TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年10月31日 (土) | Edit |
GM:では風魔カカシのシーンです。彼はハヤテの居所を知っているので、戦闘を仕掛けてきます。
神威ついに戦闘ですよ! イエーイ
GM:戦場表を振りましょう。これは振らなくても良いんですが。「何も無い戦場」を選ぶか、戦場表を振ります。ここで水中が出ても、そこは海ではありません。(ころ)3、高所。
ハヤテ:バッチリ今高い所にいます!
神威:崖とかそんな感じですね。
GM:「見つけたぞ!」この戦場ではファンブルすると1点のダメージを受けます
ハヤテ:何っ。ダメージ受ける場所はランダム?
GM:受けるとしか書いてないので、自分で選んで良いです。で、この(バトルシートを出して)忍者の動く早さがプロットですが、これ以下の数字が出たらファンブルです。ファンブルエリアに入るとそれ以降の判定が行えないので、狙われると避けられません。
神威:はいはい。
GM:見切り判定も行えないのかな。というわけで…ルール説明をしつつ、実際の戦闘を行いましょう。
一同:はい。
GM:まずは戦闘に参加する人のコマを出して下さい。
四ツ刃:時姫は?
神威:プライズだから戦闘に参加しない。
GM:ええ、今の所はいらないです。まず、自分のイニシアチブを決めるダイスを1個隠します、オープンしてそこに配置して、早い順に動きます。同じだと同時扱いです。早ければ相手に手傷を負わせている可能性が高いので有利ですが、ファンブルする可能性があります。早い方が忍法に使えるコストが多く持てるので、色々できる可能性があります。また、5とか6で戦ってるのを、1から見てて「あー皆ダメージ食らってるわー、一人勝ち!」とかいう可能性もあります。
神威:難しい所だな。
四ツ刃:あの、忍法の「好きな指定特技」ってのは…
GM:ああ、決めといて下さい。
四ツ刃:じゃ接近戦攻撃も何で戦うか決めないといけませんね。
GM:ええ。その系統にダメージを受けた場合は当然使えなくなりますが、変調の「麻痺」で特技がピンポイントで使えなくなる可能性があります。というわけで、戦闘に参加して無い人が…あ、感情を持ってる人は今割り込んでも良いですし、プロットが終わってから割り込んでも良いです。プロットが終わった後に割り込んだ場合、サポート忍法は使っても良いですけど、自分の行動は取れないです。プロットしてないので。
ハヤテ:そのサポートのコストは?
GM:えー…どうだったっけ(調べつつ)、あ、戦闘に参加していない人は、自分の感情と関係無しに判定に+-1の修正を付けれます。
四ツ刃:ああ、演出で。
GM:水しぶきが目に入って-1とか、風が上手く後押しして+1とかを演出しても良いです。1ラウンド1回。
四ツ刃:それは判定前?
GM:えー…何とも書いてないので、ダイス目見てからで良いです。あと感情修正も説明しておきましょう。自分が感情を持っているキャラクターの判定に+-1の修正を付けれます。ドラマなら1サイクル、戦闘なら1ラウンドに1回。出てないといけないとは書いてないですので、出てても出てなくても良いです。
神威:つまり、戦闘に参加してないキャラが毎ラウンド+-1の修正を付けれるのとは別に、感情でも+-1出来る。つまり2回出来るんだな。
GM:登場してると、演出は使えないです。で、途中参加の場合、プロットの処理中なら自分もプロットして良いです。公開後に乱入した場合は、そのラウンドのプロット値は1になります。
四ツ刃:なるほど、1で良ければ途中参加しても良いと。
GM:で、攻撃忍法を使用する事はできません。コスト1のサポートまで使えます。自分が殴られる事はありますが、自分が殴る事は出来ません。よろしいですか?
神威:それなら最初から出てた方が良いな。
GM:ミドルでの戦闘ですが、1点でもダメージを受けたら脱落します。で、誰も乱入してこないなら今は2人ですから、2ラウンド経ったら無傷でも終了します。で、勝ったら感情を植えつける・情報を得る・プライズを奪う、が出来ます。カカシは当然時姫を奪うために戦闘しますので、カカシが勝つと時姫が奪われます。
ハヤテまず間違いなく100%奪われる
神威:勝てば良いじゃないですか。
ハヤテ:負けるわけにはいかない。時間切れで勝者なしの場合は?
GM:勝者なしです。


第1ラウンド
GM:ではプロット決定。
ハヤテ:『分身の術』を使います。
GM:まずは分身の術の判定を行います。まだプロットしてないので、ファンブルはピンゾロのみ。
ハヤテ:【分身の術】で判定…5、ピッタリ! 成功したのでプロットを2個決めます。
GM:公開後にどちらかにするか決めるという忍法ね。参加する人はプロットして下さい。
神威:しましたよー。
四ツ刃:全員参加ですね。
GM:ではオープン。(神威5、ハヤテ1と5で5を選択、カカシ4、四ツ刃2)
神威:先手必勝だろう。
四ツ刃:ダイス目の悪さに定評のある私はそんな所に行けませんよ(笑)
GM:6くらいしとくべきだったかな。
ハヤテ:6にされたら1を選ぶつもりだった(笑)
GM:1にされても届く場所に配置したんですよね。まぁ、当たらなければどうという事はないんですよ。
神威:先に殺す!
ハヤテ:同時になった場合、どっちから処理するとか決まってる? いや、結果を見て行動を変えるって事があるかもと思って。
GM:ああ、話し合いで。決まらなければダイスで決めましょう。
ハヤテ:じゃそちらからお願いします。
神威:じゃ、俺がカカシを殴りましょう。『接近戦攻撃』を【刀術】です。
GM:ああ、登術かと(笑)
ハヤテ:スーツのどこからか分からないけど刀が。
神威:ええ、シャーペンを持ってクルクル回したら、何故か刀になるっていう(笑)
ハヤテ:カックイー!
GM:どうぞ。
神威:では5以上出せば良いんですね(ころころ)成功です。
GM:一番近いのは【縄術】なので、56789、10! 10で成功です(笑)(ころころ)ああ、1足りない! 誰か、+1して下さる奇特な方はいらっしゃいませんかーっ!?
ハヤテ私が-1しよう
GM:ああー。では白兵戦攻撃なので、ランダムでダメージです。1D振って下さい。
神威:(ころ)1、器術か。
ハヤテ:一番遠いじゃん。
GM:でも縄術が使えなくなりますね。
ハヤテ:ああ、遠い所をカバーできなくなるのは不利だな。
神威:1点ダメージで退場では?
GM:こいつが退場するのは確定してます。
神威:このラウンドまでは居るのか。
GM:どうでしたかね、確認します。
ハヤテ:この時点で脱落なら早いんだが。問題は、コイツに累積ダメージを与えておいて、回復し切れない様にするかどうか、だ。
神威:それはアリだな。
GM:「ラウンド終了時点で」って書いてあるな。このラウンドは処理を続けます。
四ツ刃:では私までやれるって事ですね。
GM:じゃ、ハヤテ君どうぞ。今【器術】が使えないです。
ハヤテ:うーん、俺もちょっと怖いことやってみようかなぁ。でもファンブルが…。
GM:まぁカカシは勝者たり得ないですからね。全員に攻撃が…いや、出来ないこともないんですよ? 範囲攻撃。
四ツ刃:奥義?
GM:いえいえ、隠忍の血統には範囲攻撃があるんです。
神威:あるんだ! ずっりー。
GM:射程内の全員に射撃1ダメージっていう(笑)
ハヤテ:では、一か八かやってみよう。カカシに爆破で攻撃します。
GM皆、何か知らんけど攻撃してくるー
四ツ刃:何か知らんけどとか(笑)
GM:ていうかお前らの方が悪い事してるんじゃねーかー。いたいけな娘捕まえて何やってんだよ。
四ツ刃:いや、それを殺そうとしてるアンタは何なんだ(笑)
ハヤテ:「アンタにだけは、渡せねぇ!!」
四ツ刃:まぁ殺しちゃうもんね。
ハヤテ:で、『爆破』は【火術】なんだけど、俺は面白い事に【火術】取ってなくて2つ上の【針術】から使います。でやー(ころころ)よし、成功!
GM:この場合、火術か針術かどっちで判定するんだろう…(調べて)攻撃に使用された、攻撃忍法の指定特技で判定。なので、火術。縄術潰されたの痛いなぁ…というわけで、【腹話術】で判定(笑)
四ツ刃:ふがふが。
GMスペシャルさえおこせば良かろうなのだーッ!!(ころころ)うぉぉ、した!!(一同爆笑)
ハヤテ:しやがった、こんちくしょう! 「馬鹿な!!」
GM:「ふっふっふ、私の腹話術で位置を見誤ったな! 本当の私はここだ!」さっきダメージを食らったのは気のせいだ!
神威:気のせい? 食らってたよね?
GM:ええ、食らってますよ。でも、爆破させた場所にはカカシはいませんでした。そこにいるのは私ではない、通りすがりのかわいそうな人だ!
神威:ヒドイ!
ハヤテ:俺がファンブルしなかったから良かったけど。
四ツ刃:あ、それで体力回復されるんですか?
GM:何が? しないよ?
ハヤテスペシャル出たら…
GMやった! そうだ! わっふー!
神威:ひどい…。
ハヤテ:累積ダメージどころか。
神威:遁甲符持っとけば良かったな。相手のサイコロ振りなおさせるヤツ。
GM:あー、スペシャルにも使えましたかね。(調べて)ああ、遁甲符を使えばこのスペシャルを振り直させる事ができます。
四ツ刃:うん…持って無いけど。
GM:どうしようかな。ハヤテを狙うか、まだ攻撃してない四ツ刃が攻撃しにくいようにするか。…ああ、俺はダメージが消えたから退場しない可能性があるのか! というわけで、四ツ刃を攻撃してダメージを与えよう。間合いは3なので届きます、『血旋渦(けっせんか)』
ハヤテ:来たーっ!
GMあーだっちゅーーっ!!(謎の悲鳴?)
神威ど、どうしたの、何があったの
GM:…ハヤテ狙おうかな(笑)
四ツ刃:あ、指定特技が【異形化】なんですね。持ってるよー。
ハヤテ:異形化持ってるのか、四ツ刃姉!
神威:うんまーい!
GM:避けられるくらいならハヤテ狙おうかなぁ。
ハヤテ:バカヤロウ、その時点で俺は終わりだ!
神威:いやいや!?
GM:というわけで、ハヤテに『血旋渦』! 【異形化】は持って無いので【召喚術】ですが。(ころころ)というわけで、空間が歪んでうにょうにょうにょーと何かが襲い掛かります。
四ツ刃:「ハヤテ、危ない!」って感情で+1…ってのはここで使えるんですね?
GM:ああ、ハヤテが振ってからで良いよ。NPCは手伝いません。
ハヤテ:がんばれっ…(ころころ)8、足りない!
GM:いくらで成功するの?
ハヤテ:12。振り直しに賭けてみるか…?
GM:そうですね、ここでハヤテがダメージを受けると無傷の人間が残るので、プライズは確実に奪われますね。勝者が「俺プライズいらないから感情結ぶよ」とかいう茶番をするならともかく。
神威:これ、俺がかばえば良いんじゃないの?(サポート忍法『かばう』)
GM:それでも良いです。
神威:【詐術】なので、騙して自分を殴らせます。5以内なので楽勝…(ころころ)…6、ら、楽勝成功です!
GM:サポートは破れないんだよね。
神威:ここで俺は脱落。「あとは任せたぞ」ふわー(空に上っていく)
四ツ刃:ああ、ブチャラティ!
GM:これは運命だったのだよ。
ハヤテ:ダメージを受ける場所を決定してから『かばう』を使えるようなので、どこにダメージか決めて下さい。
GM:(ころ)忍術。
ハヤテ:危ねっ、忍術封じられたら大変だったわ。
神威:俺は忍術痛くも痒くもないです。
GM:今回はダメージを受けること自体がヤバかったですけど、本来は場所を聞いてから宣言したら良いです。カカシは「くそーっ」と悔しがっています。
四ツ刃:では私ですね。『集団戦攻撃』しか届かないんですが、これって変調を与えるですよね。
神威:変調の中の「重傷」を与えたら退場になるよ。
GM:ええ、それだとダメージが与えられた事になるので退場ですね。
四ツ刃:では、『凶手』でスペシャル値を10にします。しゃきーん(手から刃を出したっぽい)。
GM:まずは『凶手』の判定を。【骨法術】なので気の通しの応用や。
四ツ刃:成功ですね。
神威:気の通しで手が変な形に!
GM:手が牙を持った変な生き物に。【異形化】だとそんな感じ。
四ツ刃:ええ、殴る時はそうですね(笑) だからカカシには接近戦攻撃仕掛けたくないです。『集団戦攻撃』は【騎乗術】なので、森の動物たちを呼んでまとわりつかせよう(ころころ)スペシャル!!
神威:来た!
GM:スペシャルはただ単に絶対成功。…何かあった気がしますが。(※何かありました。詳しくは4のコメント欄参照)
神威:12出しても届かない場所でも成功するってだけだな。スペシャルじゃないと回避できないとかは無いみたいだね。
GM:本来届かない場所でも成功します、生命力か変調1つを回復しても良いです。っていうだけ。また【腹話術】で騙そうとします。11で回避できる!
神威:ちょっと目があるな(笑)
GM:ええい(ころころ)失敗、しかもファンブル。4だもん。では変調表を振って、何の変調を与えるか決めて下さい。
四ツ刃:(ころ)1ですね。
GMいえーってたーぅー?(謎の悲鳴)「故障」忍具が使えなくなる。まだ1個も使ってないんだよー? これ回復するの【絡繰術】? …キャラシーに書く所ないな。では1ラウンド終わり、変調は食らったけど、ダメージは食らって無いので戦闘には残っています。ダメージ食らった人はさようなら。
神威:さようならー! あとは任せたぞー。
四ツ刃:なるほど、そういうモンだったんですね。もう1個攻撃忍法を持っとけば良かったな。
神威せっかく俺が1点ダメージ与えたのにかばってやったのに、何で戦闘終わってないの? って話だな(笑) 色々やり損ですよ。
四ツ刃:ははは。
GM:追加ダメージ与えようとしてスペシャルされましたからね。
神威:忍具使って回復するのは自分のシーン?
四ツ刃:他の人のシーンに出てきて飲んでも良いのでは?
GM:忍具はいつでも使用できる。
神威:では兵糧丸を使っておきましょう。『補給』が自分のシーンですね。


第2ラウンド
GM:次のプロット。
ハヤテ:また『分身の術』を使います。(ころころ)危ね、また5だよ。成功。次は潰そうとしてくるだろうなぁ…。
GM:一応、余り殺意マンマンでやってもアレなので『流星雨』(間合い3の範囲攻撃)は外しましたけど、だからといって今手加減してやる必要はないので。
ハヤテ:全くだ。届かない場所にいるのは不可能だな。
四ツ刃:壱とかにいれば、当たらないかも。
神威:零とか死地とかにいれば(笑)
GM:そこは行けません(笑)
ハヤテ:はい、これでOK。
GM:ではオープン(カカシ6、四ツ刃4、ハヤテ6と1)
ハヤテ:どっちにしよう(笑)
GM:1にして、カカシと四ツ刃が潰しあうのを待っても。
四ツ刃:良いよ、頑張るよ。でも私はまた届かないんで、『集団戦』で「重傷」が出るまで頑張る。
ハヤテ:じゃ、1(笑)
GM:何だよ、この臆病者が。
神威:コイツらが相性悪すぎで、お互いダメージ与えられないんだよな。さっきのラウンドに決めておきたかったな。
ハヤテ:確かに。
GM:そうそう、接近戦攻撃は届かないんでまた『血旋渦』ですよ。【異形化】ぁ~(ころころ)失敗、ファンブルー!(一同爆笑)
神威:美味しいー!
GM:よもやここで5振るとはね。早いのはこの可能性があるな。
四ツ刃:サポート使っても何の意味もないですね(笑) 避けられないんでしょ?
GM:ええ。
ハヤテ:そういえば、ダメージを1点ふやすってサポートがあるよね。あれを『集団戦攻撃』に付けれるの?
GM:付けれますよ。変調を2つ与える事ができます。
ハヤテ:なるほど、ダメージ1点と変調とかじゃないんだ。
GM:ええ、「白兵戦ダメージを1点」とかじゃないでしょ? 「ダメージを増やす」ってのはそうです。
神威:2個にできたら重傷が出る可能性は増えるな。
四ツ刃:では『集団戦攻撃』(ころころ)成功です。変調は、4なので「行方不明」(メインフェイズに行動できない)
GM:ゆくえふめいーーってーい!
神威猫が「にゃーにゃーにゃーにゃー!」ってカカシを持って、「にゃーにゃーにゃーにゃー!」って連れて行く(笑)
四ツ刃:ネコタクに運ばれて行きましたよ!
ネコタク
ハヤテ:でも戦闘が終了するまでは、行方不明は何の効果もないよ。
GM:ええ。この後の四ツ刃のシーンが終われば、一応回復の判定はできますね。
ハヤテ:では俺か。何も届かないので終わりです。


第3ラウンド
ハヤテ:時間切れは4ラウンドだっけ?
四ツ刃:最初に出てきたのが四人だから?
神威:乱入を数えないなら、これで終わりだな。
GM:「戦闘に参加したキャラクター」なので、四人ですね。
神威:俺参加してないよ(笑)
GM:嘘つきっ! …俺は、ここに行きますよ。
ハヤテ:だよな。だとすると、俺もここを選ぶ意味がないので…コスト使える所に行くか。
四ツ刃:うーん、この辺かなぁ。あ、『分身の術』は?
ハヤテ:そうだった、まず使おう。(ころころ)
GM:一応プロット公開後に、自分のプロットを上げ下げする忍法があるんですが。
ハヤテ:コストが高いだろ、それ。
GM:ええ、だからそれを使う場合は合わせるの前提で、攻撃は普通の攻撃になりますね。では公開。(カカシ・四ツ刃が4、ハヤテは5・1)
ハヤテ:だよな、4だと『血旋渦』から逃れられる場所がない。
神威:これは先に1発当てて、次を耐えるしかない。俺が最初それを狙ったのに(笑)
ハヤテ俺が何もしなければ、そこで終わっていたのに!
神威:完璧な作戦だったんですけどね。
GM:俺はやられたと思いましたよ。
ハヤテ:感情の+-は毎ラウンドだよね。戦闘から離脱した人は、演出も使えるようになる?
GM:ええ、神威は感情と演出が両方使えます。2人は感情だけ使えます。
神威:感情って、人間関係が-だと-1しか与えられない?
GM:そうですよ。演出は関係ないですが。
神威:ひどい、感情では+できないじゃないか。
GM:頑張って感情を結びなおして下さい。
神威:えー。
GM:例えばハヤテが勝つとするじゃないですか。ハヤテはプライズを奪う必要がないので、神威の感情を書き換える事も選べます。
神威:おお、それは確かに良いな。
GM:「四ツ刃と相思相愛になるぜ!」とか、「神威の感情を+に書き換えるぜ!」とか。
ハヤテ:そっちの方が良い(笑)
GM:何だよ、相思相愛になれよぉ。そしたら時姫とドロドロの三角関係
神威:ダメじゃん!
四ツ刃:時姫にアイスピックで刺されそうだよ。
GM:後ろからジャックナイフで刺します。まぁ、カカシは帯刀ハヤテに対して「怒り」を持っているので、-1して何とかなるならしてやるぜ。にやり。
ハヤテ:何とかするだと? そういうワケにいくか。俺もカカシに対して「不信」を持っているから、-1してやる。
GM:達成値を-1にできるので、ファンブルにはなりませんが失敗には出来ますね。
ハヤテ:じゃ、地味にダメージ与えようかな。累積ダメージをダメージを与えるかどうか、だけど、行方不明になってるから自分のシーンが来ないと考えると、回復もできないでしょう。
GM:いや、自分のシーンが回ってくる前に回復のタイミングはありますよ。
ハヤテ:できるならな。
GM:兵糧丸使うもん…
ハヤテ兵ぉ糧ぉー丸って何ですかぁッ!!(一同爆笑)
四ツ刃:ごきゅってやったら、行方不明から帰ってくるんですね。
ハヤテ:貴様、さっき故障しなかったかっ!
GM:故障の回復もあるので、故障が直って兵糧丸を飲めば、行方不明も回復します。
ハヤテ:まぁ良い、地味に1点与える事を目指そうじゃないか。
四ツ刃:そうして。私は与えられなさそうだし。
神威:とりあえず俺が退屈なので、戦闘終わらせて下さい(笑)
ハヤテ:【分身】で攻撃。(ころころ)うっ…よ、4…
四ツ刃:これは+1すれば一応ファンブルでは無くなる?
GM:いや、達成値は上がりますがダイス目はいじらない方が良いかな。
ハヤテ:これは振り直さないといけないな。
神威神通丸、渡しておいてよかった!
四ツ刃:経済力、素晴らしい!
神威:ビバ・経済力! 世の中金だ!
ハヤテ:ビバ・金! 振り直して成功。
GM:【腹話術】で回避…9ですね。(ころころ)8、騙されないですね。
ハヤテ:では接近戦ダメージなので、(ころ)1、【器術】!
GM:何だよ、故障直させろよ。
四ツ刃:では私とカカシですが…どうしようかな。カカシに先動いてもらおうかな。
GM:ダメージ受けてるので、『血旋渦』をハヤテに…かな。ここでスペシャルを起こして回復すれば良かろうなのだ!
神威:おおう。ここでハヤテが食らわなけらば、戦闘終了だな。
ハヤテ:ああ、でも望み薄だな。さっきと同じ12だ。
GM:何をおっしゃる、四ツ刃がハヤテにダメージを与えれば一人勝ち。
四ツ刃:なるほど。
GM:(ころころ)6なので、普通に成功。
神威:5に下げたら失敗する?
GM:しますよ、召喚術で使っているので。
神威:では自分の刀をひゅーっと投げて、投げるとそれが元のボールペンに戻るという(笑)
GM:「何っ?」と失敗。
神威:「まったく、世話の焼けるヤツだ」危なかったぜ。
ハヤテ:「あなた、やっぱり…!?」
四ツ刃:では私ですが、下手に殴りかかってスペシャルで回復されても困るので(笑)
GMハヤテ殴れば良いんだよー
神威:確かにね、その手もあるよ。
四ツ刃:確かにね。ではハヤテを殴ります。
神威:マジで?
ハヤテ:お、俺を殴って何を植えつける気だ!(一同爆笑)
GM:もう愛情植えつけてるので、植えつけるものはないですよ。
四ツ刃:プライズを奪うに決まっている!
ハヤテ:この愛情、俺が勝ち取ったみたいになっちゃってるんだけど(笑)
GM:「こんなものがあるからハヤテが狂っちゃうのよー」と、連れ去って下さい。
神威:ヤンデレっぽくなってきましたよ。
四ツ刃:ええ。
神威:ええ、って言うな!
GM:これがお前の見たかった、海だぁー!(投げる) …もう浮かんで来るんじゃないぞ(笑)
四ツ刃:では『陽炎』の判定を。回避判定に-2します。(ころころ)出ました。そんで『接近戦攻撃』を【異形化】で(ころころ)9で成功。
ハヤテ:接近戦! 異形化遠いんだよね。何てひどい事するんだ、この人は。
四ツ刃:もうスペシャルだけですね。
神威:(数えて)14か、スペシャルだけだな。
ハヤテ:(ころころ)アウトです。
GM:プライズの移動が起きないと面白くないでしょ。
神威:これで四ツ刃を調べる名目ができた。
四ツ刃:ではランダムでダメージを。(ころ)3です。
ハヤテ:【忍術】! 何てことするんだよー!
GM:いえーい!(四ツ刃とハイタッチ)シチュエーションカードを演出(笑)
ハヤテ:『頑健』取っとけば良かった。
神威:俺も取ろうと思ってやめました。忍者は死んでナンボでしょ。
四ツ刃:私は取ったよ。


GM:というわけで、ダメージを受けた人は退場します。四ツ刃一人勝ちなので、…
四ツ刃:プライズを奪います。
神威:あちゃー、やられちゃったよアイツ。
GM:あんなにやってやったのに。
四ツ刃:では時姫に「海が見たいと言っただろう」と、電車に乗って連れて行く。
GM:「何て合理的な。どうしてハヤテは一緒じゃないの?」
四ツ刃:「…馬鹿だからだ
GM:「あー、納得」(一同爆笑)
神威:狂信してたんじゃなかったのか!
GM:あくまで純真な子なので、ハヤテの事だから後から追いついて来るよねーと思っている。
神威:ああ、そっちか。
四ツ刃:私もそう思っている。だからハヤテに「ついて来るならついて来い」みたいな目でチラっと見てシーンを去る。
神威:どんな目やねん!
GM:というわけで、カカシのシーンは終了です。あとは四ツ刃のシーンですね。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
Re: 12・Middle06: カカシ/戦闘シーン(cycle2)
>出てないといけないとは書いてないですので、出てても出てなくても良いです。
間違えてますね
感情は同じシーンに出ているのが条件
演出は戦闘に参加していないのが条件です

>あーだっちゅーーっ!!(謎の悲鳴?)
細かく分けると「あー、だー、っちゃー!」と3つの悲鳴がミックスされてます
>いえーってたーぅー?
これは「いってぇー、ったー、ぅえー?」みたいな?

>変調の中の「重傷」を与えたら退場になるよ。
実は、ダメージ受けるのは、次の手番の行動した時なので、
行動済んでたらそのラウンドは退場しない
2009/10/31(土) 17:49:21 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
Re: 12・Middle06: カカシ/戦闘シーン(cycle2)
 ここの戦闘はかなり頑張りました。‥全然報われてないけど。
 ここまでで大分シナリオの方向性(時姫に海を見せて一旦戻し)が見えてきて、「あ、何とかなりそう」とか思ってました。ええ、思ってましたとも。このころは。
2009/10/31(土) 19:25:38 | URL | 陽 #-[ 編集]
借りてるルールブック確認~
ミドルフェイズの戦闘では、生命点が減った時点ですぐに脱落みたいですね。
ラウンド最後まで行うという記述は見つけられませんでしたっ

あと、遁走術で回避判定したら、ダメージなしで脱落出来るんですね。
四ツ刃とハヤテの茶番戦闘で、それやれば良かったにゃー。
2009/11/26(木) 21:45:07 | URL | みにら #jcESvuvA[ 編集]
ありゃ、ラウンドの終了処理辺りに「生命点が減ってるキャラは離脱」
みたいなのが書いてあったと思うけど。
プレイ中に確認したから、どこかにはあるはず。

ちなみに、時間切れでも1人でも離脱してたら、残った人全員勝者
2009/11/28(土) 08:57:50 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック