TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年08月30日 (月) | Edit |
◆Climax◆

GM:ではクライマックスです。爆音に気付いて駆けつけた所、そこには倒れている志津男の姿が。
恭介:「おじさん!!」
熱波:君が私を助けている頃、私はもう…
黒鍵:いやいや!? 遺書ですか!
GM:ハルトはロッジから身を乗り出して、「姉ちゃん!」と叫んでいる。
あゆみ:シェルダンめー、何てひどい事をー。(※天羅WAR)
GM:シェルダン関係ない!
恭介:僕の姉ちゃんはどうなったんでしょう?
GM:吹っ飛んだ小屋があって、その近くに倒れている。その吹っ飛んだ小屋の近くでは、ダンがノドカを小脇に抱えて立っている。
あゆみ:やっぱシェルダンじゃないですか。
GM:あぁ、本当ですね。まぁコイツは逃げないので。
あゆみ:まぁ良いや、それはそれとして。
恭介:ノドカっちを離せー。
あゆみ:「っち」って言うのはヤメレ(笑)。いつの流行ですか。
GM:では配置をしておきましょう。ダンとノドカが同一エンゲージ。佳奈美さんと志津男は別々の所で倒れている。ハルトは少し離れた小屋…と。皆さんは各方面からやって来たという事で、適当に出てきて下さい。同じ所に行った人は同じエンゲージに出てくるという程度で。

クライマックス戦闘図

GM:はい、じゃ皆さんが爆音に気付いて戻って来た所から。ダンはノドカを小脇に抱えて、ハルトを脅している。「さあ小僧、こちらに来い。姉の命が惜しかろう。そして、その力を俺に示すが良い!」などと言っている。
黒鍵:コイツは自分の英語がハルトに通じてない事を分かってない時点でアウトだと思う(笑)。
GM:まぁ「こっちに来い」と言っている事は、ハルトにも分かったようです。
黒鍵:ほう。
GM:ダンはノドカの首を絞めつつ、「ゆっくりしてると姉が死ぬぞ?」と脅す。
恭介:それはひどい!
GM:ハルトは困りつつも、「姉ちゃん! …分かったよ」と足を一歩踏み出した所で皆さんが登場。
黒鍵:はーい。
GM:「チッ、邪魔が入ったか。だがここで退くワケにはいかねぇな。何たって《瞬間退場》はさっき使っちまったからな」
恭介:1回しか使えないのか。
GM:ええ。「戦闘が始まったから《ディメンションゲート》も使えねぇしな」
恭介:どうにかしてお姉さんを助けないとね。
黒鍵:ルール的にエンゲージしてカバーリングすれば良いだろう。
GM:はい。あ、皆さんと同じタイミングで、三人の部下も帰ってきます。
黒鍵:何だってー。
雄介:逃げたくせに。
あゆみ:逃げられたからちゃんと倒せてないんですよね。
恭介:三人で合体するんですね。
黒鍵:合体ジャーム。
GM:1がソード、2がシールド、3がガスね。全部ダンと同じエンゲージにしましょう。
黒鍵:範囲攻撃取っとくんだったー。
GM:成長させるなら今のうちだよ(笑)
黒鍵:経験値が足りなかった。
熱波:リビルドするなら今のうちだよ!
黒鍵:よしっ!!
GM:しないでー!
熱波:ここは島パワーで経験値を15点くらい…
GM:出ません(笑)。島パワーは「減らす」しか出来ないよ。じゃぁ始めますか?
黒鍵:やるしかないだろう。まずは盾役から潰すか。


GM:ではまずコレから。ダンが「小僧! こちらに来たらこの様な力を振るうこともできるのだぞ!」と言いながら爆弾を投げます。ぼーん。
あゆみ:それ、爆弾投げただけやんけー。
GM:ものっそい閃光と爆音がして、Eロイス「堕落の誘(いざな)」を使用し、衝動判定です。
黒鍵:どうなるんだっけ?
GM:衝動判定に失敗したら、侵食率100以下の人は100になる。
黒鍵:とっくに100超えてる(笑)
GM:まずは登場で1D増やしてー。
黒鍵:5増えて120。
熱波:10増えた! 130!
GM:では衝動判定を。<意志>で9です。
黒鍵:成功したが、2D増えるんだよな?
GM:はい。
黒鍵:うぉ、もう131なんだけど! これ帰ってこれるのか…? ここから攻撃もするのに(笑)
GM:全員成功ですね。そして全員100超えてるんですね(笑)。
一同:はーい。
GM:ところが残念、ハルト君は失敗です!
黒鍵:にゃんだってー!!
恭介:なんだってー!
GM:「う…うぁあああ!? 何だよ、これ!」と暴走します。
黒鍵:暴走の内容は?
GM:「解放」です。「姉ちゃんを放せよ!」って言いながら、走って行こうとする。
あゆみ:その解放じゃないような気がする(一同爆笑)
熱波:自分の力が解放されてるんじゃないのか。
恭介:僕はハルト君をこのタイミングで止めるべきか、お姉さんを助けるべきか迷いますね。
GM:ハルトは走って行こうとしますけど、行動順は最後です(笑)
恭介:あ、そうか。
GM:ノドカはその衝動判定で「うっ」と意識を失います。
熱波:そしてノドカはタイタスに?
GM:ならないよー。死んでない。気を失ったので、攻撃を1発食らったら戦闘不能、もう1発で死亡ですね。


第1ラウンド
黒鍵:セットアップだな。
雄介:《サポートデバイス》使っときましょうか。
熱波:《虚無の城壁》使います。
GM:こちらはシールド・アイズとガス・プレッシャーが《ヴァイタルアップ》を使います。
黒鍵:チッ
熱波:お約束ですな(笑)
GM:とは言っても、こいつらはHP1で逃げてきた状態なので。HP低いです。あと、ダンが《小さき魔眼》を使いますね。爆弾型の魔眼がシュルシュルと。
熱波:爆弾型の魔眼?
黒鍵:目が「爆発させないで」と語っている(笑)。涙目になって「投げるの? 投げたら私、爆発するんだけど」とこちらを見ながら訴えている
あゆみ:いやいやいや。
恭介:爆弾、涙目。
GM:はい、ではイニシアチブに…ダンがすいません、《極大消滅波》をドーン。
黒鍵:それってシーン?
GM:いえ、範囲なので。二人いる所にしましょうか…(ころ)恭介さんと熱波さんのエンゲージに。
黒鍵:きょくだいしょうめつはー。
GM:でもこれって避けれないんだよね。
熱波:うん。
GM:ではダメージを(ころころ)無駄に出目が良い。48点。
あゆみ:《波紋の方陣》…は、一人にしか使えないんですよね。
熱波:うん。それに48点から死なないだけ減らせるか?
あゆみ:いま8D減らせますね。どっちにいきましょう?
黒鍵:恭介かなぁ?
熱波:俺はHP一桁だからな(笑)。あとはタイタス切ってロイスを取っての繰り返しで生き延びるしか。
あゆみ:じゃ恭介に(ころころ)42点減りました。
恭介:6点くらいました。
熱波:私は…何を切ろうかな。イキナリ?(一同爆笑) 島は最後だな。テレーズ・ブルムのタイタスを昇華。

GM:では【行動値】順に。あゆみさんから。
あゆみ:《エンジェルヴォイス》《風の渡し手》《ハードビート》。攻撃役の四人に。
熱波:俺は攻撃できないよ? メジャーアクション、無し!
あゆみ:あ、そっか。NPCは戦闘参加しないよね?
GM:NPCは…戦闘参加するというか、どういう事を言ってる? 攻撃は食らうよ?
黒鍵:ぶっ。
あゆみ:メジャーアクションを消費するような。
GM:あぁ、しないです。エフェクトを使ったりは…あ、志津男さんが1回だけ《妖精の手》を使ってくれます。
あゆみ:わーい。えーとどれだけ増えるんだ…
熱波:起源種だからLvが+2されてるんだよな。《エンジェルヴォイス》が3→5になってて5D、《ハードビート》が5→7で攻撃力+14点。クリティカル値は-1。
あゆみ:そんな感じで。この期に及んでデータを書ききってないというのがね。毎度の事ながら。
雄介:次はウチかな?
GM:いえ、ソードが13ですね。
雄介:なーにぃー!?
GM:ソードはこれが最後の行動になると思うけどー。
黒鍵:そういう事言うなよ(笑)
GM:こいつは足止め要員だからなー、どこ行こうかなー。
黒鍵:足止め要員とか言っちゃダメだろ(笑)。まぁ足止めなら、エンゲージ二人の所に行けば良いんじゃないですかね。
GM:ですよねぇ。黒鍵様の所か、恭介君の所か…まぁ二人いる所、恭介・熱波のエンゲージにたったったーと走って行って、恭介さんを殴りますよ!
恭介:はい!
黒鍵:「恭介さん、殴ります!」何て礼儀正しい(笑)
GM:それはGMの喋りです。先ほどと同じ、《貫きの腕》《貪欲なる拳》《炎の刃》《コンセ:エグザイル》。ガード不可です。(ころころ)お、最後の1個がよく回って…41。
恭介:30までしか行かなかった!
黒鍵:頑張ったのにな。
GM:すごい。ではダメージが40点。
あゆみ:1ラウンド1回だから《波紋の方陣》は使えない。
恭介:何か昇華させます。
熱波:こっちもさっきタイタス切った所だからな。まだ盾が出てない以上、ちょっとかばいにくい。
恭介:まぁ霧谷さんを昇華させる。
GM:はい、では次は雄介さん。
雄介:ほい。盾役潰した方が良さそうですね。
GM:まだシールド出てないからね!
雄介:フルで叩き込みます。判定20D。(ころころ)
黒鍵:侵食率が思ったより厳しい。あと2回攻撃できれば良い方(笑)
GM:最後にEロイスで5D帰って来れますからね。ちょっとマシだとは思いますが。
黒鍵:何がやばいって、《神獣撃》で1回ごとに《完全獣化》が解けるのがヤバイ。我ながらアホなキャラを作ったもんだ。
熱波:ネタのためだけに(笑)。《神獣撃》を1回減らすか。
GM:あ、忘れてました。戦闘ラウンド×10点ずつ、ハルトの侵食率が上がります。
黒鍵:早く終わらせろ、って事だな。
GM:ええ。まぁハルトはバックトラックで6D振れますから、余裕ですよ。
黒鍵:元値が分からん。
GM:100です。さっきの「堕落の誘い」で100になりました。
黒鍵:なるほどな。
あゆみ:まぁハルトはエフェクト使わないですからね。それ以外では増えな…
熱波:《ヨモツヘグリ》!(一同爆笑)
あゆみ:何でよ!?
雄介:(…ころころ)
GM:まだ振ってるー!
黒鍵:殺せ! 殺せ!
あゆみ:回せ! 回せ!
雄介:あぁ、止まった。65。
熱波:《妖精の手》!! 俺はできないけど(笑)
あゆみ:やっときましょうか。
雄介:ボスじゃないでしょ!?
GM:そうですよ。こいつのHP、21ですよ!?(一同爆笑)
黒鍵:ひどい!!
恭介:部下の三人に使うのはもったいないね。
GM:誰も範囲攻撃を持ってないとは盲点だった(笑)。まぁガードしますよ。《グラヴィティガード》で最大30点なので、51点越えたら死にます。
熱波:私にはこの何物にも貫かれない盾っ…がぁっ!
あゆみ:無かった。
GM:先に振っとくよ(ころころ)。18なんで、39以上出たら「おぶべぁー」って死にます。
恭介:おぶべぁー。
黒鍵:おべべべべべ。
GM:頑張ってK林さんっぽい食らいボイスを演出してみたんですが。
恭介:ヒャッハァアー!!(一同笑)
熱波:そんな食らいボイス、嫌だ!
黒鍵:嬉しそうじゃないか。
恭介:テンション上がってきたぁー!
黒鍵:みなぎってきたぁー!
雄介:(ころころ)ダイスだけで50のー。
GM:おわた。死んでる。
雄介:88の…102点(一同爆笑)
GM:消し炭ですわ!「ぎーやー」
熱波:オヴェァァ…!
GM:では、次は9かな? ダンと恭介だね。
恭介:さっきみたいにむわむわむーやっときます?
熱波:むわむわが何やってくるか分からないからな。
恭介:さっきやられる前にやったから(一同爆笑)
熱波:もう、知らなくて良いじゃん? って気がせんでもないが。
黒鍵:ソードでも良いよ。今エンゲージされてるけど、恭介は移動エフェクト持ってたっけ?
恭介:《氷の回廊》が飛行状態で移動できるんで大丈夫です。
GM:ソードは飛べませんからね。まぁ、ガスもソードも当たれば死にますよ、多分(笑)
黒鍵:そんなぶっちゃけなくても(笑)
GM:ソードはそもそもジャームじゃないので、《ヴァイタルアップ》はしてません。HP1です。(※ジャームではないというより、侵食率が100超えてない設定)
黒鍵:そっか、俺が「えい」ってやって死んで生き返ったままか。
GM:ええ。
黒鍵:これは熱波さん、やれるかも知れないよ?
熱波:多分当たらない(笑)
恭介:じゃ、目の前のヤツで良いです。
黒鍵:軽く「エイ」で? 余り軽すぎると当たらないか。
GM:一応《リフレックス》2と《陽炎》3があるんで、回避は10D振れます。C値8で。
恭介:コンボで…(ころころ)58かな。
GM:25で止まりました。装甲値が10でHPが1ですよ。
恭介:固定値で死ぬかな。+50点だから(一同爆笑)
GM:うぉ。じゃクルーエル・ソードは「うぉっ」と倒れました。死にはしないけど戦闘不能。
あゆみ:タイタス昇華、ばたっ。タイタス昇華ー、ばたっ。
GM:しないです。じゃダンですね。
黒鍵:おお、あっという間に配下が二人もやられたダンですね。
熱波:ダンダダーン。
GM:では…あゆみと雄介の範囲に。マイナー《ブレインコントロール》《ダークマター》、メジャー《コンセ:サラ》《プラズマカノン》《黒の鉄槌》《因果歪曲》を使います。ドッジ-4個で射撃攻撃ね。
雄介:うん
黒鍵:何その薄いリアクション(笑)
雄介:いや、振れないなーと思って。【肉体】1しかないんですからね、俺(一同爆笑)
黒鍵:やばい、ドッジを選択した時点でファンブル確定。銃だからガード値もないしなぁ。
雄介:ええ。煮るなり焼くなり好きにしやがれ!
黒鍵:男らしい(笑)
恭介:1だと侵食率でダイス増えても振れない? …あ、さっきの命中、侵食率のダイス忘れてた。
雄介:1D振れるか。ウチもさっきの命中の時忘れてた。本当ならもっと増えてたやん。
GM:(ころころ)66!
雄介:避けれるワケねぇー!
GM:あ、あゆみさんもですよ?
恭介:0を連続で7回出せば避けれる!
雄介:(ころ)10…17。止まった、無理!
あゆみ:こちらは振れるダイスが無いので、無抵抗。起源種はダイスが増えないので。
黒鍵:無抵抗(笑)
GM:ダメージが44+7Dですかね。84点。
雄介:ダンのロイスを「三下」で取ってたんですけどね。これをタイタスにして昇華。ハイ。
あゆみ:こちらは敷島あやめを昇華。
GM:ではダン終了。次は8、熱波とガスです。
熱波:では先に盾を出させてもらいます。マイナーで《シールドクリエイト》《ダブルクリエイト》。メジャーで移動しとこう。
黒鍵:ですね、エンゲージしとけばひょっとお姉さんに何かあっても普通にかばえますし。
熱波:うん。メジャーでエンゲージ。
GM:やっぱりこう来ましたね。
熱波:「ハルト君のお姉さんを返してもらいますよ。私がどうなろうと知ったこっちゃない」(一同爆笑)
黒鍵:男らしいのか何なのか(笑)。
GM:じゃガス・プレッシャーの番です。ダンが「アレを使え!」と言います。ガスは聞こえてるようですね。
恭介:粉塵爆発?
GM:口(?)の中に何かモゴッとくわえて、それをノドカに打ち込みます! ぼふん。「ブラックアビス弾」です。
熱波:どこの団体?
あゆみ:いやいや!?
熱波:侵食率上げるヤツだっけ?
GM:ええ。ブラックアビス…侵食率+10して、1ラウンド全部の判定ダイスを+2個するとかいうヤツですね。
黒鍵:おお、これでノドカが驚異的な力を発揮してダンの腕の中から脱出!
GM:ノドカはレネゲイドに全く適応していないので、無理矢理打ち込んだらジャーム化するんじゃないかな。
黒鍵:なるほど。
熱波:ブラックアビス:そのラウンドの間、あなたが行うあらゆる判定のダイスに+2個する。ただし、あなたの侵食率に+10する」というのの「あなた」を「ノドカさん」にするような?
GM:そうですね。
熱波:ややこしいな。ノドカさんの判定ダイスが2個増えました。
GM:ええ。このブラックアビス弾に加えて、普通に攻撃もします。
熱波:面倒くさいヤツ。
GM:どうします?
黒鍵:庇って貰わないとまずいんじゃないのか。
熱波:俺がかばったら、俺の判定ダイスが+2個?(一同爆笑)
黒鍵:それだ!
GM:庇っても庇わなくても良いです。庇わなかったら、後で除去するという判定ができますよ。
黒鍵:ふーん…でも余裕があるうちは庇って貰った方が良いだろうな。
熱波:庇いますよ。
GM:では達成値を出してダメージも出しますね。《流血の胞子》《振動球》《バランスブレイク》《コンセ:ソラリス》。
熱波:待て(笑)
GM:まぁダメージは大したことないですよ。(ころころ)14点ダメージですよ。
熱波:なんだそれ!(一同笑)
GM:邪毒と重圧ですよ。
熱波:なんだそりゃ。《セットバック》でどっちも回復。
黒鍵:あああぁぁあぁ…。
熱波:《八重垣》使わずにカンだな(笑)
黒鍵:防御力過多ですね。
GM:はい。まぁここで移動できてなくても、ガード役がスパーンとカバーできればカッコ良かったんじゃない? という感じでした。
黒鍵:なるほど。
GM:ではガスの行動終了。
熱波:じゃガードしつつ、何か言っとかないといけないかな。
GM:どうぞ。
熱波:お前たちの策略は見え見えなんだよ
黒鍵:引っかかったクセに(笑)
GM:「な、何ィ!?」とダンはビックリ。ハルトは姉ちゃんを庇って貰ったのを見て、安心します。ノドカに大事無かった事を確認し、「ふぅ…」とマイナーで暴走を解除。
黒鍵:おお!
GM:「あぁ、良かった姉ちゃん。ありがとう、皆ありがとう! 僕も何か手伝うよ」と言って…任意のタイミングで「触媒」を使ってくれます。
黒鍵:Dロイスの効果だよな? もう1回行動できるっていう。
GM:そうそう。
黒鍵:えーっと、俺行動しても良いかなー?
GM:どうぞ! 先でしたね、すいません。
黒鍵:どうしようかなーって悩んでる所だったから良いんだけど(笑)
GM:まぁ、カバーした後の一連の流れという事で。
黒鍵:という事で。マイナーアクションで《完全獣化》《破壊の爪》《ハンティングスタイル》で移動して…どっちを殴ろうか悩んでるんだよな。これで10使うから141なんだ。
恭介:むわむわむーか、ダンですね。
黒鍵:むわむわむーを、オーバーキル! ってやって、後は皆がダンを殴るのをキラキラキラ…って笑顔で見てるとか。
GM:《神獣撃》を使わずにガスを殴るとか。
熱波:ガスを残しておくと、行動放棄してダンを庇うとかやりそうだな。
黒鍵:そうですね。じゃむわむわむーを《コンバットシステム》《コンセ》のみで攻撃しときますか。(ころころ)83+1で84ですね。
恭介:すごい。猫神様、すげぇ。
GM:(ころころ)わ、3ゾロだよ。当たりました。
黒鍵:基本9D+28です。
GM:固定値で死にます。
黒鍵:面倒くさい、死んで。
熱波:プシュゥ~…。
GM:と、ガスは死にます。
黒鍵:「そろそろ降伏した方が良いんじゃないのか。あとはおぬしだけじゃぞ」…今は猫だからかっこいいぜ
GM:あ、本当だ! 《神獣撃》使って無いから(笑)
黒鍵:もう黒い丸とは言わせない。
GM:お前は一体何だ?
雄介:えええー!?
黒鍵:同一人物と思って貰えてない様子(笑)。
熱波:(ダン)「ぃやかましぃー! お前らもろとも、爆発しちまえ!」
GM:という感じで。
黒鍵:採用されちゃったよ。
恭介:(ダン)「ぅるせぇんだよ!!」
黒鍵:次のラウンドのわらわの番まで、生きておるかのう。
GM:何なら先に「触媒」使わせたら良いじゃないですか(笑)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。