TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年11月05日 (木) | Edit |
第3ラウンド
ハヤテ:では分身…何で毎回ギリギリ成功なんだ。
GM:ではオープン(カカシ5、ハヤテ・神威・四ツ刃・時姫4、傀儡ジョー3)…ではカカシからだな。【縄術】が使えないので…姫狙わないとな。
神威:かばう気マンマンだぜ。
GM:では姫に『血旋渦』。スペシャルでは無いが出目は良いな。
神威:姫が回避振るんでしょ。
GM:あ、そうか。【野戦術】からなので、8ですね…スペシャルだ。
四ツ刃:ヒラリと回避。
GM:ダメージ与えて無いから回復も出来ない。「何で皆、俺の思い通りになってくれないんだ!」と一人逆切れ。
神威:知らんよ。では我々ですね。とりあえず『毒落とし』でハヤテの呪いを解きましょう。
GM:サポート来た。お兄さん! キミに兄さんと呼ばれる筋合いはない!(一同爆笑)
神威:そんなものをいちいち食らってるヤツに兄さんと呼ばれる筋合いはない(笑) これは成功です。これがコスト3なので、残り1コストでカカシをずんばらりん。
GM:ほいよ。
神威:5…あ、成功。【刀術】ですね。
GM:遠いよ! 何で今【縄術】使えないんだ。
神威:はははは。何のために【縄術】をマヒらせたと思っているんだ?
GM:狙ったわけじゃないくせに!
神威言ったモン勝ちだもーん
GM:スペシャルさえ(略)…はっ。故障してないじゃん、兵糧丸使おう。【縄術】使えるぜ?
神威:何てヒドイ事を!
GM:10出せば避けれる! (ころころ)10! 避けた!
ハヤテ:-1! させるかよ!!(一同爆笑) お前だけはキッチリ倒す!
GM:えー、俺こんなに頑張ってるのに、何で皆協力してくれないんだよー。
ハヤテ:何かコイツにも過去があるのかな(笑)
GM:…まぁ、コイツをPCに回さなくて正解でしたね。一人いじめられるポジションですね。
神威:K林なら良かったかも知れないな。
GM:「一目見る~♪と思ったら、俺孤立してる!?」あ、しまった、K林っぽくプレイするの忘れてましたね(笑) ではダメージ下さい。
神威:(ころ)器術。
GM:せっかく治したのに。こんな事なら生命力を回復させとけば良かったかなー。
ハヤテ:じゃ、俺も行こうかな。無理して爆破使わなくても良くなったので、【分身】攻撃です。
神威36人のハヤテがワラワラ出てきて相手にのしかかるわけですね。
ハヤテ:ワラワラワラ…そしてハリハリハリハリ
神威:針ぃー!?
GM:これはカカシが狙われてるのかな?
ハヤテ:当然です、それ以外誰を狙うというのですか。
GM:ジョー。
ハヤテ:ジョーも狙えるけどね。お前は後からゆっくり刻んでやる…じゃなかった、刺してやる。
GM:まぁ良いか、吸精1回成功したし、スペシャルもしたし。やる事やったよ、コイツ。すでにあきらめモード。
ハヤテ:見切りタイミングが来る可能性が来るので、準備をどうぞ。(ころころ)危ね、成功。
GM:1個しか生命力残って無いので、自動的に奥義発動ですね。
四ツ刃:避ける?
GM:あ、そうでした。【分身】ですか。(数えて)お、すごい。スペシャルじゃなくても避けられる可能性があるぞー。
神威:11と12か(笑)
GM:ええい…(ころころ)ファンブルではないが、ここで落とされると見切られてるしなぁ…希望は低いけど、振り直しとこうかな。どうせ次は破られるだろうしな。
四ツ刃:うん。
GM:(ころころ)失敗、ダメージ食らいました、『外法 影棺』を使うので、【傀儡】で破って下さい。破られると落ちます。
四ツ刃:破った。
神威:俺は10で破った。
ハヤテ:皆して破ったな。
GM皆敵だぁー!
ハヤテその通りだー!
四ツ刃:そんな術が通じるかーっ、ぼーん。
ハヤテ:そして…ギラッ(ジョーを睨む)
四ツ刃:残ったのはジョーですね。「貴様、さっき私に殴りかかってきたようだな?」と言って…
ハヤテ:何のつもりだ。
四ツ刃:でも私はコイツにダメージ与えにくいんだよねー。【絡繰術】持ってるでしょ? 私は【騎乗術】か【異形化】でしか殴れないので。
GM:両方6だね。
四ツ刃:まぁ良いや。まずは『陽炎』を使って回避を+2の8にします。普通に殴ろう、当たった。
GM:8は(ころころ)失敗。
四ツ刃:お、当たりましたか。1ダメージ。
GM:頑健持ってるので、そちらに1ダメ。じゃジョーは、逃がそう派のハヤテと兄さんがどっちもそこにいるな。ハヤテの方がダメージ与えやすいので「ハヤテ、そもそもお前が連れ出すから悪いんだ!」
四ツ刃:本当だ。
ハヤテ:「だからどうだって言うんだ」
神威:まぁ彼に頼んだのは私だが(笑)
GM:【壊器術】で成功。
ハヤテ:頑張るか。11か…「えーい、そんなもの、この針の壁で!」(ころころ)
神威:ハリハリハリハリ!!
ハヤテ:38万足りなかった!
GM:「物を壊す術の前に、そんな物が効くかぁっ!!
ハヤテ本当だーっ!!(一同爆笑) 物出してどうする、俺!
四ツ刃:針、すごい壊されましたよ!!
神威:だ、ダメだーっ!
ハヤテ:うわーだめだー。
GM:では(ころ)6、妖術!
ハヤテ:ああ、俺の瞳が。
GM:ははは、そんな邪気眼封じてやるわ。
ハヤテ:邪気眼キタ━(゚∀゚)━!
神威:では1周しましたね。
GM:やった、プロット1個減ったよ!


第4ラウンド
プロットは時姫4、神威・四ツ刃・ジョーが3、ハヤテが2。
時姫がジョーを殴ったものの回避、NPC間茶番戦闘。

GM:よし、姫良い感じに役に立たない子。
神威:イラッ。
四ツ刃:では一番当たらなさそうな私から…あ。ファンブル。
神威:崖から落ちた!
GM:次のラウンドまでによじよじよじ登って来て下さい。1ダメージね。
四ツ刃:頑健に1ダメです。
神威:では『毒手』(ころころ)…(ころころ)成功。
GM:ファンブルしたーっ。
神威:何のことですかー(神通丸を使った)
GM:じゃ頑健にダメージと【絡繰術】がマヒした。次、ジョーがハヤテに【壊器術】で攻撃、「針は効かんと言ってるだろうがーっ!」
ハヤテ:もうそろそろ奥義の使いどころか…? まぁ回避…は、失敗。
GM:ダメージは(ころ)【体術】に。
ハヤテ:全く特技持って無いぜ。
GM:接近戦なのに、まるで射撃戦ダメージのようだ。
ハヤテ:次は戦術にダメージプリーズ!(笑) 次は俺、人の脳伝達は電気で行われているので、この辺のツボを突いたら電気爆発するよ。
四ツ刃:それはビックリだ!!
ハヤテ:【絡繰術】がふさがっている今がチャンス。(ころころ)…なんでだよ! ぷ、ぷ、ぷ、+1下さい!
四ツ刃:はい、アップアップー。「ハヤテ、そこは違うツボだ!」
ハヤテ:「あ、そうだそうだ、ここ」では7で成功です。
神威:刺しまくり。
GM:極意バレまくり(笑) 8か…ハッ。
ハヤテ:何をする!?
GM:兵糧丸。マヒ回復。
神威:何てこった。
GM:(ころころ)11。どうせならスペシャル出したかった。
神威:「あいつに物で対抗するのは無理か」
GM:「はっはっは、器術で我ら斜歯に立ち向かおうなど、十年…いや、百年早い!」


第5ラウンド
GM:ではハヤテに殴りかかる。(ころころ)あ、失敗した。ファンブル! 神通丸も使い切った。
四ツ刃:じゃ姫? 今なら当たるよ。
GM:(ころころ)5、一応成功。【体術】にダメージ。良い茶番。
ハヤテ:では俺、「たまにはこういう針の使い方もあるのだよ!」と、頭に針を刺したら…雷がそこに落ちます(一同爆笑) あー…う。
四ツ刃:はい、アップアップ! 「だから違うと言ったはずだーっ!」
ハヤテ:7なんだよね。射撃2ダメージなので選んで下さい。「おかしい、針は頭に刺したはずなのに、ダメージはこことここに!?」
四ツ刃:今ならしっかり当たるんだぞー。と接近戦攻撃。『凶手』でスペシャル-1にして回復を試みよう…あ、失敗。ファンブル?
ハヤテ:出目自体はどうしようもない。
四ツ刃:にゃーにゃにゃー♪ なかった事にして、もう1回(ころころ)成功、【異形化】で殴ります。
GM:【器術】にダメージ…。
神威:最後に俺ですが、皆さん期待してるでしょうけど、俺は射程1までの攻撃しか持っていないので攻撃できません! というわけで、「ジョー、降参するなら今のうちだぞ。この人数では勝てるはずもないという事、お前にも分かっているだろう」
GM:「このまま行ったってどうせ死んじゃうんだから、連れて帰れば良いっつってんだろ」
神威まぁね、俺もそう思うんだけど(一同爆笑)
GM:「海なんか見せても命は延びねぇんだよ!」と言ってます。
ハヤテ:「だったら見せてやっても良いじゃないか!」
GM:「その間に死んだらどうするんだよ!」
ハヤテ:「もうすぐそこだよ~!」
GM:「ていうかお前、今まで何グズグズしたたんだよ!」(一同爆笑)
神威:本当だーっ!
ハヤテ:「面目次第もございません(土下座)」
GM:よし、勝った(笑)「こんな時期まで連れまわすんだったら、とっとと海見せて連れて帰って来れば良かったんだ」
ハヤテ:「アンタらが追い掛け回すからだー」
GM:「逃げるの下手なヤツが何言ってるんだ、上手く逃げられないなら、そもそも連れ出すんじゃねぇ」
ハヤテ:「それは俺のせいじゃない、表のせいなんだーっ!


第6ラウンド
プロットは四ツ刃・ハヤテ・ジョー5、神威4、時姫3

GM:こいつは【壊器術】の『達人』なので、【器術】が使えなくても壊器術は使えるのだ! (ころころ)ファンブルー(一同爆笑)
ハヤテ:美味しすぎますよ。さすがGM。すごいよGM。
四ツ刃:ジョー、ちょっと、ジョー!? 良いGMだ。
GM:くそー、嬉しくねぇ。
神威:我々、奥義使えずに終わりそうでつまらないです。
GM:使えば良いじゃない。
ハヤテ:絶対防御なんだよね、バラしちゃうと。
神威:姫様攻撃するとか言ったら使えたんですけどね。
GM:姫様を攻撃するヤツは死んじゃいましたね…あ、そうか!! 死んで攻撃すれば良かった。
神威:あー。
GM:離脱を選ばずに死ぬって言ったら、最後に攻撃が出来たのに。
神威:今からやっても良いよ?
GM:いや、もう。プロット値と間合いが分からないから良いよ。
神威:姫攻撃しても良いよ(笑) まぁろくにダメージ食らって無いから、普通にかばっても良いな。このメンツだけで戦闘になるとは思ってなかった。ラスボスみたいなのが出てくるかと。
GM:あ、それでは…ちょっと待って、全ダメージ食らってるけど、攻撃できるのか?
ハヤテ:そりゃ出来るだろう。
四ツ刃:死んでるって事は全部埋まってて当然ですもんね。
GM:じゃぁ『血旋渦』命中。時姫は9で回避(ころころ)避けたー
神威ダメじゃーん!
ハヤテ:アンタ、何のために蘇って来たんだ!
GM:蘇ったんじゃないですよ、今まで死んだフリをしてて、「最後に一太刀ぃぃ!!」ってやりました。
四ツ刃:それをヒョイっと避けられた、と。
GM:しにまみた。
神威:だ、だ、ダメだー! せっかくネタを仕込んでおいたのに。
ハヤテ:じゃ『爆破』。
GM:爆破が入ると落ちますよ。
ハヤテ:この針に仕込んだ爆弾でっ。
GM:全然針術じゃねぇ!? まぁ良いけど(笑)
ハヤテ:分かったよー、じゃ「危機一髪」みたいな感じのタルに針を刺して(笑) (ころころ)成功。
GM:スペシャルさえ(略) ダメでしたー。
四ツ刃:兵糧丸は持ってなかったかな?
神威:ここは、コイツを助けて説得する方向に行く方が美しいかもしれん。
GM:「科学忍法 霊映し(たまうつし)ぃぃ!」やった、6出た。
ハヤテ:不死身? 全快か。
GM:敵で用意するなら攻撃奥義でしょうけど、妨害NPCで毒にも薬にもならないぜーってのが基本なので、ウゼーと(一同笑)
神威:うぜー(笑) 確かにその通りだけど!
GM:というわけで、見切って下さい。コイツは【死霊術】です。…あ、まずは【見敵】ですね。
四ツ刃:ああ、ピンゾロ! ここでピンゾロ振ってもファンブルエリアに行くのかな。
GM:行きます。
ハヤテ:俺が見切ったから、情報は行くよ。
神威:うまーい。
GM:バレバレだーっ!
四ツ刃:では攻撃します。回復されたのでまた当たりにくいですが…
GM:俺ファンブルエリアにいるから当たるよ。
神威:お前もファンブルエリアにいるから攻撃できんだろう。
四ツ刃:同時だから出来るのでは?
GM:ここはできます。
四ツ刃:では接近戦攻撃。
GM:【妖術】にダメージか。元から使えません。
神威:では俺、普通に攻撃。(ころころ)4…? ファンブルです。
ハヤテ:まぁファンブルしてももう敵いないし。
GM:あと姫だが、間合い2じゃ届かない。
ハヤテ:サポートも無し?
GM:この子は『電撃戦』を持ってるんで、ミドルフェイズで居所を知ったらいきなり戦闘というアクティブな事ができるんですけど、まぁそれだけです。
ハヤテ:何故自ら危険をおかそうとする。
GM:「殺っちゃえば良いのよー、殺られる前に
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。