TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年02月05日 (金) | Edit |
第5ラウンド

由香:ではプロット!
十兵衛:《影法師》を使って、ギイチにあわせます。使用の判定は…5、成功。

(プロット公開、6…ギイチ、5…由香)

十兵衛:じゃ俺も6になるな。
GM共にファンブルしようという誘いですね。
十兵衛:いやいや(笑)
一貴:そこは振らなくても良いだろう、と。
十兵衛:もうそろそろ良いだろう。
一貴:そろそろ介錯がいるだろう(笑)
ギイチ:では折角近くなので…僕は接近戦攻撃の特技を指定してなかったんですけど、奥義が【異形化】なので【異形化】にしておきます。何か形がおかしくなりながら「てぇやぁぁあああー!」
由香:奥義が異形化で、接近戦攻撃を隠し特技にするのはダメなんじゃないの?
GM:ダメじゃないよ。見切り判定されるけど。
ギイチ:【召喚術】から数えて6で成功させます(笑)
十兵衛:俺も【召喚術】持ってるから、【異形化】まで6で…(ころころ)ピンゾロ!(一同爆笑)
ギイチ:やった、やったぞー!
GM:赤目様の目が光ります。
ギイチ:目が光ったのと同時に、《プロット制限》を【瞳術】で…ファンブった!(一同爆笑) あああ赤目様ぁ~!?
一貴:しかもキミ、さっきからギリギリファンブルじゃなくて1・2とかそんなのばっかりだ! どこにいてもファンブルだぞソレ!
十兵衛:さすが俺のサイコロだぜぇー!
由香:まぁ…一思いに介錯してやって下さい。
十兵衛:赤目兄弟って事で、敵は2体以上いるじゃないですか。見破られるなーと思ってもう1つもクリティカルヒットにしてたんですよ。要らんかった…(笑)
一貴:ああ。
十兵衛:もう一つは【憑依術】で。相手の体に何かを憑依させて動けなくさせた所をずんばらりん、というクリティカルヒットでした。「父の仇ぃー!!」ドグゥォ!!
ギイチ:「赤目様ぁー!!」と食らって…【異形化】で復活。2の目です。
由香:はい、見切り見切りぃー。成功。奥義の欄、チェックが1個しかないんですね。
GM:ああ、うん。
十兵衛:そういえば、さっきの【憑依術】の方のクリティカルヒットも見切れるぞ。
ギイチ:(ころころ)見切りました。「それって、憑依術違うん~?」
十兵衛:そうそう。
由香:では皆さんがファンブルエリアに入った所で、もう1回クリティカルヒット。
ギイチオブェー!!
由香:まだこれ、見切られてないんですよね! いつもファンブルエリアにいるから…(笑)
十兵衛:どんだけクリティカルヒットされるんだ(笑)
ギイチ:では食らって死に掛けたところ、「何の、兄はすごいぞ! 3の目じゃぁー!」っと言いながら復活しようとするので、見破って下さい(笑)
十兵衛:俺はファンブルしてるから無理だな。
由香:【異形化】でしたね。【壊器術】から7ですね…成功しました。
ギイチ:ぅえーあー!
由香:【異形化】なら…何かな。赤目様の力が入ってきてる所を「あ、ココかな?」プツッ(一同爆笑)
十兵衛また切った!
ギイチ切られたぁー!!
十兵衛:科学忍者、演出がショッパイから!! 何でも配線切れば止まると思ってんじゃねぇー!
GM:えー、赤目様のランプ消えたぁー
ギイチ:ぴかぴか、ぴかぴかーってしてた赤目様の目が、プツンって切れた(笑)
由香:赤目様の電球のランプを取り外しています(笑)
ギイチ:うぼぁー…倒れます。
由香:離脱します? 死亡します? そういえば回想シーンも使いませんでしたね(笑)
ギイチ:あ、良いです。悪役はそのまま…「覚えておれ貴様ら、第二第三の赤目様が…!
GM:いやいやいや!
ギイチ:と逃げて行きます。
由香:ああ、弟の死体放置して!?
ギイチ死んだヤツは放ったらかしです(一同爆笑)
一貴:ちなみにここ、極地だから…離脱するなら、とりあえず1D6振ってみて? 変調表…意味無いと思うけど。クライマックスだから。マヒとかなら面白いんだけどな。
ギイチ:(ころ)4。
一貴行方不明(一同爆笑)
由香:そのまま行方不明になった!
ギイチ:赤目時空の中にびゃーっと消えていきます。

*  *  *

由香:ではギイチさんが去った事によって、ここは赤目時空から元に戻ったんですね。
ギイチ:崖っぷちに戻りました。
由香:…では最後に、秘密を演出しましょうかね。もにょもにょっと剣を出してきて。
一貴:もにょもにょ!?
由香:何かよく分からないんですけど。まぁ、お腹にある半月形のポケットから(一同爆笑)
GM:半月形!
ギイチ:あれでもない、これでもないー。

蔵間 由香
【秘密】 実は「魅火月」は、元々あなたの家に伝わる魔剣だ。この魔剣は二振りあり、あなたはそのうちの一振りであるプライズ①「魅火月・白」を持っている。
あなたの【本当の使命】は魅火月を二振り揃えることである。二振り揃えると、魔剣は真の力を発揮する。
 この秘密を知っているか、このキャラクターが自分の「魅火月・白」を一度使うと、戦果として「魅火月・白」を奪えるようになる。

プライズ① 魅火月・白
この武器を使用して命中判定する時、相手は回避-2。(使用時宣言する事)

ギイチ:やっぱりー。
十兵衛:それを俺は知っているので、戦いが終わったらこれ(魅火月・黒)をこの子に返します。
由香:おお。
十兵衛:ありがとう、キミの助けが無ければ…無理(笑) いや、あの二人ならやってくれたかも知れないけど(一同爆笑)多分無理だった。
ギイチ:戦況では圧倒的に有利だったですもんね!
十兵衛:どうやっても勝てないだろって所から始まって、ほぼ無傷で勝った(笑)
由香:何とかなりましたね。ありがとうございます。…最後に、一つだけお願い良いですか?
十兵衛:はい?
由香サインを、ついでに写メを!(一同爆笑)
一貴:はっはっは、じゃぁ雲の上にでも寝とこうかな(笑)
由香:一応コレは、芹沢の爺さんに持って行って使わせてあげましょうかね。
十兵衛:それは好きにすると良いけど。芹沢の爺さん、途中から本当に空気だったな。こんな関係ない人だとは思わなかった。
GM:全く関係ないですよ。由香の使命が【本当の使命】に書き変わっているので、「持っていかないもんねー」って言っても良いです。
十兵衛:だな。
由香:でも、「揃えることである」なので、揃えた事で結構もう満足してる。
十兵衛:それ渡したら、結局揃ってないじゃん。
由香:おお!
GM:おお、じゃねぇ(笑) どうするの、渡すの渡さないの?
由香:どうしようかなぁ。斜歯的な考えでいうと、この魅火月の秘密を解明してから、芹沢の爺さんに持って行ってあげます。何に使うんですかーって。
GM:使いませんよ、封印するって最初から言ってるじゃないですかー。
ギイチ:本当に良いお爺さんだったんだ。
由香:そーなの? 使わないんだったら渡しませんよー!
十兵衛:いやいやいや!
GM:というわけで、「斜歯の技術力で封印して下さい」
由香:分かりました! というわけで、うちの神棚にでも封印しておきます。
一貴:封印すると言いつつ、ドコソコ研究所に持っていくんじゃないの?(笑)
GM:個人的には叩き折りたいんです。
ギイチ:…すごいハッピーエンドじゃないですか。
一貴:俺、秘密を読んだ瞬間に負けなきゃいけないなーと思ったもん! どう考えても!
ギイチ:僕もコレを読んだから、あえてクリティカルヒットとか持ってないんですよ。
由香:重要ですね。
一貴:俺今回敵なんだー。PC1、敵なんだー(笑)
由香:そしたら敵はPC1一人じゃないし!
十兵衛:俺もPC1が赤目兄弟は無いと思ってました。
ギイチ:ですよねー!
GM:ちなみに俺がやった時は赤目兄弟がやる気マンマンで。
由香:こんな面白い事にはならなかったんですね。赤目時空とか(一同爆笑)
十兵衛普通ならんよ!!
GM:最初に魅火月・黒も持っていかれたんです。白も守りきれずに、揃ったヤツを…兄弟のどっちかが自分の命を使って「これで赤目一族の復興を…」で一人残って、赤目一族がどっかで復興したらしい(一同爆笑)
十兵衛:ひどい!
一貴:赤目一族、一人減って一人増えた計算だけど。復興するのかな?
GM:望みは叶うので、復興はします。
由香:重要人物が復活したのでは。一番エライ…
GM赤目様が復活した(笑)
ギイチ:僕の《誘導》はね、最後に極地にして赤目時空にする気マンマンだったんですよ!(一同爆笑)
由香:そしたら最初から極地だった(笑) そういえば、赤目時空ってなんですか?
ギイチ:赤目時空は赤目時空。
一貴:メメメメメメメメ…。
十兵衛:まぬけ時空とかそんなの。
ギイチ:元ネタは不思議時空とか、まぬけ時空とかです。
由香:なるほどー。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック