TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2010年01月04日 (月) | Edit |
かなえ:じゃ、クライマックス?
GM:クライマックス。
京太郎:クライマックスの登場判定だぜイエーイ。(ころ)4! 初めてだぜ(笑)
かなえ:2っ。
幻斗:ここ重要! 私はここが重要です!(ころ)10…(一同爆笑)102になりました。
一同:あーあ。
かなえ:そのダイス、良いダイスだわ。
京太郎:あーあ、死んだ。


GM:では…最後に明日香が見送る時、ミサイルの解除コードを教えてくれます。これを打ち込む事ができれば。
かなえ:発射台とか?
GM:コンソール? 制御端末に打ち込むことが出来れば、ミサイル着弾を阻止する事ができるでしょう。
京太郎:発射されてから打ち込んでも意味がないか(笑)
GM:シナリオ的には、ここを過ぎたら手遅れよーって所までにカタがつけば、解除コードで何とかできます。
京太郎:戦闘中に打ち込む事は?
GM:戦闘中にそういう状況になれば。
幻斗:研究員の見せ場だ。
かなえ:「ありがとう、明日香」
GM:「嚆矢を…」いや、明日香は名前を捨てた事を知ってるので、「彼をお願い」。敢えて嚆矢と呼ぶのもアリかな?
幻斗:「彼をお願い」って言われたら、「ああ、嚆矢を連れ戻して来る」と言って出て行きます。かっこいい。でも100超えた。あっはーやってやるぜ俺ー!


GM:ではクライマックスですよ。もう、夜も明けようかという頃のN市の廃ビル群の中。
京太郎:おお、夜通し避けまくった甲斐があってようやく味方が追いついて来た(一同爆笑)
幻斗:行ったら、「支部長ー!!」
かなえ:「支部長ー!!」
GM:ビル群の中には、似つかわしくないミサイルがそびえ立っている。
幻斗:避けながら嚆矢を止めたりしてたんですね。
かなえ:支部長がここで止めてたから、今までミサイルが撃たれてなかった。
京太郎マジで?
GMええ
京太郎:ええ、って言われた(笑)
GM:彼らは《ワーディング》を使ってのうのうと運び込んだらしい。
京太郎:なるほど。《ワーディング》便利だな。
GM:でしょ。で、キミたちの気配に気付いた元・嚆矢は、ゆっくりと振り返る。さして驚いた様子もなく、逆に微笑みさえ浮かべている。「まさか、街中にミサイルを運び込むなんて思わないだろ? 意外な盲点ってヤツだ。じきに審判のラッパが鳴り響く。N市だけじゃない、世界中に緊張が走り、そこから生じる精神的・肉体的なストレスは全世界的にオーヴァードの発生を促すだろう。コードウェル博士の予測が正しければ、人類の50%が目覚める」
京太郎:ほほー。
GM:「そして、これだけの数になれば、オーヴァード…俺たちを認めざるを得ない世界が訪れる。これまで俺たちの心を殺してのうのうと生き延びてきたヤツらに審判が下される。さあ、止められると言うなら止めてみせろ。人に生きる価値があるというのなら、その手で証明してみせるんだな!」と言って、戦闘に入りますよ。
一同:はーい。
GM:というわけで、衝動判定。まず判定して、その後2D侵食率を増やします。
京太郎:<意思>だったっけか。
GM:難易度は9ですね。
一同:出たっ。
幻斗:これで押さえ込みーの、2D10増える。
京太郎:4・7で11! よし、勝った(笑) 98!
幻斗:うー、17も上がった…。119もあるんですけど。
京太郎:119高くないですか?
GM:120%エフェクトだって夢じゃない。さ、PCを配置して下さいよ。ミサイルその1、その2、その3。
京太郎:ミサイルが配置されてるー! ここでいきなりミサイルに「オラァ!」ぴっかー! 戦闘終了、とか(笑)
幻斗:有り得ますね。
GM:20m離れた所に嚆矢。PCから5m離れた所に雑魚ABC。
幻斗:ABCのエンゲージは一緒ですね。
京太郎:ミサイルまでは遠いんだな。
かなえ:PCは1エンゲージ?
GM:離れたいって人がいれば離れて下さい。
かなえ:離れたい。至近には攻撃しない。

GM:えーっと、戦闘に入るけど。嚆矢の登場の時点で「証明して見せろ!」ばーん。で、ミサイルが発射されます
京太郎:なるほど、で、本当に発射が始まるまでのわずかな時間でコイツらを倒して解除コードを入れろ、と?
GM:いえ、発射されます。
京太郎:発射されるんだ。解除コードの意味ないじゃん?
GM:解除コードは再プロテクトです。起爆されなくなるので、鉄の塊になります。
臣兵:そのままドスンと落ちるだけですね。
GM:ここで螢さんから、連絡があります。「支部長、こちらの方で観測されました。どうやらミサイルが発射されたようです」
京太郎:「(まったり)うん、今目の前で動いてるー」(一同笑)
GM:「ミサイル自体を破壊しても、弾頭からウィルスが撒き散らされる事はありません」
京太郎:あ、そうなんだ。
GM:「ただし、180mの距離を移動されたら阻止する事はできなくなります」
京太郎:「なるほど。180mとは具体的に何ラウンドだ」
GM:言っておきましょう。「1ラウンド60m移動するので、3ラウンドです」
京太郎:そんなもんだろうな。
幻斗:2ターンキルですね。
GM:「3ラウンド目のミサイルの移動が終了した時点で、手遅れになります。それまでに解除コードを打ち込むことが出来れば、被害を食い止める事ができます」
京太郎:「なるほどね」
GM:「というわけで、頑張って下さい。お祝いのケーキを用意して待ってますよ
京太郎:「何ィー!?」キュピーン。
GM:よし、やる気を出した(笑)
京太郎:しまった。くそ、何でコイツ初対面のクセに俺の好みを知ってるんだ。
GM:初対面じゃありません(笑)
京太郎:ですよねー。
幻斗:これでミサイルの行動値がいくらかが問題ですね。

雑魚A・B・C…行動値17
“リベレーター”…行動値8
ミサイル…行動値0

GM:ですので、3ラウンド目の最後。
京太郎:そこまでに何とかしろ、と。雑魚が一番最初に動くという、珍しい戦闘ですね。
かなえ:そっか、私が行動値を上げるエフェクトを取っておけば、最初に雑魚を一掃できたんですね。
GM:そうそう。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック