TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年01月05日 (火) | Edit |
第1ラウンド

GM:どーしたもんじゃろ。
京太郎:まぁ遠慮なく、皆俺に殴りかかって来いよ(笑)
GM:どう見たって丸腰の人がいますもんね。
京太郎その丸腰の人は自信満々に真ん中に立ってますよ。
GM:あやしぃー!
京太郎:何か変な力を持っているに違いない!
GM:まぁ、支部長がどういうオーヴァードなのかの情報は掴んでますがね。
京太郎:マジで? ダダ漏れじゃん。おのれ、与儀めー。
GM:本当はね、ミサイルを攻撃しようとするPCを攻撃するという行動指針が決まってるんですけど、その前に行動できちゃうんで…1人離れてるかなえに1人行きましょう。
かなえ:えー。私は、「自分の前に来たヤツはどーしようも無いやー」ってそっちのを撃つ。
京太郎:じゃかなえに《アドヴァイス》してこっちの2体をやってもらうのが良いな。
幻斗:離脱しやすいように。
京太郎:離脱できたらそっちに行ったのを殴ると。
GM:じゃ、かなえに行ったAから処理します。(ころころ)あ、クリティカルした。20ちょうど。
かなえ:んとー、0が1個も無いから8かな。
GM:ダメージは19点。
かなえ:18点ダメージなので、倒れました!
京太郎:ブッ。
GM:侵食率が100超えてなかったら《リザレクト》するんで、HPを1D点回復して、その分侵食率を上げて下さい。
かなえ:(ころ)HPが9点で、侵食率が100超えた。
GM:Bは支部長に。
京太郎:回避は…18、当たった。1回0が出たくらいじゃ当たるなぁ。
GM:こちらも19点。
京太郎:ぎゃー痛いー。1点止めて18点食らいました。あ、回避にスキルを使ったから侵食率が3上がって、100超えてしまった。
GM:Cは臣兵に。あ、11だ。
臣兵:うん、避けれん。
かなえ:その達成値が支部長に来てたら避けれたものをっ。
GM:ダメージ10点。
京太郎:じゃ次は俺の番だな。かなえちゃんに《エンジェルボイス》《アドヴァイス》。
かなえ:めっちゃ良い声で指示が飛んで来ました(笑)
京太郎:クリティカル値を2下げて、ダメージが4D増えます。
幻斗:キモチィー!
京太郎:「目の前の奴は気にするな。この2体を先に殺すんだ!
かなえ:「了解しました、支部長!」
幻斗:めっちゃ良い声だ。
かなえ:では範囲攻撃! 達成値は58です。
GM:ブッ。避けれるかぁーっ!?
かなえ:50点…かな?
GM:全滅ですよ!
かなえ:さすが支部長の良い声ですよ。
GM:「(無駄に良い声で)ばーかなぁー!?」(一同爆笑)
幻斗:良い声で死んで行きました! いやー、ウチのキャラはマイナーで剣出さないといけないので、移動に使えない…待機です!
GM:では嚆矢改めリベレーター君の攻撃です。
京太郎:リベリベリベ。リベー!
GM:まず、マイナーでやる事やって《一閃》をして全力移動をした挙句の果てに、《獅子奮迅》《雷の加護》《バトルビート》《アームズリンク:雷攻撃》《更なる波》《疾風拳》《コンセントレイト:ブラックドッグ》。
幻斗:《獅子奮迅》で範囲攻撃にしつつ、射程伸ばしつつ、雷付けつつ。
GM:というわけで行きますよ。
幻斗:全員食らって死にますよ(笑)
GM:36の白兵。
幻斗:当たりました。
京太郎:21か、無理だな。
幻斗:あ、俺をかばって《リザレクト》してよ。
臣兵:そうだな。かばいます。
GM:ダメージ行きますよ。39点。
京太郎:うわ、やられたー。
臣兵:ばたり。《リザレクト》ぉー。
京太郎:与儀の事はキレイサッパリ忘れて…
幻斗:シナリオロイスは取っといた方が良いですよ。
京太郎:じゃ、クマのぬいぐるみの事はスッカリサッパリ忘れて(笑)
かなえ:今度はウサギにしよう。
京太郎:だよね、クマはベタすぎたよなー。
GM:帰るとアマゾンからクマちゃんが届いています。
臣兵:自分はかばって《リザレクト》で、行動済みです。
幻斗:僕は待機してたので、ミサイルの行動が先です。
GM:だな。じゃ60m移動しました。
幻斗:ではウチの攻撃…《インフィニティウェポン》でマイナーで出しーの、…モロモロ込めて攻撃で(笑)。
GM:モロモロ(笑)
幻斗:一応言いますと、《コンセントレイト:モルフェウス》《ライトウェイトモード》《クリスタライズ》《創造の御手》で、パーンと叩いたら何かすごい…トゲトゲの(一同爆笑)
かなえ:トゲトゲ。途中から適当になりましたね。
幻斗:だーしゃー!(ころころ)う…24+6の、30ーっ! って殴ります。ドッヂに-2Dして下さい。
GM:15、当たりました。
幻斗:装甲無視で44点。だーん!
京太郎:うわやられたー。
GM:もうだめだー。
京太郎:よし、ミサイルの解体に行くぞ(笑)
GM:そうはさせーん!
京太郎:えー、もうだめだって言ったじゃーん。
GM:コイツはもう俺の仲間にはならないという意味で!
京太郎:紛らわしい発言しやがって。ジャロに訴えてやる(笑)
幻斗:キタキタキタキタ133! 来たー!
京太郎:もう133か。


第2ラウンド

京太郎:じゃ次のラウンドか。雑魚からだな。
GM:うわ、生きてる! うそ、俺生きてる。
幻斗:ヤバイっすよ。
かなえ:今、一生懸命至近に攻撃できる組み合わせを考えています。
京太郎:無視してヤツを撃ったら良いじゃん、ヤツが死んだら投降するよ。
かなえ:確かにそうだね。
京太郎:そこの雑魚、左に寄せて止まりなさい! お前は完全に包囲されている!
GM:21!
かなえ:ダイスが3個増えてるからー…0出てないんで、9(笑)
GM:23点。
京太郎:こりゃ死んだな。タイタス昇華か?
かなえ:ですね。まぁ固定ロイスの姫宮ゆりかって人かな?
GM:バッタリ倒れてて、今だって時に立ち上がっても良いよ。
かなえ:そうか。じゃ倒れてます。
幻斗:確か倒れてて、タイタスで復活して攻撃してましたもんね。
GM:まぁ3rdでどうなってるかは知らないけど。3rdのリプレイ読んでないし。
幻斗:そういえば僕も3rdのは読んでないです。今までならOKでしたね。
京太郎:(レコシを見て)タイタスの使用のタイミングが、「戦闘不能になった直後」って書いてあるよ。
GM:本当だ、3rdになって変わったんですね。
かなえ:では姫宮ゆりかさんの事はサッパリ忘れて、ムックリ起き上がります。いくら回復したら良いのかな。
京太郎:肉体の能力値+10点。
GM:ここも変わってるな、前は肉体の能力値点だったのに。
幻斗:(ルルブを見て)「ふふふ、興味深いわね、あなたの力」って人を忘れたんですね。
かなえ:そうです。キャラシに書いた説明ヒドイですよ、「UGNの変態研究者」(一同笑)
GM:うわ、ひどっ!
京太郎:まぁその通りじゃないか。
幻斗:僕もさっきまで、固定ロイスのテレーズ・ブルムってオッサンだと思ってました。今見たら15歳の女の子!
京太郎:じゃ俺の番なんで侵食率8点上げて117にして、幻斗に《エンジェルボイス》《アドヴァイス》。「彼を止めるのはキミしかいない」ぴし、っと。
幻斗:キタキタキタキターっ!
かなえ:次は私の番ですね。
GM:さ、至近に攻撃できる組み合わせはあるのか?
かなえ:あるんだ。でも無駄に範囲攻撃にしないとダメなんだ。《コンセントレイト》《ブリザードブレス》《ピンポイントレーザー》《プラズマカノン》…かな。
幻斗:目の前の雑魚に《ピンポイントレーザー》《プラズマカノン》ですよ。焼き払います。
京太郎:まぁ雑魚じゃなくて嚆矢を撃っても良いけどな。
幻斗:今の状態で一番かっこいいのが、僕が嚆矢を殴って倒しきれなくて、一度倒れてタイタスで蘇って、鬼哭君から「頑張って」と《更なる力》を貰って再行動して倒す、という感じですね。
かなえ:あー…では、待機します。
GM:雑魚はもう動いてるもんな。じゃ、幻斗。
幻斗:ワキワキして。
GM:「ワキワキするんじゃねぇ! 俺はお前の、そういう所が嫌いだったんだ」(一同爆笑)
京太郎:今わかる、衝撃の真実。
幻斗:そんなん言うんでしたら、作っておいた武器をばっと壊しますよ。で、嚆矢って書かれたIDカードを出して、《インフィニティウェポン》で武器化して、モロモロ…《クリスタライズ》で光り輝きながら《ライトウェイトモード》でナックルに換えようかな。6以上でクリティカル。ワキワキ、ワキワキ。うわ、クリティカル少ねぇー!
GM:回避振っても良いーんかなー。
幻斗:まだですよ! お、伸びた! 47! 回避-2Dで。
GM:15、当たりました。
幻斗:装甲値無視で57点。
GM:57点来たー。《空蝉》ぃー! 一瞬にして移動して、キミの拳は残像を捉えた。
幻斗:ヒュー。
GM:「その名前は捨てたと言っただろう、もういらねぇんだよ!
幻斗:かっこいいー! まぁ《空蝉》使わせたって事で。
GM:…あ、しまった、タイミング間違えてた。
幻斗:?
GM:いや、ターンの頭に使うスキルを忘れてました。使わずに終わりそうです。「カタをつけてやる。どうやら、名前と一緒にお前も置いて行く事になりそうだな」
幻斗:《獅子奮迅》も入るんですか?
GM:入るよ。
京太郎:俺たち関係ないのに、ついでに殴られてるよー。
幻斗:かっこよく「倒れるわけには…っ!」とか言って下さいよ。
京太郎うわー、もーだめだー(一同爆笑) まぁこのラウンド、俺の役目は終わってる。
GM:31で。全員当たりですな、28点。
幻斗:死んだ。テレーズを昇華。
京太郎:また死んだ、今度は固定ロイスの教官? をタイタスにして復活。
臣兵:自分もタイタス昇華で復活。
GM:俺は《獅子奮迅》をもう1回残している。この意味がわかるか?
幻斗:俺はお前の行動の前に、1回行動できる。この意味がわかるか?
GMもうダメだ(一同爆笑)
京太郎:《空蝉》がもう1回残ってるなら話が違うんですが(笑)
GM:ちゃうねん、《フルインストール》っていうこのラウンド中のあらゆる判定のダイス+9ってのを忘れとってん。
幻斗:最後にそれを使ってくるはずです。
GM:いや、使わずに終わるだろうなー(笑) じゃ鬼哭君。
臣兵:では《更なる力》…これは範囲にできないとわざわざ書いてあったので、《ポイズンフォグ》は意味ないのか。《更なる力》のー、《バーサーク》のレベルを《オーバードーズ》で上げます。クリティカル値-1の、ダメージダイスに+10D。
幻斗:来たー!
GM:くそー、忘れてなかったら回避に10D以上振れたのに! 言っときますけど、嚆矢を倒してもミサイルは落ちないですからね。
京太郎:端末まで行かないといけないな。
GM:ミサイルが移動するので、145m先まで届くなら移動しなくて良いよ。
かなえ:射程が視界だから問題ない!
幻斗:すげー。このラウンドに僕が倒したら、ミサイルを攻撃できますね。
GM:良い情報、ミサイルは1エンゲージです(笑)
かなえ:三人仲良く飛んでるんですね。
GM:むっちゃスクランブルに飛んでます。
京太郎:ぶつかってウィルスが落ちそうだ。
臣兵:マクロスミサイルっぽい。
幻斗:じゃスカった後の一撃を食らいながら、「置いてくなんて、寂しい事言うなよ」
GM:「寂しい事を言ったのはお前の方が先だ」
幻斗:「違う…キミは勘違いしてる」
GM:「勘違いしてるのはお前だ。肉親の愛に恵まれてたお前には、結局俺たちの事は分からないんだ!」
幻斗確かに! ぐぅの音も出ない
京太郎:うっかり納得させられた。
GM:よし、勝った(笑) この場で倒れても俺の勝ちだ。
幻斗:シナリオロイスあきらめましたもん(笑)
GM:嚆矢も納得できる、オーヴァードに自由ある世界を作るために頑張ろうと決意するなら、ロイスのままでも良いよ。その代わり全ての行動に「これは嚆矢が納得するだろうか」って自問自答しないといけないが。
幻斗:シナリオ終わったら「わーシナリオロイス5点うまかったー♪ じゃ消すもーん!」ってやりますよ! 俺は5点が欲しいんだぁー!(一同爆笑)
GM:タイタスですね。
幻斗:タイタスですね、ぐぅの音も出ないですよ。
かなえ:じゃ、一生懸命口を挟みましょう。「あなたの仲間は、あなたの事を肉親くらいだと思ってると思うよ」
GM:「ヤツらはな…だが、お前は違ったようだな。とても悲しいよ」
かなえ:「何をバカな事を言ってるの、こうやって本気で叱ってくれる人こそ、本当の友人じゃないの!?」
GM:「しかし、ヤツは俺の事に理解を示してはくれないようだ。所詮、相容れないんだよ」
かなえ:「理解してくれない人間を全て切り捨てるのが、あなたたちの理想の世の中なの!?」
GM:「よし、分かった、切り捨てない。さぁ、一緒に新しい未来を切り開こうじゃないか」
幻斗:ですよねー。
かなえ:「やり方を変えようよ」
GMえー。だってもう始めちゃったし!
臣兵:ごめんなさいしたら大丈夫です。
幻斗:そんな所で、ネガティブにしてた嚆矢の感情をポジティブの友情にして、「それでも、俺はお前が嚆矢でいて欲しいんだ! これは僕のわがままかも知れない…」
GM:軽く心打たれてやろう。「うっ」
幻斗:「チャラくても良い!」
GM:「チャラい言うな」
幻斗:「チャラくても良い!
GM:「チャラい言うな!
幻斗:「僕たちが自由を欲するのは当然だ! だが! キミはそのやり方を、間違えている! それを僕は、友として気付かせるんだ!!」と言いながら殴ります。
GM:「間違ってるのは、社会だ!!」(一同爆笑)
幻斗:負けた! 殴った後にもう1セリフ行きます。
GM:よし来い、殴られる準備は万端だぜ。
幻斗:(ころころ)…あ、終わった。29! ショボい。
GM:当たるよ。
幻斗:43点防護点無視!
GM:43!? …生きてるー!!
幻斗:やられた! 何点足りないんですか?
GM:7点。
京太郎:結構足りなかったな。
GM:じゃ次のラウンド! 《フルインス…
かなえ:いや、私です!
GM:ああー、そうだったぁー!!
かなえ:いや、しかし…これ。
幻斗良い、撃ったら良い!
京太郎:お前PC1だから!
幻斗:撃ってくれ!
GM:明日香の幻影が「連れて帰ってくれるって約束よ…」
京太郎え? 何の事?(一同爆笑)
かなえ:ここは、「目を覚まさせないと、連れて帰ることも出来ないもんね」
京太郎:その通り!
GM:くそ、自分で自分を納得させやがった。
幻斗:別にこのラウンドでミサイルを撃っても良いね。
かなえ:そうですね、1撃でミサイルが落ちるとも限らないし、撃っときましょうか。全部混みで撃ちましょう。エフェクトレベルも上がってるんですよね…
GM:じゃ一生懸命計算してる間に。息も絶え絶えの嚆矢が「はぁ…はぁ…良いのか、幻斗。力を持って生まれてしまったというだけで死ぬまで他人に奉仕する生き方なんて! のうのうと日々を貪る連中の影で、バケモノとさげすまれ、命を削る日々なんかで、本当に満足なのか!?」
幻斗:「それは、自分で自分の事をバケモノと認めてしまってるのかい? 俺は、自分の事を、まだ人だと思っている。だから…友として、キミを人として付き合いたいんだ」
京太郎:若いなぁー(笑)「俺たちだって、のうのうと遊んで生きていけるよ? 秘書に全部任せて」
GM:「それを2年前に知っていればっ…!」(一同爆笑)
かなえ:ではミサイルに、28で範囲に攻撃。ミサイル、避けるんですか?
京太郎:ミサイル避け!
幻斗:オープンゲーット!
京太郎:3つのミサイルがバラバラに飛んで避ける(笑)
GM:能力値、全て0! 当たり!
かなえ:62点の装甲無視。
GM:装甲無視してなかったら1つ落ちなかったな。CとBが落ちました。
かなえ:うわー、1個残った。
GM:じゃ第2ラウンド終わり!
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。