TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年01月29日 (金) | Edit |
由香:じゃ私は、腑破十臓の秘密…で良いかなぁ。先に感情の方が良いかなー…?
GM:十臓と感情を結ぶ?
由香:…い、いやいや、十臓じゃないです(笑)
十兵衛:十臓が秘密を知ったら伝わるぜ。彼ならきっとやってくれる
GM:やりませんっ。
由香:そんな所信じないで下さいよ(笑)。
GM:腑破十臓にマイナスの感情を取れば、達成値-1できるよ。
由香:できるけどねー。先に秘密にして、情報はシーンに登場して共有しましょう。
GM:あ、そうそう。全員、芹沢翁の居所は知ってて良いよ。あの家から動かないから。
由香:はーい。では、腑破十臓の秘密をコッソリ調べます。シーン中は特に何もしません。一応シーン表を振りますと8…。
一貴:凄まじい人ごみ。
GM:人ごみの中でどう調べるのかは知らんが、調べて下さい。
由香人ごみの中で【経済力】を使って、ネカフェから調べます(一同爆笑)
十兵衛:人ごみじゃねぇー!!
GM:テレ朝のホームページでも見るのかよ!
由香:こんな時はタウンページ。とかやって。
ギイチ:良純さんだ!
十兵衛:ウゼェ。
一貴:(電話して)あのー、魅火月なんですけどね?(一同爆笑)
由香:まぁそんな感じで一つ。
GM:ではタウンページで、風都(ふうと ※仮面ライダーWの舞台)で評判の探偵二人組に電話して調べてもらう事にしよう。スーパーヒーロータイムだ。
ギイチ:はっはっは、本当ですね! 仮面ライダーWですね。
GM:うん、二人組の探偵なんだわ。
由香:そうなんだ。じゃ、そんな感じの探偵さん二人に電話して調べました。
GM:こんな秘密を一般人に知らしめて良いのか(笑)
由香:(ころころ)ちょうどで成功です。【使命】は「自分の身を守る」。
GM:だから、余りノコノコ出て行きたくは無かったんだな。
由香:なるほど(読む)…はいはい、分かりました。ではシーン終了です。

*  *  *

ギイチ:由香たんが調べに行ったから、僕はそのままの流れで…「この子はなかなか情報を知ってるな」と。
GM:見所あるし、今の内に感情結んどくかー。
ギイチ:ネカフェのシーンをそのまま引き継ぎます。
GM:まずはシーン表だ。
ギイチ:2Dで8、人ごみですね。良かった良かった。
由香:ではシーンに出ますね。
ギイチ:調べ物をしてて、ネカフェだから個室ですよね。後ろからガチャっと開けて。
GM変質者だ!(一同爆笑)
ギイチ:調べてるって知ってたから。ネカフェのドア一つですからね、良いでしょ。
十兵衛:16歳の女の子が調べ物してる所に後ろからガチャっと入るのは…犯罪だ(笑)
ギイチ変態でも良いんです! 調べ終わって「なるほどー」って言ったら、僕が後ろから「そういう事でしたか」(一同爆笑)
由香:分かりました、十臓の秘密を教えろって事ですね。「まぁ、見てたんだったら良いかぁ~」と。GM、秘密見せてあげて下さい。
ギイチ:感情結んでから見る方が正しいんですかね?
GM:いや、秘密は単独で渡してもらった。今から感情を結んでも、情報共有は起きないからね。
ギイチ:なるほど。「十臓の居所を見つけた手腕はなかなかでしたよ。そうですか、秘密まで調べてくれたんですか。これは助かります」って言いながら。
由香実はダメな人? と思いつつ。
GMかなりダメな人
由香:何この人、ネカフェの個室にまで入ってきて…って感じの目で見てます。
ギイチ:良いよ良いよ、別に。そういう目で見られたので…僕、【くぐちゅじゅちゅ】で。
一貴:くぐちゅじゅちゅで!
ギイチ:いや、【身体操術】で、「教えませんよ」って言われても口だけパクパクと動かして、「ああ、そういう事でしたか」って帰っていきます。なので、「不信」とかのマイナスで抱いてくれて良いよ。
由香:何でそんなダメロールプレイを。
ギイチ:(ころころ)成功。1Dで6ですね。じゃ殺意で。
由香:教えてあげたのに。私は憧憬か劣等感? うーん、劣等感抱くような相手でも無いよなぁ。
十兵衛:まぁ納得できないのを無理矢理こじつけるのがこのゲームの醍醐味。
GM:逆の方が良かったなぁ。由香からギイチに殺意。
由香:で、ギイチは「こんな子供に負けてるっ」っていう劣等感。
ギイチ:この子の情報収集能力すごいわぁ。生かしておいたら危険かも。
由香:では劣等感で。
GM:あんな変な人に背後を取られるなんて。と劣等感を。
由香:くっそー、次からは扉に罠を仕掛けといてやる。
十兵衛:そして1サイクル目が早くも終わってしまった。
GM:じゃ、2サイクル目ですね。
一貴:マスターシーンとか挟まらない?
GM:挟まらないよ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック