TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年10月27日 (火) | Edit |
GM:では1サイクル目がです。「俺、先動きたいんだけど!」って人がいなければ、俺の左隣からスタート。
ハヤテ:左っていうと、そっちか。(GM→四ツ刃→神威→ハヤテ)
GM:それか、「先に誰か動いてほしいな」って言うのがあれば、隣に権利を移して良いです。まぁ、特に悩まずに。
四ツ刃:そうですね、じゃやってみましょう。


GM:では鞍馬神流の四ツ刃さんからスタートです。まずはシーン表を振って、どんなシーンなのか決めます。
神威:そこを表で決めるのはヤバくないか(笑)
四ツ刃:(ころ)「酔っ払いの怒号。客引きたちの呼び声。女たちの嬌声。いつもの繁華街の一幕だが
ハヤテ:だが。
神威辺りは血の海になっていた(一同爆笑)
GM:繁華街でスタートしても良いし、繁華街から路地裏に入ってスタートでも良い。
四ツ刃:なるほど、では繁華街で。
神威:これ、人のシーンに登場できるの?
GM:まず、ドラマシーンにしましたが、ここで居所を知っている人がいればいきなり戦闘を仕掛けても良いです。戦闘を仕掛ける時はさっきの表じゃなく、戦場表を振ります。
四ツ刃:繁華街だったはずが、水中に!
GM:繁華街はなかった事にされます。
四ツ刃:居所を知っている人がいない事だし、ドラマシーン。繁華街にします。
GM:まず、「誰々登場してよ」って言って、相手が承諾すると出てきてもらえます。なので、ハヤテに「繁華街に潜入してるのを見付かった事にしてよ」って言ってハヤテが「うん良いですよ」って言ったら会えます(笑)
四ツ刃:なるほど、では時姫連れて出てきて下さい(笑)
ハヤテ:俺かよ!
GM:そりゃ探してますから、出てきてとは言われるでしょう。承諾するかどうか、です。神威を呼ぶかどうかはシーンプレイヤーの任意です。
神威:なるほど。
GM:逆に、「俺出たいんだけど」って言って、シーンプレイヤーが認めれば出ても良いです。
神威:俺、高い所から見るだけ見させてよ。邪魔しないから。
GM:邪魔しないから、って言っても、シーンプレイヤーは「そこにいるのは分かっている」とか言っても良いよ。
四ツ刃:どうしよう、シュバルツさんには面識ないけど。高い所にいても良いよ。
神威:あ、良い? 実は俺、ハヤテ君の居場所をさっき掴んだから、見に来たら「あ、もう先越されてるじゃん」ってこっそり見てる。
四ツ刃:では、ハヤテ君は出てきてくれるんですか?
ハヤテ:仕方ない、早めにコンタクト取っといた方がシナリオ上都合良いだろうしな。何て言ってもターン数が少ない。
GM:居場所掴んでヤツが先に見つけるとは、運の良いヤツ。
神威:俺居場所知ってるのにー。
四ツ刃:ハヤテの顔知ってますからね。「発見!」ってやれますよ。
ハヤテ:こっちも、当然向こうを知ってるんだよね。
GM:そりゃそうですね。
ハヤテ:ちなみに18だっけ? 年上か…。
四ツ刃:18ですよ。だって、そんなに若くするんだもん。自衛官ですから18以下にはなれないですよ、私。
GM:そうだな。
四ツ刃:時姫は14なんですよね。若ーい。
GM:「人がたくさん居るのぅ」とか言ってます。
四ツ刃:そういう喋りなんだ!?
GM:「たくさん居るわねぇ」の方が良いですか? それとも、「こーいう人の多い所は嫌いなんだよ、ブツブツ」(一同爆笑)
神威:繁華街で十二単ズルズル引きずりながら歩いてるー来たー!
四ツ刃:そういう格好なの?
ハヤテ:じゃ、そうしよう、着物で「~のぅ」で。
GM:十二単?
神威:人に踏まれまくってコケまくる来たー!
ハヤテ:十二単は邪魔だから、上の重ねてるのは脱いで。紬(つむぎ。高級品もあるが正装に用いない絹織物)くらいで。
GM:では和服で、「人がたくさん居るのぅ」
ハヤテ:「だ、だから紛れてるんだよ!」
四ツ刃:うわ、すっごい目立つわぁ(一同笑)
ハヤテ:とにかく、それで服屋に連れて行きます。で、とりあえず…
GM:ちょっと待って、シーンプレイヤーは四ツ刃だから。
ハヤテ:あ、はいはい。
四ツ刃:では、服屋に入ろうとしている所を発見します。
GM:あれ? ハヤテじゃないか。後ろの子は誰よ。
四ツ刃:それは時姫と気付くでしょうね。
ハヤテ:俺はそっちに気付く方が良いのかな?
四ツ刃:気付くも気付かないもなく、すごい勢いで走って行って、おそらく時姫だろう女の子を掻っ攫います。
神威:掻っ攫うのか。
四ツ刃:「(冷たく)ハヤテ。これはどういう事だ」
GM:ルール上、ドラマシーンではプライズを奪う事は出来ません。演出はOKです。「いただいた!」ってやっても良いけど、何だかんだやって返して下さい。
四ツ刃:OKです。ではその女の子の手を取った上で、「どういう事だ」
ハヤテ:「(若干情けなく)げっ、四ツ刃姉!」(一同爆笑)
GM:「姉(ねぇ)」なのか!
四ツ刃:「この女の子が時姫だという事は、お前も知っているだろう」
ハヤテ:「いや、あ、四ツ刃姉、ここは見逃してくれ!(土下座)」(一同爆笑)
四ツ刃:「分かった、お前は見逃してやろう。この子は見逃さん」
ハヤテ:「どちらかというと、この子を見逃してくれ!!」
四ツ刃:「それは出来ん相談だな」
ハヤテ:「だって、この子、あんなビルの屋上の寂しい部屋で、一人でっ…!」
四ツ刃:千羽鶴折ってたんだもん(一同爆笑) 「それがどうした」
ハヤテ:「かわいそうじゃないか!」
神威:イキナリ情に流されまくりだ。
四ツ刃:ですが私はビシっと、「この子は呪術兵器だ」
ハヤテ:「…兵器!? この子のどこが兵器なんだよ!?」
GM:見てみろよ、着物着て歩いてるんだぞ?
ハヤテ:「俺たちと同じ、人間じゃないか!」
四ツ刃:「それはどうかな」
ハヤテ:「四ツ刃姉、3年も音沙汰ナシの間に何があったんだ」(一同爆笑)
四ツ刃:3年て、えらい昔だったんですね?
ハヤテ:知らねぇー。適当に口からでまかせ。
四ツ刃:「そんな事言っても、忍の掟の厳しさはお前も分かっているだろう」
ハヤテ:「ああ、分かってるさ、分かってるからこそっ…ここは見逃して欲しい!」
神威:えー。
四ツ刃:若干グダグダっぽいんですけど(笑) どうしようかなぁ。
GM:見てる人は何もしなくていいの?
神威:見てる人は…煙玉でも投げて逃がしてやろうかしら。グダグダなんで。そういう事ができるなら。
GM:シーンプレイヤーが、とりあえずコレくらいで良いかなーというのであれば、演出は終わって判定に入ります。
四ツ刃:良いよ、閃光玉とか煙玉とか投げて下さい。
ハヤテ:繁華街だから煙の方が良いかな。
神威:そうですね。
GM:火事だーっ!
神威:そんな感じで、騒ぎを起こして逃がしてやろう。
四ツ刃:じゃ、「な、何っ!?」と振り向いた瞬間に、時姫を掴んでいる手が緩んで。
GM:するっと逃げて下さい。
ハヤテ:では煙の向こうから、「ゴメン、四ツ刃姉」というハヤテの声と、遠ざかっていく足音が聞こえる。
神威:新聞には「放火? イタズラ」とか書かれて、「現場には「ゴメン、四ツ刃姉」と書かれた紙が」(一同爆笑)
ハヤテ:紙で残してません! ちなみにその後、その洋服店から服が数着盗まれています。ドサクサに紛れて。
神威:やっぱり盗んでる!

GM:というわけで、ドラマシーン終了。シーンプレイヤーは、生命力・情報・感情のどれにするかを選びます。
四ツ刃:情報か感情の、どっちかですね。
神威:生命力…?
GM:ああ、特技じゃないですよ。情報を選ぶと、シーンに出て無くても良い誰かの「秘密」か「居所」を1つ獲得できます。判定に成功すればね。
四ツ刃:ふむふむ。
GM:秘密は、秘密を見る事が出来ます。居所ですけど、さっきみたいに「このシーンに出たい」とか言うのには関係ありません。
ハヤテ:あ、そうなんだ。
GM:自分がシーンプレイヤーの時に戦闘を仕掛けられる、というだけなので。で、感情の方はシーンに登場したキャラクターと感情を結べます。
神威:これだな。
ハヤテ:まず感情が来た方が、情報の共有がしやすいから。
GM:まぁ感情だけ結んでいても、いつまで経っても情報が回らないですけどね(笑) ではPC2人と時姫ですね。
ハヤテ:NPC2人は出てこなかったの?
GM:シーンプレイヤーの任意です。まぁ出てきてても、「繁華街をウロウロしてて見つけられなかった」にしましょう。
四ツ刃:そうですね、じゃ煙玉がモクモクしているところくらいに出てきて、姿は見れなかったという事にしましょう。
GM:では風魔カカシさんは「ちぇ、見えなかったやー」
ハヤテ:二つ名は“一足遅かった”。
GM:では全員登場してますね。シーンプレイヤーは任意の相手を選んで判定して、互いに感情を結びます。
神威:シーンプレイヤー以外はできない?
GM:そもそも判定ができません。
神威:残念。
四ツ刃:ではハヤテ君にいきましょう。
ハヤテ:え、俺!?
GM:ええ、まぁ。何で判定しますか? 【くの一の術】のお色気でたぶらかしても良いよ。
ハヤテ:たぶらかされる!
四ツ刃:じゃソレで。
ハヤテ:四ツ刃姉ーっ!?
四ツ刃:むしろ【身体操術】かな。グキっ。
ハヤテ:ぎゃー!
GM:まぁ自分の骨の外し方を知ってるので、相手の骨の外し方も分かるでしょう。
四ツ刃:では「骨法でいう気の『通し』の応用やー」ぐき。ってやって、感情を結びましょう。
GM:それは良いけど、感情の+/-を選ぶのは相手なので、骨法で手の骨をバキバキ言わせながらだと-選ばれても知らないぞ?
四ツ刃:じゃ【くの一】で良いよ。
GM3年ぶりの女の色香を食らえ(一同爆笑) 15の私とは違うのよ。
ハヤテ:そう来たか。
四ツ刃:5以上ですね。(ころころ)出たよ。
GM:では互いに感情を結んで下さい。1D6でランダムです。
四ツ刃:(ころ)1。
GM:四ツ刃からハヤテに、「共感」あるいは「不信」。
ハヤテ:(ころ)3。
GM:「愛情」か「妬み」。
ハヤテ:妬む理由がないんだけど、愛情って嫌だな(一同爆笑)
GM:嫌でも+にするなら愛情です。
神威:ここで妬みと書いてしまったら、このセッション中ずっと妬まないといけない事に(笑)
GM:いや、もう1回感情を結ぶって言ったら振りなおせます。あと、戦闘で勝った時の勝利者の権利として、負けた相手に好きな感情を植えつけれます。
四ツ刃:気分的には不信なんですが。「ああいう好き勝手な事ができるのは羨ましいな」みたいな感じで、「共感」にしよう。
ハヤテ:いかにもハヤテらしい。
GM:だが、任務は任務。
ハヤテ:とりあえず嫌われてはないんだな。
四ツ刃:出来ればヤツは殺したくないが…大人しく時姫を渡してくれんもんかなぁ。
ハヤテ:四ツ刃姉とは戦いたくないよー。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
Re: 7・Middle01: 四ツ刃
骨法でいう気の透視の応用やー
→骨法でいう気の「通し」の応用やー

うぅ、いよいよ次が問題の2つ目のマスターシーンです。
2009/10/28(水) 00:02:38 | URL | 秋野 #3DpfYUu6[ 編集]
Re: 7・Middle01: 四ツ刃
陽さんにもツッコミ入れられたっ
2009/10/28(水) 10:42:02 | URL | みにら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック