑)
ヒカリ:っていうか俺、今どこにいるんだろう?
GM:車の中
シュウスイ:乗りっぱだー! このラウンドに降りて来いよ(笑)
GM:では待機していたヒカリさん。
ヒカリ:降りて瓦礫のあった所まで走る。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック