TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月02日 (金) | Edit |
GM:では次の部屋。一面の花畑です。部屋の中央には、誰かのバスケットが転がっています。
マニャーナ:罠~♪
GM:で、転がってるバスケットの中身は、摘んだ草花のようで、辺りに散らばっています。
ラディッシュ:むぅぅ~ん。
GM:そして部屋には、他に何者かがいる気配がします。
ウイロウああタンジェント、間に合わなかったか(一同爆笑)
ラディッシュこれで秘密は守られた(一同爆笑)
ショコラ:ニヤニヤしてるんですね。
ジャスミン:「お、王様? 何でそんなに笑って…」
ラディッシュ:「(ほがらかに)いやーそんな事はないですよ~? お花畑がきれいなだけです」
ウイロウ:他の気配っていうのは?
GM:今からコマを置きます。
ラディッシュ:誰だ!?


GM:赤ずきん…英語名、レッドキャップ(笑)が現れます。

※レッドキャップ
主にイングランドとスコットランドの国境付近で出没するという。ゴブリンやオーガ等のアンシーリーコート(単独生活性の妖精、悪鬼)の一種。
常に人間の命を欲する非常に残虐な妖魔で、背は低く醜い老人の姿をしており、身につけている帽子は犠牲者の血で染められて常に赤錆色を帯びている。

ウイロウ:前衛?
GM:いや、とりあえず部屋の中にいます。「中立」なんで。話し合いの余地があります。戦闘をするか、交渉をするか選んで下さい。
ジャスミン:せっかくだから交渉したいですね。
GM:交渉すると、交渉表を振ります。
ウイロウ:それはやってみると宜しかろう。
ラディッシュ:ジェンの居場所を聞きたいし。交渉したーい!
ショコラ:(無言で鉄砲を撃ったらしい)
ウイロウ:撃ったー!?
GM王様に当たったー!
マニャーナ:(渋く)これが、深階流の交渉だ
GM:とりあえず赤ずきんが現れ、「あなたたちもお花を摘みに来たの?」
マニャーナ:「うん、そう!」
ウイロウ:ブブー・ブブー。
ジャスミン:「お花を摘みに来たお友達を探しに来たの」
ラディッシュ:正解。
ショコラ56人で探しに来ました。
GM:「実はね、あのバスケットには女の子がお花を摘んでたの。でもね、いなくなっちゃったの」
ウイロウ:何ぃー!?
GM:で、バスケットの方を見ながら、「良いなー、あたしもあんなのほしいなー」チラチラーっとバスケットと皆さんを交互に見ます。某老人がスープを見るような目で(一同爆笑)
ショコラ:チラチラ見てますよ!
ウイロウ:「その女の子連れてきてくれたら、バスケットあげるよ」
GM:「え、本当? でもあっちは行っちゃいけない所だから」
ウイロウ:「そんな事言わずに。ちょっと行って、女の子連れてくるだけじゃん」
GM:「あのバスケット、もらっちゃダメかなー」
ラディッシュ:「持ち主の女の子に聞いてみないと、ちょっと分からない」
GM:「ほしいなー。代わりの物でも良いけど、バスケットが良いなー」
ウイロウ:代わりの物って?
GM:持ってるアイテムとか。でもバスケットが良いなー。
ウイロウ:何でそんなにバスケットが欲しいんだ?
GM:赤ずきんにバスケットは付き物ですからね。あのバスケットさえあれば、私はそこからランチャーを出す事すら可能(一同爆笑)
マニャーナ:どこのバレッタだ! バスケット無くてもスカートから出るじゃん。
GM:バスケットあった方が色々出るもん。良いじゃん、減るもんじゃなし。
ウイロウ:減るよ!
ショコラ:「うちの国に来ないか?」って勧誘しましょう。
ジャスミン:では、「あのバスケットは国に帰ればたくさんあるから、うちの国民になったら買ってあげるよ」
GM:「あれが欲しい」
マニャーナ:「うちの民になったら、もれなくもう1個♪」(一同爆笑)
GM:じゃ最初の1個が欲しい。「わーんわーん、あれが欲しいーっ!」と泣き喚きながら両手のナイフをざっくざっくと。
ラディッシュ:ちょっと、お姉さんの意見を聞いてみましょう。
ジャスミン:そうですね、家族全員来てますし。
GM:「ここで機嫌を損ねられるくらいなら…あげてしまっても」
ラディッシュ:「あのバスケットには、誰かの形見とかそういう特殊な事情とかありませんか」
GM:「はい。何か情報が得られるなら、バスケットの一つや二つや三つや四つ」
ラディッシュ:じゃ、そんな感じで。
マニャーナ:王様あぶなーい!
ショコラ:バァン!! …チッ、敵に当たった。(王様撃って外したらしい)
ウイロウ:運の良い野郎だ(笑)
ラディッシュ:「じゃ、このバスケットはあげるから。その女の子について、お話聞かせて?」
ショコラ:って赤ずきんちゃんに馴れ馴れしく話しかけてる国王を見て、「チッ、ロリコンが」(一同爆笑)
ジャスミン:やっぱりそういう趣味だったのか!
ショコラ:侮蔑の目で。
GM:では、「このバスケットを持ってた女の子は、奥の部屋に連れて行かれちゃったの」
ウイロウ:ほう、誰に?
GM:「奥の部屋はね、巨鬼の巣になっててね。巨鬼と小鬼がたくさんいるの」
マニャーナ:巨鬼…でっかい鬼か。
GM:赤ずきんも鬼族なので、「私の仲間もいるの」
ジャスミン:ではこの赤ずきんちゃんを奥の部屋に連れて行って、「あなたの仲間にだけでも『争いはやめろ』って言ってもらえないかな?」
GM:「だめ」
ラディッシュ:争ってるわけでもないような。
マニャーナ:「その子食べても美味しくない」
ウイロウ:もう食ったよ?


GM:バスケットをもらって、その代価の情報も喋ったので、また中立に。貰うもん貰ったらクールな表情になってます(笑) これ以上交渉したかったら、交渉表を振りましょう。
ショコラ:俺んトコ来いよ! とか、素材の交換で「さっきのバスケットと交換してよ」って言う?
GM:いや、交渉表は代表が2D6振るだけです。
ジャスミン:王様ー。
GMロリコンー(一同爆笑)
ウイロウ:ヒドイ言われようだな!
ショコラ:GMに作られた、9年前の記憶で(笑)
GM:そんな年上にするから悪い(笑) ていうか、玉の輿狙ってるヤツと年齢が遠いからいけない。
ジャスミン:でも普通こんなもんですよね。
ラディッシュ:まぁ魔法少女だしねぇ。では、「衣装」があるので3Dで…
GM:いや、コレはただの表で判定じゃないから、2Dです。
ラディッシュ:ほい。(ころころ)4。
GM:4か。交渉は決裂、戦闘に。
ラディッシュ:ガーン。
GM:「ヘッ、このバスケットさえ手に入れば、もうお前たちに用はないわ!(一同爆笑)」それならバスケット持って逃げてろよって話だよな。よっぽどマズい事でもあったんだな。さっき国王がゴニョゴニョ言ってた時に何言ってたんだろうなぁ(笑)
ジャスミン:本当にねぇ。何、この豹変っぷり(笑)
ショコラ:「パンツ見せてください」って言ったんですよ。
GM:そりゃーキレるわぁ(笑)
マニャーナ:「ウチの国に来て、ブルマはかへん?」(一同爆笑)
ウイロウ:ヤバイヤバイ!
GM:「アタシたちはカボチャパンツって決まってんだよ!!」(一同爆笑)
マニャーナ:そこかよ!
ショコラ:そんで、怒らせたんだ。怒らせた国王を見て、また「チッ」
ジャスミン:ロリコンでしかもコスプレ好きかよ! チッ!
マニャーナ:カボチャパンツか。マニアックだったなー! 今度仕入れとくから! な?
ウイロウ:やばい。
ラディッシュ:メトロ汗国では大流行です。
ジャスミン:マジで!?
GM:「よし、じゃぁ皆出ておいで!」
ウイロウ:増えた!
ジャスミン:7体ですか?
GM:うん…ん? 何で7体なんだ。
ウイロウ:帳尻合うように減らして下さい。
GM:帳尻合うように増やします。
ショコラ:修羅って下さい。サムライトルーパってください。
ジャスミン:回避8のHP2ですよ。
ショコラ:怪物学で+1の+1できるので、小鬼と変わらないです。ウイロウさん、HP減ったままなんですよね?
ウイロウ:そうなんよ。休憩したのに回復しなくてなぁ(笑)
ジャスミン:ミミズが出てきた?
ショコラ:ミミズ強いですよ! HP、無駄に7もあります。
GM:ミミズと小鬼と赤ずきんです。(前衛にミミズ、後衛に赤ずきん2体と小鬼2体、本陣にミミズ2体という布陣だったかな?)

まよキン バトルフィールド 2部屋目

第1ラウンド
GM:ではイニシアチブ。赤ずきんの8が最高です。
ラディッシュ:12ですね。
ショコラ:まず前衛のミミズのHPを鉄砲と手裏剣で減らして、修羅してもらえば良いんじゃありません?
ジャスミン:なるほど。私の手裏剣のダメージ次第かなー。希望使って増やしても良いですね。では手裏剣シュシュっと…当たりました。ではダメージ、1個使って1D増やしましょう。
ウイロウ:殺せ、殺してしまえ(笑)
ジャスミン:(ころころ)4? 3点。残り4点です(笑)
ウイロウ:残り4点か、半々くらいだな。
ショコラ:ウチが先にバァンって撃っときましょうか。
ウイロウ:それでも良いよ、今なら誰にも当たらないから。
ショコラ:バァン! 当たりました。6点! 落ちました(笑) 初射撃ですよ。王様に「俺の後ろに立つんじゃねぇ」
ウイロウ:楽勝じゃん。じゃ移動、馬でもう1歩。これ、攻撃する順番は選べるんかな?
GM:ええ。
ウイロウ:じゃ、小鬼から。
GM王様助けてーっ!(一同笑) バケツが虐めるー。
ウイロウ:1匹目、当たった。2匹目も。次が8以上か…はい、ピンゾロ以外だな。
GM:HPは2です。
ウイロウ:はー、危なかった(笑) 全滅ですわ。
ショコラ:あと最後のミミズも殴りに行けますけど、あえて退いとくのも手ですよ。相手は1歩しか進めないでしょう。
ウイロウ:それ良いな。じゃ「ふぅ、今日も良い仕事したな」って帰ってきます(笑)
ショコラ:…イチコロですね。
ウイロウ:さっきのバスケットを回収して帰っていこう。
GM:せっかく貰ったのに。
ショコラ:そういえば、素材の木を探さないといけないんですよ!
ウイロウ:そんな話もあったなぁ。
ショコラ:木を探してこないと、1mgずつ余分にお金がかかります。何としても、あのミミズを木にしましょう(一同爆笑)
GM:ミミズは木にならんなぁ。
ウイロウ:それだったら、そのバスケットを木にしようや。
マニャーナ:では…本陣から後衛に進んで…ぼけー。
ジャスミン:王様は?
ラディッシュ例によって星でも光らせましょうか(一同爆笑)
ショコラ:星光らせるのって、気力いるんじゃないの?
ラディッシュ:いや、これは要らない。
マニャーナ:「セーラーブルマー、スク水~(呪文)」(一同爆笑)
ジャスミン:なんか、イラっと来る呪文が後ろから聞こえてきました!
ショコラ:イラッ!
ラディッシュ:レベルは3で…ウイロウさんの星の欠片を光らせます。成功ですねー。
ウイロウ:おお、とうとう光った。これって何になるん?
GM:自分から4マス先まで照らせるようになります。
ウイロウ:ぶっ。
GM:光ってる所の自軍キャラは回避が1上がります。
ショコラ:迷惑なくらいテッカテカですね。
ジャスミン:うぉ、まぶしっ。ではミミズさん?
GM:そうだなぁ…移動。


第2ラウンド
ラディッシュ:では成功して、更に気力が貯まりました。
ショコラ:じゃミミズを手裏剣で攻撃してもらって、修羅してもらって、残ったらバァンって撃ちますわ。
ウイロウそしてそれが俺に当たって「うぉっ」(一同爆笑)
ショコラ:あ、本当ですわ!
GM:それなら先に鉄砲で撃って、修羅して、手裏剣投げて、「1点ですわ」って言って残る、と。
ショコラ:それで良いですね。
ジャスミン:な、何でまた1点ですか! 私もそんな気がしますけど(笑)
ショコラ:じゃまずはミミズに…とーん! 当たりです。2体出てきてますけど、まだどっちも同じHPなのでどっちに当たってもOK。3点です。
ジャスミン:1匹の残りHPが4ですね。じゃ、どうしよう。
GM:確実に行くならもう1発で殺すか、別のヤツを狙って多く減ってる方から修羅するか。
ショコラ:ああ、先に手裏剣でもう1匹をやるか。
ウイロウ:その方が良いな、そうしてもらおう。
ジャスミン:じゃHP全部残ってる方を手裏剣しゅしゅしゅーってしますよ。
GM:狙える方がありがたいだろ?
ジャスミン:うん! 本当ですよ(笑) 当たりで…6ですよ! 5点なので、残り2点です。
ショコラ:素晴らしい。
ウイロウ:素晴らしい! 2のヤツから殴ります。
GM:失敗しろー、失敗しろー。モンスターがやる事ないぞー。民の声減らす準備は万端ですよ。
ウイロウ:7? ファンブル以外命中だな。当たりました。6点。はい、修羅。
GM:修羅強いなぁ。相手が雑魚の間は無双の強さを発揮します。
ウイロウ:2体目はダメージが…あ、2点残った。残念。
GM:1回くらい殴らせて下さいよ。
ウイロウ:うん。下手なの食らったら死ぬけどな。
GM:武勇が3なので…13!
ウイロウ:当たったよ。
GM:威力が…
ウイロウ何ぃ!? 8Dだって!?(一同爆笑)
マニャーナ:つよ!
GM1D6+1で4点。
ジャスミン:甲冑で-1ですね。
ウイロウ:じゃ3点か。いたーい。
GM:こいつは「鉄腕」ってスキルを持っててね。1ヘクス弾けるんですけど。余り意味無いですね。
ジャスミン:では次のラウンドですか?
ショコラ:その前に回復してもらった方が良いんじゃないですか?
ウイロウ:そうだな。
マニャーナ:では、なけなしの気力を使って…。
ラディッシュ:そこに「勅命」を。1D増やしてください。HP1点使います。
ショコラ:HP使って勅命するけど、回復が入るから(笑)
マニャーナ:では…えーい。11点。
ウイロウ:バッチリ全快ですわ。


第3ラウンド
ラディッシュ:イニシアチブ、10。
ウイロウ:誰か殴ってあげて。
ショコラ:バァン!
ジャスミン:(ダイス目を見て)当たり。
ショコラ:外れましたよ?(と6の目を取り除けて気力を獲得)
ジャスミン:じゃ私もソレやっときましょう! あ、普通に当たった。殺したー。
ウイロウ:御疲れ様でした。俺、前衛に戻っとこう。



GM:はい、1部屋目のお宝を忘れてました。
ショコラ:木出しましょう。
ウイロウ:木ぃーっ!
GM:単体レベルで振るか、合計レベルで振るか。小鬼が1レベル、大喰らいが5レベルです。
ジャスミン:木がいっぱい出るのがいいなぁ。そこら辺の木切って持って行ったらダメなのかなぁ。
GM:小鬼は、素材が牙。大喰らいが肉・皮です。
ウイロウ:木がないぞー。
GM:小鬼が10と、大喰らいが5。というわけで…同じ種類のモンスターは、振る前に宣言すればレベルを合計しても良い。10レベル分になったら、次の表に繰り上がれます。なので、小鬼は10体一まとめで1個上のお宝表を振れます。
ジャスミン:ほうほう。
GM:なので、合計2回振るか、11回振るかを選べます(笑)
ショコラ:まとめてで良いでしょう。国王!
GM:では1D6を。表のランクが低い、大喰らいからどうぞ。
ラディッシュ:3。
ショコラ:中途半端やなぁー。
GM:モンスターの素材から1個。肉か皮を選んで。
ラディッシュ:では肉1個。
GM:次、小鬼10匹分。
ラディッシュ:…1(笑)
GM:素材から3個。牙3個獲得。

GM:で、この部屋の。6出すとお弁当が出ますよ。

小鬼…何もなし
赤ずきん…お弁当、衣料×2
ミミズ…お弁当、肉×2

ジャスミン:お弁当、いきなり食うとかできますか?
GM:うーん、このキャンプで食うならOKとしよう。あと、素材はまとめて持たないと、アイテムスロット使うから気をつけてね。
マニャーナ:荷物持ちは王様に任せるわー。
ショコラ:そうですね、王様、荷物持つの得意だって言ってました。
GM:はい、ミミズバーガー
ウイロウ:本当にお弁当出た!
ラディッシュ:では…素材スロットを作るので、誰かお酒かポーションを引き取って下さい。
GM:お酒、器に余裕のある人に飲ませちゃえよ。
マニャーナ:じゃ俺が気力なくなったから、お酒もらって飲むわ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。