TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年03月17日 (水) | Edit |
GM:では分離され、生命力がなくなりカサカサになっている状態で原型を留めるのも難しくなっている火影が、「――10年か。長い間、迷惑かけたな」と。
白夜:ケリ付ける気マンマンですよ。
:なら、「火影、お前は俺だ。俺もジャーム化すればお前のようになる。だから、お前の悲しみと苦しみは、俺がここで終わらせてやろう」
GM:「ああ」
ずびしゃー
GM:「ありがとう…」と安らかな笑みを浮かべながら、バシャーっと崩れていきます。…火影がここで一緒に逃げたら無意味ですからね。彼はここで昇華されました。ハイ。
:無意味に火影のロイスをタイタスにして昇華してトドメをさしたりして(笑)
GM:はい。では《ワーディング》解除する前に処理班を呼んで、処理をしてもらったという事で。次回は、エンディグから始まって、経験点で成長してもらって、ハンドアウトを伝えるという形にしようかと(笑)。次が楽でしょ? レベルアップはしといても良いので、バックトラックだけはしといて下さい。
:はいはい。
GM:判定するまでもないけど。無駄に昇華してくれても良いですよ。
:ああ。私は記憶喪失で取っている「誰かの面影」ってのは火影さんだったので、その感情をネガの恐怖からポジの懐旧にして、「ありがとう火影さん、あの時助けてくれなかったら、私は死んでたわ…これからは私が誰かを守る番ね」って言いながらタイタスにして昇華します(笑)
:俺はこの件が終わるまでは、火影の遺志は残しておこう。昇華しません。
白夜:くそ、70!
GM:1点減ったー!
:ああ、私もだ! ちょうど70ですよ!?
:7個も振ったら減りすぎだなぁ。


GM:――ああ、まだ録音続いてるんですね。ネタバレ行きますね、ハイ。東雲早雲さんは、白夜が“特異点”である事が分かっていた。
白夜:ほー。
GM:生まれた時から。“特異点”とは、レネゲイドウィルスによって導かれた異常確率を吸い寄せる存在である。完全に制御されたソレは、願望を全て叶えられる…という風に考え付いた。早雲は、レネゲイドは恐ろしいものだ。すでに全世界の8割が保菌者で、その存在を隠し通す事は難しい。しかもそれがジャーム化という事で自我が崩壊し衝動を解放してしまったら、大変な事になるじゃないか。
白夜:うん。
GM:だが、それをコントロールすることができれば良いんじゃないの? という事を考えて、じゃぁ“特異点”のそばに、RBを置いてみたり…あ、後で研究所の地下にジェルがたくさんあって、エグザイルを飼ってたと言うのが分かりますんで。
エルニーニョ:飼うモンなのか(笑)
GM:それをチョロっと近づけて、人の意識を持ったまま何とかならないかなーと思ったんですよ。そしたらとある組織から「良いものがあるんですよ」ってドラグーンが送られてきたりとか。
:怪しいなぁ。
エルニーニョ:カリフォルニアの友人みたいだ。
GM:お父さんが攫われてみたりした。途中でトニオに差し込まれたチップというのが、各地で捕食させて、白夜のロイスを奪う事によって日常の繋がりをなくし、ジャーム化させてしまえ、って考えたから、「今から1つめが起きるよ」という事でした。
トニオ:「始まっテシマったカ…」
GM:という事です。場所がわかって、次に襲われるポイントが分かってるのはトニオ君だけですね。
:彼がどこまで喋るか、ですね。
GM:はい。
:次回に続く。
白夜:俺の冒険は始まったばかりだ。
:何その打ち切り(笑)
白夜:ジャンプして止まります。
:まぁ、俺は今回やり切ったから次回は何もやること無いな。
GM:まだありますよ!? ビッグマウス逃げたじゃないですか。
:ビッグマウスはどーでも良いわ(笑)
エルニーニョ:次回は別のキャラで。
白夜:残してた経験点とこれで新しいエフェクトが2個取れるなー。
エルニーニョ:新しいイージーエフェクトが…何個取れるんだ。
白夜:そんなに残ってるんですか!? エフェクトが。




早雲の資料(トニオに渡されたチップの内容)


○白夜は 特異点 と呼ばれる存在である可能性が高い

 「特異点」レネゲイドウィルスによって導かれた異常確率を吸い寄せる存在。
      完全に 制御された ソレは、願望を全て叶えられる!


○レネゲイドの脅威
  すでに全世界の8割が保菌者であり、その存在を隠し通す事はもはや難しい…。
 ジャーム化という自我の崩壊は、衝動の解放!

 ならば、コントロールできれば!?


○エグザイルジェル (3年前に荒神が持ち込んだ本能の塊)

 各地で捕食させる。(白夜のロイスを奪う)

※これらの内容を知っているのはトニオ、真、天の三人。
またトニオはこれの他に、点が記されたN市の地図もチップ内に所持している。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック