TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2011年02月24日 (木) | Edit |
◆承章 漆◆ ――桜井あおい

あおい:では、里見家というのが分かったので、「多分いるのは下屋敷だろ~」と行ってみます。
GM:はいはい。そしたら…何時ごろにしましょうか?
あおい:じゃ、朝で。
GM:では抜け出すところですね(笑)
あおい:抜け出した所にバッタリ出くわして、「おぜんちゃーん」
GM:ぎくっ。
あおい:近付いて行って、「里見家のお嬢様だったんだってねー
八兵衛:バレてーら!
GM:「しー、しーっ!」
あおい:「抜け出してきてたんだね!」
GM:「(小声で)あおいちゃん!」
日出鬼:(里見家の人)「ぜん姫様、勉強の時間ですぞ!?」
あおい:「あ。一緒に逃げよう!」と逃げます。
かも:では敏捷で判定を(笑)
あおい:なんだってー!
GM:いえいえ、お目付け役は【理知】180あるけど【行動値】0なので追いつけません(笑)
あおい:じゃぁ逃げてきて。「いやー情報収集判定で知っちゃったんだけどさー」
GM:メタな事を言わない。
あおい:「蛇の呪いとか鏡の話とか全部知っちゃったんだけどさー」
八兵衛:こらこら、本人も知らない事をベラベラ喋らない!
日出鬼:やべー。
あおい:どこまで知らないか分からないから(笑)
日出鬼:言おうとしたら、「ええい」ってやりますよ!
あおい:ワーディング! 「蛇の呪いとかぐぇっ」
八兵衛:猫耳のない虚無僧が通りかかって(笑)
GM:あるいは、小さい虚無僧が。
日出鬼:でもぶっちゃけて、どういう反応するか見てみたいですね。なので止めません。
八兵衛:なんだってー。
日出鬼:僕は次のシーンに出る予定ですし。
あおい:今止められるのは八兵衛さんだけですよ。あと弥七親分。
八兵衛:弥七親分は俺が困ったときに助けてくれる。
日出鬼:団子投げましょうよ。
あおい:団子が口の中に入って「もごもごもご
八兵衛:蛇ののろっ…もぐもぐんがくっく。
あおい:「いやぁ、江戸の団子は美味しいねぇ」
かも:話が摩り替わった(笑)
八兵衛:現代人の頭の切り替えに付いていけない(笑)
GM:ぜんちゃんの背中の、蛇の団子うまーい!
あおい:ふぅ。「明日は本宮だね! お祭りには来れるの?」
GM:「もちろん!」
あおい:「良かったー。楽しみだね」とウッカリ話を逸らされたので、特に話すこともない。
GM:でも、そんな楽しみにはしてなさそうな、翳った顔をしています。
八兵衛:本宮の時って満月だよねー! とデリカシーのない一言を。
あおい:「どうしたの? お祭り、楽しみじゃな…」そういえば楽しみじゃなかったー! 団子でそらされてて忘れる所だった(一同爆笑)
八兵衛:団子に押し付けない!
日出鬼:何か言おうとするたびに、団子が口の中に入ってくる(笑)
八兵衛:あおいちゃん、何か見るたびに新しい団子食べてない? さっき最後の一つになってたよね?
あおい:色々考えた挙句に、「んーとね、おぜんちゃんには生きてて欲しいと思ってるから」
八兵衛:バレてーらー!
GM:それを言うか!
あおい:「頑張って助けたいと思ってるんだ!」
GM:「もう、みんな知ってるんだ…」って感じ。
あおい:「みんな、ってどこまでかわかんないけど、結構みんな知ってるみたい?」
八兵衛:長屋のみんなも知っている。
GM:「でも、あおいちゃんには無理して欲しくないの」
あおい:「大丈夫、私には妖怪がいるから」
一同:は!?
GM:キョトンとしてる。
あおい:では小脇に抱えてたスケッチブックをペロンと出してきて。
八兵衛:スケッチブックなのか。
GM:何でスケブなんだ。
あおい:半紙とか持ち歩くの大変じゃないですか。
GM:スケブもそろそろ無いだろ、何年いるんだ。
八兵衛:昔から描きためてた、お気に入りの1冊が。魔術書みたいな感じの。
日出鬼:夏目友人帖みたいな感じですね。
あおい:では1ページ目にいる、提灯お化けの絵を触ると、提灯お化けさんが出てきます。
提灯お化け
GM:「うわ」
あおい:猫耳ついた提灯が口をパクパクさせて、火をボッと吹いてから消えます。
八兵衛:頼りなーい! スゴイけど…頼りない(笑)
GM:おぜんちゃんは驚いて、後ろに2~3歩退いたあと、尻餅ついてバタンと倒れて。
八兵衛:キュゥ~。
GM:きゅぅ~はないです。「は、はは…びっくりした…」
八兵衛:結構強い子だ!
あおい:「こうやって色んな事をコッソリ出来ちゃったりするんだよ。だから大丈夫」
GM:「そっかー、そうなんだー」
日出鬼:ドン引いてるじゃないですか!
あおい:あっれー?
八兵衛:でも結構順応性高いよ。
あおい:座敷童子ちゃんの方が良かったかなぁ? と思ったり。
座敷童子の絵八兵衛:座敷童子ちゃんは出てきた後何をするか、ってのが傍目にすごく分かりにくいんで(笑)
あおい:猫耳付いた女の子が出てくるだけですからねぇ。
GM:「うん…でも、やっぱりあおいちゃんには無理して欲しくないの」
あおい:そこはおぜんちゃんの肩にバシっと手を置いて、「命を落とすことの方が、よっぽど無理だ!」ってこんこんと言い聞かせます。
日出鬼:ここは、「未来から私はやってきたの、帰るあてもないの」的な事からの繋がりで、「だからあなたもあきらめちゃダメ」みたいな。
八兵衛:そこを話すとまた話がややこしくなりそうな。
日出鬼:二人だけの秘密ね、って事にすればキレイにまとまるんじゃないかと。
あおい:秘密なんですか? 私、未来から来たってことバンバン言ってますよ。
八兵衛:なんだってー!
あおい:ほらほら「現代人ワケわかんねー」とか言われてるじゃないですか(笑)
八兵衛:あれはPL発言だ!
日出鬼:「秘密ね」って言ったら、「もうあおいちゃんったらいつも不思議な事を言って」って流れに。
八兵衛:それ、不思議ちゃんを遠巻きにそっとしてるだけじゃないか。
日出鬼:何となく上手くいくじゃないですか。
あおい:でも私はスッカリこの化政時代に順応しちゃってるので、戻る事はあきらめてるかなー。
日出鬼:それなら。
GM:ではおぜんちゃんは、いきなり泣き出しちゃいます。「う、うう…私だって死にたくないものー!」
あおい:「そうだよ、私だっておぜんちゃんには死んで欲しくないんだよ!」
GM:「私、私どうしたら良いんだろう…」
あおい:生きれば良いと思うよ!
GM:「(低い声で)いや、アンタには死んでもらわなければ困る
八兵衛:ギャー! 台無しだー!
日出鬼:「生きれば良いよ」って言った時、なぜかあおいちゃんの両手に団子がヒュッと出てきたらキレイかなーと思ってたら、敵が来た!
あおい:それ、キレイなの?
日出鬼:団子でも食べて~♪とか。
GM:ではごろつきリターンズが。
あおい:ここで私が「あなた、里見仙右衛門が雇ったゴロツキね!?」とか言ったら…
八兵衛:言わないのー!!
あおい:って言ったら台無しなんで、そこは黙っといて。
八兵衛:もう怖いわぁ、現代ッ子!
日出鬼:まじパネェー!
あおい:言わないですよ、大丈夫。
八兵衛:では足元に、団子の串がカツン! って刺さって。
GM:「ひぃ」
八兵衛:団子ごと刺すと、「あとでスタッフが美味しく頂きました」って言わないといけないので、串だけ。
GM:「何奴!?」
あおい:「あら、何この団子の串は」
日出鬼:何故そんな説明口調!
あおい:ほら、団子の串って事が分からないじゃないですか。ただの竹串かもしれないし。
八兵衛:なんて説明セリフだ、現代ッ子め。じゃぁ影のある風で、「そのお嬢さんから手を引いてもらおうか」
GM:「てめぇ、何者だ!」
あおい:し、仕事人!
八兵衛:「おめぇたちが知る必要はねぇなぁ」
GM:「ちっ、怪しいヤツめ。やっちまえ!」
八兵衛:おめーらに言われたくねぇや!(一同爆笑)
あおい:私はあやしー! って両方を見ながら、おぜんちゃんを連れて少し後ろに下がりますよ。
かも:あーヒドイ話。
GM:おかしいなぁ。


第1ラウンド
GM:では戦闘で。人数はかなり多くなってて、20人くらい。
一同:多いっ!
かも:2モブで?
GM:はい。「囲んじまえ!」
八兵衛:ちなみに仕事人ですが、演出は水戸黄門の「どかっべきっ」っていう音が入る戦闘で(笑)
かも:八兵衛、力襷だ!
八兵衛:これがあれば百人力!
かも:いや、八兵衛だから「力団子だ!
八兵衛:むっしゃむっしゃ。これさえ食えば百人力ー!
日出鬼:八兵衛って言ったらバレちゃいますよ。
かも:あ、そっか。
あおい:今私は「八兵衛と同じ役者さんが出てきた」という状況でしょうか。
八兵衛:やっぱり仕事人の時の名前がいるなぁ。
あおい:八右衛門とか。
八兵衛:それ、主人と名前の付け方のセンスが一緒だ! 何が「越後のちりめん問屋の光衛門」だよ。
日出鬼:弥八で(笑)
八兵衛:親分にあやかって。
GM:ちなみに、データはゴロツキと若干違います。
八兵衛:妖異?
GM:妖異じゃないです。

【行動値】
八兵衛…14
あおい・ごろつき…11

かも:みんな【行動値】早いな。俺9だ。
日出鬼:僕も9ですよ。
GM:では2モブが挟み込むように、別エンゲージに。ではウッカリ早いウッカリさんから。
八兵衛:ウッカリって言われた! でもなぁ…素で振るくらいしかやる事がない(笑)
日出鬼:ゴロツキだから良いんじゃないですか?
八兵衛:いや、メジャーでやる事が《必殺》と《一件落着》しかないんだ。
かも:じゃ、「これにて、一件落着!」って言ったら(一同爆笑)
八兵衛:ダーメ、ダメダメ!
かも:その場がおさまるんじゃないの?
GM:おぜんちゃんがゴロツキに殺されて一件落着。
八兵衛:いやいやいや! じゃぁ素殴りで。…団子串…いや、素手の方が良いかな、捌きながらべしっ。
GM:あべし!
八兵衛:世紀末!? えーと、素手のデータは…命中-2なのか。ビックリ。
GM:素手、当たるかな?
八兵衛:7+2Dで(ころころ)低いよ、12。
GM:あ、当たりました。
八兵衛:基本1Dなんで、10点。どごっ。
GM:その一連の立ち回りで、1モブの1/3くらいのゴロツキが吹っ飛びました。
あおい:けっこうHPあるな。ざっくりやりましょう、ゴロツキと同時行動で。
GM:どうぞ。
あおい:提灯お化けを、今度は本気で出します。
八兵衛:ひ、ひー化け物ー。
あおい:怪し…じゃない、強そうな仕事人さん。どう見ても仕事人さんの方はきっと大丈夫だろうから、自分に近い方に。
八兵衛:バレてるー! この子、何者!?
あおい:では《早業絵》でマイナー2回にして、《一筆入魂》《屏風絵巻》、《提灯お化け》を描きます。
八兵衛:その場で描いたよ。
あおい:スケッチブックの隅の方に小さく描きます(笑)
八兵衛:描くたびにぶわーって出て行くから、白く戻る
あおい:あー、それは便利ですね。そうしましょう。見開き2ページ使って。
八兵衛:減らないと思ったら大盤振る舞いだ(笑)
あおい:19です。抗魔で振ってくださいね。
GM:どうぞ、ダメージ下さい。
あおい:6Dで…ダメージが18点の火です。
GM:ではゴロツキの番です。えー…名前は付いてないけど、「A、B、C!」とやられたヤツの名前を叫びながら。
あおい:ボブぅー!
GM:ジョーン、サムソーン!! 「よくもやりやがったな、怪しいヤツめ!」と切りかかってきます。鵜狩に15。
八兵衛:当たりそうだ。お…17!
GM:四方八方から来る剣戟をかわしつつ、…団子食う? 次の武器の準備。
あおい:素手だから大丈夫かな。
八兵衛:今は仕事中じゃないんで。
あおい:わー、仕事人さん強ーい。
八兵衛:やりにくーい!
GM:「面妖な技を使うヤツめ!」と…17で。
あおい:そうでしょうとも。えー、12出したら避けれるね。(ころころ)11惜しい!
かも:その5を振り直せ!
八兵衛:これ、絶対低くなりますよ(笑)
あおい:んー、《未来の記憶》って言ったら1上げれるけど、良いわ、貰う。
GM:ではダメージが…6が出た。でかいよ、ちょっと。斬りの15。
あおい:14点通りましたー。残り8点!
かも:俺らも出た方が良いですかね?
GM:駆けつけるなら出て良いよ。まぁモブBはもう1発で落ちるでしょうけどね。


第2ラウンド
日出鬼:じゃぁここで出ます。
かも:俺は出ても防御の役には立たないからな。
八兵衛:倒してくれても。
GM:【行動値】が遅いから、どの道間に合わないかも。
八兵衛:ああ。
GM:では鵜狩さん。
八兵衛:素手ではトドメはさせないだろうなぁ。(ころころ)クリティカルだ。
GM:こっちはクリティカル出ません。1D増やしてどうぞ。
八兵衛:(ころころ)うわ、1・2! あれあれ? さっきの1Dの方がでかい。
あおい:4Dあわせて平均ですね。
八兵衛:…7点の殴。
あおい:日出鬼は行動値いくらでしたっけ?
日出鬼:9。シチュエーション的には、次のシーンの後って事にして下さい。お父さんの所に行った帰りに出くわしたという。
八兵衛:向かう途中にしといた方が、次のシーンで衝撃の事実があると。
日出鬼:そうですね、じゃ向かう途中にしましょう。
あおい:では先ほどと同じコンボで…(ころころ)お、6ゾロ。
GM:避けれません。
あおい:1D増えて…23点の火。
GM:焼かれました。ぎゃー熱いー! ではごろつき、当然鵜狩ですね。
日出鬼:僕が現れたのは別エンゲージですよね。
GM:はい。「向こうのやつ、小っこいクセに強ぇ! でもここで引くわけには」
八兵衛:引いたほうが良いんじゃないかなぁ、ゴロツキなら。
あおい:フフフ、MPを10点ずつ使っているからな。
八兵衛:でかいな!
GM:「我々も後がないんだ!」と16で命中。
八兵衛:10出せば避けれるが…(ころころ)出なくて、これは親分を呼んでも届かない。食らいます。
GM:14点の斬。
八兵衛:13点食らい。
日出鬼:では移動で、フラっと現れて、残っている雑魚を15と言って殴ります。
GM:かわせません。
日出鬼:闘鬼の篭手で殴ります。15点。
GM:落ちました。ひぎゃー!
日出鬼:ちなみに、入ってきた時すでに覚悟状態ですから。
あおい:私も覚悟してから提灯使えば良かったー。


GM:そんな感じで、ゴロツキはそこら辺にへばりこんでいます。
日出鬼:演出的に、自分がのしたゴロツキを1匹連れて家に向かうという事で。「失礼するよ」
八兵衛:連れて行ったー。
あおい:後ろ姿を目で追いながら。
GM:では連れて行かれた後で、「御用だ、御用だー」と残ったゴロツキたちはしょっ引かれていく。
あおい:八兵衛さんに「どこのどなたか存じませんが、ありがとうございました」
八兵衛:棒読みだ、この子ー!
日出鬼:目は「知ってるよ、知ってるよー」って。
八兵衛:でも私、言わないからー。ってオーラが。分かってて自然に振舞う私偉い子ーってオーラが!
あおい:わーすごい、本物の仕事人間近で見た、初めてー。
八兵衛:なんか目キラキラさせてる! じゃぁ「うん、まぁ気を付けな」と言って、逆回しで屋根の上にシャーっと(一同爆笑)
GM:逆回しとか言わない!
八兵衛:ダーっと大げさな音を立てながら宙に舞うよ。
あおい:わーすごいー。
八兵衛:生で初めて見たー、って生じゃ見れないからアレは!
GM:あ、本当にちゃんと糸見えなくしてるんだ。
八兵衛:あれは逆回しだから糸じゃない!
あおい:そこは深く突っ込まないことにして。へたりこんでしまったおぜんちゃんの着物の裾を…
八兵衛:今までさんざん突っ込んだ挙句にそれー!(泣)
日出鬼:現代人と仕事人の相性の悪さですね!
あおい:こんなツモリはなかったのにな。
八兵衛:まぁ俺が時代劇的に立場の不安定なキャラをやってるから、知ってる人がいると立場が危うくなる(笑)
日出鬼:天下人と仕事人の敵ですね。
八兵衛:テレビッ子ダメだ! 恐るべし。
GM:時代劇マニア。
あおい:マニアじゃないよ。
八兵衛:国民的時代劇だからな。
かも:日出鬼、ヤバイよ。「GMはPLに覚悟状態になる理由を聞いて、納得したら覚悟状態になって良い」って。
日出鬼:ええ!?
かも:HP0になった時以外に覚悟決める時はね。
日出鬼:マジですか! (GMに)覚悟決めて良いですかね?
GM:何で?(一同爆笑)
日出鬼:ここは覚悟決める時だと思うんですけど。
GM:何で?
日出鬼:覚悟決めると変身できるからです!
GM:何で変身しなきゃいけないの?
日出鬼:覚悟決めたいからです…。
八兵衛:順番がおかしい!
日出鬼:覚悟決めないとダメージ半減ですから…。
GM:で?(一同爆笑)
かも:いやー、こんなにポンポン覚悟決めれなかったよなぁ、このゲームって思って。
GM:まだ覚悟を決める時ではない。
日出鬼:1シーン1回覚悟決めれるって書いてあったから、毎シーン決めようって思ってたのにー。
GM:それは1シーン1回は死んでも大丈夫、ってルールだ。
あおい:で話は戻りますけど、「御用だー」って来てゴロツキは引っ立てられて、シーン終了で良いのかな?
GM:どうしようかな。このタイミングで親父さんとっちめる? そしたらここに親父さん出てくるけど。
八兵衛:えー、それはそれでおぜんちゃんが。
日出鬼:敢えて見てないところでやりたいんですよね。それを「あらあらまぁまぁ」って聞くのはおぜんちゃんの勝手ですけど。
八兵衛:おいおい。
あおい:今抜け出してきた所だからなー。
日出鬼:なるべく聞いてない方が良いです。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
思わずジェネレーターでつくっちゃったよ
ttp://to-a.ru/PohF95

「とある魔法の禁書目録(インデックス)」ネタ
2011/02/26(土) 12:29:23 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
私自身はほとんど時代劇見てないので、役者さんとかサッパリ分からないんですよ。
有名なシーンぐらいは一応分かるけど。
八兵衛が弥七を「親分」って呼んでる理由とか初めて知ったし。

結構本人の自爆というか…むしろそれが面白いんですがw
2011/03/02(水) 16:48:56 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
 >思わずジェネレーターで‥
 何だかんだ言っても、結構未来人気に入ってるご様子で(笑)。いや、あおいは良い娘だったよ?
2011/03/03(木) 21:57:27 | URL | 陽 #-[ 編集]
いや、あおいはいい子ですよ?
PLとしては、ワルノリするぐらいに大ウケ。
PCがやりにくいだろうなぁってネタですから。
2011/03/04(金) 12:12:07 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
いや、俺はいいんだけど、みにすけが「やりにくいやりにくい」って言われてたのを気にしてたんで。他のプレイヤーにロールプレイの邪魔をされるのってしんどいからな。
 ‥俺はよくされてるけど(笑)。
2011/03/04(金) 22:27:18 | URL | 陽 #-[ 編集]
ああ、それは悪いことしましたね。
上にある通り、PCがやりにくいだろうなぁってネタなんで
PLとしては大ウケです。
2011/03/05(土) 08:48:42 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック