TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年04月21日 (水) | Edit |
勇:じゃ、「何奴!?」ばばん、から。CM開けてもういっぺん。
左近:ささ。
十蔵:前口上しましょうか。
GM:ちょっと待ってねー(データを確認)
さらさ:一つ、ひとよに人殺し
勇:三つ、みにくい人殺し。
さらさ:四つ、よいこの人殺し。
紋三郎:五つ、いつでも人殺し。
さらさ:六つ、無理でも人殺し。
GM:七つ、ナナメに人殺し(一同笑)
左近:袈裟懸けですね。
GM:八つやっぱり人殺し。九つここでも人殺し。十でとうとう人殺し。
さらさ:最初っから人殺しだよ、アンタ!(笑)
GM:よろしいですかな。
十蔵:じゃいきますよ。
GM:あ、先に…一応。屋敷の庭に現れたキミたちを見て、伊吹勘兵衛は露骨にぎょっとする。
左近:ぎょぎょ?
勇:魚?
GM:「ええい、聞かれてしまったか!」と慌てている。
十蔵:伊吹勘兵衛、越後屋! お前たちの悪事は掴ませてもらった
GM:「何奴!?」
十蔵:「まさか、この家紋を見忘れたわけではあるまいな」短刀を。
左近:ばばーん!
GM:《世を忍ぶ仮の姿》を解除するのね。
十蔵:はい。
勇:げえっ、上様!!(一同爆笑)
GM:伊吹勘兵衛は「ば、馬鹿な! 貴方様がこのような所におられるはずが…」
十蔵:「大人しく投降するなら良し。それならば、お家取り潰しは勘弁してやろう」
GM:越後屋は「ひ、ヒィ! お金ならいくらでもお支払い致します」と平伏しているが…
さらさ:ご利用は計画的に。
紋三郎:武士ならば潔く腹を切れーい。
左近:武士じゃありませぬ、商人でございまする!
十蔵:銀さん、次のセリフ、何!? 次のセリフ!!」(一同爆笑)
左近:お銀さんがこう(カンペを出す)
GM:字が小さいよ! もう少し寄って!(笑) …で。「いやいや、このような所におられるはずがないのだ。斬れ、斬れ、斬ってしまえー!」
左近:えー、そんなん無理ッスよー。
GM:ゴロツキ、やる気ねぇー!
左近:だってこの人らに畳まれましたよ、自分ら。
勇:そ、そうか! いや、まだごろーざがいる。ごろーざを呼べ!
GM:で、一応越後屋も平伏してたんですけど、「いえ…これから、事故が起こるんですよ」
十蔵:「えー!?」
GM:「貴方様が助からないような事故がね」
さらさ:越後屋に事故はつき物でございます。
GM:じゃじゃんじゃんじゃん…お後がよろしい様で。落ちてねぇー!(一同笑)
さらさ:落とされるとは思わんかった(笑)
GM:「この事を漏らされては面倒だ。ごろーざ、こいつらを斬り捨てろ!! 死んでしまえば後はどうにでもなるわ」というわけで、ごろーざとゴロツキがぞろぞろっと出てきます。
左近:あらほらさっさー。
勇:コマ出す? 移動とか関係あるのかな。
GM:ほぼ関係ないと思ってもらえば。一応距離は書いてありますが。
さらさ:たいてい、雑魚が10m手前でボスが20mとかそんな感じ。でも、ババンと開けたらそこにいるんだよな。5~10mって所か?
勇:ほぼエンゲージしていると言っても過言ではない。
紋三郎:上様は真ん中にいて貰わないと…
十蔵:すぐ下がるよ?
左近:喋るだけ喋って(笑) まぁ、真ん中というよりは皆の後ろでも良いですね。
GM:PCたちは一つのエンゲージだそうです。そこから…あら、ゴロツキ間に入らないんだ。
左近:周りを取り囲んでるだけですか?
GM:ここがごろーざ? えー、納得いかない。
勇:納得行くように変えれば良いじゃん。
GM:変えます。ごろーざ、伊吹、越後屋、ゴロツキ×4。
さらさ:ゴロツキ多いな。
勇:斬られて画面外に出て、うわーって(また戻ってくる)
GM:それを加味してこの人数なんで。ゴロツキは2・2・3・2人いるんで頑張ってね。範囲攻撃多いから雑魚を増やした方が良いかなーと。
勇:えー。
さらさ:まぁ良いんじゃないですか?


GM:行動値、越後屋が11ですね。
勇:早いな。
さらさ:抜いてるのは…出枯らしだけか。で、同値の私です。
紋三郎:出枯らし紋三郎、見参。
日出鬼:セットアップですか?
GM:だね。
日出鬼:日出鬼、音撃~♪」とか言いながら変身(《鬼神変》)します(一同笑)。ムキムキムキー。顔だけ普通です、まだヘルメット被ってないので。
勇:ええー!?
左近:では私も、「神社を燃やされた恨みー」
勇:何で棒読みなんだ。
左近:「油揚げの為にも、許さないぞ」
勇:だから何で棒読みなんだ。
左近:えー、じゃぁ…「油揚げを供えてくれる予定の神社がお前たちのせいで燃やされてしまったではないか」(一同笑)
GM:一応焼け跡に油揚げは供えてあげるから、それについては心配しないでも。
左近:じゃぁ神社を燃やされた恨みって事で一つ。そんな感じで、人間の姿から妖怪の姿に。《変化妖怪》解除!
勇:コーン。
GM:解除した、狐になったー。
日出鬼:妖異!!
左近:いやいや、妖異と妖怪を一緒にしないでいただきたい。
日出鬼:これ(《妖異滅殺》)がなー、妖怪にもいけるんだ。
左近:ションボリですよ。
勇:まぁ毛並みをちょっとモフモフして。
GM:モフモフ。私は誇り高き狐だぞ!?
左近:こーん。狐の毛並みはそんなにモフモフじゃないような。
勇:尻尾はモフモフそうだ。
GM:毛並みはゴワゴワの上に寄生虫がいたりするんで、触らない方が(笑)。で、どうよ、どうなのよ。
紋三郎:脇差抜いてー、《地を薙ぐ者》で攻撃を[対象:範囲]にしてゴロツキを端から。
GM:ああ、ゴロツキまでの距離は5mね。3人いる所をやってしまってくれ。
紋三郎:じゃぁそれで。地を薙いで、《業火の心》で、《位置取り》で移動しながらずばー。(ころころ)15と言って命中。
GM:なめるなー、11振れば回避…出来ませんでした。
紋三郎:(ころころ)18で。
GM:ゴロツキィィィー!! では次の方。
さらさ:はい、11です。判定前に、奥義《広大無辺》を使います。
GM:ああ…。
さらさ:陰陽師の、太極図をばっと開いたら[対象:シーン(選択)]になります。
陰陽魚太極図
GM:ひどーい。一掃される。
さらさ:で、⑧と⑥と⑤使ってー(笑)
GM:コンボ表書かない!
さらさ:じゃ、九字を切って(《九字切り》)、メジャーで《五行呪:金業》で攻撃しつつ、《晴明桔梗印》でダメージが上がってます。
GM:はい。
日出鬼:これでも全部乗せ出来るんですか?
さらさ:マイナー・メジャー・オートなだけです(笑)(ころころ)19。避けれるもんなら避けてみやがれ。
GM:誰々に?
さらさ:だから敵全員だって。
GM:だから一掃されるって。
さらさ:ダメージは21点の斬り…中に[妖異]がいたら、そいつに更に+1Dだ。
GM:ゴロツキー、ゴロツキー、ゴロツキィィィー!!
さらさ:次は越後屋かな。
GM:瀕死の越後屋が。「お、お前たちは一体…!? こうなったら、南蛮渡来の連発銃で」めっちゃヤバい陰陽師を攻撃。(ころころ)ひっくーい! 14。
さらさ:2Dで10を出せば回避…出ました(一同笑)
GM:ばーんばーん。二丁拳銃が空撃ちさせられたぜー。
さらさ:ぐー。
GM:寝ながら避けたー。次の方?
左近:私かな。越後屋と伊吹とごろーざが残ってるんですね。一番ムカつくのは神社を燃やした伊吹勘兵衛なので、《妖術:雷》を飛ばしますよ。(ころころ)17。
GM:てーい。12。
左近:では17点かな。多分。雷です。
さらさ:雷属性って?
GM:専用の防御がない限り、普通0です。次は伊吹、「ば、馬鹿な…まだセリフを喋って…ゴフッ(一同爆笑) お…お民はすでに坑道の中だ、お前たちが今更行った所で、生贄になるのを止め…ゲフッ、ゲフッ」って言って死にます。
勇:死んだー!?
GM:がふっ。ぴこぴこぴこ(点滅)…消えた。次は…お、ごろーざ生きてるぞ!
さらさ:「もうアンタにゃつきあいきれねーよ」と言って帰る?
GM:ひどい話だ。
勇:いやー、俺たち楽で良いわ。
日出鬼:本当ですねぇ。
左近:まだ白面の君が残ってますよ。
勇:出てくるんだ!?
GM:白面の君自体は。
勇:出てきてもどーせ戦わないし。
GM:えーっと、誰を狙おうかしら。いや、そこ(十蔵)ですね。とりあえず上様を。
十蔵:えー。何でこっち来たーん?
左近:こんなに影薄くして頑張ったのに。
十蔵:めっちゃ狙われないようにしてたのに。
GM:まぁ…今更頑張っても伊吹死んでるし。
勇:やる気無くした。
GM:いえいえ、ごろーざはやる気無くさないですよ。しかしコイツらHP低いなぁ…
左近:バイタルアップみたいなのがあるんじゃないですか?
GM:無いよ。
勇:雑魚はねぇ。あ、伊吹も死んだか。
GM:伊吹は所詮人間ですし。というわけで、出し惜しみしてても仕方ないんでガンガン行くぜ。「悪いな、お宝が出るあそこにはおめーらを行かせるわけにはいかねぇのよ」というわけで《剣禅一如》、クリティカル~!
日出鬼:カバーリーング!(《援護防御》)って行きます。
左近:上様、危ない!
GM:じゃ日出鬼にダメージ。《一刀両断》ん~!
日出鬼:《一蓮托生》ぉ~!(一同爆笑)
GM:じゃぁ…刀のダメージが13点で、一刀両断が(ころころ)ぶっ、何だよこの出目(無駄に高かったらしい)…57点神属性(?)ダメージ!
日出鬼:49点食らって49点返しまーす!
GM:神属性だから防御ないだろう。
日出鬼:あ、では57点返します!
GM:ばーん!!
さらさ:ひどいゲームだ(笑)
GM:まぁそこはこういうゲームなんですが。それにしてもコイツらHP低すぎるだろ(笑)
日出鬼:倒れた所を《起死回生》!
さらさ:覚悟じゃないのか。
日出鬼:あ、覚悟で良いんですか。
GM:覚悟で良いよ。
日出鬼:あ、じゃぁ覚悟完了!
左近:あ、日出鬼反撃でしたね(笑)
GM:日出鬼、反撃ぃ~♪
日出鬼:もう使われてたから使わない!
さらさ:じゃ、日出鬼迎撃~♪
日出鬼:演出的には…こいつ、妖異だったんですよね?
GM:羅刹。人でありながら妖異に魅入られた者。
日出鬼:あ、そうなんですか。すいません、「ごろーざーん」って言う前に。
勇:うん。まぁあれは仕方ないだろ。
日出鬼:だから、「ごろーだーん!」にしときました。打撃でだーん!
左近:だーんだーん!
GM:…で。
紋三郎:一人残った越後屋は?
勇:「もう良いだろ、投降しなよアンタ。俺なんかめんどくさくなっちまったよ
GM:ヒドイ(笑)
日出鬼:僕の行動も残ってましたね。
勇:やっちまえよ。
日出鬼:(ころころ)20~って攻撃です。
GM:20? 無理!
日出鬼:殴りの10点。
紋三郎:無言でコマを片付けられましたよ。
GM:「ぎゃーお助けー」


GM:というわけで、倒れた人からは妖異の気配が…ごろーざからは一番濃く抜け出し、鉱山の一点へと吸い込まれて行きます。お民が連れ込まれた、と喋れなかったので死に際に喋った伊吹の言葉どおり(笑)
勇:それは頑張って追いかけて行こうじゃないか。
GM:というわけで。どうやら巨大な影が復活しようとしているようだ。PC全員に、宿星「殺生石のかけらを止める」
左近:しゅくしぇー。
勇:殺生石の欠片を…食べる
GM:うまーい!
さらさ:これは、復活阻止が無理だった?
GM:いや、今はまだかけらでしかない。白面の君自体は復活してない。
さらさ:かけらを集めさせないように。
日出鬼:白面の君って、「うしおととら」のアレですか?
GM:そうだね。白い九尾のでかい狐。こんなデケェ狐がいるか。
左近:いや、ここに。
GM:まぁそうなんですが(笑)
うしおととら 白面の君
関連記事


コメント
この記事へのコメント
太極図って、wikiで見てみたら色々あったんだね。
オレのイメージでは「陰陽魚太極図」だったんだけど、《広大無辺》って意味とはちょっと違ったかな?

この九尾の狐は、イメージどおりだね。
それにしても、「おおぎゃあ」って…(笑
2010/04/27(火) 00:33:12 | URL | アルト #-[ 編集]
この黒いのと白いのは魚だったんですねー
勾玉か何かかと思ってたw

>九尾の狐
うしおととらの「白面の君」ですからね。本人です!
かなり顔が怖いです。
2010/04/27(火) 21:20:41 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック