TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年10月19日 (月) | Edit |
第3ラウンド
GM:ではセットアップからだ。
ガトウ:「古傷」のコスト1を使って、《テレポート》。乗りますよ、仕方ないんで!
ザナドゥ:心の古傷が痛んだ。
ジャスミン:では「ロマンス」をどうぞ。崩れ落ちそうなリリアちゃんを…
ガトウ:すっと支えながら、ロマンス的な雰囲気を醸し出されるけど、こっちは余り気にしていない。(「恋の予感」をGMに出す)
ジャスミン:ああ、リリアちゃんの方はドキドキしてるけど。
ガトウ:「恋の予感」を感じて「ハッ」としてて、俺は何も思ってないけど、ポソリと「…しっかりしろ
ジャスミン:おおう。で、支えてあげるんですね。
ガトウ:どうしましょうかね。ぐっと持ってあげて、「気を確かに持て。これが現実だ」
ザナドゥ:これが戦争だ。
ウイロウ:俺がガンダムだ(笑)
GM:「ありがとう。まだ、私は貴方が言うように…自分の身を、自分で守れそうにないわ」それでもまだ、握り締めている水鉄砲(一同爆笑)
ウイロウ:なんか、微妙な台無し感が(笑)
ガトウ:では背にリリアを隠すようにして、「守ってくれる人がいる間は、頼ればいい」
GM:「貴方を、って事で良いのかしら」
ガトウ:「頼ればいい」って言うけど、何も言わないです(笑)
GM:じゃこっちは敢えて、それを拾わないでおこう。
ジャスミン:「はっ…」って目で見れば良いじゃないですか。
ザナドゥ:無理矢理こじつけでカードを演出するか。口をつむぎたい?(「秘密」カード)
ガトウ:「貴方を、って事かしら」って聞かれても、…過去に誰かを守れなかったんでしょうね。何も喋らず(一同爆笑)
ザナドゥ:やった、「秘密」処理した(笑)
GM:ガトウのポリシーは「ペルソナ」か。難しいな…
ガトウ:です。
GM:いや、「それが俺のやり方だ」は、ポリシーを演出する物だったんだなぁ、と。
ジャスミン:「それが俺の歌い方だ」じゃダメだったんですね。


GM:ではスチュアートの番。「リリアも奪われ、手下は一人もいないようだな。もうそろそろ、アンタも年貢の納め時のようだな」
ジャスミン:大人しくお縄につけーい。
GM:とスチュアートに言われたコーネル。「まさか、私を殺すと言うのか! 殺せるもんなら殺してみろ!」
ザナドゥ:パーン。
ウイロウ:バーン。
ジャスミン:ぱーん!
ザナドゥ:…あちこちから飛んできましたよ(一同爆笑)
GM:ぎゃー! …意外としぶとく生き残ってるかも。回避はそこそこあるから。「これからはアンタも、私の死のゲームに参加してもらうとしよう」スチュアートはコーネルも対象に加えます。
ザナドゥ:ああ。もうお前に利用価値は無い。
GM:フィルムの事なんか、もうどうでも良いしな。ここでコイツらを全員のしてしまえば、私の配下にできる。
ジャスミン:きしゃーきしゃー。
GM:というわけで、…敢えてリリアを外して、PC1~5と6がコーネル。(ころ)3、4、6(笑)
ザナドゥ:俺とテューバとコーネルですね(笑)
GM:狙い外さないなぁ。
ガトウ:良いダイスですね。
GM:命中(ころころ)高ぇ。24です。
ウイロウ:こいつが魔法系じゃなけりゃなぁ。
ザナドゥ:魔法防御ないですからねぇ。抵抗上げるスキルも余り無いし。
GM:全員当たったみたいだね。ダメージが(じゃら)34点。
ザナドゥ:生きてます。
ブラン:俺もまだ生きてます。
ウイロウ:じゃ、通しで。
ジャスミンで、コーネルは?
GMじゅっ(蒸発)
ザナドゥしまったぁー! でも、ヤツを守るためにわざわざ使いたくない!(一同爆笑)
ブラン:アイツは死んでも良いのでは。
GM:死亡というか、戦闘不能だから。12点オーバーキルです。
ウイロウ:ライバル現れたよ。
ザナドゥ:くっそー、あの野郎…って違います(笑) よしっ、俺が積極性に欠けてた理由を付けづらかったが、「ヤツは法廷で裁かせるべきだった!!」(一同爆笑)って逆切れします。
ウイロウ:いま「よし」って言ったよ!? Yes!
ガトウ:Yes!のカード欲しいですね!
ザナドゥ:いやいや、あくまでPLがYes!なだけで。PC的には「おやっさんの為にも、ヤツは法廷で…ッ!」
ブラン:誰かと「ハイタッチ」(カード)交わしたいですか(笑)
ザナドゥ:PLやっちゅーねん。
ジャスミン:PLみんなで「いえーい」ってやってるだけですね。
ブラン:メタだなぁ。
GM:ポリシー演出とは違うかもしれないけど、「それが俺のやり方だ」で。
ザナドゥ:ポリシーは「純真」ですよ。
ガトウ:純粋に、法廷で裁かせようと思っていた!
GM:ではそちらの番です。


ウイロウ:カード貯めてても仕方ないんで、攻撃してダメならまたカード貯めて、って感じだな。
ジャスミン:ですね!
ガトウ:任せて下さい。今回、ウイロウさんは必ず当たりますから。
ウイロウ:マジで?
ジャスミン:スイートにするヤツですね。
ウイロウ:じゃマイナーアクションで《フライハイ》で飛びーの。メジャーで《ホライズン》。当たったら《レイジ》って事で。
ジャスミン:光が、眩しいっ!
ガトウ:ダイスを振った瞬間…不意に、スチュアートの後ろに気配があって…足元に「幻像(ヴィジョン)」(コスト)で今まで手にかけてきた人たちが浮かび上がり、彼の足を掴みます。スチュアートが足元を見た時に…先生の攻撃が。
ウイロウ:これ、命中は普通に振るんだな。(ころころ)6は出たがスイートしない。
ガトウ:というわけで、《アカシックレコード》。スイートします。「ここからは、エンドロールだ
GM:「貴方の攻撃はすでに、見切っていると言ったはずだ!」と言った所、足を掴まれて「ぐっ!?」
ジャスミン:では私は「君の~姿~は~♪」(「君は僕に似ている」ガンダムSEED DESTINYのエンディング)
ウイロウ:やばい、蛍の光、来たー!(一同爆笑) 溢れるオーラをキラキラさせながら、通常の2倍ジャンプして(一同爆笑)
GM:「飛んだ!? 高い!」
ザナドゥ:離せ、この正義超人ども!
ウイロウ:この攻撃が決まった瞬間、「ネガポジ反転」してもらって、最後「シルエット」になりながら倒れてもらう、という流れで。
ザナドゥ:「慇懃無礼」言っときますか。
ウイロウ:そうだな、まずダメージいきましょう。…《フライハイ》は+Lv×2点しか増えないんで、2倍飛んだのに2点しか増えない…。《ホライゾン》は一発で+10されるんで、2D6+27で、《レイジ》使って9D+27です。
GM:9D!? 57点出たらレクイエム入るがっ…。
ウイロウ:どうかなぁ…? (ころころ)低っ。
ガトウ:行ったんじゃないですか?
ウイロウ:68点。
ガトウ:気持ち良いーっ!
ウイロウ:で、慇懃無礼。「貴方は私を怒らせた」(一同爆笑)
GM:「馬鹿な、この、私がーっ!」


ウイロウ:《フライハイ》で転倒してますけど(笑)
ガトウ:何でですか!?
ウイロウ:だって、転倒するって書いてあるんだもん。マイナー使って2倍ジャンプしてるのに、ダメージ2しか増えずに転倒するっていう、ダメスキルです。
ガトウ:ひざまずくくらいで!
GM:すると、転倒したままレクイエムに入るのかな?
ウイロウ:ええ(笑) まぁマイナーで出来る事なんてダメージ2増やすだけだし。
ザナドゥ:レクイエム中は最大レベルになりますよ。
ウイロウ:ああ、そうでしたか。まぁ良いや(笑)
ザナドゥ:あと消費したブレイズトリガー1点につき、ダメージが10点上昇します。1Dじゃなかったわ。
ガトウ:ガンメタル・ブレイズもコストなしでしたね。
ブラン:《レイジングブレイズ》をすでに1回使ってるんですが、使えますか?
ザナドゥ:それは無理です。
ジャスミン:「スキルレベル回」ってのは、レベルが最大になったら?
ザナドゥ:どうでしょう…(ルールブックを読んで)Lvが上がるとかは書いてないなぁ。気のせいだっけ。
ウイロウ:ふむふむ…(読んで)コスト1~3でダメージが増えるやつは、3で使って良い、って事だな。
ザナドゥ:ええ。コスト1につきいくら増える、ってヤツで上限が書いてないのは5まで使えます。というだけなので、特にレベルが上がるわけでは無いんですね。
ウイロウ:じゃ1シーンLv回ってのは、使えるようになったりはしないのか。
GM:そうだね。何を間違えたんだろうね(笑)
ザナドゥ:という事は、話が変わるじゃないですか。
GM:倒しきれるかな?
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック