TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年06月03日 (木) | Edit |
GM:次のシーン行きますよ。シーンプレイヤーは4…といっても、情報収集シーンです。基本的には【理知】ですが、「腕っ節でやるから○○で」とかいうのは認めます。
連也:ニュータイプ能力を生かして【知覚】で調査します(笑)
日出鬼:はは~ん、GM分かりましたよ。PC5は仕事人枠だから、シーンプレイヤーはほとんどないって事ですね?
GM:多分
日出鬼:どっかに入り込まないと(笑)
叶:皆、登場したシーンの数のチェックを入れておこうね。
連也:そんなのあったっけ。オープニングと戦闘シーンの2つか。
さらさ:俺は3つか。
GM:今調べられるのは、この3つです。難易度は12。

・高山弓弦
・血槍組
・青い石


日出鬼:入道はないんですか。
さらさ:何も関連が無い。あえて言うなら、血槍組の事はさっきの戦闘でチラっと聞いたかな~くらい。
連也:ですね。俺は弓弦を調べるのが普通かな。
金さん:青い石については任せておいて、血槍組ですかね。
連也:まぁ、ニュータイプ能力で【知覚】で。
GM:はいはい。
連也:(ころころ)お、10出た! 16。

・高山弓弦
浅草に住んでいる蘭学者。ある大名に招聘されて、蘭学研究をする事になった。と、周囲には話していたが、(弓弦の事を怪しんだ)借金取りが彼の後を尾けた所、古い天満宮に入っていくだけで大名屋敷など影も形もなかったという話だ。

連也:その古い天満宮の場所は教えてもらって良いの?
GM:良いよ。で、現在失踪中という事が分かります。
連也:で、調査できる項目に「古い天満宮」っていうのが追加される。
金さん:それを調べたら、そこで祭ってるのが菅原道真って事が分かる。
叶:まぁ天満宮ですからねぇ。

天満宮
 てんまんぐう、てんまぐう。菅原道真を祭神とする神社。政治的不遇を被った道真の怒りを静めるために神格化し祀られるようになった。道真が亡くなった後、平安京で雷などの天変が相次ぎ、清涼殿への落雷で大納言の藤原清貫が亡くなったことから、道真は雷の神である天神(火雷天神)と同一視されるようになった。

日出鬼:そういえば、このシーンに登場するのにも登場判定いるんですか?
GM:です。
連也:はっ!? してなかった。これで失敗したら大変な事に。
GM:もう良いですよ、全員登場で。
日出鬼:登場で(ころころ)スペシャール!!
連也・さらさ:変調1個回復して良いですよ(一同爆笑)
GM:先に言われたー!
叶:じゃ、青い石について調べてみましょう。13かな。
金さん:この青い石は塩化カリウムの結晶で…

・青い石
フランスからロシア、ロシアから大船屋(の抜け荷)を通して日本に流れてきた新鉱石。巨大なエレキテルの力を引き出す源となる。大船屋はこれを田沼意次に売りつける予定だった。

GM:一国を左右するような石だからな。何をさせる為に売りつけるかは知らんが。
金さん:調査項目に田沼意次が増えたりしませんか?
GM:しません。
さらさ:ここでラスボスがもう1人増えたって困る(笑)
金さん:では血槍組で…理性の力を総動員して【理知】で(一同笑)
連也:理知なの普通だから。
叶:そんなに総動員しなくても(笑)
金さん:(ころころ)スペシャル~。
連也:変調1個回復して良いよ。

・血槍組
江戸市内で暴れまわっている凶賊。狙った商家の人々をことごとく槍で突き刺すという…

GM:槍だった!
連也:まぁ「血槍組」っていうんだしな。
さらさ:人々はすべて1本の槍で貫かれていた!
GM:でも、血槍入道は薙刀って言ってたよ。
金さん:薙刀も刺せるもーん。

という、無残な手口からそう呼ばれる。頭目は血槍入道という男だが、奉行所も火盗改めも尻尾を掴めずにいる。どうやら古寺を転々としているようだ。

さらさ:そんなに古寺いっぱいあるんだ。
金さん:昨日はこの古寺、今日はこの古寺…繋いでみたら、五芒星になるのだ。
さらさ:これを見てくれ…全然分からない。
叶:上手く繋いだら、猫の絵になるんですよ。
日出鬼:これを見てくれ。江戸にはこんなに古寺があるんだ!
さらさ:そこか、言いたかったのは(笑)。いや、よく見てくれ…こうやって繋いだら、目に見えないか?
叶:赤目様ですね。
GM:というわけで、高山弓弦と隠し金山を調べると(一同爆笑)
連也:隠し金山!?
GM:シナリオ1のコピペがミスですね! 高山弓弦と血槍組を調べたので、血槍組の本拠地が調べられるようになります。難易度12。
叶:残ってる人?
日出鬼:12でしょ? 8以上…。
GM:何でも良いよ、こじつけられたら。脚で探すから体力とか。
日出鬼:反射が5なんですけどね。こじつけにくいでしょ。【理知】の4で行きます。(ころころ)10で失敗。
金さん:財産ポイント使えば?
さらさ:一応登場はしてるけど…残ってる調査項目ってそれだけだよね。
GM:今の所は。
さらさ:アジト、全然関係ないんだよな。菅原道真のアジトを知りたい(笑)、このあたりの天満宮がどこにあるのか調べても良いかな。
金さん:天満宮を探していたら、こんな所に古寺が!
GM:おや~、道真公を追っていたらこんな所に出てきてしまったぞ~?
さらさ:どうしよう~(※カリオストロの城) まぁ、今の所、道真公と血槍組の関係が表ざたになってないからなぁ。
GM:一応、PL情報以外では無いです…ね。まぁ、道真が言い残した言によると、「雷の力が足りない」で、青い石はエレキテルだから雷の力を出すものである、って所から、道真が狙ってくるんじゃねぇ? くらいは分かっても良いですよ。
さらさ:うん…でもさらさは青い石の情報を掴んでたっけ?
GM:というか、一緒に登場してるんだから情報交換すれば良いじゃないですか。(※この三人、誰も青い石の情報を持ってなかったんだ…)
さらさ:ああ、できるんだ。
連也:じゃ「私こういう者です」(名刺を渡す)
日出鬼:「ああ、ご丁寧に。私はこういう者で」(名刺)
さらさ:「私こういう者です」(←何やったんだろう)
GM:そういうモンなんだ。よく分かんないけど(笑)
さらさ:とりあえず、アジト調べますか。【理知】で…低! じゅ、11。
連也:財産ポイントを!
さらさ:足して成功させます。
GM:アジトは古寺を転々としていたが、現在は深川の天満宮に潜んでいる。妖異の加護を受けており、捜査の手を免れているようだ。
さらさ:妖異の加護を受けているので妖気がムンムンとしていて分かりやすかった!
GM:というわけでシーン終了です。

深川の天満宮
 おそらく、亀戸天神社(亀戸(かめいど)=本所なので深川のすぐ近く)の事だと思われる(というか、この付近にそれ以外に古い天満宮が無さそう)。
ちなみに、現在は階段はほどんどない。



連也:じゃ、天満宮へ。
金さん:乗り込んで、「ヤーヤーヤーってやったらにゅうどーんどーん
GM:どーんどーん。
さらさ:さて…まずはこの長い階段を昇らないといけないんですね。
連也:もうダメだー。
GM:深川の外れにある寂れた天満宮。そのお堂の中で、弓弦は血の海に沈んでいた(笑)
一同:やっぱりかー!
日出鬼:死んでるー!
さらさ:助けてくれ、溺れるっ!
GM:キミの姿を認めると、口を開いた…というわけで、シーンプレイヤーはPC1です。
連也:あ、もう来てるんだ。マスターシーンとかじゃなくて。
GM:階段を上ろうと思ったら、血の海に沈んでいる友人のすぐ側だった。
叶:天満宮なんてそんなに階段長くないんじゃないですか? 所詮江戸にある天満宮だし。
連也:じゃ、秒殺で階段を昇り切って弓弦の元に駆けつけます。「弓弦ー!」
叶:一緒に出ます。登場判定?
GM:お兄さんがいるから、+6で良いよ(笑) +28でも良い!
叶:どこから来たんですか、+28って数値(笑)
金さん:天満宮を調べてたんで、登場します。
日出鬼:成功。
さらさ:出ました。
連也:というわけで、「弓弦、お前一体これはどういう事だ。誰にやられたんだ」
叶:「兄さん! すぐ治します!」
GM:私にできる精一杯の回復魔法…ファーストエイド
連也:来た! まぁそういう分かりにくいネタは置いとくとして。
GM:「連也、叶…こ、これは夢か? でも最期に会えて良かった。実は、雇い主は人間じゃなかったんだ
叶:そ、そうですね(笑)
連也:ですよねー。
さらさ:一つ目だからおかしいと思ったけど(一同爆笑)
連也:お前は馬鹿だー!!
叶:ちょっと、兄さん!?
GM:「気付いた時には、もう遅かったんだ」
さらさ:気付いた時には一つ目だったんだ。
GM:気付く前から一つ目でしたけどね。
連也:すごい絡みづらいというか、やりにくいな(笑)
日出鬼:バカタレですよ。
連也:「もう良い、喋るな。叶、早く弓弦の手当てを(棒)」
金さん:もっすごい棒読みじゃないですか。
叶:包帯ぐるぐる巻きとかそんな感じ。
GM:「ああ、叶のエレキテルはよく効くなぁ…だが、もう兄ちゃん良いんだよ」
日出鬼:死亡ゲージ入れてるからよ
叶:マジですか。電気ショック!
GM:「うっ!」
金さん:まだ生きてるから!
GM:「血槍組は、江戸湾に浮かぶ骸島(むくろじま)で青い石の力を使い、菅原道真公を復活させようとしている」
叶:「骸島?」
連也:いいようにたらい回しにされてるな、俺たち。
GM:「だがその為に必要なエレキテルの力を引き出そうとすれば、反動で江戸の町は消し飛んでしまうだろう。頼む、奴らを止めてくれ。近くの船宿に、俺が開発した高速艇がある。それなら彼らに追いつけるだろう」
連也:ええー!?
叶:兄さんはここで一体何を開発してたんですか。
GM:いやいや、高速艇は前から開発してた。叶も知ってるから。
連也:何を研究してたの?
GM:蘭学全般ですね。ここに来てからは青い石を。「ああ、もう目が見えない…行きたかった、ヨーロッパに、フランスの地に…」
叶:「ああ、兄さん…そんな」
金さん:酸素欠乏症にかかって
GM:返事が無い、ただの屍のようだ。
叶:電気ショック!
GM:
連也:生き返った!
GM:「もう、ダメだ…叶、後は頼んだよ。お前ならあれを動かせるだろ…あれは良い物だ
叶:高速艇の事ですか。
さらさ:お前の頭からジャックインして…
日出鬼:高速艇を起動させたら、ぶぁっと飛んだら、巨大カラクリがゴゴゴゴ…ガシャン!(合体?)
GM:この調子なら月まで行けるかも知れません。
さらさ:確かに。伊達に青い石を研究してたワケじゃないな。
GM:というわけで、シーン終了です。
連也:何かいたたまれないままにシーンが終わった。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック