TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年10月01日 (木) | Edit |
GM:では戦闘が終わりましたので、キャンプです。
ジャスミン:この部屋にトラップが無かったって事は、通路かな?
GM:いや、トラップってのは、休憩したら発生したりするので。戦闘トラップと通常トラップがあって、戦闘トラップは戦闘マップになった時に、「ここにこれがあります」ってのが分かるけど、そうじゃないと調べないと出てこない。
ジャスミン:なるほど。じゃ調べてみます。
GM:部屋を調べる・通路を調べる・あとは俺が「ここに階段があって」とか「ガーゴイル像が」あってとか言ったら、それを調べる。っていうのが出来ます。
ジャスミン:じゃ、部屋から調べてみましょうか。
GM:部屋と通路のどっちか1個しか出来ないから。

キャンプで出来ること
・捜索
・休憩(休憩表を振る)
・取引(友好的なモンスターがいれば、交渉できる)
・情報収集(行ってない部屋があれば調べに行ける)
・トラップの解除(トラップが見付かっている場合)
・スキルの使用(支援スキル)
・協調行動(トラップの解除を手伝う)

GM:などがあります。キャンプ時の判定にファンブルすると、ハプニング表を振ります。


■捜索
GM:まぁ…部屋と通路のどちらかを捜索ですかね。才覚か探索で、「宮廷の人数+7」を目標値に。
ラディッシュ:旗があるので-1の、11になります。
ジャスミン:捜索だと「使い魔」で達成値が+1されるので、6+2Dですね。
マニャーナ:真ん中にトラップが3個あるって事は、通路にトラップがある可能性が高いかなぁ。両通路に1個ずつと、部屋に1つ。
ジャスミン:ですね。じゃぁ通路を調べてみましょう。(ころころ)出ました。
GM:では、「迷い道」という罠があります。発見した時点で解除されます。何も知らずにそこに突っ込むと、迷って1D6クォーター過ぎます。
ジャスミン:おなかすいたー、になるんですね。
GM:ええ。4クォーターで1ターンです。1ターン中に1回も飯を食っていないと、ハラヘッタになります。なので、迷い道で4以上を振ると、「ああこのターン何も食ってないや」と、問答無用で食ってなかった事にされます(笑)
ウイロウ:はいはい。
ジャスミン:迷ってる間に食ったよ! って言っても食って無い事にされるんですね。
GM:だから、2クォーター過ぎた時点で6振ると、二回飯を食ってなかった事にされます。HPが1D6減少します。で、「飢え」っていう状態になるので、新たに食事を取るまで、毎クォーターダメージを食らいます。
ジャスミン:国王死にそうですね。
ウイロウ:ちょっと飯食わんかっただけで、ひどいことになるなぁ。
GM:で、3ターン経過していたら、1クォーター経過するたびに「疲労」でHPが1D6点減少します。まぁ3日間貫徹だと思えば、そりゃ疲れるよ。
ラディッシュ:「魔導物語」や「ぷよぷよダンジョン」だとよくある話です。
ショコラ:リプレイで、PCがバラバラに配置されてね、1人のキャラが1部屋で待機し続けたんですよ。餓死寸前まで行きました(一同爆笑) 血の涙流しながら助けてもらってました。えーっと、今1回戦闘があった所ですから、1クォーター過ぎた所ですか?
GM:いや、キャンプ終了で1クォーターです。


■スキル
GM:では捜索終了で、スキルもしくは休憩ですね。
ジャスミン:休憩って何になるんですか?
GM:休憩表を振ります。良い効果があったり、悪い効果があったりします。
ショコラ:では、私は希望を1点使いまして…「誰かー!? …こんな所に人が。大丈夫か!」って4人助けてきました。で、希望をもう1点使って、「じゃ、キミとキミはあっち行って貰おうかな」と、書類を整理しながらやります。
ウイロウ:来たー。
ショコラ:ジャスミンさんの配下が2人減ってるんで、2人渡しましょう。
ジャスミン:ありがとうございまーす。
ウイロウ:じゃ俺が残り2人もらうか。
ラディッシュあの、一人では心もとないので
ショコラ何言ってんの、国王(一同爆笑)
GM:まぁ、一人ってのが一番安定してるよ。1D6で減るから、1~6までなら大して変わらん。
ショコラ:ってか、国王さっきから本陣から出てないし。
マニャーナ:俺も肉焼いてるだけだよ。
ショコラ:十分です、パーティーの生命線ですから。…国王、ナニソレ?(一同爆笑) 何か星の欠片光らそうとして失敗してるし(笑)
マニャーナ:国王はウチの料理食うまで、ここ動かへん言うてるんや。
ジャスミン:はい、じゃ次の部屋? あ、休憩か。
マニャーナ:2Dでしたね。
GM:振れば良かろうなのだ。


■休憩
GM:まず、どの能力値に対応する表を振るか決めます。
ウイロウ:何だそりゃ!?
GM:魅力だと対人関係にどうこう、ってイベントが多いとか。
ウイロウ休憩だよね!? HP回復したりする休憩じゃないの?
マニャーナ:休憩だよな?
GM:回復したりしますよ。ええ、(弱く)…無いことも無いんじゃないかなぁ
ウイロウ:休憩の意味がねぇー!
GM:休憩というのはあくまで、キャンプファイヤー囲みながら皆でダベるという程度の事です。
ウイロウ:世間一般で言う休憩じゃないんだな。
GM:まぁ「その能力値で判定して」って言われることもあるから、高い能力の表を振っておけば、たまたま当たった時有利かな? まぁ気にしなくても良いじゃん。ってレベル。
ジャスミン:ここは魅力を振るべきですね! 玉の輿狙うぜ、いえーい。(ころころ)6。
GM:さすがだね。がんばれ玉の輿
ジャスミン:お?
GM:「星の明かりがあなたの顔をロマンチックに照らし出す。その部屋にいる人物から好きなキャラクター一人を選び、魅力で難易度「9+そのキャラクターのあなたに対する好意」で判定を行います。
ジャスミン:ほうほう。
GM:成功すると、そのキャラクターのあなたに対する好意が上昇します。これで「愛情」を振らせれば、勝利への第一歩。
ジャスミン:おぅ! では、何とも思われていないので…9ですね。7以上振れば…(ころころ)出なかった!
GM:マジか。
ジャスミン:特に何もなりませんでした。
GM:「星か。…光らせれなかったなぁ…」(一同爆笑) ロマンチックな気分になりませんでした!
マニャーナ:むしろ、「あ、光った! …お星様向こう向いてるー!?」(笑)

マニャーナ:…せっかくだから、俺も魅力で。10です。
GM:「疲れた体を癒すため、テントの中で楽な衣装に着替えようとする…するとそこに侵入者が!」
マニャーナ:珍入者!
GM:宮廷からキャラクターをランダムで一人選んで。
マニャーナ:ランダムで…ジャスミン。
GM:ジャスミンが、侵入してきた。1D6を振って下さい。
マニャーナ:3。
GM:奇数だね。あなたは大声を出し、宮廷全員のそのキャラクターに対する敵意が1点上昇(一同爆笑)
ジャスミン:しょんぼりだー!
GM:「キャーのぞきー!」
ショコラ女性同士で(笑)
ウイロウ:(ころ)不信を抱いた。
GM:大丈夫かしらこの子、女の子に興味があるんじゃないかしら(笑)
ラディッシュ:ごめん。侮蔑が入りました。
ショコラ:何故か怒りが貯まりました。
GM羨ましい(一同爆笑) じゃ、悩ましい(笑)
マニャーナ:ウチも不信になりました。「そんな趣味が!?」
GM:そうだねぇ、覗かれた本人はそういう感じだよねー。
ウイロウ:何てひどいメンバーだ!
GM:基本的に、やる事はすごくシンプルで、表に振り回されるゲームです。

ウイロウ:じゃ俺も振るぜ。武勇の6。
GM:「「危ない!」短剣がキミの横をかすめる」
ウイロウ:えええーっ何でよ?
GM:「すると、そこにはあなたに襲い掛かろうとしている毒蛇が。もしかして、アイツの事を誤解していたかも…」というわけで、好きなキャラクターを選び、そのキャラクターへの敵意の分だけ好意を上昇させ、その後敵意を0にする。
ウイロウ:なるほど! ではさっき「不信」を抱いたヤツを。「さすが忍者!」という事で。
ジャスミン:じゃ短剣じゃなくて手裏剣だった。
ウイロウ:好意もランダムか。忠誠が1になりました。
GM:付いて行こう! コイツなら、俺の目の前に残りHP1くらいのヤツを連れてきてくれる! …それって忠誠なのか(笑)

ラディッシュ:では才覚で判定します。7で。
GM:「配下や仲間たちに指示を出し、休憩中も休む暇無く働く。クタクタになってあくびをすると、配下がお茶を差し入れてくれた」民の声が1点回復します。
一同:おおーっ!
ジャスミン:さっき私が減らした1点が。
GM:わー、王様ー! 王様頑張ってー、負けないでー、星を光らせてー!(一同爆笑)
ジャスミン:傷口をえぐられたような。
ラディッシュ:いやいやいや。王様は星を光らせるんじゃ無いんですよ。
ジャスミン:ん? 違うんですか?
ショコラ:モニョモニョ言ってるだけなんです。
GM:かわいそうに、王様ったら。皆で応援してあげないと。っていう同情票が。
ジャスミン:いやいや、王様が光らせるのはこの星ではなく、民の星です!
ラディッシュ:そう。そんな感じです。
GM:そんな事ないよ! 王様の判定、失敗してないよ。今頃国では夏星がピカピカ光って大変な事になってるよ!
マニャーナ:元々ピカピカだよ!
ジャスミン:帰ったら牧場が干からびてますなぁ…。
GM:飢饉になってるかもしれない。さすが王様だなぁ!(一同爆笑)
ウイロウ:ダメじゃん!

ジャスミン:ショコラさんは休憩しないんですか?
ショコラ:いや、さっきスキル使ったんで。GM、僕間違えてたんですけど、どっちのスキルも「タイプ:計画」なんですよ。だからどっちか1個しか使えませんでした。
GM:あー、手に入れた民は誰かの配下として配分しないといけないんで。すでに誰かの配下になってるのを移動させるのは無しだけど。
ショコラ:それじゃ、住民票は使ってなかったってことで良いんですね。


GM:というわけで、次の部屋に進みますか、それとももう1回キャンプしますか。
ジャスミン:できるんだ。
GMここでボーっとしてると、シナリオで想定されてるより恐ろしいランダムモンスターに会う可能性も(一同爆笑)
ショコラ:こんにちはーって出てくるんですね!
GM:こんにちはー、ちょっとここで賑やかしてるって聞いたんだけど。小鬼虐めてるんだって?
ジャスミン:い、虐めてないよ!?
ショコラ:次の部屋行きましょう。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック