TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年04月20日 (火) | Edit |
GM:では情報収集ですよ~。
勇:うわー、もうダメだー。
GM:【理知】です。
勇:でしょー? 無理コーン。
GM:自動登場かな…いや、シーンプレイヤー2って書いてある。
十蔵:おお。
GM:まぁここは出たい人は全員出てもらって結構です。
さらさ:そろそろ25~30分くらいかな。
十蔵:じゃぁお銀さんに「これとこれとこれとこれ、ちょっと調べてきて下さいよ」
勇:全部は無理ッス!!
GM:調査できる項目は…(カッコ内は難易度)

・伊吹勘兵衛(10)
・越後屋(10)
・赤鬼のごろーざ(10)
・隠し金山(12)
・殺生石のかけら(10)


勇:高いよ、全部! せめて一桁でお願いします!
GM:一桁はちょっと…。2Dで8振って下さい。
勇:無理ー! まぁ、一番分からなくても大丈夫そうな所に俺は行くよ。
左近:全部で5個でしたね。
勇:5個か、じゃぁ俺やらなくても(笑)
さらさ:殺生石のかけら調べます。(ころころ)14です。

殺生石のかけら
 数百年前、山向こうの那須から邪気を放つ石の欠片が村の山奥に落ちてから、災いが頻発した。それをお稲荷さんを祀る事で鎮め、山には立ち入らぬ事にした。という伝承が、この村には残っている


左近:ほー。その山が金山だったのか。
さらさ:いや、金山というのも嘘かもしれない。
GM:狐の妖力で騙して。
さらさ:殺生石を掘り起こさせようとしてるだけかもしれない。
GM:この隠し金山は、「武田信玄の隠し金山」。
紋三郎:でも、隠し金山だけ難易度が12になってますよ。
日出鬼:【理知】が高い人が金山を調べてもらえたら。
左近:【理知】5。
十蔵:4で+1されてるから5。
日出鬼:3。
紋三郎:4。
勇:何で皆そんなに高いのー?
GM:それはね、調査に向く隊士を行かせようとしたら「ワシが行く」って言ったから
勇:あれあれ? 俺のせいなの?(笑) 一緒に付いてきたエキストラがそういう人じゃないの?
左近:じゃ、私が金山行ってみます。失敗したら十蔵さんに頼む。(ころころ)あ…11。
勇:ダメじゃん! 財産ポイントとか使えないの?
GM:(調べて)購入判定にしか使えませんね。
日出鬼:じゃウチは、イブキのキが鬼じゃないか調べましょうかね(一同爆笑)
紋三郎:そんな事しなくても、赤鬼のごろーざは鬼ですよ?
日出鬼:ごろーざはもう「ごろーざーん」って斬られてるから。
勇:過去形だー!!
GM:一応ね…「GM、こういう調べ方するからこの能力値で振ったらいかんの?」って言って良いらしいですよ。
一同:へー。
さらさ:シノビガミ的に。
GM:ゴロツキを脅して話を聞くなら【体力】、聞き込みをしてたまたま聞けるかどうかなら【幸運】、証拠品を調べるなら【知覚】…というような調べ方をしても良い。
勇:なるほど! 証拠品ねぇ…
GM:【知覚】が高いんですか。
勇:うん、一番高い。
日出鬼:たまたま伊吹が悪さをしている所に出くわした【幸運】ですかね。
GM:たまたまそういう話をしている所に出くわした。良いよ。
日出鬼:(ころころ)14。

伊吹勘兵衛
 去年、赴任してきた代官。賄賂で今の地位を手に入れた男。代官所にはほとんど居らず、もっぱら御用商人である越後屋の屋敷に篭って何かをしているらしい。定められたよりもはるかに重い年貢を取り立て、払えない者は手先のごろーざに命じて鉱山で働かせている。


日出鬼:妖異ですね。
勇:悪いヤツだな。
日出鬼:間違いないですね。伊吹ざーんですね。
紋三郎:で、イブキのキは鬼じゃないんですね。
GM:違うよ。伊賀の伊に、吹く…ラッパを吹くとかの吹く。
日出鬼:トランペット使いですね!
GM:トランペットは使うかもしれん。そこまでは掴めなかった。たしなむかもしれない。
日出鬼:たしなむかもしれませんか。仕方ないですねー。
GM:パパー…パ♪
勇:あと、ごろーざと越後屋と金山?
十蔵:ウチはもう1回金山を調べときます。
GM:きんざーん!
さらさ:山ごと切ったー!!
十蔵:(ころころ)13。
勇:おー!

隠し金山
 かつてこの地を治めていた戦国大名、武田信玄が開いたという金山。祟りによって放棄された。金山には乙女を好む悪神が住むという伝承が残っている。


勇:お民ちゃんは生贄にされた、と。
GM:まぁまぁ生贄にされ…た、っていうか、まだされてないですよ。
さらさ:これからされる予定(笑)
勇:じゃ、越後屋の店に行って品物を見て、【知覚】で判定しましょう。
GM:品物…まぁ、越後屋に行ってみる、偵察くらいでしょうかね。
勇:えーい(ころころ)クリティカル!
GM:何で振ってても成功ですね。
勇:どうだ、見たかトシ! 俺でも調査できるんだ!
GM:たまたまですよ、たまたま。
勇:(しょんぼり)しくしく…
GM:ションボリされた(笑)

越後屋
 名前は伝衛門。


勇:越後屋伝衛門? 悪人決定だな、こりゃ。
GM:それ、名前を聞く前から思ってたでしょ。
勇:思ってた(笑)
さらさ:越後屋=悪、と未来から決まってるんだ。

 鉱物商。元は蘭学者だったらしい。古文書からこの地に隠し金山が眠る事を知り、伊吹と組んで秘密裏に開発した。

さらさ:蘭学者!? 何持ってくるかわからーん!
勇:巨大ロボットが来るぞ、気を付けろ! 開発って言うと本当にロボットだな。
GM:その開発じゃありません(笑)、山を開く方です。で、伊吹勘兵衛、越後屋、隠し金山の繋がりが見えたので、隠し金山の位置(難易度12)という情報項目が新たに。
勇:マジで?
さらさ:位置? 入り口? 露天鉱床(Strip Mine ※M:tG)楽だったのになー。
GM:見付かったらタップして(略)
紋三郎:ゴロツキが因縁付けてきそうな所をウロついてー…
GM:ゴロツキに因縁付けて、の間違いじゃないのか(笑)
紋三郎:違います、因縁付けられるのを待ってるんです。それを回避しつつ、【反射】か【知覚】で振って。
GM:【反射】? 【知覚】?
紋三郎:で、隠し金山の位置を調べます。
GM:無理無理! 二重三重に無理!
左近:【知覚】なら足跡とか、こっちから逃げてきたという噂を聞くとか。
勇:そんなの面白くないじゃん。
紋三郎:じゃ、村人が逃げてきたのを追いかけてきたゴロツキを…
GM:だから、どこから逃げて来るんだよどこから(笑)
紋三郎:隠し金山から。
GM:そんなホイホイ逃げて来ないよ! 一人埋まったよ!
紋三郎:出てきましょうよ。
さらさ:町外れにゴロツキにボコられて、運良く鉱山に連れて行かれるとか(笑)
GM:幸運じゃない(笑)
左近:反射的に。
さらさ:ウッカリ連れてかれた。
勇:そこまで行くと意味が分からんな。
紋三郎:じゃぁ良いですよ、そこら辺ブラついてて、【幸運】で調べます。
GM:何を?
紋三郎:あの辺が隠し金山っぽいな。
左近:ウッカリ見つけてしまえば良いんじゃないですかね。
紋三郎:(ころころ)10、足りない。無理。
十蔵:これってもう1回調べて良いんですか?
GM:1シーンに1回なんで、これでシーンが切れます。残ってるのはごろーざと金山の位置。
勇:ごろーざはどうでも良いですよ
GM:ヒドイ!

*  *  *

さらさ:これは次のシーンに登場するって事かな? シーンプレイヤーはPC2?
GM:どうしましょうかね。ごろーざと金山の位置か。ごろーざだと勇、金山だと十蔵。
さらさ:その二人は自動登場で良いんじゃない? 後は判定で。
GM:とりあえず登場だな。まぁHPが減ってて回復したい、とかいうんでも無い限り登場しとけば良いじゃない。
左近:ああ、紋三郎さんはMP回復させれば?
GM:シーンに出なかったら、そのシーンの最後に1D6回復します。
紋三郎:じゃ、さっき彷徨っていたので今回は出ないという事で。
GM:あっしには関わりのねぇこってござんすー。
十蔵:「じゃぁお銀さん、もう1回調べてきて~」金山を(ころころ)13です。
GM:隠し金山は…越後屋の屋敷の裏手に作ってある(一同爆笑)
勇:マージでー!?
日出鬼:分かりやすいです。
十蔵:何でそんなベタベタな展開(笑)

隠し金山
 越後屋の屋敷の裏手に掘られている。そこに働かされている人々や代官、ごろーざもいる。


左近:屋敷の裏に入り口があるだけ、とかじゃないですか。
さらさ:屋敷が山の中腹にあるんじゃないのかな。
GM:ただでさえ坑道を掘り進むのは危険かつ重労働なんだから、できるだけ金脈に近い所から掘るだろうね。
左近:屋敷が山の中腹なのか。別荘とかじゃないんですね。
さらさ:元々金山があったなら、その入り口の周りに村があってもおかしくないね。そこが何百年か経つうちにこうなっちゃったんだろう、きっと。
GM:じゃ、あとはごろーざですよ。
さらさ:ごろーざが殺生石持ってないかなーと調べてみよう。
日出鬼:もう、「敵がいましたー悪即ざーん!」で良いんじゃないですか?
勇:もう良いよな。もう十分調査した。こんな調査させられるなんて思ってもみなかった!
さらさ:ごろーざ…面識も関わりもないけど、妖異の気配を感じたので。(ころころ)出目ひっくいよー! 8。
GM:調べるうちに、「でも赤鬼って言われるから妖異てのは安易な考えなんじゃないかなー」と、ふと我に返って。
さらさ:分からなかったんじゃない…
GM:寝た?
さらさ:「誰かがもう先に調べて持って行っている!」
GM:いやいや! では他の方。
左近:ごろーざについて…(ころころ)16ですね。

赤鬼のごろーざ
 伊吹勘兵衛の手先。ゴロツキどもの頭目におさまって好き放題やっている男。越後屋に古文書を持ち込んだ浪人で、化け物じみた力と妖怪のごとき力を持つため、恐れられている。


GM:化け物じみた力と妖怪のごとき力?
さらさ:怪力と妖力か。
左近:…というのを、村の野良犬に聞いた。
勇:ごろーざ、結構面白くなってきたじゃないか。
日出鬼:そうですね。ごろーざーん出来ないですね。
勇:もうスッカリごろーざは終わった人だと俺の中ではなってたけど。
左近:ざーんってやった気になってた。
勇:実は黒幕はチョロくて、ごろーざが戦力だった。
日出鬼:データ持ちですね。
勇:ごろーざは「ごろーざーん」ってやりやすいように、わざわざそういう名前にしてくれたんだと思ってた(一同笑)
GM:違います(笑)
勇:さすがGMだぜ! ってちょっと思ってたのに。
さらさ:まさか、ここで金山に潜り込んでダンジョンシナリオだー! とかにはならないよな。
紋三郎:その時はその時で、「きんざーん!」って斬すれば。
さらさ:山ごとざーん!
左近:そしたらパカっと割れて、見やすくなって良いですね。
日出鬼:ミドルでもクライマックスだぜー!!
勇:もう後は行って殺るだけだから。もうクライマックスで良いんじゃないのか(笑)
さらさ:ここまで来るとなー。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/12(水) 00:49:42 | | #[ 編集]
情報収集に財産ポイントは使える、とコメントでいただきました~
ありがとうございます!

天下繚乱、ルルブが高いのが問題ですよね( ; ゚Д゚)
2010/05/13(木) 11:05:21 | URL | みにら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック