TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年08月02日 (月) | Edit |
GM:実は今回の戦闘ギミックは、PLの登場順番が変わってくるという。
京太郎:ほう。
かずら:…ヤバイじゃないですか、一太君。
一太:ぜーんぜんヤバくないですよー。
GM:というわけで、判定に成功して…支部の位置ってどこでしたっけ?
京太郎:学校と駅の間、って言ったな。学校で何かあった時に駆けつけられるように、走って5分以内の位置。
GM:東雲病院は結構山の方でしたね。
京太郎:これはヒドイ。
颯二:僕らはこれから出発ですね。
かずら:車の購入判定は22か。ちょっとしんどいな。
京太郎:支部に車くらいあるだろう(笑)
かずら:本当ですね。ここで<運転:四輪>を取るか…?
GM:<調達>12に上げてるのを見て、調達して何人運べるかなーっていうのも計算のうちです。
明日香:アレですか? これはもしかして、いよいよ《ヴィークルモーフィング》の出番ですか? わくわく。(一同笑)
GM:取っても良いですよ。
京太郎:巨大ロボなら一歩の距離ですねぇ。
かずら:どんだけ巨大!?
京太郎:それなら1ラウンド目に皆来るだろうなーと思って(笑)
明日香:学校がこの大きさだろ…トラックが400mだとしたら、すごいでかいぞ。
京太郎:身長3kmくらいの。いやね、かっこよく決めたけど実はピンチなんです(笑)
GM:そうですよね!
京太郎:何がピンチって、《波紋の方陣》は自分にはかけれない。
かずら:まだリザレクトできるよ。
颯二:明日香さんに折りたたんでもらって、かずらさんに投げてもらったら(笑)
かずら:明日香が二人を折りたたんで、私が明日香を抱えて走る?
京太郎:四人なら大人しく、車に乗って来いよ。
かずら:ヨシコちゃんが前回、送ってくれてる。
京太郎:というか、支部に車くらいあるだろう、普通。
GM:ありますけれど…とりあえず、ギミックを説明します。京太郎さんはタイマン状態です。他の人は如何にしてか、このシーン内に登場してください。移動値として50にします。
明日香:50っていうのは50m?
GM:移動値。
京太郎:50m移動したら良いのか。
GM:50m移動したという状態になればシーンに登場できる、と考えて下さい。
京太郎:一太ぁー!
かずら:つまり私は全力移動が22mなので、2ラウンドで44m…あぁ、足りない! っていう?
GM:ハイ。調達するなら、その調達した分…バイクなら二人なので、誰か一人乗っけて行って良いですよ。車なら四人全員。という事で、調達を1ターン目にすると言って、周りは待ってても良い。1ターン目の頭に調達判定に成功したら、調達した分の移動力込みで1回目の移動もして良いです。
京太郎:【行動値】+5mだろ? 普通に全力移動したら、1ターンで来れるヤツいるんじゃないのか。
颯二:いけますよ。
明日香:これ、マイナーメジャー使えるの? マイナーで戦闘移動、メジャーで全力移動。
GM:…や、無しにしといて下さい。それすると50平気で越えられるので(笑)
かずら:ここは戦闘ラウンドとして処理しない、という事で。
GM:そういう事にしといて下さい。
明日香:そこを《壁抜け》を使って最短距離を通る(笑) ご近所をずばぁー!
京太郎:おもしろいけど、何て迷惑な! UGNの情報処理班的に。
明日香:人の家に入っても《テクスチャーチェンジ》で風景に溶け込めるから、怪しまれないですよ。光学迷彩で。
京太郎:本当にそうか!?
かずら:私が《ディメンションゲート》を取ってそっちに行けば良いんじゃないですかね。できます?
GM:はい。
一太:基本、一太はお荷物なんで誰かに連れて行ってもらいます。
GM:ここで経験点残してなくて《ディメンションゲート》取れば良かったわー、っていう展開も期待してたんだけど。残してたなら取って良いですよ。《壁抜け》は知らなかったなぁ…。「あなたの侵入を阻むことは出来ない」…やって良いですよ。最短距離で30、にして良いですよ。
明日香:全力移動で行ける(笑)
颯二:僕も《軽功》を駆使して壁とか走って行きます。
かずら:や…えーとね、明日香。モノリスを折りたたんでくれますか?
明日香:あぁ、じゃぁ。
GM:…な、何で!?
かずら:狙われるかなー、と思って。
京太郎:確かにな、いない間に持っていかれたりするもんな。
かずら:そうそう。全員ここを空けるんだから、この重要物品は持って行った方が良いかな。私が手に持って行っても良いけど、ちょっと邪魔だし。
颯二:ついにかずらさんのモノリスアタックが見れるんだ(一同笑)
かずら:ガード値無いんですよね、残念。
京太郎:100点くらいあっても良いのになー。
GM:ないです。
明日香:モノリスは今、色々繋いでるのかな?
かずら:引っこ抜いちゃえ。
明日香:良いの? 引っこ抜いたらハコとかに影響ないかな。
かずら:知らんっ! 前回抜いた時も、特に何も無かったし。
GM:抜いて折りたたむのに、1ターンかかるという事にして下さい。
かずら:じゃぁ、《ディメンションゲート》を使って一太を送り込む。颯二君は普通に走って行く。私と明日香は2ラウンド目に出る…という事かな。
明日香:そうだね。
京太郎:まぁ、俺の侵食率は58だ。ドンと任せとけ、3~4ラウンドくらい平気で持ちこたえてみせよう。
かずら:わーい。で、Eロイスの(衝動判定に失敗したら)100%にする、ってヤツを使われてブハァ!?(一同爆笑)
京太郎:ブハァッ!! まぁそれが来たらゴメンナサイって事でブハァってなるけど。
GM:今回、一太以外は全然上がってないんでしょ?
京太郎:ええ。
颯二:あ、この病院が襲われた段階でハコにロイスを取ります。
かずら:そうか、ヘナトスがラスボスだったから、結局あと一人残ったな。明日香にしよう。今回絡みが多かった気がするし。信頼/不安で。
明日香:モノリスにしよう。一応《サイコメトリー》した仲だし。
GM:…モノリス、持って行くんスかぁ?
かずら:ダメですか?
GM:良いけど。
明日香:本当に持って行って良いの? ダメだったらGM権限でダメって行ってくれても良いよ。
かずら:そうそう、無理ならそれで。
GM:いいえ、持っていけますよ。
明日香:マジで?
GM:いや、ちょっと…僕の中で、モノリスを持って移動するシーンがあるんじゃないかなーというのはあったんです。なので、エンディングのイタチさんのシーンをちょっと楽しんでもらえたら(一同笑)
颯二:モノリスを動かすと並行世界に影響が出るんだ。
明日香:モノリスへの感情は…親近感かな。
GM:親近感!?
明日香:錬金術関係で。ネガティブは不安です。

GM:では配置をします。ドアがここで、ハコちゃんと京太郎さんが一緒にいます。
かずら:東雲先生はいるの?
GM:先生…じゃこれで。敵がこれ。
かずら:ヘナトス。
GM:はい。いやヘナトスじゃないです! タナトス。
明日香:タナヘナの…タナの方。
かずら:ヘルメスなんで、タナヘル?

タナトス戦配置図1R

第1ラウンド
GM:セットアップで《ヴァイタルアップ》。
京太郎:チッ。
かずら:颯二と一太に《戦術》を使います。…ん、このラウンドは向こうに行くだけなら要らないか?
颯二:出てきて終わり?
GM:はい。2ラウンド目の頭に登場するという形になります。
颯二:仮面でも被って行きますか(笑)
京太郎:何でよ!?
颯二:こんな感じの(元ネタの人の仮面?)。
かずら:今から戦闘人格になるんですね。
GM:こっちの【行動値】は22です。
京太郎:先手を取っても仕方ないから、先に行動させよう。
GM:こちらは銃をかまえ…一人ですもんね。《陽炎の衣》をマイナーで使って隠密状態になって、《光芒の疾走》で戦闘移動を行ってエンゲージに入る。
明日香:その瞬間に隠密が切れると思う。
GM:移動したら消える?
明日香:移動したら消えますよ。
GM:あ、そうなら別に良いや。今回は《陽炎の衣》は要らないです。
明日香:同時に使ったらどうなんだろう? 移動してから隠密になりました、ならOKかも。
GM:いや、良いです。やめときます。《光芒の疾走》でエンゲージに入り…いや、何も無い所からいきなりフッと現れて、って言いたかっただけなんで。だからエンゲージに入った時に現れて良いんですよ。
かずら:演出で。
GM:パっと消えたかと思うと目の前に現れて、無表情な目でハコに銃口を突きつけて、メジャーで《零距離射撃》《急所狙い》《主の右腕》ぐらいかな。
明日香:ノイマンか。
GM:はい。で攻撃します。
京太郎:行動放棄してかばう。ダメージ聞いてからじゃかばえないんだったっけ?
GM:はい。
京太郎:そっか。「それくらいのダメージなら《波紋の方陣》で」って言えない。
颯二:は…博士バリヤー!(一同笑)
かずら:いざとなったら博士も自分の身を挺してかばってくれると思いますよ。
颯二:大切な研究対象。
京太郎:研究対象言うな!
颯二:ハコちゃんが持ってるリュックを開けたら、弾が吸い込まれる
かずら:イタチさんのいる世界に弾が出てくるんですね(一同爆笑)
明日香・京太郎:なんだってー!?
GM:ダメージは45です。
京太郎:《リザレクト》ぉ~。(ころ)おお、2点も侵食率が上がったぜ。今60だ。
颯二:僕はどこに出てこようかな。これが支部長ですよね?
京太郎:ああ。
GM:2ラウンド目の頭に出てきます。
颯二:あ、そうか。まだ出てきてないんだね?
GM:いえ、今から2ラウンド目です。
かずら:我々は言った通りの事をやった、って事で良いですか?
GM:はい。
かずら:では侵食率3上げてゲートを開く。一太も行けるよ。
GM:ゲート開いた、1ラウンド目の終わりに着いた。
颯二:僕は《軽功》で走って来たから、窓からパリンと出てくるよ。
GM:OKです。

タナトス戦配置図2R

第2ラウンド
GM:2ラウンド目のセットアップです。
颯二:《加速装置》《スピードスター》は使っておこう。
一太:《フルパワーアタック》を。
GM:《光の銃》をセットアップに出しました。二丁拳銃で。では【行動値】順に。
颯二:じゃまだ80%超えてないので普通に。《コンセ》《スタンボルト》《アームズリンク》です。ダイスは7個。
GM:ダイス7個? 《フラッシュゲイズ》でダイスを-6Dして下さい。
颯二:じゃ1Dになるの?
GM:はい。1Dになった状態で、《カウンター》。こっちと命中判定の達成値を比べあって撃ち合いをして、勝った方のダメージが当たる。
颯二:なるほど。
GM:なのでウッっと行った時(?)に、《フラッシュゲイズ》で光らされたなと思ったら目の前に銃口がある、と思ってもらえれば。
颯二:「(低く)同じ組織の建物を襲撃するとはどういう事だ」
GM:そういう事で!
颯二:って言ったら反撃されたんだね(笑)
GM:《カウンター》に《ピンポイントレーザー》《主の右腕》を《零距離射撃》で。
明日香:《ピンポイントレーザー》? <RC>じゃなかったっけ?
GM:いえ、シンドロームですよ。あ、《光速の剣》を入れないと<射撃>のやつで《主の右腕》《ピンポイントレーザー》が乗らないんですよ。これも使います。
颯二:今、タイタス使えるの? ダイス1個になったけど、タイタス使って増やせる?
GM:できるよ。…やる気だ!?
颯二:じゃadministerへの執着/嫌悪を持ってたけど、アイツはちょっとダメなヤツだったけど、利用されてただけだったんだなとアドミさんを消します。
京太郎:100%行ってないんだったら、食らって《リザレクト》すれば良いよ?
GM:僕も演出見せで、こいつは《カウンター》使いなんだって事を見せようと思っただけだったんですが(笑) 本気で返ってきた!
颯二:これで10個増えるんだね。11個で。
GM:勝てるかなぁ!? あ、《コンセントレイト:エンジェルハイロウ》使って下げときます。
颯二:じゃ(ころころ)43+8で51です。
GM:ぐっ…(ころころ)50…勝った! 66!!
颯二:それは仕方ない、食らっとく。ここはGMの思いを貰っとこう。
GM:嬉しいぃー!! 自分のスピードに絶対的な自信を持っていたファステストの動きをとらえたタナトスの瞳…ガッ。目の前に突きつけられた銃口。
颯二:くー! ちょっと悔しい。
明日香:そこは悔しがらずに「颯二の攻撃は辛くもヤツの頬をかすめただけだった!」
GM:演出返し!
颯二:それくらいなら出来るかな。
GM:技能は使ってないんですけど…「予測済みだ」バン! と撃たれると。めっちゃカッコ良くないですか?
颯二:ダメージください。
GM:(ころころ)うぁ。1ばっかりだ!
京太郎:カッコ悪っ!
かずら:ちゃんとオチを付けるところがK林さんですね。
明日香:さすがだ。
GM:うへぇ…最大目、5しかない。43点。
颯二:そりゃ無理だね。《リザレクト》…
京太郎:いや、ちょっと待って。
GM:ヤバイ!
京太郎:《波紋の方陣》を3LV上げて6LVにしよう(一同爆笑)
かずら:生えたー!
GM:や、ヤバイ…!
京太郎:(ころころ)41点ダメージ減らしてくれ(一同爆笑)
颯二:2点だけ食らいました! お互いに頬をかすめただけだったんですね。「予測済みだ」に対し「こちらもだ」と言いつつ…支部長ありがとうございます。
GM:耐えられたー!
京太郎:言ったはずだ。そんな水鉄砲で俺を倒すことはできん、と
かずら:かっこいいー!
GM:くそぉー! 《波紋の方陣》だから、やられると思った時にブワッって来るんですよね?
京太郎:バキューンと撃った銃弾を、スタープラズマがビシッと止めて(指でつまんでる)、ポイって捨てる(笑)
颯二:なるほど。すごい、良い感じじゃないですか。僕の行動はこれで終わり。
GM:《カウンター》を使うと、こっち行動済みになるんですよ(一同爆笑)
京太郎:強くなーい!
GM:…だからタイマンだったら強いんですけど。
かずら:私と明日香は出てくるだけです。
京太郎:だな。じゃ、俺の番か。《エンジェルヴォイス》《声援》を一太に。
かずら:頑張れっ。
京太郎:うん。「まぁこの程度なら、お前にも倒せるだろう」(一同笑) 侵食率がまるで上がってないんで、クリティカル-1の、判定+2D(笑) 効果ショボーい!
一太:「了解ー」
京太郎:これで侵食率69だ。エフェクト使い始めたらガンガン上がるな。
GM:どうですか、この《フラッシュゲイズ》《カウンター》のコンボ。
京太郎:きたなーい。
GM:何ですかー! 僕がPLやるならこんなキャラクターをやりたい、っていう願望を、有り余る経験点使って全部乗せてるんですよ。
京太郎:汚いなさすがGMきたない。
かずら:しかもそれはほとんど止められた…。
GM:そう! 侵食率100%超えたら通してもらえんから、初めの見せ場でやったら、通してもらえんかった(一同笑) 演出負けした…。
颯二:2点通ったよ。
京太郎:演出に乗せられてな。何となく負けたくなくなってしまった。
かずら:負けないロールプレイ。
京太郎:それは中二病の第一歩。
明日香・かずら:なん…だと!?
GM:くやしいー。さあ来い一太!
一太:《完全獣化》《破壊の爪》《ハンティングスタイル》でエンゲージして…そうそう、《獣の王》を乗せよう。
明日香:《カウンター》できねぇ!
京太郎:いや、《カウンター》は使ったら行動済みになるんだよな。
GM:行動済みですけど、リアクションは出来るので。
一太:なのでリアクション不可にします。
GM:サイテーだ! この後僕は《神の眼》やら何やらを駆使して他のヤツを全部避けきって「耐えたぁ~…」ってやる予定だったのに。
かずら:我々出てきたら試合…じゃない、戦闘終わってたらどうしよう。
GM:終わるかぁーい!
明日香:それはそれで、前回見せ場がなかった彼に見せ場を持って行ってもらおう。
京太郎:《獣の王》使うなら、全部乗せるしかないな。
明日香:このラウンドで落とす勢いで。むしろ、そこまでやって撃ち漏らしたらトドメを持って行かれる可能性が。
一太:良いですよ。まぁ《セレリティ》を乗せましょう。《神獣撃》も。
京太郎:やった。リアクション不可の二回攻撃だ。
京太郎・かずら:頑張れー、一太、一太、一太!
かずら:一太の周りのフィールドがコロシアムに変わります!(一同爆笑)
京太郎:意味がわかんねぇー! それ、こっちの《ワーディング》じゃないから!
かずら:我々でもヘナトスでもない。意味が分からない。
京太郎:本当に意味が分からんな!
GM:くぉぉ…ここにやられるかぁ…。
一太:何でそんな悔しそうなんですか。
GM:悔しいー! 絶対へつられへん! いやでも…。
一太:とりあえずダイス振りますよ。
GM:もう切り札切らないといかんという。
京太郎:まぁ切り札切ってるのはこっちも一緒だ。《獣の王》は1回だし、ここで出せるだけ出さないと一太が出涸らしになってしまう。
かずら:もう出涸らしになるんでー。
一太:そうそう。出涸らしになります
京太郎:そうって言うな! 侵食率的にも出涸らしじゃん。
一太:そうなんですもん。
GM:【肉体】3しかないのにー。
かずら:どうせリアクションできないでしょう。
GM:避けるのはできるでしょ?
明日香:リアクションってのは防御判定だから、出来ないよ。ガードもドッジも。
京太郎:防護点の分だけ引くしか出来ない(笑)
GM:嘘ぉーん?
一太:(ころころ)…51か。《フルパワーアタック》が30点の…(計算中)
GM:何でそんな事になってるんスかぁ~?
かずら:前回の一太は弱すぎた! これが一太の真の姿! …支部でお茶でも飲んでようか?
GM:くそぉー。
かずら:ボロ雑巾になったヘナトス見るのが楽しみです!
GM:ボロ雑巾じゃない!
一太:6Dにこれ足して…(計算中)
明日香:そういえば、衝動判定はいつやるの?
GM:全員揃ってからです。タナトス自体がまだ本気を出していないというか。
一太:1発目101です(一同爆笑)
京太郎:もう1回!
GM:ちょ、ちょっ!? それ、ダイス回ったほう?
一太:まぁまぁ回ったと思いますよ。ロイス切らずにこれなので。
GM:1発目はもらって《鏡の盾》で100点返すわ(一同爆笑) 切り札その1…うぁー。
京太郎:これはタイタス切るしかないな。攻撃が止まってしまう。
一太:Battle of Edenのロイスをタイタスにして昇華。
GM:GOォーゥ! まぁ100点こっちも食らったんですけどね!
一太:HP17で。2発目行きますか。
京太郎:支援って両方に乗るの?
明日香:1メインプロセスだから乗るだろう。
京太郎:終わった…
GM:終わらせません!
京太郎:いやー、一太は強くなって良かったねぇ。
GM:負けらんねぇ。まさか1ラウンド目に200点ダメージ来るとは。

プリプレイで一太改造計画を皆で話し合い、一太はリビルドしたのである。もちろんGMも参加していた。

GM:いや、でも19:45…死に時か? どーしよー…もっとカッコイイ所見せたいなぁ。
京太郎:もう1ラウンドは持って欲しいな。
明日香:でも、切り札的にはあと1個しかないはずだから。
颯二:読まれてる。
京太郎:エンジェルハイロウのダメージキャンセルが1個あるな。
明日香:うん。ノイマンには無いからね(笑)
かずら:エネミーじゃないから《瞬間退場》は無いかな。ジャームじゃないならトドメ刺さなきゃ持って帰れるな。このままトドメ刺しても良い気はするが。
明日香:あえてするならEロイスかな。
京太郎:コイツは生かして連れて帰ればローザへの牽制になるから、連れて帰ってローザの責任を追及しよう。「イタチさんを解放しろ! こいつの命がどうなっても良いのか」
かずら:「良いです」って言われそうだなぁ。
京太郎:ですよねー。
明日香:「私が言うのもなんだが…彼は今楽しんでいる」(一同笑)
京太郎:確かにそんな気はしますが!
かずら:GM演出のイタチさんだからなぁ。楽しんでいるに違いない。
明日香:帰ってきたら廃人になっている。
GM:行ったら、救世主・ケンシロウのはずですよ。
京太郎:やばい、北斗の拳オンラインだ(笑)
GM:だからオラオラしてるはずです。
明日香:いや、むしろ「(ビシっと指差し)お前はもう死んでるんだ!」「なんだってー!?」びしゃーん!(一同爆笑)
京太郎:ある意味再現できているじゃないですか。かっこいー!
GM:エンディングはソレですね!
一太:命中いる?
GM:いや、ダメージで。行けるんか…いや、1ラウンド耐えれたもんね。どっちが正解だったかですね…いや、頑張れ俺!
京太郎:この攻撃は《光の守護》でしょうね
GM:バレてるー! 読まないで下さいよー!
明日香:あとはノイマンだったよなー。
かずら:まぁ読まなくてもすでにバレてるというか。
GM:もしかしたらトライブリードかも知れないじゃないですか。
かずら:情報収集でクロスブリードって言ってたじゃん。
明日香:トライブリードなら100%使えないので《鏡の盾》使えません(一同爆笑)
GM:わ、業師(Dロイス)取ってるかも知れないじゃないですか!
明日香:どーかなー?(笑)
京太郎:《ラストアクション》くらいしてきそうですね。
明日香:あと《ブリッツクリーク》とか(笑)
かずら:今更ですが、鈴木太郎ってどっかで聞いたことあると思ったら、鈴吹太郎ですね。
GM:あぁ…社長(※鈴吹太郎=F.E.A.R(DX作ってるトコ)の社長。通称社長)。もっすごい読まれてるなぁ…。
一太:ダメージ、108点!
GM:伸びた! 《光の守護》でダメージ0で。
京太郎:正解だったな。
GM:ではターンエンドですかね。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
俺も突っ込まれる前に……
 まぁもう皆さん気付いておられると思いますが(笑)。
 波紋の方陣は80%エフェクト、つまり80%いってないんで使えませんでした(爆)。
 どうもプロテ感覚で使っちゃって。実は前回もハコに連れて行かれる時に颯二に80%前に使ってる。
 以後気をつけます。
2010/08/02(月) 18:00:23 | URL | 陽 #-[ 編集]
同じく突っ込まれる前に……
《テクスチャーチェンジ》は、所持アイテムを選択する事になってるので、自分の姿は変えられなかったね。
《天使の外套》との併用なら、なんとかOKだったかな?

明日香:人の家に入っても《テクスチャーチェンジ》で風景に溶け込めるから、怪しまれないですよ。光学迷彩で。
京太郎:本当にそうか!?←

すでに突っ込まれてたー!(笑)
2010/08/02(月) 21:25:41 | URL | アルト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック