リプレイなんてなんのその

TRPGリプレイを掲載しています。コメント・拍手などはいつでも歓迎。

Middle02-5:取れないーっ! 

GM:では次のラウンド。2人(クリックとフェリス)はしばらく休んでて下さい。
フェリス:はーい。
クリック:やっぱり死亡確認されてる。
GM:再起不能(リタイヤ)ということで。
フェリス:「クリック=クロック、フェリス=フィール。○○火山にて 死亡――」とか書かれるんですね。
クリック:雲に消えたあと、「行方不明のクリックの魂を賭ける」とかされちゃう。
フェリス:「クリックの魂をベット、フェリスの魂もベット!」
GM:《2回行動》で移動しよう。雲の中に入りました。
レクシィ:見失っちゃう?
GM:そんな事はない。レギンレイヴに乗ってる人は、全ての判定に-1Dで、[飛行状態]が解除されます。
レクシィ:ということは、飛び移れない?
GM:…そうなりますねぇ。
クリス:ああ、飛び移れない!
サーガ:じゃ今は、レギンレイヴの甲板にしがみついている?
GM:飛んでた所が、レギンレイヴの上に着地した。
レクシィ:しかも、乗ってる人間は一人を除いて自力で飛べません。
フェリス:クリスはもうそっちに乗り移ってますよ。
サーガ:2人とも、飛べません!
レクシィ:南ー無ー。
フェリス:まぁ、レギンレイヴもあっちの島に行くんだから、良いんじゃないですか(笑)
レクシィ:うん。
フェリス:…そういう問題じゃないのかな?
GM:そういう問題じゃないです。竜の巣にこのまま入ったら、2人は生きて帰れないでしょう
クリック:俺がいないから、ルアーもできない。
フェリス:真横にピッタリつけて、「とぅ!! アイキャンフラーイ!」
サーガ:ナントカなるっ。
GM:では行動順で、最初は竜。竜は《虹》ですね。パッチは…どうしようかなぁ。パッチはいそいそとレギンレイヴの中に入っちゃおうかしら(一同爆笑)
クリス:「何でキミらまだこんな所にいるの」
サーガ:え、え、エンゲージだから…
GM:ああ、そうか。[離脱]しないといかないのか、めんどうだな。
サーガ:あ、GM。強風状態なんですよね。入った瞬間、演出的に、パッチが「にや」って笑ってハッチを開けた所で、僕らは強風に吹き飛ばされて、たまたまダイヤモンドダスト号にバァーンって当たりたいんですけど!
GM:ああ…。
クリス:手でも伸ばそうか。
クリック:吹き飛ばされるなら、今回の移動でたまたまこっちに飛んでいった…
レクシィ:この辺(空中)にいてくれたら、運転席から飛ばされた二人が見えてレクシィがそれを拾おうと。…難しそうなら判定しますが。
GM:うーん、判定は別に良いんですけど、シナリオの今後の展開が変わってきちゃうんで。どうしよう。
クリック:行方不明の方が良い?
GM:いや、このセッションがほとんどまるまる失敗してるんで…
レクシィ:どっ。
GM:どうしよう(笑) ちょっと悩んでるんですけど。
フェリス:実は、もうちょっと雲まで間があります。とか言ってもいいですよ(笑) もうちょっと広い予定だったし。
GM:うーん、まぁ良いや。このターンのパッチ神父の行動で、「まずい、私の能力はこいつらとの戦いに向いていない」と判断し…まるで勝ってるんだからそういう事を思う必要はないと思うんだけど…頭から、青い石を抜き取ります。
クリス:はっ、出た!
GM:「お前らが欲しがっている、ショーテルの記憶の石だ。どうするね。まだ私との戦いを続けるのか?」
クリス:続けたい(笑)
レクシィ:時間稼ぎに出ましたよ?
サーガ:でも、それを返してもらえるなら、当初の目的は達成できますが。
クリック:それを「えい」って投げられたら。
サーガ:強風に入る時に「お前らとは飽きた」って言ってばっと投げたら、それをスパっと取りに行きますけど。
GM:まぁ、そんな感じで、ポイっとして、パッチは中に入って船は行っちゃいます。
レクシィ:この強風の中であの青い石を探すなんて、海底でダイヤモンドを探すのと同じだ!
GM:えー、空中にいる人間にはこれ…
クリック:たったこれだけしか持ってこれなかったよ(ラピュタのドーラさん)。
クリス:投げられた?
サーガ:うん、投げられて、迷わず取りに行きます。
GM:どうやって?
クリス:私飛んでるから行けるよ!
クリック:キーパー小指でキャッチ。
サーガジャンプして
GM:アンタ、空中に投げ出されてるでしょ。そこからどうやってジャンプするんだ。
サーガ:あ、もうそれが終わった後だったんですね。「キーパー森崎君だから取れなーい!!」(一同爆笑)
GM:誰やねん!!
キーパー森崎君だから取れない
ブレイド:空中のルパン泳ぎで取りに行きますよ!(一同爆笑)
クリス:あれはやっても結局届かないのがオチなんで。
ルパン泳ぎ(カリ城)…ってここでは追いついてたなぁ
GM:そうですね、何か色々面白い事をやったんですけど、届きませんでした。
クリス:《フェザー》使って拾いにいけませんか?
クリック:強風域だから飛べないよ。
GM:飛べるのはさっきの竜くらいですね。
クリック:よし、じゃぁ竜につかまろう。
クリス:いやいや、竜は取りに行かないでしょう(笑)
クリック:竜と仲良くなれば良いじゃない。
フェリス:竜かわいい。


GM:…やってもグダグダなんで、このシーンは一旦閉めましょう。そのまま石は行方不明になり、パッチたちは本拠地に向かって行きました。とりあえず、ここでダイヤモンドダストを一旦停めて、石の捜索に時間を費やすか、そのままパッチを追うかの選択ですが。
レクシィ:いやー、取り残された2人も心配だし、ここは…
クリス:クリス的には石を探したいと思うのです。パッチさんを追わないとダメなんですけど、元々それが目的で追ってたので。
レクシィ:でもここは強風域であって、下に陸地があるわけじゃないんだよね。
GM:ないですね。
レクシィ:ここで飛ばされたら、本気で探すといっても…うーん。
クリック:強風域をグルグル回ってるかもね。
GM:一応どこに落ちるかはGM的に決まってるので、あのー、空の人間に探すのは無理です。
レクシィ:ああ、そういう事ね。じゃ時間を割くか、ここで2人を待つ方が良いかもしれない。
フェリス:でもパッチを追いかけてしまう方がいいかもしれない。
GM:結構すごい高高度なんで、下まで落ちていった人が帰ってくるには時間がかかります。
クリック:ご都合的に言わせてもらうと、ここは突っ込んでいってシーンを切ってもらった方が(笑)
GM:まぁね。
クリック:心情的に言うと「探さないと」ですけど。
クリス:確かに、パッパと見つけるのは無理そうですね。
GM:じゃ、頑張って探したけど見付かりませんでしたって事で。
クリス:クリスが「探したい」って言うけど、皆が「無理だ」「パッチを追うぞ」て言って、しぶしぶ納得するみたいな。僕以外に、あの石にそんなにこだわるキャラクターは…
クリック:一応我々のリーダーなんで。どんだけ結束の低いギルドなんだ!(一同爆笑) 失礼な。
クリス:違う違う、リーダーは「俺のことよりも任務が優先だ」みたいな事を言ってるんじゃないかなーと思って。
フェリス:それはまぁ、言いそうですね。
クリス:だから皆は、お父さんは大事なんですけど、リーダーの言う事は守らないとって。
クリック:というわけで、ここにいないリーダーの意思を尊重するという事で。
GM:はい(笑) じゃこのシーンはここで終りです。皆が竜の巣を「うわぁぁ~」って通ってる間に…
関連記事

category: AR CP2 5・6「空の果て」

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shesta.blog52.fc2.com/tb.php/328-f990b0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

当ブログについて

ブログ内検索

プロフィール