TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年08月26日 (木) | Edit |
◆Middle08◆

GM:では次のシーン、出る人は出てください。情報収集や整理をするシーンになります。
黒鍵:はいはい。
あゆみ:それは出ますよ。
黒鍵:そっか、皆で集まって情報を整理してなかったな。
恭介:さっき聞くべき事はだいたい聞きましたけどね。
黒鍵:問題は、ヤツが瞬間退場でどこに逃げて、次はどこにいつ来るかって事だな。
恭介:そうですね。ハルト君には護衛をつけないといけません。
黒鍵:しかも《ディメンションゲート》で来たからな。どこに来られてもおかしくない。
恭介:任意の空間に現れることができる?
黒鍵:そうだったな。
熱波:自分の知ってる所にゲートを開いて移動する。
GM:見える範囲まで船で近付いてきて、望遠鏡で見て「あそこに行くか」とゲートを開いた、という感じを想定しています。霧が濃かったから、どちらからもちゃんと見えないんですね。
黒鍵:目測をあやまって「砂の中にいる」とかを期待したんだが(笑)
熱波:海の上にいる。
GM:一応、こちらで決めている情報項目は、「ダンの目的を探る」という事ですね。<情報:UGN、裏社会、軍事>。
黒鍵:どうやってダンがここを知ったんだろう。
雄介:それが気になりますね。
あゆみ:難易度はいくらになりますか?
GM:8です。これで、どうやってダンが知ったのかも分かりますね。一人成功すればOKです。
あゆみ:《ベーシックリサーチ》って言ったら分かりそうですね。他の人は侵食率を温存してもらえば。
雄介:ウチは余裕あるよ。
恭介:じゃ僕は、その間ハルト君といますよ。
あゆみ:すでに友達になった自分が調べるので、その間他の人はハルトと仲良くなってて下さい。
雄介:どうやって友達になるか、全く考えてなかった(笑)
GM:ではどうぞ、振って下さい。
あゆみ:(ころころ)10が出ました。
GM:では分かります。ダンが、「ハルトは特殊なオーヴァードである」と知ったのは、無線傍受です。志津男が霧谷に、「皆さんを寄越してください」と連絡したのは無線だったので。島から出て、近隣の国から無線を打ったという。
恭介:うかつだったな、お父さん。
GM:その当時の暗号で打ったんですけど…
黒鍵:6年前の暗号で!(笑)
GM:ええ。ぶっちゃけバレバレ。
熱波:鳥かごは用意した。鳥を寄越してくれ。
GM:まぁ、そうやってダンはハルトの事を知りました。島の場所までは分かっていなかったんですけど、そちらは豪華客船支部を追跡しました。
あゆみ:なるほど。
GM:そしてダンは部下を呼び出して、この島に渡ってきた…という事が分かっています。ダンの目的はハルトを勧誘することでしたが、失敗した。
黒鍵:早っ!
恭介:あれは勧誘だったのか…。
GM:彼としては勧誘のつもりだったんでしょう。彼の今までの行動を考えると、彼が次に行うのはテロとなるだろうと思われます。というわけで、「テロの方法」の情報を探ることができるよ。
黒鍵:ほう。
GM:テロの情報は、<情報:UGN、裏社会、軍事>の10です。
黒鍵:高いな。
あゆみ:ていうか、その手下っていうのも気になりますよ。
GM:では、12が出たらどんなタイプの部下がいるのかまで分かります。
黒鍵:その「テロの手口」には、襲ってくる時間とかも含まれる?
GM:はい、分かります。
黒鍵:それなら手口を調べた方が良いか。仲間も気になるが…。
GM:あぁ、ここで12を出したら、どんなタイプのヤツがどこに来るか、まで分かります。もう1回調べたら、更に細かいことまで分かるという事にしましょう。どのエネミーを元にデータを作ったかというヤツですね(笑)
雄介:じゃ登場して。<UGN>でコネ使って調べます。…どうやってこのコネ使うんだ。
GM:今までのデータの蓄積じゃないですかね? 貴方の脳が、そういう事をどこかで記憶してたんじゃないでしょうか。
雄介:じゃ、ノーパソの中に入れといたのを調べた、という事にしようか。
GM:ノイマン的に。
雄介:ノイマン的に…(ころころ)10。
GM:ではテロの手口です。ダンは島を破壊し、家族をあぶりだそうとしている。彼は爆弾を島の3箇所に仕掛けた
黒鍵:仕掛け済みかよ!!
熱波:過去形かよ!?
GM:桟橋・家畜小屋・岩山の3箇所それぞれにダンの部下がいる。
黒鍵:いるんだ!?
GM:このシーン内でしたら、他の人が調べて12が出ればどんなタイプがいるかわかります。
黒鍵:ダメ元で良いから調べておこう。
熱波:1回の判定で、誰がどこにいるのか、3つとも分かる?
GM:はい。
熱波:試してみても良いけど…【社会】1だから侵食率で2個増えても3つです。
恭介:あぁ、そっか! ダイス増えてるの忘れてた。
熱波:でも6+1で7…財産ポイント使うとかアリ?
GM:アリですよ。12までブーストしてくれれば。
熱波:無理!
黒鍵:12は厳しいなー。(ころころ)あ、10が出た。18! はぁー良かった。
雄介:さすが。
黒鍵:登場の侵食率忘れてた。(ころ)8も上がった。もう90って!
GM:桟橋には“クルーエル・ソード”という白兵の人。唯一マトモに話ができそうな人です。
黒鍵:ぶっ。他はマトモに話ができそうにないのか!
GM:ええ。
あゆみ:そこと話が出来ても。
GM:家畜小屋には“ガス・プレッシャー”。そもそも人間状ではない、ガスっぽい人(?)です。岩山にいるのは“シールド・アイズ”。ガード型。体の半分が黒い鱗の様な殻に覆われているという…こんな感じの三人です。(カードを渡す)
ソード NPCカード
ガス NPCカード
シールド NPCカード
※この時にはイラストに名前を入れ、タイプだけ書いたものをお渡ししています。

黒鍵:ガードが一人か。
GM:ガード、白兵、RC攻撃の三人ですね。
恭介:この気化してる人がすごいですね(笑)
GM:人じゃないけどね!
熱波:ギズモ?
黒鍵:爆弾が爆発するまで、どれくらいある?
GM:次のシーン。
黒鍵:えーっと…
GM:つまり彼らが、「破壊神顕現爆弾」ってのを持ってるわけですよ。彼らを止めに行けば、止まります。
黒鍵:あぁ、次のシーンでヤツらを止めに行って、倒すか退散させればOKか。
GM:そうです。
黒鍵:破壊神顕現爆弾…すげー名前だな。
雄介:三下のくせに(笑)
GM:つまりEロイスがここで3つある、って事です。
恭介:本当だ。
黒鍵:で、時間はどれくらいある? 分かれていかなきゃダメだよな。
GM:そうですね。


GM:あ、すいません、RBの二人。
黒鍵・熱波:はい?
GM:島が話しかけてくるというイベントがありました。
黒鍵:何!? 島がRB来たー。
GM:お二人が一緒にいるシーン…情報収集の合間、一緒に調べたりするかなぁ?
あゆみ:イージーエフェクトの《蝙蝠の耳》でそれは聞こえますか?
GM:いえ、聞こえない。
熱波:という事は、我々にしか聞こえないのか。
GM:そうです。
熱波:さっきのシーン終わって俺が気絶して、ハルト君に介抱されてるという事にして欲しいんだけど。そこに一緒にいてもらえれば。
黒鍵:うん。一応助けてくれたっぽいし、手当てするか。みたいな。
GM:じゃ、そんな感じの所で良いですか。シーンは別に作らないので、情報収集の続きで。
黒鍵:良いよ。
GM:では二人の耳に「…そこの二人、聞こえますか?」
黒鍵:あーあーきこえないー。いやいや(笑)
熱波:その瞬間、気絶していた俺はバチっと目を開けて、二人で目を見合わせる。
GM:「私は現在、RBと呼ばれる存在…島です」
黒鍵:島ですって(笑)
雄介:島が喋ったー!
恭介:RBの島さん(名字ふうに)です。
熱波:「島さんですか。興味深い」
黒鍵:「名は無いのか」
GM:「島、としか呼ばれていない」
黒鍵:「そうか…この島も難儀なヤツだ
あゆみ:そのうち、島シマオとか呼ばれるようになる。
GM:やめてください(笑)「もともと、私はただの島だった。しかし、家族がこの島に来てから、うっすらと自我が芽生えた。どうやら、ハルトの賢者の石を、私が吸い取ったらしい。それでRBになったらしい」
黒鍵:へぇー…
あゆみ:あ、そうだったんですか。
黒鍵:じゃ、ハルトは今は100%純粋人間って事?
GM:ただのオーヴァード。
黒鍵:そっか、オーヴァードはオーヴァードか。
GM:そうです。
あゆみ:Dロイスが無いだけのオーヴァード。
黒鍵:かわいそうに。
GM:「どうやって吸い取ったかは、私には分からないが」
黒鍵:まぁ良い、そこは突っ込むまい。
GM:「島の3箇所に爆弾が仕掛けられたようだ。それを食らうと、私は死ぬだろう。出来れば解除して欲しい」
黒鍵:ぷっ。
GM:「どうも、ハルトはこの島にロイスを持っている
黒鍵:なるほど! そっか、確かに島を褒められたらめっちゃ嬉しそうだったもんな。
GM:そうなんですよ、実は。今のハルトのロイスは、父・姉・島・あゆみ・恭介。で、今皆さんはハルトと仲良くしてくれてるので、「おそらく爆弾を解除すればヤツはまた襲ってくるだろう。その時、少しだけ手助けが出来ると思う」
黒鍵:なるほど。さすが島。「ここに来たよ」ってすぐ教えてくれるのか。
GM:そうそう。それと、あとは島がコッソリやってた事をやってくれる。
黒鍵:
GM:ハルトをジャーム化させない為に、島は《リプレッション》を使っていました
熱波:侵食率を下げるヤツだっけ?
GM:はい。これをハルトにコッソリ使ってたんですよ。
黒鍵:すごいじゃん、島。何で見ず知らずの人にそこまで?
GM:ハルトの賢者の石を吸い取ったという自覚があるからじゃないですかね。
黒鍵:なるほどね。
GM:で、この《リプレッション》4レベルを、ハルトのロイスが足りててハルトに使う必要がなくなったから、皆さんに使えるよ。1人ですけど、20%下げれる。
黒鍵:いつ使えば良いんだ?
GM:バックトラックの時にでも思い出してくれたら良いです。(※タイミング:メジャーなので実際はバックトラックでは使えないと思うが、ここはイベント的に処理します)
黒鍵:そっか。
GM:という感じです。島が話してくれるというイベントでした。
黒鍵:「それはもとよりそのつもりだ、善処しよう」
GM:「お願いする」



◆Middle09◆ Scene Player――東雲熱波

黒鍵:さ、皆さんお待ちかねのチーム分けですよ。
恭介:3チームですよ。
黒鍵:1つ1人のチームが出来る。だから俺たち攻撃役三人に、熱波とあゆみがどこに付くかっていう。
熱波:まぁ俺はこれなんで(レコードシートを見せる)。
黒鍵:100%越えてるー! ガード役のいる所が一番しょっぱいでしょうね。他のところは殴り合ったら痛み分けになるでしょうけど。ガードしきられるとアウトですし。
熱波:ガード貫ける人はいないか。
恭介:装甲値無視ならできますよ。ガード値はできないです。
黒鍵:攻撃力の元値が高い人(雄介)に支援を付けてバーンとやってもらうしかないな。
恭介:あの“むわむわむー”に攻撃が通じるのか心配ですけど(笑)
黒鍵:通じるんじゃないの? 見た目だけだし、能力的にむわむわむーになるエフェクトって無いはず。見た目のインパクトだ。
恭介:じゃぁ大丈夫です。
熱波:RC攻撃してくるから、バッステやってくる事はあるだろうな。
黒鍵:確かに。じゃそこを熱波さんに行ってもらおう。恭介は白兵とむわむわむー、どっちが良い?
恭介:むわむわむーが気になります。
黒鍵:じゃ、俺が白兵のヤツに一人で行こう。
恭介:白兵の人は話が通じるそうだから、説得して帰ってもらえるかも。
黒鍵:帰れ! さもなくばお前たちのモーターボートを破壊するぞ。泳いで帰らないといけなくなるが、それでも良いか。
熱波:黙れ猫。
黒鍵:にゃー。殺してやる。
恭介:ロマサガの門兵みたいになってるじゃないですか。かえれ!


GM:(席を外していた)さて、どういう感じになりましたか?
恭介:白兵の所に…
黒鍵:俺が一人で行く。
恭介:むわむわむーに…
熱波:恭介と、熱波が。
黒鍵:ガード役の所に、あゆみと雄介だ。
GM:頑張って下さい。
黒鍵:これって、戦闘バラバラに解決すれば良いの?
GM:そうしましょう。
熱波:その前に、ハルト君とちょっとだけ会話して良いかな?
GM:良いですよ、登場して下さい。
熱波:(ころ)うわっ。111。
黒鍵:また10か。
熱波:ベッドに寝てて、さっきの島からの話を聞いたら…介抱されてるから、見た目はボロボロっぽくなってるんだけど、そのまま起き上がって、出て行く所を止めてもらえたらなーと。
GM:では「危ないよ、そんな怪我してるのに起きたら」
黒鍵:薄い(笑)
熱波:「それでも、私は行かなければいけないんだ」
GM:「どうして?」
熱波:「君の大切な、この島を守らなければならない」
GM:「島…? そりゃー島は大切だけどさ、その為に人が死ぬような事になったらダメだよ」
熱波:「大丈夫、私は死なないさ!」侵食率は111だけど。
GM:「ホントに?」
熱波:「私を信じろ、この目を!」(きょろきょろ
GM:「何でキョロキョロしてるのー!? 挙動不審だよ!」
雄介:出とこうかな。(ころ)10上がった。
GM:はい。
雄介:ではワタワタ言ってる所に、肩をポンポンと叩いて。「まぁ、そんな心配するこっちゃねーよ」
GM:「そうかなぁ…さっきのヤツ、けっこうヤバかったよ? 変なヤツだったし」
黒鍵:まぁ、変というのは同感だ。
熱波:「こう見えても、こんな修羅場は何度もくぐりぬけてきたさ」
あゆみ:「それに、この島は普通の島なんかじゃないの」
雄介:それはウチら知らないよ?
あゆみ:知らないけどね、自分は「美しい島」という認識で言ってるので、そこを拾ってくれたらなーと。
GM:では登場の侵食率を。
あゆみ:出ますよ。
黒鍵:俺も出とこうかなぁ? 今90だからイヤな感じなんだが(笑)
雄介:そこは良いでしょう。
黒鍵:ハルトと仲良くなっておかないと困るかなーと。すっかり俺たち仲良くなるタイミングを逸してしまって。
雄介:そうそう。
黒鍵:もう少し猶予があると思って、のんびり構えていた。
GM:ちなみに、ハルトのロイス枠の残りは1です。
黒鍵:あ、そうなんだ。じゃ誰か友達になってくれ。
熱波:…つまり、Dロイスがある?
GM:そうです。
黒鍵:エセ賢者の石とか(笑)
雄介:「じゃ、ちょっくら行ってくるからよ、魚でも獲っといてくれ」
GM:「うん、じゃ魚獲って待ってれば良いかなぁ?」
黒鍵:魚さかなー。
熱波:いや、桟橋にも爆弾魔の部下がいるから!
黒鍵:岩山にもいるぞ。
雄介:そうか。
熱波:「ここで大人しくしていなさい」
GM:「じゃ、魚獲ってこなくて良い?」
雄介:「良い、間違えた(笑)」
GM:「魚さばいて待ってる。干し魚作ってるよ」
黒鍵:しょんぼり。生が良いー。
GM:「生は食べる直前にさばいた方が美味しいよ」
黒鍵:いや、俺出て無いから(笑)
GM:あ、そうか(笑)。じゃロイスの最後の1個は「UGNの皆さん」にしとくか。あ、でも熱波はUGNじゃないんだよねー。
熱波:違うよ。でも気にせず取ってもらったら。シーン作っただけなんで(笑)
GM:じゃ雄介で? 黒鍵様取れなかったけど。
黒鍵:良いよ。これで、ハルトの機嫌を取る為に女の子でいる必要も無くなった事だし(笑)猫に戻って「あーやれやれ、がらにも無い事をさせられたわ」
GM:うーん、「遊びに来た人たち」
熱波:「恭介兄ちゃんの友達」
GM:「じゃ、無事で帰ってきてね」と心配そうに見送ります。次のシーンで良いですか?
雄介:あ…調達持ってるなら、救急キットを使って治せば。
GM:どうぞ。
熱波:まず成功しないと思うが、やるだけやるか。
恭介:じゃやっとこう。あ、僕やりたい事が…でもネタだしなぁ(笑)
GM:
恭介:さっき爆弾魔の言ってる事が全く分からなかったので、「今更だけどこの本読んでおこうかな…」と経験点1点使って、<英会話>1を今更取るっていう。
黒鍵:面白いけど!
GM:経験点払って取るなら良いですよ。
恭介:ちょっとネタだけど、使うのもったいないな。やめとく。では調達して、登場して自分の傷を治しつつ、ハルト君に「お兄ちゃんらに任せとけ」って言ってた事にしましょう。
熱波:俺も調達成功。
GM:何なら、ハルト君に治してもらった事にしましょうか。島に生えてる薬草を使ってもらったとか。2D治ります。
熱波:うん。(ころころ)よし、まだ1ケタだ(笑)。《リザレクト》で1だったからな!
黒鍵:3D振って1ケタって事ですか(笑)
恭介:僕は《リザレクト》で10だったので、大分回復しましたよ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
>黒鍵:12は厳しいなー。(ころころ)あ、10が出た。18! はぁー良かった。

と、黒鍵様が18出してるんだから、どのエネミーデータかっていう所まで開示しても良かったですね。
そこまでとっさに出てきませんでした。


>GM:ちなみに、ハルトのロイス枠の残りは1です。

ハルトがPC全員にロイスを結べるようにした方が良かったかなー? とか思ったり。
熱波と黒鍵様のポジションの人が、どれだけハルトに積極的に絡むか分からなかったので(任務的には絡まなくても良いですから)、恭介・あゆみ・雄介がロイス取ったらOKと考えていました。
PC全員がハルトと仲良くしてもらえて、GM的にはかなり嬉しいですw
でもロイス枠が埋まると、その後は逆に絡みに行きにくくなって微妙になりましたねー。
難しい。
2010/08/26(木) 13:32:31 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
いまさらながら…
PC4の立場上、熱波はハルト君に嫌われる方向でロイスを結んでもらう、ってのも面白かったかも。
表がネガティブって感じで。
ちょうど怪しまれてたわけだし。
例えば、お姉ちゃんをナンパするとかして、「姉ちゃんは渡さないぞ!」と敵意を向けてくれてもロイス成立できるよね。
ロイスを結ぶ=仲良くなる、って先入観があったなぁ。
2010/08/26(木) 23:14:38 | URL | アルト #-[ 編集]
No title
目次見てたら
「にこやかに物騒に、それぞれの事情で座礁した人たち」
「探検しよう、スク水求めて」
「記憶の彼は、チンピラのように見えるむわむわむー」
と、ひとかたまりで読んでしまったw

>ロイスを結ぶ=仲良くなる、って先入観があったなぁ。
いいんじゃないですか、マイナス感情で人として踏みとどまるより
プラス感情の方が収まりがいい。
2010/08/27(金) 01:27:03 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
No title
>アルトさん
一応そういう方向(ノドカをナンパ)でも絡めるように、お姉さんという設定でした。
怪しくない人なら、「お兄ちゃんが姉ちゃんと結婚して、この島に住むの?」と喜んだかも知れませんが!
熱波さんは「はじめまして、人間」とか言っちゃうヒトだしなぁw
このシーンとか結構かっこいいのに、何故こうも怪しい雰囲気が漂うんだろう。


さすが秋野さん、気付いたかっ…
何となく繋がるように書いてたら一太がチンピラみたいですね。
一太君、チンピラじゃないのにw
2010/08/27(金) 11:57:57 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
一太がチンピラに(笑)
どっちかってーと、一太はチンピラで無くてゴロツ…いやいや。
あくまで『ジャーム堕ちしたら』ですよ?ええ。(笑)

本人出て無いのにこの扱い…愛されてるんだか何なんだか、ヒドいわぁ本当にもう。(笑)
2010/08/27(金) 12:53:51 | URL | こげイム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック