TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年11月05日 (木) | Edit |
第7ラウンド
ハヤテ:とうとう影分身失敗しました!
神威:ついに。
GM:俺は姫様、直接ダメージ与える気ゼロになりました。「あれ? 殴れる相手がいないよー」と棒読みで(笑)
ハヤテ:ハヤテの後ろに隠れるるー。
GM:ハヤテがきっと何とかしてくれるー。
四ツ刃:ではジョーからですね。
GM:そうか。では【壊器術】でハヤテを狙う。
ハヤテ:11か。失敗ですね。
GM:8だと感情でアップしてもダメですね。
神威:感情・感情・妬みだからな(笑)
GMお前に妹の分の感情はやらん!!(一同爆笑)
神威:ソレだっ!
GM:ランダムでダメージ…(ころ)【戦術】! くそー、何だよコイツ。おかしいなー、射撃じゃないよなー。
神威:“悪運だけは強い”ハヤテ。
ハヤテ:“九死に一生の”ハヤテ。
GM:では姫以外の人の攻撃です。あ、姫にお願いしたら違う戦場にしてあげても良いよ。
四ツ刃:…あ、さっきファンブルしたから、皆ダメージ食らってますよ!
GM:ジョーも食らってるじゃん。
神威:どこでも良かったんだよな。
ハヤテ:では…どこにしてもらおう。
GM:行動とは別にお願いできますよ。お兄ちゃんとハヤテの言う事なら聞きます。
神威:とは言ってもねぇ。
ハヤテ:うかつに変わって宇宙とか言われたらなぁ。
GM:いや、何もない所とかでも良いよ。
神威:海の写真を見せて、「ここにして」って言ったらイキナリ目的達成できるよ。
GM:ダメダメ、ハヤテが連れて行ってくれるんだもん。
神威:クッ。
ハヤテ:波打った水の様な平地が出来上がるだけだ(笑)
神威:まぁ、別に良いか。
GM:ファンブルすると地味にダメージ食らいますけどね。
四ツ刃:それはジョーも同じだ。
GM:では普通に攻撃して下さい。
ハヤテ:では、爆破のお札を針に刺して…(ころころ)4。
GM:ファンブルー。
神威:ダメージ1点だな。俺は普通に攻撃…ピンゾロ!
GM:やっぱり場所変えた方が良いんじゃない?
四ツ刃:そうだね、そうかもしれない。
GM:というわけで、「恋敵の言う事は聞かないもーん。お兄ちゃんとハヤテがどうしてもって言うなら、変えてあげても良いけどー」
四ツ刃:とりあえず、時姫殴るか(笑) まぁ良いでしょう、秘密の方は達成しているので…
GM:姫を連れ帰るのが使命ですね。
四ツ刃:じゃぁ…『陽炎』『接近戦攻撃』。
GM:8以上…成功!「お前ごときの妖術はすでに見切った! この俄か妖術使いが」
四ツ刃:俄か?
GM:人の事言えないですね、コイツも(笑)「私は学術として、妖術を極めているのだ」
神威:では姫は何もしないで次のラウンドですね。
四ツ刃:場所変えてもらう?
GM:行動は消費しなくて良いですけど、自分のタイミングでお願いして下さい。


第8ラウンド
神威:ジョーはそこ(5)から動く気ないだろ(笑)
GM:ヒドイ!
神威:だってずっとそこから動いてないし。
ハヤテ:影分身失敗~。
GM:ではオープン。
神威:何!? コイツ何で4に行ってるんだ! ずっりぃー。
GM:どうぞ、5から。『毒手』は使わせないっ
神威:殴るよ、普通に殴れば良いんだろー。5以下か…ファンブルしそうで嫌な感じだな(ころころ)
GM:はい、ファンブル。
四ツ刃:…変えてもらいます?
神威:もう遅い?
GM:今なら良いですよ。変わるのは姫のタイミングなので2ですけど。
神威:じゃ変えてもらおうかな。平地にしてもらおう。
GM:ではジョー。ハヤテそろそろ落ちてくれんもんかな。
ハヤテ:感情で-しても成功?
GM:-されないですね。影が薄くて本当に良かったーキラキラキラー。
四ツ刃:不信持ってるからできますよ。神威さんも-だから、-2で失敗する?
GM:失敗しますよ。
神威ジョー、殺す!(殺意)
GM:じゃ失敗しました。
ハヤテ:まだ首の皮3枚くらい繋がってる。
神威:楽勝ですね。
四ツ刃:『陽炎』は失敗です、普通に攻撃。
GM:6は成功~。
四ツ刃:もうスカスカですよ。もう連れて帰ろうね、あの子。
GM:そうだよねー。
四ツ刃:このまま私を逃がしてくれたら、プライズは私が持ってるんだから連れて帰れるんだよ!
GM:じゃぁハヤテか神威攻撃しろよ。何で俺に襲い掛かってくるんだ。
四ツ刃:本当だよねー。もうちょっと先に突っ込んでよ。
GM:コロっと忘れてました。PC仲良いなーなんて(笑)
ハヤテ:まぁまぁ、良いじゃないかジョー。
神威:そうそう、君が死ねば全て丸く収まるんだよ。
GM:収まらねぇよ! だから死ぬっつってんだよ!
ハヤテ:今ならもれなく、この分身攻撃が。…普通に失敗だ。
GM:+はしないの?
神威:俺は-しかできません。
四ツ刃:私はしない、という事で。時姫が。
GM:しません。ハヤテはやれば出来る子だ。自分で何とかするよ!
ハヤテ:じゃぁ自分で何とかします。
神威:ヒドイ。グダグダだー。
GM:では『戦場の極意』は成功、平地でーす。「皆さっきから崖の上からポロポロ落ちてるから」
神威:仕方ないじゃん!!
ハヤテだってそこに崖があるんだもん!
GM:だから平地にしたじゃーん。
ハヤテ:本当にハヤテは全く。


第9ラウンド
このラウンドもハヤテは分身に失敗。
ジョーは毒手を食らわないように逃げ回る。

GM:毒手は食らわないぜ。
神威:もー、このまま行ってもグダグダよ?
GM:かといってあきらかに手抜きするのもねぇ。じゃ、お兄さんとオバサンが。
四ツ刃:オバサンって言うなー。
GM:姫的に、「お兄ちゃんとオバサンが」。敵意を覚えた?(笑)
四ツ刃:イラッ。
GM:「18超えたらオバサンだよねー」
四ツ刃:「4年後にはあなたもオバサンね」
GM:「その頃にはハードル上がってるから大丈夫」
四ツ刃:「そうか、その頃にはもう死んでるか
GM:ひっでぇー。
神威:【刀術】で攻撃。
GM:8なんで成功。-1までなら大丈夫だな。
四ツ刃:どうしようかなぁ、私は。
GM:オバサン、身の振り方をどうする?
四ツ刃:まぁさすがにハヤテを殺そうという所まで行ってないと思うから、お兄さんに殴りかかります。
神威:マジで?
GM:こいつは取り返す派なんで。
四ツ刃:何、一緒に取り返そうと思ってたら、アンタも逃がすって言うの? みたいなそんな感じで。
神威:今更何言ってるの? この人。今までの話の流れ聞いてなかったの?
四ツ刃:聞いてた、聞いてた。忘れてただけ。
GM:じゃ何で今までジョー殴られてたんだ。
四ツ刃:当たってなかったじゃん。【騎乗術】…【異形化】も同じか。『陽炎』で『接近戦攻撃』。【異形化】で成功です。
神威:なるほどな。これって、奥義の隠し特技で…
GM:行っても良いです。
神威:隠し特技が【召喚術】なので、6で成功です。
GM:見切れますね。ジョーは見切った。
四ツ刃:私も見切りましたね。
GM:ハヤテは敵対してないから見切れないけど、四ツ刃が見切ったから共有してる。「その特技を使うと言うことは、お前の奥義はこんな感じだな?」ぴきぴきぴきーん。
神威:多分全然違うぜ?
GM:何だってー?
神威:すごいヒネた取り方で【召喚術】だから、全然違うぜ(笑)
四ツ刃:「アンタの妹がオバサンなんて言うから悪いのよ」みたいな感じで。
神威:余計な事してグダグダにしやがって。この後責任取るつもりだろうな、コイツ。
四ツ刃:さぁ、どうなんでしょうね? シナリオ的にはそうするしか無いんじゃないの?
ハヤテ:俺はもう死にかけだ…先にファンブルしてくれ(一同笑)
GM:嫌だ! それが嫌だから下げたんだ。
ハヤテ:ああ、だから俺だって下げたんだよ。
GM:【壊器術】…失敗。
ハヤテ:【分身】で『接近戦攻撃』!
GM:スペシャル~。
ハヤテ:何だとコラ!?
GM:じゃぁ妖術回復させようかな。
神威:はぁ~。
GM:グダグダが更に増した。
神威:本当にね。あーあ(やる気喪失)
GM:姫は何もしないで終了。


第10ラウンド
GM:ではオバサンから。
四ツ刃:イラッ。
神威:コイツが殴りかかってくるなら、先に【毒手】で殴れば良かった。
四ツ刃:良いですよ。
神威:こっちの行動見てから裏切りやがって、コイツ。
四ツ刃:『陽炎』…あ、ファンブルだ。
神威:俺はジョーに『毒手』。
GM:【腹話術】で回避…ふがふが。11なんで、-1食らっても成功ですね。
四ツ刃:ヘタレ忍者だと思ってたら結構やるじゃん。
GM:【壊器術】でハヤテを。
ハヤテ:失敗。奥義を使います。
神威:かばっても良いですよ。間合い無しだし。
ハヤテ:もう俺【忍術】しか残ってないんですけど。
神威:俺【忍術】は塞がってるな。
GM:じゃぁ振り直しましょう。(ころ)【戦術】です。
神威:あ、戦術ラッキー。
GM:何この茶番ダイス、さっきから。くっそーって言うような所にダメージ与えたいなぁ。次は何で生きてるんだ、ハヤテ。「そんなあちこちから助けてもらってばかりで良いのか! お前は誰も助けられないんだぞ」
ハヤテ:「このままでは、海までたどり着けない…でもアンタを倒せば、光が見える気がする!」【分身の術】で攻撃。
GM:失敗した。
ハヤテ:【器術】にダメージだ!
四ツ刃:時姫は無しね。
ハヤテそろそろプライズに戻っていただいても
GM
関連記事


コメント
この記事へのコメント
Re: 18・Climax01-3: どんどんぐだぐだ
>神威:余計な事してグダグダにしやがって。この後責任取るつもりだろうな、コイツ。

GMの誘導とシナリオの指示に従ってるんですがねぇ…
そして、更にキッカケがあれば翻意するつもりでした。
キッカケの例↓

1・時姫からの謝罪(「オバサンって言ったからおにいちゃんを殴るの!? ならもうオバサンって言わないよ!」みたいな感じ。まぁ期待してない)
2・ハヤテの説得(「海を見せた後、ちゃんとそっちに連れて行くから。それは服部さんも承知してるんだ」とか。これが本命)
3・神威が時姫に何か言う(「それを言うと俺もオジサンだろー」とか。期待してない)
4・ジョーの離脱

まぁそんな感じ。
期待しちゃダメだったかな。
正直、ここで時姫が四ツ刃を挑発する意味が分からないですねー。
これはGMが、四ツ刃に敵対RPを求めてるんだと思ったんですが…
2009/11/06(金) 13:53:21 | URL | みにら #-[ 編集]
Re: 18・Climax01-3: どんどんぐだぐだ
ああ、そっか。
2が一番きれいかな。言っててもよさそうなノリだったのに、そのテの説得を全然してなかったのね、オレ。
その場で提案してくれたら、絶対やってたよ。
4は、離脱というか、戦闘をGM権限で強制終了して、ジョーを説得するシーンを含めてエンディングにしてしまうとかはダメだったのかなぁ、って思う。
たぶん、誰も文句言わなかったはず(^^;
2009/11/07(土) 01:38:22 | URL | アルト♪ #-[ 編集]
Re: 18・Climax01-3: どんどんぐだぐだ
時姫は、使命が逃げ延びる(死ぬのがわかっていても帰らない)で、秘密が海を見たいなので
神威かハヤテが説得でもしないと折れないです。
で、ライバルかつ連れ帰る派の四ツ刃に喧嘩売ってるんですね。
性格変わりすぎじゃろ、とか、オバサン引っ張りすぎとは俺も自分で思った、すまん。反省

ジョーは言ってもわからない奴なので、叩きのめして貰う予定だったんですが、存外しぶとかった。
まぁ、そういう方向で作ったんだけどさ。

シナリオに書いてある結末が結末だったんで
決着付けずに手打ちにすると「なんじゃそりゃー」な結末になるから決着付けたかったんだよね。

あまりに長くてダレちゃったから(クライマックスス入った時点で2時間近く録音残ってた)、お詫びの意味も込めてあんな感じの結末に変更したという。
2009/11/07(土) 02:22:31 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
Re: 18・Climax01-3: どんどんぐだぐだ
説得してよーって言えば良かったですねw

陽さんと話してたんですが、どうもここのジョーや時姫の会話を「GMの誘導」と思ってたのは私だけだったみたい?
陽さんは「NPCのロールプレイ乗ってるなぁ」くらいに思ってたみたいだし。
だとすると、それに乗っちゃって申し訳ないです。

それにしても、「海を見せたら連れ帰る」を拒否されたのは変な感じ。
まぁ信じてないのは分かるけどw
そもそも、ハヤテに対しては「狂信」だったんだから、ライバルでも無い気がしますねぇ…
信じてるんだったら、ハヤテが四ツ刃に心を動かすとか思っちゃダメなんじゃないのかw
2009/11/08(日) 14:15:04 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
Re: 18・Climax01-3: どんどんぐだぐだ
ぶっちゃけ、NPCに決定権を与えないというか
NPCの一言で決着つかないってのが根本にあっただけで、
姫に関しては「言うこと聞かなくて、やけに突っかかってくるお子ちゃま」程度で。
作業的行動がキツくて逃げてたのかも知れない。

実はPLに「純粋に逃がす派」はいないんだよね。
姫:逃げる(説得可)
ジョー:連れ戻す
他:海見せたら一旦返すor戻すにしても海見せてからで良くない?
みたいな。
確認した時に2派に分かれてたから、ちょっと混乱してた。

多分全員PLなら、御忍倒した時点で「海見せて連れ戻す」になってたんじゃないかな。
GMだけ、海見せたら帰れないのわかってるから
(ジョーの「その間に死んだらどうする」は、今更そんな馬鹿なという発言でありながら実は正解)
上の混乱と共にズレがあったかな。
NPC排除にこだわりすぎたかも知れない。

時間制限に関しては時間切れ=姫の死なので、切らなくてよかったかな、と。
何ラウンド後に終わり、とわかればジョーや姫の説得にかかったかも知れないけどね。

まぁ俺は、ネタ的な所は融通きかすけど、妙な所にこだわって融通聞かない場合とか
色々考えすぎてループしてる時があるので、
変だな、と思ったら一旦確認してみて下さい、メタ発言OKなんで。
たまに、言葉に出してみないと自分でも認識してないこだわりがあったりするんで
自分でも後で「なんで?」と思うことも。

キャンペーン控えてるし、よろしく!
2009/11/08(日) 22:25:16 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック