TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年04月02日 (金) | Edit |
GM:では1ヶ所打ち漏らしたという連絡が皆さんの所に入ります。霞さんもそれが分かって、「あなたのお友達が…!」
白夜:「これ以上周りの人を傷つけさせないぞ
一同:(微妙な笑い)
白夜何だよその、気の無さそうな返事しやがってーって顔は
その通りだ!
GM:そんな事ないです、大丈夫です!
白夜:だってここで怒りをあらわにした所で、どうなる事もないし。
エルニーニョ:だって所詮隣のクラスの…。
GM:そうですね、隣のクラスの誰か分からない子かもしれないですね。
エルニーニョたまたま昨日教科書借りただけ(一同笑)
:情報収集能力がスゴイのか、スゴクないのか。
GM:という所で、確かにアジトにはヤツらがいるという連絡が。
:連絡します。
GM:で、霧谷さんは…このサイクルは神城フーズにいたという事で。
:ああ、あの老人に任せておけば大丈夫だろう。
GM:大丈夫です、ハイ。
:追ってきている連中も倒したし。
白夜:いざとなったら紙を残して…ってそれじゃ霧谷守れないじゃん。
:いざとなったら霧谷も紙になって!
白夜:仕込まれてる!?
GM:持ってないです(笑) では皆さん、アジトに突撃で良いんですか?
エルニーニョ:…ジャームは?
GM:ああ、ジャームは捕食した後戻っていきますから。
エルニーニョ:ああ、もうゴチソウサマ、イタダキマシタ?
GM:はい。
白夜:2サイクル以内に行かないと手遅れ、と。
:で、ちょっと強くなったと。
GM:そうですね。1ヶ所失敗するごとに、ラスト戦闘でそこに住む友人が出てきてマイナスの修正を加えるという事でした。


:集まって情報交換するか。真君には「宗六さんに会ったよ」って話をして。
:「おぉー!?」
:「相変わらず…プリン好きそうだったよ(一同笑)。こんな事もあろうかと、お土産にプリンを買っていったら大層喜ばれた」
:「何でプリン持ってるんですか?」
:「いや、分からないが」(笑)で、ティンダロスのアジトの神城フーズで会ったという話をして。
:「…では、心配はいらないですね」
:「ああ、ご老人は我々より上手らしい」
GM:ではアジトに乗り込む、で良いですか?
:やり残した事はあるか?
白夜:ロイス結ぶくらいかな。
:そうだな。あと1個残ってるな…宗六さんに渡したプリン(一同爆笑)
白夜:いやいやいやいや。
GM:1個大事な事を言うのを忘れてた。
:今言っとけよ。
GM:良いです、言いそびれたんで。ラスト戦闘前にパパが喋ってくれます。
エルニーニョ:俺は誰にしようかな…お母さんには会ってないよな。
追い掛け回された女生徒に取るしかないですね(一同笑)
エルニーニョ:ミユキちゃんとヨシコちゃんと…
:ヨシコちゃん来たー! あ、そうだ。ティンダロスのリーダーの夏樹ちゃんに取っとこう。霧谷がお世話になりました。
エルニーニョ:あ、そういえば霧谷に会ったな。
:スモーカーにしましょうかねぇ。
トニオ:ああGM、今回出てきてないですけど、荒神さんの事を思い出してロイス取っといて良いですか?
GM:はいどうぞ。
エルニーニョ:必ず帰ってくるぞという事で…犬小屋に。
白夜:犬小屋!?
エルニーニョ:ダメっすか。
:ありっしょ。この犬小屋落ち着くわぁ~。
エルニーニョ:今度の休みにペンキ塗り替えてやるんだ。
:自分で塗ってるんでしょ(笑)
エルニーニョ:後ろ足で立ってベータベーッタと。頭に三角巾巻いて。
:やっぱり2本足で立ってるー。
白夜:ペンキ缶に尻尾突っ込んで、ドポン。ベタベタ。
:尻尾で塗ってるー!
トニオ:そんなエルニーニョを好奇心の目で見つめておきましょう。
エルニーニョ:そんな好奇の目で見ないでー。
:うーん、エルニーニョと白夜のどっちに取るか、迷う所ですね。
:お前どう考えても犬だろう(笑)、犬以外に眼中にないじゃん。
好意/偏愛? このモフモフがたまんなーい!
:変だ。
白夜:母に不快感で取っとこう(笑)
GM:えー!?
:恐怖じゃないの?
白夜:これって、確か抽象的なモノに取っても良いんだよな?
GM:はい。
白夜:“日常”に取っとく。
:おおー。
GM:キレイですね。
白夜コレをタイタス化するんだろ(一同爆笑)
:日常なんてもう良いやー!
:もういらなーい!
:あ~ぁ探偵事務所に取っときます。あーいや、スモーカーがあるしなぁ。
白夜:そういえばスモーカーがいたな。まぁ良いや、日常って書いちゃったし。
:スモーカー、インパクトなかったみたいだよ?
GM:そうでしたか。僕的には頑張ったつもりなんですけどね。
白夜:俺はかなりむかついてたけど(笑)
GM:火の付いていない咥え煙草を、ずっとしてるんです。口の端に引っ付いてるんです。
白夜:ああ、妄力(もうりき)で。
GM:妄力です。上唇に引っ付いて離れない。
トニオ:妄力懐かしい…(笑)
GM:その上、タフなネゴシエーターですよ。
:ネゴシエーターなんだ? そうは見えんな。
エルニーニョ:…スモーカーにポジティブな感情が思いつかん。


GM:おかしいですねぇ。もうちょっと緊迫感がある予定だったんですけどね。ヘロヘロしてるからダメですね。
:そういうもんだな。PL人数が多いとGMはしんどいと思うよ。
GM:おかしい、もうちょっとね…いや、良いです。ラストで盛り上げたら良いです。はい、がんばります。
:それはどうかな~?
GM:何ですってー? …一番大事なキモを、伝えてないんですよ。このキモをいかに演出で上手く伝えるかによって、シナリオが盛り上がるか盛り上がらないかが決まる。
白夜:分岐点を目の前にぶら下げる。
GM:いやー、上手く言ったんですけど、多分分かってないんですよ。
白夜:ああ、そこ(トニオ)に? …ああ。
:終わった(笑)
白夜:もう駄目だエンドか。
GM:もう駄目だエンドじゃないですよ?
白夜:そうなの? エルニーニョと、どう旅立つかを今の内に相談しておこうと思ってたのに(一同笑)
GM:それでも良いですけど(笑)
エルニーニョ:その前にエルニーニョが一人で旅立つかもしれんがな!
白夜:何だってー!? 分かりました、ジャーム化したら失踪して下さい。ドラグーンと一緒に探しに行きますから。


GM:全員、ロイス取れましたか?
一同:はーい。
GM:では、僕がつたなくて、もう皆さんギルドの本拠地に向かう以外に選択肢が無いでしょうけど、何か行動ある人いますか?
白夜:ギルドに向かう。
GM:はい(笑)
エルニーニョ:敢えて言うなら、ギルドに向かう。
白夜:ここは意表を付いてギルドに向かう。
エルニーニョ:他に選択肢が無い事も無いけど、敢えてギルドに向かう。
GM:分かりました、ありがとうございます(笑)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック