TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年03月15日 (月) | Edit |
GM:では次のシーンです。登場プレイヤーは、白夜さん、エルニーニョさん、咲さんの三人。場所は東雲家。
エルニーニョ:着替え終わった所の続きか。
GM:はい。で、シーン的にはジャームが突然出てきて襲われます。その際にジャームは《ワーディング》を張りませんが、PCの誰かが《ワーディング》を使えば、他のPCはそこで起きた異変を感じる事ができる。
:なるほど。
GM:富似男君は…ああ、シーンが始まる前に、富似男君の所に連絡が1本。侵食率は上げなくて良いけど。
トニオ:ん?
GM:どこからかメールがピロリーン♪って入って、見ると「まずは1回目だ」
トニオ:えー…
GM:何、と思ってチップの地図の所を見ると、ピコーンピコーン…と点滅しているところがあります。
:リアルタイムだ。
GM:これがやりたかったんですよ。東雲家のお隣さんの家が、ピコピコしてる。
トニオ:えー。ワカリまシタ。
GM:で、その後にまた「さあ…以前の答えを聞かせてくれよ」と言われます。
トニオ:ハーイ。
GM:というわけでシーンを戻します。あ、天さん、メモの内容分かりました?
:分かったような、分からんような。
GM:全員に情報が行った時点で、ちゃんと説明しますんで。

GM:では服を着替えて「この服似合いますねー」とかやってたら夕暮れ。下校時間で、そういえば今日は学校休んだなぁ…ああ、学校休みだった事にしましょ。そろそろ明かりが灯り始める頃、お隣で突然「パリン!」とガラスが割れる音と、「キャー!」と聞こえます。
:「何!?」
GM:ぱっと見ると、黒い塊したのがビャーっと出てくるのが見えます。その塊から、お隣さんらしき手が見えてます。
:何と!!
白夜:えー。
GM:後藤さんにしましょう(笑)
:ああ、名前決めないであげて!
GM:後藤さん(48)。
エルニーニョ:後藤隊長ー!
後藤隊長(パトレイバー)
GM:黒いのは、明らかに連続ジャーム事件のジャームだと分かります。
:「あれは最近起きている連続失踪事件の、犯人…」犯人? 犯ジャーム?
:犯ジャーム?
:「とにかく、助けに行かないと!」
半分ジャームで半ジャームみたいだな(笑)
エルニーニョ:ラーメンに半分ジャームが付いてきます。
GM:データあるんですよー。というわけで、戦闘しましょう。


第1ラウンド

:では《ワーディング》を使います。
エルニーニョ:ワンディング。
白夜:これが俺の縄張りだ!
GM:こっちの行動値は5です。
:最初の配置は?
エルニーニョ:お隣に飛び込んだ所で戦闘だろ? そんなに距離ないよな。
:東雲家はでかいですよー。
GM:好きに決めてOKです。遠くにいたい、視界の端にいたいというのなら…
:ごーとーうーさーん! まだか、隣はまだか!!
:まぁ、パリンって音が聞こえるくらいだから。
:えー、だって3km先ですよ?(一同爆笑)
GM:でか!
エルニーニョ門から玄関まで2kmなのに。
白夜:毎日家に帰るたびに、「こんなデケェ家があるか…」
:めっちゃやさぐれてるし。
:では余り離れてないんですね。《ファンアウト》で戦闘移動できますが、いらないかな。
白夜:俺はセットアップでまず銃を出さないといけない。
GM:はい、最初の戦闘なので、演出を挟もうかと。白夜さんは、戦うって決意するわけですか?
白夜うん
:…軽いなー(笑)
白夜:戦うよ。
:余り変わってないー!
白夜:「これ以上、俺の日常を侵させはしない」
:おお、ダブルクロスっぽい。
:突然成長してる。
白夜:実は情報を流されると同時に、刷り込み的なものが(一同爆笑)
:いやいやいや!? 洗脳されてるじゃん!
GM:では戦うと決めた時に…「あなたは何の為に戦うの? 何の為に私の力を欲する?」と問われるので、「日常を守るため」と。
エルニーニョ念の為、じゃないの?(一同爆笑)
GM:「そのためにあなたの身を危険に晒す事になっても?」
白夜:「かまわない」
GM:「なら私は、あなたに力を貸すわ」と言って、ひゅっと銃に替わります。ばっと構えて下さい。
:すげー、お姉さんがたったこれだけの大きさに。
GM:本当はね、人型から銃に変わる時に長ったらしい詠唱があったんですけどね。忘れちゃった。
:後で上げといて下さいよ(笑)
GM:最後に、「汝が欲するものを我に願え!」というような感じだったんだけど。上げなーい。
:エロイムエッサイム。
GM:言葉で演出に変えました。では他にセットアップで使うものがあれば。
:《戦術》使おうかな? 強いかな? 一応《戦術》を白夜さんとエルニーニョさんに。メジャーのダイスを+5個。
:これはエルニーニョ一世一代の通常攻撃が見られるかも(笑)
エルニーニョ:やー(手で殴る)
白夜これが本当のワンパン!(一同爆笑)
エルニーニョ:ワーンパーンチ!!
:いきなり頭悪くなってるじゃないですか。
GM:あ、ジャーム1体じゃなしに2体にしといて下さい。一瞬で死ぬと思うんで(笑) 別エンゲージです。
エルニーニョ:俺、攻撃手段ないのに?
GM:2ターンもたさないと、他の人が出て来れないので!
エルニーニョ:そんなに弱いのか!
GM:でちょっと特殊なんですけど、このジャームの姿を見て、後藤さんが取り込まれてる姿を見た時に、咲さんは衝動判定を行って下さい。
:まず侵食率が2D増えるんでしたっけ?
GM:いや、増やさなくて良いよ。かわいそうなんで。
:ありがとうございます。(ころころ)7。失敗!
GM:正解! トリガーシーンで、「白夜と咲がいる状態でエグザイルジャームと戦闘になった場合」というのがあったんですよ。
:なるほど!

 突然のフラッシュバック。
 化け物が周りの人を食らい、吸収し、そして自分にも襲い掛かってくる!


GM:という、10年前に自分が覚醒した時のイメージがそのまま甦ってきます。衝動が…
:恐怖です。
GM:というわけで、「あそこを狙えば…」と《戦術》を使った時に、ぱっと目が合って「きゃー!」と。
目、あるんですか!
白夜:食われかけの後藤さんと?
:いやー! ひどい所で目が合った! 「あ…あ、あれは…」
GM:その後藤さんの顔が急にお父さんに変わったり。
:では私は《支援射撃》用の銃を持っているんですが、それをフルフルさせて「父様…? 母様が…あそこに、私が…」と呟きながら、膝からガクっと崩れ落ちるように座り込み、ガタガタ震えてます。
エルニーニョ:戦線離脱。
:そこにいますけどね。
GM:という事が起きます。
エルニーニョ:「どうした、大丈夫か」と言っておこうか。
:そんな声も聞こえないような感じで。
:精神安定のためにモフモフさせるんだ!(笑)
GM:レネゲイドが活性化して、ありえないはずのものが見えているようで、「父様、母様」とうわごとを言っていると。
エルニーニョ:おいで…おいで…
:父様…母様もいる…来ちゃだめー(風の谷のナウシカ)
ナウシカ
GM:という状況です。ここで衝動が「嫌悪」だと、「どーせ私なんて…」って暗くなりそうだったので、恐怖にしてもらいました(笑)。では行動順に。あ、お三方は《ワーディング》反応を感知して次のターンの頭から出てきてもらってOKです。
:出なくても良さそうな感じ?
GM:「きゃー!」という、聞き覚えのある声が聞こえても良いですよ。妹の。
:その声を聞いて、「あーあ、霧谷のヤツ」(一同爆笑)
トニオ:だから外に出すなって言ったのに。
GM:富似男君、キミは「はじまりだ」って言われた時にかけだすくらいじゃないと!
トニオ:…。

GM:で、強そうな方のジャームが《バイタルアップ》て言います。
白夜:じゃ俺から。頭数減らすか。30と言って撃つ。
GM:当たりました。
エルニーニョ:回避でダイスそんなに振るんだ!
GM:回避は【肉体】ですからね。
白夜:エグザイルは肉体高いからな。ダメージは24点。
GM:あーべーびゃーぎゃー(謎の悲鳴を上げつつ死亡)
エルニーニョ:相手の行動値が5か、1回は攻撃食らう恐れがあるな。マイナーで《骨の剣》を出しておいて。
GM:犬の手から骨が。
エルニーニョ:いや、《骨の剣》て名前だけど、実際は毛並みが硬質化した。
:今モフモフすると大変な事に。
:爪を出しただけかと思いましたよ。
:俺はここ()に、こう(長い角が)かと!(一同爆笑)
:ユニコーンですか!
GM:あ、またちょっと特殊なんですけど。白夜さんに殺されたジャームが死ぬ時の声が、その時に殺された人たちが「助けてー!」とか「ぎゃー!」とかいう声に聞こえて、より衝動を強めて恐怖に慄いていてください。
:はい。自分に見えるこの周囲は、完全にショッピングモールです。
GM:銃をバンバン撃っといて下さい。
:自分のメジャーアクションでやろうと思ってたんですよ(笑)。何もない所にバンバン撃って、撃ち切れてもカチカチ言わせてるという。
GM:という状況を見ながら、霞さんが「いけない…あの子は暴走している」
白夜:「ああ…キミの力で何とかできない?」
GM:具体的に言うと、次のメジャーで接触して、沈静化させようと祈ってくれたら、その能力で収まります。でも触るっていうんじゃなしに、もうちょっと演出が欲しいなーと、GMからのお願いです(一同爆笑)
エルニーニョ:ペチッ。
GM:でも良いですし、バーン!(平手)でも良いですし! でも僕のイメージとしては、霞さんが精神的な融合を果たす事によって…銃じゃなしに一体化して。で、能力を使えるというような。で、特異点としての力が強まる事によって、抑えてあげたいと祈る事で収まると。
白夜:ほー…
GM:じゃ、次のターン…じゃなかった、残ったジャームです。咲さんに向かって、《伸縮腕》その他モロモロを使って(一同爆笑)
エルニーニョ:省略しすぎ!
GM:色々あるんですよ。
:言うと私が大変なんで言わなくて良いですよ。
GM:《妖の招き》とかモロモロを使って…25で攻撃です。
:回避できるんですか?
GM:できない事にしといて下さい。
エルニーニョ:「何をぼーっとしてるんだ、さっさと避けるんだ!」
:「そんな…嫌よ、父様!」
エルニーニョ:「ええい、間に合わん」と《崩れずの群れ》でカバーリング。
GM:では目の前に、また肉塊がびゃーっと広がって!
:いーやー!
エルニーニョ:いや、硬質化した毛並みを飛ばして。
:俺、犬がワラワラワラーっと細かくなって、イヌイヌイヌーってハイハイハイハイ! ってカバーリングしてるのを想像した(一同爆笑)
:肉塊じゃなかったんですね。それは怖くはなかったと。
GM:守ってくれた、と。ダメージは…結構、でかいの。44点です。
エルニーニョ:結構きたね。じゃ、カバーリングのガードの時に《歪みの体》と…このシーンで終わりだよな?
GM:終わりで良いですよ。皆さん出てきておいて下さいね。
エルニーニョ:《歪みの体》《魔人の盾》《スプリングシールド》で24点ガード、全部で30点ガード。残り38点。
:強ぇ。



スタードラグーンのキャラシー


コードネーム:スター・ドラグーン
スタードラグーンキャラ絵
エンジェルハイロウ/ブラックドッグ
レネゲイドビーイングB

エフェクト
《コンセントレイト:エンジェルハイロゥ》3《天からの眼》3《神の眼》1《光芒の疾走》3《マスヴィジョン》3《光の銃》5《ミスディレクション》3
《アームズリンク》3《ペインエディター》5《見えざる僕》1《リフレックス:ブラックドッグ》3
《オリジン:サイバー》《ヒューマンネイバー》
アイテム
 武器:ドラグーン (射撃)射撃・命中0・攻撃力Lv+2(7)・射程視界

能力値
【肉体】2【感覚】5【精神】2【社会】1 (HP 31(修正込み)、行動値 12)
技能
白兵1、射撃1、知覚1、意思1、情報:UGN1
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック