TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年12月08日 (火) | Edit |
今回は連休に集まった人間でダブルクロス、単発×2セッション。
参加者は以下の通り。
レアキャラ以外は紹介を略します。

秋野:1本目GM。
K林:2本目GM。

みにら
なマイム:イムさま改め生イム。リプレイにおこしたら生ではなくなる。

そんな5人がN市を闊歩。
七面鳥のスモーク肉を食いながら。




秋野:この世界は、レネゲイドという細菌が20年くらい前に爆発的に広がった世界です。皆、すでに保菌者です、無機物に至るまで。
:ひでぇ。
秋野:細菌というのは感染速度が速いほどすぐおッチヌんですけど、発病しないまま死ぬ人も山ほどいます。
:すごいな。
秋野:発病すると、超人化します。超人化してそれを押さえ込めたら“オーヴァード”、押さえ込めなかったら“ジャーム”。
K林:DIOに「肉の芽」植えつけられたって感じです。
:押さえ込めなかったらNPC落ちするんだな。
秋野:そうそう。PCは全員オーヴァード。で、感染者どうしは引かれ合います
:一番重要なところから入ったな(笑)
秋野:まぁぶっちゃけ、オーヴァードの呼気には普通の保菌者より活性化しているウィルスが含まれている割合が高いので、周りの人が発病しやすいです。ウィルス濃度が高い程発病しやすくなります…この辺、リプレイに起こさなくて良いからね。すごい雑な説明してるから。
みにら:うん。

とは言っても、この辺サラっと書いとかないと分からなくないですか。

秋野:世界にオーヴァードに対する法律ができてて、一般人は知りません。裏で動いてる組織と政府のエライ人は知ってる、くらい。ジャームになった人は人権ないです、殺して良いです。
:例によって殺さないと元に戻る方法は無いと。
秋野:3rdになって、無機物も発病するようになりました。
:スゴイな。
秋野:車のオーヴァードとか。あと、概念存在…都市伝説のオーヴァードとか(笑) できるようになりました。
K林:2ndでも、GM権限で国全体がオーヴァード化してましたね。
秋野:それがルール化されました。で、シンドロームというのがクラスなんですが、それを1つあるいは2つ選ぶというのが今まででした。1つの場合はピュアブリード、取れるスキルの最大レベルが上がります。あと、ピュアブリード専用のスキルがあります。クロスブリードだと、「こっちからはこのスキル、こっちからはこれ。組み合わせたら強いんじゃね?」ってのが出来るので、だいたいクロスブリードですね。で、さらに3つ目も取れるようになりました。
K林:トライブリード。
秋野:3つにすると、最大レベルの制限が低くなり、色々取れんですけど…まぁ2種類取れたら十分かな(笑)
みにら:器用貧乏な感じですね。


秋野:シンドロームの説明。エンジェルハイロウ…光使いです。屈折率を変えて、陽炎を出したり、見えなくしたり。
みにら:カタツムリしか出てきませんでした(笑)
K林:軌道衛星が本体で、ホログラムを町に出現させて支部長をしてるっていうPCがいましたよ。
秋野:バロール。重力使いです。中二病…じゃねぇ、邪気眼しやすい(一同笑)
みにら:お…俺の邪気眼がっ。静まれ…。
秋野:命拾いしたな!
:ナニソレ?
秋野:中二病をこじらせるとこういう事になります。まぁ、浦飯側についてるけど、俺はお前らの味方じゃないぜってやってる頃の飛影ができる(笑)
K林:そんな感じですね。
秋野:まぁ重力使いなんで、重くしたりできます。ブラックドッグ…電撃使いなんですが、脳信号が電気信号なので、加速させて頭のめぐりを良くしたり。
:加速させすぎてアッチョンブリケになりそうだ。
秋野:ブラムストーカー。血液使いです。血で攻撃したり、自分のしもべをつくったり。キュマイラ、これはPC1御用達の片割れ。異形の力を使います。
:はいはい。
秋野:「力が欲しいかくれてやる」みたいなの。腕がでかい爪になったり。エグザイル…ミギーです。
みにら:ミギー?
秋野:うにょうにょーっと体の一部を千切って別のものに変えたり、鍵穴にウニョウニョーってやったらカチンって開いたり。
みにら:ちょっと気持ち悪いですね。
K林:まぁイメージによったら(笑)
秋野:で、ハヌマーン。PC1御用達のもう片方。早いです。
:早いのは早いってだけでカッコイイからな。
秋野:早くて脆いタイプです。モルフェウス、物質変換能力。物を作ったりします。…ん? ノイマンでしたね、頭の回転が良くなるのは。
みにら:ブラックドッグは何だったんでしょうね。
秋野:どっかで聞いた気がするんだが。まぁノイマンは頭の回転の良いヤツです。オルクス、領域使いです。自分の領域内では物理法則を曲げたり人を操ったり。で、サラマンダー。炎だけじゃなく氷も。熱を上げたり下げたりできます。ソラリス、薬品使い。体内生成をします。
:ブッ。
秋野:人を操ったり治したりできます。あと、一般のスキル。ルールブック2の方に、イージーエフェクトもありますね。それらを踏まえて。
K林:サンプルキャラを写したらいいかなーと思うんですけどね。
秋野:そうだな、サンプルキャラのスキルを入れ替えるくらい触るので良いと思う。
K林:1のサンプルキャラはイマイチ…2の方が気持ち良いのが多いですね。


秋野:このゲーム、HPがダメージに対してとても低いので、食らったら死ぬと思って下さい。侵食率っていう、体内のウィルスの活性化率があるんですけど、100%になるまでは死んでもウィルスが宿主の体を強制再生します。
:おおう。
秋野:HPが0になったら1D10だけHP回復して、それと同じだけ侵食率が上がります。これが《リザレクト》ですが、侵食率が100を超えると働かなくなります。
:なるほど。
秋野:UGNってのが、PC側の組織。コントロールできるようにして、一般人から隠しておこう、事を荒立てないようにしようという考え。ファルスハーツ(FH)が敵側の組織。
:穏健派と過激派なんだろ?
K林:そうですね。
秋野:力強いんだから使えば良いじゃんという。テロとか。ダムにレネゲイドウィルスをバラまいて、「このダムの水を飲んだやつは一斉に発病するぜ」という、壮大なんだかチンケなんだか(笑)
:どこのショッカーだ。まぁ、スキルをざっと見てやりたいのをやれと。
K林:そうですね。ジョジョのスタンドを思い浮かべて、「何がやりたい」って言ってもらえたら、それにあてはまりそうなシンドロームをお伝えできます。
:何しようかな。ジョジョネタか…
K林:まぁ今回、シナリオがジョジョネタじゃないので。普通にイメージで作ってもらっても。
:武器はどうなん?
K林:ありますよ。
秋野:拳銃持ってないと役に立たないスキルがあったりしますね。キュマイラは獣化するので、コイツは装備ができなくなりますので、武器は相性悪いですね。
K林:「DXリプレイ・ジパング」でイクフサがキュマイラキュマイラのピュアブリードで殴ってましたね。
秋野:ケモノケモノしてるんだな。
:ああー、はいはい。
K林:従者使う人がブラムストーカーとモルフェウスだったかな。そんな感じ。役立たずの忍者は…何取ってたか記憶にないくらい薄いんですけど(笑)
:役立たずとか言ってやるなよ(笑)
秋野:オルクスだな。
K林:誰か一人が防御特化にしてると良いですね。バロールに相手の攻撃をなくしてしまうスキルがあったり。一人防御特化がいれば、1~2ターンはその人のおかげで耐えれるんですよ。その間に攻撃特化の人がシバけば良いんです。
みにら:他の人が無茶できるんですね(笑)
秋野:HPが低いので、モロに食らうとガードしても死ぬんですよ。回避型の人も当たると死ぬので。
:うん、回避型はダメだな(笑)
K林:即死ダメージをGMがポンポン出せるのは、ロイスをタイタスに変化させて昇華させたら、戦闘不能から復活できるんですよ。それを、一人7つ持てるんです。
:なるほど、7機持ってるんだな(笑)
K林:そうそう。最終的に残ったロイスの数だけD10振って、その分だけ侵食率を低下させて100%以下にする。なので、2~3回は無茶して殺しても良いという(笑)
:そういえば、侵食率の制限があるスキルがあったな。100%とか120%とか、そこになるまでは使えないのか。
K林:そうです。
秋野:侵食率が上がるって事は、ウィルスが活性化してるって事なので、強くなります。エフェクト(スキル)のレベルが上がったり。
K林:振れるダイスの数も増えたりします。単発シナリオだと、「ヒャッホウ、200%目指して行くぜ」とか言ってもいい!
:確かにな(笑)
K林:3倍振りで帰ってくるぜー、ひゃっはー、ジャーム化しちまったー♪ でも良いと思います。

(スキルの説明とか全部乗せとかの説明をして)

秋野:そんで、ルールブック1の付属シナリオで良いのかね。
K林:1の付属って、PC1がオーヴァードに目覚めるというありきたりのヤツじゃないですか。1読んでしまったんですよ、2は読んでないんでそっちが良いです。
:無難に行くならハヌマーンのキュマイラでスタープラチナかなぁ。
K林:アルトさんとバンさんに、「今日は仕事で来れないのに誘ってゴメン、お礼にキャラの性格のリクエストがあったら応えます」ってメールしたら、かっこよくて無茶でヤンチャなニヒルキャラのPC1をやれ、って事になりました。
みにら:それ、どっちがどう言ったのか気になりますね。
K林:アルトさんが、「PC1」で、バンさんが「ガンメタルブレイズでやったキャラに、無茶でヤンチャなのを入れてください」という事なので(笑)
みにら:さすがバンさん。
:ガンメタは偽物だった。
みにら:確かに無茶でヤンチャが足りなかったですね(笑)
K林:何でですかぁ!? 僕は本当はあんなキャラが好きなんですよ。
みにら:「嘘だろ」ってコメが大量に流れますね。
:顔文字つきで( ゚Д゚)ハァ?
秋野:最初にボタン設定しましたよ。連打連打。
K林:何でそんなに「( ゚Д゚)ハァ?」って流れてるんですか(笑)
:じゃK林がPC1だな。
K林:今日はPC1やる気マンマンです。ルールブック1の付属シナリオやると、勘違いした感じの子になりそうなんですよ。
秋野:非常に分かりやすいDXのシナリオだけどな。何も知らない高校生が陰謀に巻き込まれつつ、幼馴染を守って戦いつつ(以下ネタバレ略)
K林:微妙な後味のシナリオなので、僕それをやるくらいならジョジョ3部のオープニングをGMします(笑)
みにら:オープニング!
K林:陽さんに、「承太郎やって下さい、監獄のシーンから行きますから」って(笑)
秋野:まぁサンプルシナリオやってみて、何となく掴んで「ジョジョ行ける!」ってなったら、明日以降にジョジョやっても良いし。
:いきなりジョジョやれるよ!
K林:まぁとりあえずサンプルシナリオやりましょうよ。
秋野:サラマンダーがマジシャンズ・レッド。
K林:ジョセフはブラックドッグ。
秋野:俺、エグザイルでハイエロファント・グリーンやるから(笑)
:じゃまよキンが済んだら、これでジョジョのキャンペーン(笑)
K林:そろそろ桜翔君がついて来れてないですよ。弱気な顔久々に見ました。
秋野:原作を読む時間があればついて来れるんでしょうけど。読む時間がないのに突っ走って行くから、付いて行けないって。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック