リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Opening02:試験時間は瓦礫に埋もれ 

GM:まずはクロームのシーン。他の人は登場できません。
クローム:そんなこと言わずに幸運判定して出て来…
GM:ダメです。ハンドアウトに出てきた、神父が死ぬシーン…
クローム:死ぬ所で「《プロテクション》!」って出て来て、神父は死なない、と。
フラン:むしろ死んだ所に《レイズ》で復活。


神父
 クロームの育ての親。
 GMの前キャンペーンでのキャラが、「クラール」という名のアコライト/ガンスリンガーだったため、神父=クラール説が濃厚。
 が、クラールはキャンペーンのラストで別の次元に行ってしまい、そこで悠々自適な生活を送っているらしい。
 なので神父はクラールでは無いようだ。


クローム:じゃ、クラール疑惑を消すために神父の名前を決めますか。
フラン:コマールとか?
ルシオン:クラルとか。
GM:…どーせすぐ死ぬんだけどなぁ…
クローム:そんな事言わないで下さいよ。俺にとって大事な人になる…かもしれないんだから。
GM:じゃぁ、レヴァン神父で。クロームがエルクレストに行く少し前のこと。神父は言いました、ハンドアウトの通り。
GM/レヴァン:「その耳は、決して誰にも見せてはいけませんよ…」
クローム:どうして?
GM/レヴァン:「それはね…」と口を動かすんだが、崩れゆく礼拝堂の音にかき消され、その声は聞こえない。
一同:ええーっ!
クローム:こんなのんきな事を話している場合ではない! いいから逃げろ! 何で俺たちこんな話をしてるんだ。
GM:びっくりでしょ。
クローム:いやいやいやいや! びっくりすぎでしょ!
ルシオン:大丈夫、ここ安全地帯だから。
GM/レヴァン:「お行きなさい。私はここに残ってやるべきことがある」
クローム:え!? やっぱりそこは安地?
GM/レヴァン:「エルクレストに向かいなさい。そこに君の妹がいる」。そこまで言うと、鐘撞き堂の鐘がガラーンと落ちてきて神父の姿は消えます…
クローム:その鐘の中に上手く入って、瓦礫をやりすごすと!
GM:そんなことはなく、そのまま礼拝堂は崩れていく。キミは逃げるしかない。ガランガラーン、ガランガラーンと鐘の音が聞こえ…


「はい、そこまで!」

厳しい声が終了の合図を告げた。


クローム:ええっ! そこまで!?
GM/試験官:「答案用紙を伏せてペンを置いて下さい」
一同ええ―――――っ!! 回想シーンですか!!(一同爆笑)
ルシオン:寝てたんですね…。
クローム:ハッっと飛び起きて「神父は!?」
GM/試験官:「はい、そこ立たない」
クローム:…(キョロキョロ)すみませんでした。(一同笑)名前くらいは書いておくか。
GM:教師が最前列から答案を回収しているんだが、難易度10の[幸運]判定に成功すれば、答案を書き足すことができる。
クローム:2D+3か…ここはフェイト1点使って振りましょう。15ですね、成功。
GM:結構書けた。何せマークシート式だ。
クローム:では、先生がやってくるころにはやり遂げた漢の顔で真っ白に燃え尽きていよう。
GM/試験官:「全部の答案を埋められたヤツは、お前が始めてだ」と、答案を集め終わった先生が「この後は各自、宿舎に戻ってください。明日の実技試験のパートナーである先輩が、顔見せに行きますので」
クローム:寮に入ってるんでしたっけ?
GM:違うんですよ。今年から、卒業人数より入学人数の方が多くなってきたので、宿舎に入ってもらっています。そして試験期間が短くなっています。
クローム:学園の外の宿屋か何かを貸しきって?
GM:いえ、急ごしらえですが学園内に建ててあります。普段は来客用に使っています。
ルシオン:じゃぁあぶれた人数はそんなに多く無いんですね。
GMざっと400人くらい。
フラン:多いです。
GM:受かるのは100人くらいです。
クローム:これは落ちたな…(笑)
GM/試験官:「先輩方に色々質問するのは良いですが、余り夜遅くならないように。ゆっくり休んで英気を養ってください。解散!」と、このシーンは切れます。
ルシオン:確かに、このシーンでは僕たち出てこれないですね(笑)
関連記事

category: AR CP1 1(入学試験)

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/4-b0d92615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール