TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年10月21日 (木) | Edit |
ルールブック参に記載のシナリオ「びるしゃな異聞」を元にしたシナリオです。
GMは秋野、元々PC4人用のシナリオを5人に変更してプレイしています。



オープニング

二つの忍びの血統に伝えられてきた、「ギギの書」「ガガの書」。
両家当主は協定を結び、争奪戦に勝った方が相手の書を入手することとなった。
その争いのため、様々な流派に散っていた血統の忍たちが集められた。
集まったのは、以下の五人。


PC1
鞍馬神流、バヨネットの巫 那々祇(かんなぎ ななぎ)…PLはアルト。
巫女として、メンバーが集まる神社の管理をしている。
【雷火】【後の先】【無拍子】で回避困難な攻撃を得意とする。


5番 キャラ絵PC2
斜歯忍軍、中学生の弔 5番(とむらい ごばん)…PLは六条一馬。
IQ45を誇る少女。魔法ステッキとドリルを振り回し、【奈落】で地面を掘りまくる。
メシをくれる人には従順。


PC3
平良坂機関、公務員の桐咲 空也(きりさき くうや)…PLは陽。
那々祇の【誘導】に合わせた【影薙】で、雑踏での戦闘に強い。
【痛打】【揺らし】を組み合わせ、通常攻撃で4点ダメージを与えることが出来る。


照子 キャラ絵PC4
隠忍の血統、凶尾(まがつび)の白狼 照子(はくろ しょうこ)…PLはみにら。
白狼の化身(【獣化】)として、普段は人里に出ず農業を営んでいる。
【悪食】【かばう】でカバー要員。せっかくの協力シナリオだし。


PC5
ハグレモノの芸人、碧乃 陸號(あおの ろくごう)…PLはなマイム。
【螺旋陣】【春香】での範囲攻撃を得意とする。


当主:「相手は、雑賀 光悦(さいが こうえつ)とその腹心が4名、計5名だ。
お主らの中でリーダーを決めよ。それは【秘密】の所に書き、GMにはわからぬようにな。
ミドルフェイズでリーダーを倒せば3点、それ以外の者を倒せば1点。
合計5点先取した方が勝利だ」
全員、【使命】は「勝負に勝つ」である。



ミドル

第1サイクル、感情を結びつつエニグマを暴く。
エニグマの偽装情報は「樹海」「ボスのペット」「ボロボロの日記」「闇の中の幽かな気配」「紋様の刻まれた面」の5つ。
空也にバインドされた「樹海(呪毒感染:情報共有が起きると、情報を受け取ったキャラは集団戦ダメージを受ける)」が早々に暴かれる。
また「ボロボロの日記(混乱:情報共有ができない)」もここで暴かれた。
結局、空也が感情を結ぶ前に得た、雑賀の【秘密】…協定を無視してでも書を奪い取りたい。クライマックス開始時に負けていても襲い掛かるというどうでも良い秘密だけを入手。
感情を結ぶ前なので、混乱も呪毒感染も起きる前に暴かれた。

そしてサイクルの最後に、雑賀が部下を連れ照子に襲い掛かった。
エニグマ「ボスのペット(指揮官:戦闘乱入できない)」により、1対4(かな?)で孤軍奮闘する照子。
雑賀のプロットから常に外れ、部下とスカりあいを繰り返し4ラウンドを無傷で耐えた。
勝者なし。


第2サイクル、「ボスのペット」も解除される。
那々祇にバインドされた「闇の中の幽かな気配(寄生:ボスの使命を達成する、が使命になる。攻撃目標と忍法はGMが選ぶ)」、
5番にバインドされた「紋様の刻まれた面(暗示:ボスの使命を達成する、が使命になる。ボスを攻撃できない)」も解除され、エニグマ終了。
バインドされているPCの秘密には「あなたは【○○】のエニグマにバインドされている」と、エニグマの効果が書かれているだけであり、暴く必要が無いと判断。

サイクルの最後、今度は雑賀が那々祇に攻撃をしかける。
「ボスのペット」は解除されているのだが、照子が感情判定に失敗していたため那々祇は誰とも感情を結んでおらず、1対4(だったかな?)での戦闘となった。
だが、プロット値の差が回避へのペナルティとなる【雷火】がうなり、何と那々祇は一人で全員を撃退。
バヨネットの流儀である「一人で複数の敵を倒す」を果たした。


第2サイクル、残る二人の【秘密】をまったりと調べる。
照子の秘密は「勝負に勝ち、家の名誉を守る」。
家って狼たちの家かよー、とツッコミ。
陸號の秘密は「雑賀に恨みがあり、この手で止めを刺すことが真の使命」。
それより最後に書き加えられた「血盟のリーダー? そんな訳無いじゃないですか、はっはっは。でゅわでゅわでゅわ」の方が受けた。
ちなみに、那々祇は「リーダーである」、5番が「りーだー」、空也が「ダーリー」、照子は「うちはリーダーじゃないよ」であった。
そして雑賀と交戦、6ポイント先取で争奪戦に勝利する。



クライマックス

部下を率いて襲い掛かる雑賀。
迎え撃つPCたち。
那々祇の【誘導】の演出…手を広げると、式神がばさばさばさっと広がり、周囲を雑踏に変える…というのが、このセッションで一番忍法っぽかったと思う。
5番が【奈落】ドリルで雑賀を穴に落とし、見切られることがなくなった照子(【獣化】済み)が奥義「白竜顕現」(範囲攻撃)。
「白黒の世界に一本の横線、それは白竜となり周囲の敵をなぎ倒し、天に去っていく…(みにらは「大神伝」やってました)」
「おおー。指定特技は?」
詐術です
「嘘かよ!!」
などとやり、結構アッサリと雑賀は倒された。



エンディング

「当主、勝ちましたよ。ギギの書、手に入れましたか?」
「雑賀が持ち逃げした。まぁ約束を守るとは思っていなかったが」
「まぁガガの書まで持っていかれなくて、良かったかなぁ」
と親戚一同集まって、勝利の宴会をして終了。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック