リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Middle05:自動給湯ゴーレム登場 

GM:さて、じゃぁ…随分ハミゴにしていたフランのシーン。
フラン:ハイ(笑)大丈夫ですよ。
GM:前回のシーンの続きから。
フラン:起きたー。

GM:窓から差し込む光は、かなりいい時間な事を示している。
クローム:寝過ごしたー。
フラン:あぅぅぅ。
GM:のそのそと起きてきた所で、「ピンポンパンポーン…ブルギニオン寮のフラン=ベルジェさん、ブルギニオン寮のフラン=ベルジェさん…」
フラン:「はーい」
クローム:「いつまでも寝てないでさっさと出てきやがれ」(一同笑)
GM:どこの誰ですか(笑)「クラブハウス1号棟5階、503号室までお越しください」
フラン:あ、学生会館の方で呼ばれたわけじゃないんだ…クラブハウスね。着替えて、食堂で食パンを買ってから行きましょう。焼きそばパンは高いですからね。
クローム:んだ。
GM食パン…焼きそばの分を引いて、10Gくらい
フラン:た、高いですね。「普通の食事」くらいのパンは無いんですか?
GM:あーじゃぁ…?(一同笑)
クロームパンの耳!!
GM:耳って普通もらえるだろう。えー、朝食と夕食は、寮で出るんですが、もう終わってるんですよね。
フラン:あーなるほど、寝過ごしたから…。
GM:当然食堂には誰もいなくて、オバチャンも奥の方で片づけをカチャカチャやってるみたいです。
フラン:食堂で何か食べて、というのは無理っぽいですね。仕方ないので購買に行って何か買いましょう。
GM:購買となると生協か。クラブハウスに行くには結構遠回りになるんだが(笑)
フラン:えーでも、朝ご飯食べずに行くわけにはいかないでしょうー。
GM:寝坊したキミが…。
フラン:ゲフンゲフン。
クローム:(地図を見て)あー生協って結構遠いですねぇ。
フラン:では仕方ないので、食べるものはあきらめてお茶でも飲んで行きましょう。
GM:お茶は自動給湯器みたいな…自動給湯ゴーレムがいますから。
フラン:(コップを差し出す)
GM:「(かなり変な声で)アァー」(←ゴーレムが給湯した音らしい)
フラン:あー、って(笑) 多分それにも慣れてきてるでしょう。
クローム:そうなんだ。
GM:お茶が色々並んでて、ボタン押したら自販機みたいに「アァ」(お茶を入れる音)「にょき」(コップを持った手が出てくる)、受け取ったらドアがバタン! と閉まる。
フラン:な、なるほど(笑) では顔を洗ってお茶だけもらって、クラブハウスに行きましょう。
GM:はーい。


フラン:「くらぶはうすー」
GM:さて、そこで…キャラシーを。
フラン:ああ、はい。どうぞ。
GM:(ころころ)
フラン:何かダイス振られましたよ!?
GM:はい。(キャラシー返品)ではクラブハウスに裏道などを駆使して行くわけですが…静かです。
フラン:「あれ? 今日は部活勧誘祭のはずですが~」
GM:はい、露店も出てるし、演武をしてるような所もあるんですが…演武をしてる人はいないし、露店にも人はいない。
フラン:う~ん? ほぇ~?
ルシオン:で、部室に入ったら闇がドーっと襲ってきて、「は、朝か」って(一同爆笑)
クロームまたかー!!
GM:そんな所を抜けて行きます。
フラン:なんなんだろう、みんなお昼休みかな? とか思いながら行きます。

GM:では、そんな感じでクラブハウス5階の503号室。
フラン:5階建てって、結構大きいですねぇ。
GM:うん。たった3棟しかないのに、ありとあらゆる部活があるわけだから、そんなもんだろう、と勝手に推測しました。ちなみに5階が一番上です。
フラン:「コンコンコンコン」
GM:「どうぞ」って、そこが何の部屋か確認しないの?
フラン:あ、ホントですね。何部でしょう、オカ研?
GMオカ研
フラン:あー、この間、幽霊の話言ってたからかなー。「こんにちはー、フランですけどー」と言いながら入っていきます。
GM:では、「キィィィ」
フラン:ここのドアもこういう音で開くんですか!
GM:とりあえず、扉はそういう音で開くらしいから(笑)
ルシオン:学園全部、立て付けが悪いんじゃなくて、そういう仕様になっています。
GM:さて、入りました…そこでシーンを切ります。
関連記事

category: AR CP1 3「願い→欲望→執念」

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/65-0fed44c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール