TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。
2009年09月07日 (月) | Edit |
GM:それでは火山に飛んでいった二人。
フェリス:わー落ちてきたー。
クリック:009、どこに落ちたい?
GM:このまま火口に向かって飛んでいって、途中で脱出するか、そのまま一緒に火口に落ちるの二択。
レクシィ:そのまま火口に落ちた方が早そうだが。
フェリス:早そうだけど!
GM:まぁ、火口に落ちたら死にますな
クリック:でしょうね。一応展開的には…
レクシィ:落ちながら、マーズは何か喋ってる?
クリック:「無駄ぁ!」とか言いながら、超再生してるんでしょ?
GM:そうそう。
クリック:だから、あとの有利不利とか一切考えずに言うならば、「ここで加速を緩めれば、ヤツは逃げてしまうだろう!」と、俺は一人加速しようとします。
GMクリックがここでやってくれたら、問答無用で1レベルあげるよって展開があるんだけど。
クリック:ん? スキルとか使って?
GM:いや。えー…シュトロハイム(笑)
クリック:ああ。それをしようと思ってコロっと忘れてました!(一同爆笑)
GM:このまま突撃して、もう火口に落ちるだろうという所でフェリスを抱えてとぅ! って脱出して、足がベキッって。
クリック:ああ、そんなのありましたねー。忘れてました。
GM:もうダメだー。そういうフリだったのに、今回のシナリオは。
クリック:とりあえず、やっても無駄なアレはしますよ。「貴様はこの間の戦いで日光を避けていた! …日光あんな所に射してなかったけどな。というわけで、この体内に隠された、紫外線照射装置を食らえーッ!!」(一同爆笑)
フェリス:隠してたんだ!?
クリック:「エクスマキナの科学力は世界一ィィィ!! お前はもう、動く事はできまい!」(一同爆笑)
紫外線照射2  紫外線照射1
GM:なるほど、じゃ紫外線照射装置で紫外線を浴びた手とか足とか刺さってる所が、石になって動かなくなります。
クリックうぉ、効いた!?(一同爆笑)
フェリス:ビックリです。
クリック:使った本人が一番びっくり。
GM:「何ィ、紫外線照射装置だとぉ!? 味なマネを」とか言いながら、頑張って再生しようとしています。で、そろそろ火口が見えてきますけど。
クリック:というわけで、「一人で十分だから、キミは逃げなさい」
フェリス:えー…どうしたもんかなぁ。「それなら一緒に逃げて、マーズをウィンドホークと一緒に火口に放り込んだら良いじゃないですか」
GM:そうそう。足バキってやったら良いじゃない。
クリック:じゃ足バキってやりますか。ギリギリまで引き付けて。
フェリス:ではいつでも出れるように、上開けたりなんかして。
GM:まぁバイクだから上ないけど(一同笑)
クリック:ピザバイクのようになっているのです。
GM:ピザバイクでも、別に上開けなくって横から出れば良いじゃん。
クリック:というわけで、「今だーッ!!」
シュトロハイム(足バキ)1  シュトロハイム(足バキ)2


GM:はい、マーズは火口に落ちました。ここからが重要なポイントで、マーズがカニや貝のようなプロテクターをまとう、ダメだ。次は泡だ、よし出れた。ってやるのに、2ラウンドかかります。この2ラウンドの間に、火口に300点の<火>属性ダメージを与えると、噴火させられます。
マーズ(泡のプロテクター)
クリック:ああ。
GM:2ラウンド目のマーズの行動…まぁ、《カリキュレイト》あるから間に合うだろうけど、そこまでに300点のダメージを与えられないと、えー…シナリオは崩壊します(一同爆笑)
クリック:えええーっ!?
レクシィ:崩壊するのはシナリオの方なんだ!!
GM:ここで噴火させられないと、マーズを倒す方法が無くなってしまうので、シナリオは崩壊します。というわけで、2ラウンド、頑張って!
クリック:《タクティカル》は当然でしょ。
GM:300点なら出せるだろう。いくらお前が7D振って13しか出せなくても
フェリス:ぶっ。…もう言わないで下さいよ。えーっと《フレイムクラック》って<火>と<土>なんですが、これは<火>と考えたら良いんですか?
レクシィ:そりゃ当然そうだろう。
GM:うん。まぁ当然って言われると、ちょっと「ん?」って感じもするけど。半分<土>だからダメージ半分ね。
フェリス:そんな事言われたらどうしようと思いまして! そうなったら《インフェルノ》になりますね。
GM:《インフェルノ》でも多分出るだろ。
フェリス:うん、多分ね。
サーガ:+40点もらえるから、220点。1ラウンド平均110点。
GM:出るだろう。
フェリス:あ、あと《チェックメイト》も下さい。
クリック:《チェックメイト》も振りなさい。
フェリス:私がですか。7D振って13しか出ない私がですか(笑)
クリック:じゃ俺が4Dずつ振ろうか。
フェリス:そうしようよ。超弱気に。
サーガ:そうか、《チェックメイト》も含めたら期待値以下になりますね。
GM:そりゃ計算したからな。
フェリス:では1発目、火山に向かって何か飛ばします。
クリス:ここにいない僕は、《ディスコード》って言えない。
クリック:しかしこのパーティーでダイス目の低い方が2人来ましたな。
GM:ええ。そりゃもう、キャラ上仕方なかった。
サーガ:僕はいざという時のダイス目の低さに定評がありますよ。
GM:ダメじゃん。
クリック:いざとなったら、俺もう1回火山に突っ込んで、マーズを火口に落としますから!
GM:それしかないな。そうなると、最終決戦にクリックがいないという大変な事に。
クリック:大丈夫、決戦が終わったあとに空に浮かんでますから(一同爆笑)
GM:そうそう、「シュトロハイム、ナントカ戦にて戦死」みたいに書かれます。
サーガ:あっち(2部風)になるんですね。
2部風に死んでる
フェリス:では1発目。
クリック:これを外したら「さぁ、もう1回戻ろうか」「何ィ、お前ごときに!!」とかいう感じでナントカします。
GM:シナリオ崩壊だけはまぬがれるが。
クリック:マーズだけは道連れにします。地球木っ端微塵爆弾で地球ごと。(横山光輝先生の「マーズ」)
レクシィ:そうすると、世界は滅亡して世界は一巡するわけだ
クリックおお、しまった!!(一同爆笑)
GM:ダメじゃん。
クリック:火山だけに、“火の粛清”が。
レクシィ:粛清を始めるのは私だった!!
フェリス:(この間計算していた)1発目は99点ですね。
クリック:ええい! +17点。
フェリス:1発目156点。
サーガギリ!(一同爆笑)
GM:良いラインだなぁ。
フェリス:ま、まだ《マジックフォージ》があるんで!
GM:ここで、火口に防御点があるって言ったら怒る? …まぁ良いか、本当は10点くらいあったんだけど。
フェリス:10点くらいなら、《マジックフォージ》分で抜けると思いますが。
GM:まぁ良いよ、どうせ超えるだろうし。
クリック:火山だから、当然<火>属性だよね。防御力、倍だから(一同爆笑)
レクシィ:火山だから《耐性:火》ね。
GM:まぁ、ダメージを与えるための判定じゃないから。
クリック:刺激を与え、火山を活性化させるため。
フェリス:では次のラウンドですね。
クリック:また《タクティカル》。
レクシィ:これで、効果的に火山を活性化させる、タクティカルなプレイができるようになったわけだ。
クリック:「あそこを狙うと良いですよ。溶岩がボコボコいってるところ」
フェリス:なるほど、《カリキュレイト》。
GM:現在、頑張って泡を作っています。
フェリス:では(ころころ)うーん、クリティカルしない。
クリック:よーし、俺は飛び込む準備万端だぜ!(一同爆笑)
GM:何でやねん! 火口にかよ!
クリック:そうですよ。で、さっきボキっと折れた足が刺さります(笑) 「何ィ、これはさっき砕けたお前の両足!」「お前は「これも計算のうちか」と言う!」
GM:「これも計算のうちか、ク…」
クリック:それだと噴火成功してるじゃないですか。
GM:本当だ。噴火成功したら、そういう流れで。
フェリス:(ころころ)
サーガ:お、超えた!? 今ちょうど良い感じですよ。
クリック:中途半端に残さんでよ。俺の命運、俺が振るのいやだし。
GM:いやいや!?
フェリス:115、うん、超えました! これに+40ですんで大丈夫。

火山噴火  これも計算のうちか1  これも計算のうちか2

GM:じゃ、頑張ってプロテクターを作っているマーズ様が、噴火でドォオーンと火山の上の岩ごと押し上げられます。
フェリス:たーまやー。
クリック:で、俺の両足が刺さると。
GM:そう、ベキっとなった両足がドスっと刺さって…もぎゅっ(一同爆笑) 刺さってないな、まぁいい感じに入って。
フェリス:これが火山のエネルギー!
クリック:お前は、「これも計算のうちか」と言う!
GM:「これも計算のうちか、ク…」とかわけのワカラン事を言いながら、飛んでいきました。
クリック:そして考えるのをやめると。(究極生物は死ぬ事も出来ず、宇宙を漂う物体となった)
GM:はぁ~、やっとここまで来た。
フェリス:火山の噴火の力で、大気圏を突破して宇宙に放り出した。
GM:そんな感じ。
宇宙に飛ばす1  宇宙に飛ばす2
レクシィ:すっげー火山だな。
クリック:NASAの馬鹿が拾ってくるまでは、考えるのをやめてるはず。「この石は一体何だ?」
GM:やばい、拾ってこられた。


GM:そして2人が、「これからどうしよう」って感じで呆然と空を見上げていると、空から青い石が降ってきます。
フェリス:おお。
クリック:キラキラキラ…。親方ぁ、空から石が(一同爆笑)
GM石だけーっ!!
レクシィ:シータはすでに、どっかに飛ばされてるんだな。
クリス:【器用】か【敏捷】判定で、キャッチするのに失敗したらパリーン(一同爆笑)
クリック:パリーンかよ!
GM:それ良いな!
フェリス:【器用】と【敏捷】!?
クリック:ちなみに、すでにおれは脚がないです。再登場時には義足で。
フェリス:ホントだ! えーっと、【器用】と【敏捷】…?
GM:いや、別にキャッチできたで良いです。
フェリス:良いですか。
クリス:万が一失敗したら大変な事に。
GM:それこそシナリオが崩壊します。
フェリス:ではキャッチして、「…これは! 転送石を使ってエルクレストに戻り、マスターに挿しに行きましょう」
関連記事


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/22(火) 23:28:43 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック