TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年09月29日 (火) | Edit |
★★ここからシナリオ(サンプルシナリオ「花冠の戴冠式」)に入ります。未プレイの方はネタバレになるのでご注意を!★★


GM:ではプロローグ。ラディッシュ国王、即位前日の夜。えー、即位前に属国宣言だけ先に済ませている状態です(一同爆笑)
ウイロウ:ええーっ!?
GM:「私が国王になった暁には」じゃなくて。あくまでセレモニーで、すでに実権は握っているので、「メトロ汗国の属国になります!!」
ラディッシュ:おおーっ。
GM:って宣言して、明日メトロ汗国式の戴冠式が行われます。
ショコラ:うまいこと繋がりました。
GM:即位の祭りを明日に控えたある夜…
ショコラ全員、唖然としてます(一同爆笑)
ジャスミン:へ、へ?
マニャーナ:明日からメトロ汗国!?
GM:そうそう、でウイロウさんは「これは…何としても前王をよみがえらせねば」(一同爆笑)
ラディッシュ:当然そうなりますな。
ウイロウ:で、誰かが「こうすれば独立できますよ」って教えてくれたら、「じゃぁ」…誰か言ってくれないかなー(一同笑)
GM:えー、そういう黒いものが渦巻いている王宮の扉を叩く音がします。王宮って言っても狭いんですけどね。所詮3つほどしか施設がない小国です。
ショコラ:何かしら、王は今忙しいのよ。スキル選びで(一同爆笑)
ジャスミン:ではその後ろに護衛っぽく付いていきましょう。
GM:あ、先に探索で難易度9で判定して? さっきの扉を叩く音が聞こえるかどうか。
ジャスミン:成功ですね。
ショコラ:成功ですけど…希望に変えたいなー。あ、ジャスミンは6を抜いても成功じゃないの?
ジャスミン:あ、本当だ。じゃ希望に変えつつ成功です。
ショコラ:ウチは失敗して希望にしときます。

(他の人も判定して希望に変えたりする)

GM:そこには、深刻な顔をした2人の女性が立っています。2人は…50人しかいないから顔見たら分かるだろう。王国の臣民です。
マニャーナ:どうしたの佐藤さん。
GM:「私たちの妹が、迷宮に行ったまま帰って来ないんです」と2人は声を揃えて言います。
ショコラ:妹? 小さい子供?
GM:そんな…小さい子だったかな?
ウイロウこんな(手を広げて)くらいの小さい女性が2人、声を揃えて「私タチの子供が」って。
ショコラモスラ!
ウイロウ:そうそう、で迷宮に行ったらウネウネした子供が出てきて。
GM:東京タワーに繭を作って。
ウイロウ:立派になって帰ってくる、と。謎は全て解けた!
ジャスミン:ヒィィー!
マニャーナ:じゃ! バタン(扉を閉める)
ショコラ:で、この国の子供…臣民の妹は臣民ですね。…が、帰ってこないと? 「どうして勝手に迷宮に入ったりしたの!?」って怒ります。
GM:「こっそり出て行ったので分からないのですけど…ひょっとしたら、国境から少し南に出た、森の部屋(マップの名前)に、即位のお祭りに必要な材料を取りに行ったんじゃないでしょうか」
ショコラ:「まぁ! 何て立派な、臣民なのでしょう!」
ウイロウ:態度変わりすぎ!
ショコラ:だって、王を祝おうとしてその物が足りなかったから、危険を顧みず取りにいったんですよ! 惜しい人を亡くしました…(一同爆笑)
ジャスミン:ヒドイ!
マニャーナ:いずれ独立する時に必要な臣民を、これ以上減らすわけにはいかない!
ジャスミン:その「森の部屋」っていうのは、どういう場所なんでしょうか? 私たちは知ってますか?
GM:RPGで言うところの、近場にあるレベル上げに最適な森。
ジャスミン:余り普通の臣民は行かなさそう。
GM:臣民は基本的に出ないからね。「配下」として連れて行けば、逃げずに付いて行くくらいではありますが。
ショコラピク●ンぴくみんです。
GM:まさにそんな感じ。
ジャスミン:という事は、戦える人は王宮にいるランドメイカーだけなんだから、我々が探しに行くしかないでしょう。
マニャーナ:でも今日は夜遅いし、明日にしようやー。
ショコラ:明日にしてしまうと、王の即位がある?
マニャーナセレモニーが明後日になる(一同爆笑)
ラディッシュ:わぁい、先送りだぁ。
ショコラ:でも、王の即位に必要な物が足りないんですよね? 帰って来るまで先送りに。
GM:いやいや、妹が、王の即位に個人的にお祝いしたい、と。
ウイロウ:じゃぁ帰ってこなくても、何事もなかったかのようにお祭りが行われる、と。
ジャスミン:しかし、小さな子が「王様おめでとう」と花束を渡してくれる…と。
マニャーナ:じゃ「増える」で王様増やしといて、その間に(一同爆笑)
GM:増えるのは前葉体だから!
マニャーナ:「王様の、おなーぁーりー!」って言うと、前葉体がヒョコ、ヒョコっと。
ウイロウ:「前葉体はココに置いていくか」と玉座に置いて、我々は妹を探しに行く(笑)
ジャスミン:まぁ、さっさと探しに行かないと、その立派な臣民が森で死んでしまうかもしれない。
GM:というわけで、姉のサインと妹のコサインが、声を揃えて言います。
ウイロウ:タンジェントーっ!
ショコライラッ!
GM:「どうか、私たちのかわいい妹・タンジェントをお救いください!」
ショコライラーッ!
GM:「妹が助かるなら、我々2人はどうなっても構いません!」
ジャスミン:…何か大臣がイラっときてますけど、大丈夫ですか?
ショコラ:イラー…大丈夫です、臣民ですもんね。名前にイラっときました。
GM:では姉がアイネで妹がクライネで、三女がナハトムジーク。
ウイロウ:なげぇよ!
ジャスミン:しかもどうやっても男の名前ですね。
GM:だって男性名詞だもん。「ナハトムジーク」は「ナイトミュージック」だから「夜の音楽」だね。ウルド・スクルド・ベルダンディーでも良いよ? 「私たちの妹、スクルドをお救いください!」
ショコライラーッ!(一同爆笑)
GM:ダメかよ! 分かったよ、じゃ3人セットの名前を考えて良いよ!
ショコラ:良いですよ、タンジェントで。
ラディッシュ:それを今日の「アレ」にすると、「ジム! スナイパー! カスタム!!」
一同ジィム!! スナイパァー!! カスタァム!!
GM:では長女がジム、次女がスナイパーで三女はカスタム。
ジャスミン:えらい強そうな名前ですね。
ウイロウ:すでに人名じゃないし。
GM:仮面ライダーWがあるじゃないですか。あれに対抗して、上下に分かれてるヤツで…「ザク! タンク!!」とか、「ジム! スナイパー!」とか「ガン! キャノン!」とかいうのをネタでやってたんです。※来る途中の車の中でやってたらしい
ジャスミン:なるほどね!
GM:二つを左右から刺したら、変身するときにバシャっと開いてZ型になるんです。中盤のパワーアップでZの斜めの線にもう1本刺せるようになるんです。なので、上辺がジム、下辺がスナイパーで斜辺がカスタム(笑) まぁどうでもいいんですけど。
ジム! スナイパー! カスタム!! …どうでも良い説明

ジャスミン:では、「タンジェントを救いに行きましょう」…って、王様に一応進言しに行きます。
ラディッシュ:「話は全て聞かせてもらった!!」(一同爆笑)
GM:王様かっこいい!
マニャーナ:食事中ですが。
ラディッシュ:実は判定に成功していたのだ。
GM:ではこっそり見ていたという事で。
ラディッシュ:「我が王国の臣民を見捨てるわけにはいかないので、ここは国を挙げて!」
ジャスミン:「国を挙げて!?」
GM:単純に言うと、配下をたくさん連れて。
ウイロウ50人くらいの捜索隊が組まれて。
マニャーナ全員だったーっ!
ラディッシュ:…と言いたい所ですが、まだ…
GM:スキルが決まってない(笑)
ラディッシュ:それもある。戴冠式の準備もありますし、全員を連れて行くわけにもいかないので…
GM:大丈夫、戴冠式は順延すれば良い。メトロ汗国の属国になるのはもう決まってるから。戴冠式なんかズレても全然問題ない。
ラディッシュ:私はそれでも良いんですが。
GM:国王が問題ないなら、誰が問題あるのか言ってみなさい!
ラディッシュ:すんません、問題ありません(笑)
ウイロウ:戴冠式のために用意した料理が台無しだ!
GM:冷蔵庫に入れとけば良い。
ジャスミン:あるんだ、冷蔵庫。
GM:何ならエレベーターに。
マニャーナ:民になって帰ってくるかもしれん。
GM:これを料理するのは面倒だ、マヨネーズでもかけてみるか。
ラディッシュ:いや、マヨネーズは便利ですよ? マヨネーズをかければ何でもマヨネーズ味になります。
GM:というわけで、プロローグ終わり(笑)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック