TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年05月18日 (火) | Edit |
GM:シーン4、雪姫。焔と雪姫が対話するシーンです。
焔:そんなシーンあったんだ、一応(笑)
GM:ありますよ!
焔:俺オープニング無いけど、まぁ良いか~って。
ディーン:ああ、さらわれちまった、って(笑)
焔:そうそう。ウチは放任主義で護衛してるから(一同笑)「姫さんも良い歳なんだからよ、自分の身くらい自分で守れば良いんだよ。剣術教えてやってんだからさ。一緒の部屋にいて年頃の娘だから、何だかんだうるさいだろ? 俺隣の部屋にいるから、自分の身は自分で守ってよ」
ジェフ:で、姫様の部屋だけ「がちょん」って切られて、~♪(UFOキャッチャー)って持っていかれる(一同爆笑)
焔:「おぉ、こいつぁアッパレだ! なかなかやるじゃねーか」
ジェフ:これじゃぁ剣術教えても意味ないわぁ(笑)
GM:もう、天羅もテラも忠誠心のカケラも無い連中ばっかりだ(一同爆笑)
ディーン:そんな、僕忠誠心出して良かったんですか? 「エーッヒャッヒャッヒャ」ってやりますよ!?
ミカン:それは違う(笑)
ジェフ:疑念を抱きつつも上官の命令には従う、程度で良いんじゃないの!?
GM:というわけで! ロストヘブン中央に停車している、巨大列車レイシー。その内部にしつらえられた豪華ホテルの一室で、雪姫がキミにお茶を勧めてニコリと笑った。「そんなに硬くならないで下さい、焔」
ジェフ:すごいくつろいでますが…(笑)
焔:こう(ソファにもたれてゆったり)
GM:めっちゃくつろいでるけどな。
焔:そんなオープニング来るとは思ってなかったもん! 姫さん自らお茶を淹れてくれるとか。良い子じゃん、ビックリした
ジェフ:お茶を入れたのは侍女。
ミカン:ささ、ぐぐっとこの賢者の湯を(※そーいう落語のCDを聞いたのである)
焔:(即捨てて)うむ、旨い。もう1杯。…で?
GM:何か、お茶は自分で淹れたっぽいですね。
焔:それは別の意味で緊張するね。ほう…この女、お茶淹れられたのか。
GM:多分侍女相手に特訓したと思いますよ。お茶と言うのはどう淹れるのですか!? こうですね! ざらざらざらー(お茶葉をドッサリ)
焔:そうか。最近侍女の数が少ないと思ったら(笑)
GM:まぁ、お茶っ葉が溢れてきました! …という特訓をした結果の一杯が、目の前に!
焔:「(ばしゃーっと捨てながら)ほう、それは楽しみだ」
GM:捨てた!!(一同爆笑)
焔:そっか、それで「ほう、これが…」って見てた所、「そんなに緊張しないで」と言われたと。
ジェフ:そりゃ緊張しますね。
GM:「テラでは男も女も同じ食卓に付いてお茶を飲むそうですよ。南蛮が、いえテラがこんなに綺麗な所だなんて、本当に思いませんでした」南蛮と呼ばれてたくらいですからね。鬼畜米英~。
焔:「確かにね」
GM:「また戦争が激しくなるのかしら。今は天使がいるから大きな戦は起きていないけれど、また天羅とテラは血みどろの戦をするのでしょうか。――どう思いますか?」
焔:いやー、こんなマトモな考えを持っていて、マトモな事を言える子だとは思ってなかった(一同爆笑)
ディーン:良い子じゃないですか。
彦磨呂:一応ヒロインですから。
ジェフ:ヒロイン言っても色々いますからね。
焔:まぁ、「天使? 面白そうじゃねぇか。俺は強いヤツが斬れれば何でも良いんだよ。天羅もテラも関係ねぇよ」(一同笑)
GM:「私は戦争は嫌いです。戦になればたくさんの人が――それに、焔も死んでしまうかもしれない」
焔:「まぁなぁ、俺はともかく、弱っちい連中が巻き添え喰ってバタバタ死んじまうのは、納得いかねぇな。もう5年か10年もすれば、いっぱしの剣士になるのかもしれねぇのによ。…ま、なるべく人死には出ない方が良いよな。そのうち俺が天使を斬ってくれば良いんじゃねぇの? 天使斬るの楽しそうじゃん」みたいな(笑)
GM:っていう思いを聞くことも無く(一同爆笑)
焔:あっれー!?
GM:いや、そこを聞くと幻滅しそうなので(笑)。さっき「焔が」と口走ったのを自分で気付いた雪姫は「(裏返った声で)い、今のは無し、今のは無しですよ!?」
ミカン:焔は全くもう。
焔:え、何よ突然!?
ディーン:ほのかな片思いじゃないですか。
焔:知らんよ! まさかこんな子が出てくるなんて思ってもなかったじゃねーか
GM:「さっき言った事を忘れなさい、良いですね、命令ですよ! …さぁ、お茶をもう1杯いかが」
焔:は? 何の事ですか(笑)
ジェフ:それ、お茶を飲んだら忘れるんじゃないの?
焔:「今のは無し」って言ってる間にコッソリお茶を捨てて、「ん、何の事だ? お茶を飲んでて気付かなかった」
GM:じゃぁ新しくお茶を淹れますよ(一同爆笑)
焔:せっかく1杯上手く処理したのに!
ミカン:あ、茶柱が…
ジェフ:お茶っ葉出まくってるじゃないですか。
ミカン:茶柱が溶けてる。ジュゥ~…(一同笑)
GM:「あの…お茶、いかがでしょうか」ドキドキ。
焔:「…まぁ、良いんじゃねぇの?」飲んでないから何とも言えない(笑)
ディーン:めっちゃ良い子じゃないですか!
GM:「まだまだタップリありますからね」だばー。
焔:何でそんなにイッパイあるんだ!
GM:練習したから。
ミカン:このお茶、何か浮いてるんですけど…こっち見てるんですけど
GM:何が!?
焔:きめぇー!!
ジェフ:お茶は哀れっぽい目でこちらを見ている。飲まないで下さい。
GM:飲むの?
焔:だばー(捨てる)
GM:ありがとう。というわけで、お茶からの感謝をいただいた。「ささ、次のお茶を」とか繰り返していると、焔は他の護衛との交替時間になるのでシーン終了です。
焔:次は彦磨呂か? 「あのお茶には気を付けろ」(一同爆笑)
ジェフ:拙者傀儡なので、飲んでも大丈夫でござる。
焔:良いな、傀儡。
ミカン:いえ、賢者の湯は溶けますから。
彦磨呂:いえいえ、一介の傀儡にはお茶なんて出してもらえないですからね。
ジェフ:ほのかな片思いのある焔さんじゃないと。



GM:というわけで、幕間を。
ジェフ:拙者ぁ無しですか?
GM:ああ、ゴメンゴメン。ってかそこは一人称は天羅なのか。
ジェフ:すいません、今のは私の地でした。
ミカン:地!?
GM:キミは銀十字社に売り込むための記事――「独占取材! 雪姫に聞く」元天羅人なので、ちょっとは近付きやすかろう。天羅語も堪能だし。
ジェフ:言葉違うんだ。
GM:いやーどうなんだろな?(一同爆笑)
焔:適当言った!
ディーン:英語と日本語?
GM:一応違うけど、意思疎通はできるっぽいな。どうなんだろう。
彦磨呂:英語と日本語で罵り合ってるけど、だいたい意味は通じてる。
焔:そりゃ罵り合ってたら通じるよ!
ディーン:ああ、「クォーノォー、An-Pon-Tan!!」って言われてるんですね(笑)
ジェフ:日本語じゃないですか。
GM:というわけで、取材をしようとしている。
ジェフ:「この列車に乗ってやってくるはずだぜ」って、駅でワクワクしてる。
焔:そしたら、~♪(UFOキャッチャー)って(一同爆笑)
ジェフ:ああー、列車が1両飛んでいったぁー!?
GM:目撃者、いたー! とりあえず、社主の彼女と交渉してる所からです。
ジェフ:「独占取材してきたいんスけど、良いッスか!?」
GM:「そんな記事くれるなら、それなりの報酬を払いますから是非」
ジェフ:ヒャッハー!
GM:ああ、つい忘れるな(合気を渡して)。バンバン配らないといけないんだった。
ジェフ:で、ヒャッハーと企画書を持って駆け出していく。
GM:これで俺も金バッヂだー! いやいや(笑) まぁ弱小新聞社だから、報酬も知れてるが。
ジェフ:まぁ、こっちで糊口をしのげるだけの稼ぎがあれば。
GM:それは十分に。しばらくは記事が売れなくても、十分生きていける。
ジェフ:これで1年は大丈夫だぜー!
GM:1年はさすがに無理かなー(笑)



GM:というわけで、幕間に入ります。「因縁」を1レベル上げても良いです。
焔:お茶も旨かったし雪姫…
GM:飲んでもない癖に!
ディーン:大尉への「信頼」を反転させたい。
GM:まだレベルしか変わらない。変えたいなら3レベルまで上げると良い。
ディーン:天使への「憎悪」を上げましょう。
焔:PC間の因縁は?
GM:そういえば取らないとな。
ミカン:PC間って番号順? 今の時点では、ディーンにしか接点が無いんだけどなぁ。
ジェフ:初対面の印象とかになるんですかね、そうなると。
ミカン:1・2・3・4でテラ天羅テラ天羅。
ディーン:気持ち悪い傀儡ですよねー(一同笑) あ、ぱっと見は分からないのか。
ジェフ:カラクリカラクリしてないんですね。見た目はただのオッチャンか。
焔:そういえば、流派は適当に決めれば良いの?
GM:何でも良いですよ。~流で。
焔:鞍馬神流(一同爆笑)
GM:シノビの源流来たー! (ルルブ調べてて)あ、シナリオ因縁は2レベルからでした。
焔:じゃぁ、ここで3レベルに出来るってことか。
ディーン:ここで3レベルにして、すぐ反転できるんですか?
焔:反転は何かイベント無いと無理だろ。さっきみたいに、雪姫がお転婆だと思ってたら結構マトモだった、とか。
ディーン:でも、「信頼」だと上げる気にならないですよね。
焔:そうだな(笑)
GM:でも上げないと変えられないぜ。3のやつを切り替えて4にするって事だから。
ディーン:ええ。「ヒェッヘェー!!」とか「イーッヒャッヒャッヒャ」とか。
焔:キャラまで変えなきゃいけないじゃないか。
ミカン:因縁なんだから、信頼が揺らぐ度合いが上がっていくと考えれば。
ディーン:なるほど!
GM:PC間の因縁は好きに決めて良い…という事なので。天羅人とテラ人はまだ面識がないので…

彦磨呂→ジェフ→ミカン→ディーン→焔→彦磨呂

GM:かな。ジェフは天羅人ともテラ人とも知り合いであっても可笑しくない。
ジェフ:有名な死神だって聞いたぜ!
GM:で、ディーンは任務の都合上、焔を一方的に知っている、と。
ディーン:最強最強最強~♪
焔:鞍馬神流・最強ロボ(笑)
ジェフ:何でも良いんですね。じゃ、ミカンに対する恐怖で。怖い噂聞いたけど、直接聞くのは怖いなぁ…。
ミカン:そんな事はありませんよ~。
ジェフ:やっぱ怖ぇー。
ディーン:やっぱ失敗しましたよー。「ィエーッハッハハ! さらっちまいますかねぇ!」っていう方がやりやすかったですよ。
GM:軍人っぽく「イエッサー!」って言っとけば良かったんだよ! 何でその二択なんだよ
焔:PC間因縁も1レベル?
GM:2レベルです。
ミカン:最初は軍人は全ての返答を「サーイエッサー!」で答えれば。
ディーン:聞こえんなぁ?
ミカン:サーイエッサー!!
ディーン:聞こえんなぁ?
ミカン:サーセンッシター!(一同笑)
GM:カーセンサー!
ジェフ:バックする時に「ピピピピ…」とか言うんですね。
ミカン:ガッツ石松(バックしますの音声で)。
彦磨呂:ジェフは新聞記者ですね…天羅人とテラ人が共存する村という事で、一度取材に来た。
ジェフ:じゃそれで。「難民キャンプって聞いたんスけど、大丈夫ッスか~」
ミカン:その時現地調達した印刷機が、コレ(彦磨呂)(一同爆笑)
ディーン:印刷機!?
彦磨呂:刷れません!
ミカン:ガリガリガリ…(口から紙を出している)
GM:サラサラサラ…(1枚1枚手書き)
焔:手書きだー! 印刷ナメんな、てめーら(笑)
ディーン:不思議なモノを見る目で。
焔:そうだな、好奇心とか?
彦磨呂:焼け野原でむっくり起き上がった所を、お館様に拾われたんですよ。
ミカン:私はディーンには「同情」ですよ~。「憐れみ」でも良いですよ~。
ジェフ:で、今の間に合気を気合に変えれば良いんですか?
GM:うん、変えたかったら、自分のスートに合った合気を気合に変換して、合気を捨て札にする。
ディーン:Aは変えたくないですね、11だし。これって人に渡せるんですか?
GM:うん、気合に変えてしまったら渡せないけどな。手札はどんどん人に渡したら良い。
ミカン:手札は合気になるんだね。合気がいらなかったら、どんどん渡したり変えたりすれば良い。
GM:ええ、自分のスートだけ気合に変えて。
ジェフ:そっか、やってる時に渡してあげれば良かったですね。
GM:スートの合ってる人にどんどん渡せば。それにスートが合ってなくても、「イカスやん」って人に渡せば、その人がまた別の人に渡してくれるだろう。どんどん回せば。
ジェフ:じゃ、変えときましょう。
ディーン:ああ、良い数字を…もったいない。
ミカン:手札が11だから、気合が11?
焔:いや、因縁のレベルまでなので上げてたら3までです。…因縁を切り替えるのってシーン中でも出来るの?
GM:いや、幕間です。
焔:いやな、ここで3レベルにしといて、次雪姫がさらわれて「はっ、俺って実は雪姫が好きだったんだー」って大告白したらイキナリ4にできる。
GM:そうです。
ミカン:俺って雪姫の事信頼してたんだなーとか。
GM:シッカリしてると思ってたけど、ただの小さい女の子なんだよなー。今頃どうしてるかなーと、守ってあげなきゃと「庇護」でも。
ミカン:今頃手遅れだろうなー。と「悔恨」
ジェフ:もうちょっと鍛えてやれば良かった…!
焔:ソレだ!
GM:お茶の特訓なんかしてないで。
ディーン:…さらいたくないなぁ。
焔:さらわなきゃ良いじゃん。
ジェフ:さらうのは別の人なんじゃないですか?
GM:それと、レベルを1個上げる代わりに、新しいのを1個取っても良いです。
焔:幕間って何回くらいあるんだ?
GM:シーンの数だけあります。
ディーン:ミドルの間、どんどん上げていけるんですね。
GM:オープニングは短いから、まとめてやりましょう、って決まりがあるんですよ。

↓そんな感じで決まったPC間因縁
PC間因縁
関連記事


コメント
この記事へのコメント
 白状すると、ハンドアウトで雪姫が攫われてしまったって書いてあったから、てっきり攫われた後から始まると思っていたのでした(笑)。
 どうせ救出シーンまで姫は出てこないとタカをくくってたので、姫に対する態度を決めていなかった(爆)。いや、GM様にはご迷惑をおかけしました。
2010/05/18(火) 19:18:43 | URL | 陽 #-[ 編集]
俺のヒロインどんだけ警戒されてるんだろうって思いましたよ。
2010/05/18(火) 20:43:07 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
 いや、最初に「雪姫ってどんなん?」って聞いたやん?そしたら「はい」ってイラスト見せられただけだったんで、「あー詳しく説明出来んヤツなんやろなー、自分から捕まりに行くんやろなー、つーかむしろラスボスなんかなー」とも思ってた(笑)。
2010/05/19(水) 18:16:58 | URL | 陽 #-[ 編集]
あれ、あの時「姫ってどんなん?ほら、見た目って重要やん?」とか言ってませんでしたっけ?
2010/05/19(水) 22:26:23 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。